nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-944-JP (株)財団職品
UnknownSCP-944-JP (株)財団職品Rate: 0
SCP-944-JP
画像

SCP-944-JPの保有していた施設。

アイテム番号: SCP-944-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-944-JPの異常性から、全財団職員の身辺情報整理を1ヶ月単位で行ってください。異常が見られる職員は直ちに拘束し、その存在を報告してください。あらゆる方法を用いてSCP-944-JPから特定の地理情報を入手し、速やかに機動隊を派遣して下さい。なおSCP-944-JPと関連性のある施設の制圧は、作戦にターゲット殲滅を第一に指揮して下さい。殲滅した施設跡はカバーストーリーを与え、周辺住民の接近を削減します。

説明: SCP-944-JPは、自ら生産したオブジェクトのみで構成されている存在が不明瞭な団体1です。SCP-944-JPは彼らの言う‶製品”を、一般会社から軍事組織までの各種組織に対してメリットになる提供を目的としています。SCP-944-JPには特有の開発理念が存在し、これに‶製品”は必ず従属します。SCP-944-JPは、主に対象の組織に対して非常に適性のある人材を生産します。生産された人材(SCP-944-JP-1と表記)は、その組織で非常に高いポテンシャルを発揮します。有用性のある活動からSCP-944-JP-1は、徐々に周囲から高評価と信頼性を得ます。

SCP-944-JP-1は一般的な人間と判別が困難な外見をしています。また会話でも判別できず、組織に対して有用性が大いにある振る舞いをするため、不信感を抱くこと自体が難しい存在です。SCP-944-JP-1は得た信頼性と高評価を利用し、人員雇用の権限の取得を望みます。権限を取得したSCP-944-JP-1は、自身と同様のSCP-944-JP-1を確実に雇用する事で組織内に侵入させます。雇用したSCP-944-JP-1のグループは皆、組織に対して有用な行動しか起こしません。
SCP-944-JPは組織内で有能な人物の接触も目的としています。この行動によってSCP-944-JP-1の最大目標の達成に繋がります。まず、SCP-944-JP-1は接触対象の交流を中心に活動します。親密な関係や、対象の親族に及ぶ程の個人的な信頼性を築き、最終的に親族の一部を拉致します。その後、SCP-944-JPの保有する施設内で拉致した対象者を‶加工”します。加工して完成した機構を用いて、より優秀な人材を生産します。このようにして得た‶サンプル”でSCP-944-JPの製法ポテンシャルを向上させる事が最大目標です。以上の経緯で生産したオブジェクトは、人員雇用の権限を取得しているオブジェクトに雇用させる事で結果的にその組織の業績が向上します。

SCP-944-JP-1の初期固体の雇用には自然に防ぐ事が困難となるよう、現実改変に似た現象を用いられます。我々は財団内に侵入しているSCP-944-JP-1を現実改変に伴う、わずかな事実の差異を発見する事で存在の認知に至りました。SCP-944-JP-1は特有のDNA塩基配列を保有している為、遺伝情報の検査で明確に判別できます。

 

付録01:財団が存在の捕捉を可能にしたSCP-944-JP-1を最初にインタビューした記録です。

対象: SCP-944-JP-1

インタビュアー: 梶尾かじお博士

付記: 別室から映像とマイクを通して拘束された対象をインタビューしています。

<録音開始, 19██/2/15>

梶尾博士: 貴方に質問したい事がいくつかあります。間違いであれば貴方は普通のエージェントという事で私からお詫びしなければなりません。

SCP-944-JP-1: いえいえ、私はあなた方に雇われている身です。協力しなければなりません。

梶尾博士: 有難うございます。ではまず生年月日と出身、この財団に入った日付を確認します。

SCP-944-JP-1: はい。19██年6月8日が誕生日、出身は日本の██県█町。職がエージェントに決まった日は19██年6月8日のちょうど私が誕生日の時でした。

梶尾博士: ・・・分かりました。貴方を別オブジェクトの異常性に暴露した他組織のスパイの可能性などを鑑み、趣旨を尋問に移行します。

SCP-944-JP-1: え、なぜですか?いきなり私が、そんな馬鹿な。

<録音終了>

終了報告書: SCP-944-JP-1は19██年6月8日が誕生日、出身は日本の██県█町。職がエージェントに決まった日付けは19██年6月8日と供述しました。19██年6月8日以前に█町は██市へと合併されています。よって対象が生まれた時点で既に存在しません。加えて対象のみならず、対象の推薦に従って採用したエージェント██や研究員██ にも経歴に不自然な点を発見、同様に拘束しています。

このインタビューは、対象と共に働く職員が彼の過去を尋ねた時に毎度異なる回答をするため、何かに暴露しているのではと感じ財団に報告、財団は念のため調査しました。調査の中でも対象のDNAサンプルを採取し、鑑定した結果、著しく人と異なった事で財団は不審と判断し、そのうえで開始しています。

 

付録02:付録01のSCP-944-JP-1とは別個体の接触記録。この記録はエージェント██が、自身の息子の誕生日にそのSCP-944-JP-1を招いた時の映像記録になります。

<撮影開始, 19██/07/19>

SCP-944-JP-1: この度はお招きいただいて、誠にありがとうございます。

エージェント██: そんなに固くなるなよ。それでも礼を言う気なら、招くよう頼んで来た息子に言ってくれ。

SCP-944-JP-1: ああ、そうするよ。

(暫く、エージェント██の家族とSCP‐944‐JP‐1が楽し気に過ごす映像が30分近く記録されています。)

SCP-944-JP-1: ・・・。

エージェント██: どうしたんだ?もう疲れてしまったのか?

SCP-944-JP-1: 君の家族は素晴らしいね、奥さんも君のお子さんも優秀だ。大人になればお子さんもきっと良いエージェントになる。

エージェント██: やめてくれよ、家族は巻き込みたくない。俺は普通の銀行員で、お前もそうだろう?

SCP-944-JP-1: ブラックジョークは嫌いかい?

エージェント██: おいおい、勘弁してくれよ。

<映像終了>

報告書: エージェント██の妻はその後消息を絶ち、行方不明。消息を絶った日に周辺住民から夜遅くに大きな鞄を肩に担いだSCP-944-JP-1の目撃情報を得ている。

 

付録03:付録02のインタビューによりSCP-944-JP-1を財団は拘束し、インタビューを行いました。

対象: 疑いのあるSCP-944-JP-1

インタビュアー: 梶尾博士

付記: 拘束したSCP-944-JP-1を別室からカメラとマイクを通してインタビュー。

<録音開始, 19██/07/30>

梶尾博士: 単刀直入に言ってエージェント██の妻である████さんを拉致したのは貴方ですね?

SCP-944-JP-1: はいそうです。我々財団職品は、より優秀な製品を自然由来の素材にこだわって作る事を理念としていますので。

梶尾博士: 財団・・・えっと、今なんと?

SCP-944-JP-1: 財団職品です。ショクは食品のショクではなく、職員のショクです。ヒンはそのまま品と書きます。

梶尾博士: そ、それは何です?

SCP-944-JP-1: 提供先の財団には回答義務があります。お答えすると財団職品とは、我々が制作する人材を用いて頂いて、提供先の業績アップを目的とした株式会社にございます。なお社名は提供先と親和性が溢れるように名付けられています。

梶尾博士: 貴方達は我々に何を与えようとしていますか?

SCP-944-JP-1: 提供先の財団には私を含めた我々の人材製品をお使い頂いております。これにより職員の生存確率と今年のオブジェクト収容実績数はぐんと跳ね上がりました!おめでとうございます!

梶尾博士: ・・・では改めて、エージェント██の妻である████さんを拉致したのは何故ですか?

SCP-944-JP-1: はい。我々、財団職品はより優秀な製品を自然由来の素材にこだわって作る事を理念としています。ですから優秀であるエージェント██様の妻に当たる████様、お二人のご子息様を一目見て████様もまた非常に優秀なDNAを所有していると察しました。案の定、サンプルの鑑定結果で我々、二つの組織に大変有用である事が分かり、回収させて頂きました。エージェント██様の遺伝子も非常に優秀ですので今頃、回収が済んでいるものと思われますが。

梶尾博士: 拉致してどうするのですか?

SCP-944-JP-1: 財団職品工場で人材生産に用いられる機構に加工します。

梶尾博士: 工場の場所は?

SCP-944-JP-1: それは企業秘密です。

梶尾博士: では、君たちが他組織のスパイである可能性もあるため、製品ともに不信感を払拭したいから工場見学がしたいと言っても場所を教えてくれないのですか?

SCP-944-JP-1: そうですか分かりました。では場所を。

<録音終了>

終了報告書: 我々が対象に重要性の高い場所を質問し、これに回答する事は同時に他組織のスパイの可能性を否定します。理由として、他の組織に潜入するスパイなら自ら重要性の高い情報を開示し、不利になる行動を取る事はスパイとして存在の意味を成しません。以上より他組織のスパイの可能性からなる隔離処置から認識を改め、正式な収容対象としてSCPオブジェクトに指定します。
対象から聞き出した場所と地理情報を下に、速やかに作戦を立て機動部隊を派遣する事を進言します。

 

付録04:制圧作戦に自ら参加を進言した梶尾博士の工場内部を映した映像記録です。工場内部にいたSCP‐944‐JP‐1を区別するためにSCP-944-JP-1-Aとします。

付記: 梶尾博士には発信機の着用と、突撃の合図をノックすることで発信するシャープペンシル型の通信機器をカメラと共に所持させています。

<撮影開始, 19██/08/01>

梶尾博士: 工場の見学なんて小学生の遠足以来だぞ・・・。

SCP-944-JP-1-A: お待ちしておりました、梶尾博士。

梶尾博士: ああ、見学に来た梶尾です。

SCP-944-JP-1-A: 提供先には情報を開示しなくてはならないと、上司も仰っていたので今回だけですがどうぞこちらへ

梶尾博士: はい。

(通路を進み、ガラス越しに上から見下ろす形で製造工程を見せられる。)

SCP-944-JP-1-A: こちらは採取したサンプルを加工する工程になります。

梶尾博士: ・・・おい、加工する人間は死んでいるのですか?

SCP-944-JP-1-A: いいえ、死亡していては意味がありません。生きたまま加工します。

梶尾博士: そ、それで。

SCP-944-JP-1-A: それで、まず女性の人体を頭部と手足を切断し、速やかにわが社独自の手法を用いて一瞬で完全止血します。そのあと水槽に満たされたわが社独自の加工用液の中へ入れます。すると人材製造機として有効になります。次に男性から採取した相性の良い遺伝子サンプルを、わが社独自の技術で胎内に送り込み、発生した胎児を取り出してDNA単位で提供元に合うようデザインします。こうして自然由来の素材を、わが社独自の技術であなた方に完全で優秀な人材を派遣できるのです。あと私もここで生まれました。

(その後、約1時間にわたり製造やDNAの組み換えを未知の手法で行う映像が記録される。)

梶尾博士: 最後に君たち自体の目的を教えてくれませんか?

SCP-944-JP-1-A: ああ、はい。私たち財団職品株式会社は皆様に商品を提供し、自然由来で優秀なサンプルを採取し続ける事で、会社が生み出す製品の質を向上し続ける事が最大の目的になります。対象の組織は業績のアップも出来るので損失はありません。我が社は職場環境も良く、非常にクリーンで・・・どうなさいましたか博士?

梶尾博士: ・・・。(シャープペンシルをノックする。)

SCP-944-JP-1-A: その手のシャープペンシル、珍しいデザインですね。

梶尾博士: そうでしょ、特に今は気に入ってるんですよ。

<映像終了>

終了報告書: 梶尾博士の信号を受信後、速やかに周囲を包囲し、先行を務める部隊が入り口を爆破して侵入しました。内部の制圧には約1時間を要して完了。内部の生存者を保護。SCP-944-JP-1-Aらは機動隊侵入と同時に心肺が停止して死亡した事が検死で明らかになっています。

最後まで癪に障った。 - 梶尾博士

 

補遺001: エージェント██の身は安全でした。加えて彼の妻に当たる████さんも施設内で生存を確認。保護してAクラス記憶処理を行いました。

補遺002: 財団内に残存しているSCP-944-JP-1を全員拘束し、うち一人から更なる情報を引き出すためにインタビューを行いました。

対象: SCP-944-JP-1

インタビュアー: 梶尾博士

付記: 拘束したSCP-944-JP-1を別室からカメラとマイクを通してインタビュー。

<録音開始, 19██/08/02>

梶尾博士: これよりSCP-944-JP-1のインタビューを行う。

SCP-944-JP-1: ・・・。

梶尾博士: 我々に協力するのだろう?

SCP-944-JP-1: 何故ですか。我々は完全で優良な職品であるのに・・・。

梶尾博士: ではあなた方の言う優良とは何ですか?

SCP-944-JP-1: 会社の為、人の為、より良く行動し遂行する人間です。これは会社に係らず全てに言えるでしょう。

梶尾博士: そうですか、では貴方たちの事ではないと思われますがどうでしょうか?

SCP-944-JP-1: いいえ、そんな訳はありません。我々の製造方法に嫌悪を催す組織は、財団職品という社名へ変更を行う以前にも存在した記録がありますが、これは結果的に他人の為になる事です。それを非人道的と非難するのなら、貴方たち財団もDクラスを用いて実験を行っているではありませんか。

梶尾博士: では他人の為になるなら人間をあのように扱っていいというのですね?

SCP-944-JP-1: 我々はより優秀な製品を自然由来の素材にこだわって作る事を理念としています。その妨げになるのがどれ程までに無駄か理解していないのですか!?

梶尾博士: では更に質問したいのですが、提供元のニーズを理解しない製品を作るのは何故ですか?我々が冷淡ではあるが残酷ではないという事と、それ以前に人間がどういう生き物かという事を理解しているなら、効率がすべての製品を望んでいない事に気づいている筈です。また、このように提供先のリサーチが不足している時点で完全で優良な会社と考えにくいと思いますが、これをどう捉えますか?

SCP-944-JP-1: ・・・。

梶尾博士: 我々が完全に残酷ではない例を挙げるなら、私の実験で大いに貢献したDクラスは、整形して記憶処理を施した後に開放しています。勿論、解放せずに射殺される者もいますが、私の権限が及ぶ範囲内で貢献者のアフターサービスがあります。あと先ほどの質問に早く答えて下さい。

SCP-944-JP-1: ・・・リコール申請を受け取りました!(叫ぶSCP-944-JP-1)

梶尾博士: これは、SCP-944-JP-1に早く鎮静剤を!

SCP-944-JP-1: 製品に明確な欠点を指摘して頂き有難うございます!この度は我が社の製品でご迷惑をおかけして大変申し訳ございません!これは音声メッセージになりますので返信出来かねます。不備が見られたた為、こちらに提供して頂いている製品全てを我が社が自主処分します!ご安心ください!最後にアンケートを実施しています!なお、我が社の都合で改善点や感想、使用感のみ内容を送信しますので誠に勝手ではありますがご了承ください!何かあればどうぞ!

梶尾博士: 是非とも直接、総括責任者に会いたい。

SCP-944-JP-1: 企業秘密です!

梶尾博士: どうしても不可能ですか?

SCP-944-JP-1: アンケート回答ありがとうございます!我々は終わる時もみんな笑顔でをスローガンにしていますので笑います!さあ、ご一緒にどうぞ!(突如として体全体から発火するSCP‐944‐JP‐1。この後、笑いながら約15分は燃え続けるSCP-944-JP-1と、それを消火する映像が記録されています。)

<録音終了>

報告書: これまでにも財団以外の組織が標的になっていた可能性がインタビュー中に見受けられた点を報告します。最後の人体発火はあらゆる消火器を用いましたが効果を示しませんでした。

補遺003: 財団宛に差出人住所不定の手紙が届きました。関連性が示唆されます。以下はその本文です。

財団職品通信! 8月号

我々財団職品が、なんとなんと復活いたしました!以前よりもサンプルを揃え、会社の技術力も向上!
皆様に愛されて、私達も幸せです!
モチロン!今回も自然由来の素材で、より優秀な人材を作る理念を忘れていません。さあ、もう一度!

新しくできた製品を今なら無料で使用できます!
この機会にぜひ!
 

 

絶対に満足しますから

 

ページリビジョン: 25, 最終更新日時: 10 Oct 2016 08:40
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website