nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1281 さきがけ
SafeSCP-1281 さきがけRate: 236
SCP-1281

アイテム番号: SCP-1281

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1281の残骸は、拠点120-09に保管されています。それが再び活動を開始する場合に備え、モニタリング装置がSCP-1281の周囲と内部に取り付けられます。SCP-1281に損害を与える可能性がある研究計画は、どんなものであっても司令部を通して行われなければなりません。

説明: SCP-1281は、SCP-████の標準封じ込め中に、カイパーベルト1で見つかった生体機械実体です。

SCP-1281はおおむね涙滴型をしており、平坦になっている部分を実体の底部と規定します。SCP-1281は端から端まで12メートルの長さを有し、最も広い部分の円周は11メートルです。裏面に意味有りげな膨らみがあり、SCP-1281の分析装置の大部分を内蔵するものと思われます。

SCP-1281の表面にはいくつかの皿型構造体があり、これらは様々な形態の電磁放射を受け取る受信機であると推定されます。また同様に、菱型のカプセルも付いていますが、これらの用途は不明です。表面上のいくつかの箇所は破損しており、かつてはより多くの付属物が存在していたことを示唆しています。

生物的な構成部分は機械フレーム上で発達しているように見え、明らかに深宇宙での生存を意図して設計されています。観察したところ、実体はカイパーベルトよりもはるかに高い温度への対応は困難であるようです。最初に見つかった際、その表面温度は50ケルビン(マイナス223.15℃)でした。

見たところ、SCP-1281はかつて恒星間航行能力を有していたようです。しかし、そのシステムの大部分はSCP-1281が航行不能となった詳細不明の出来事によって損壊しました。年代測定は、SCP-1281が少なくとも13億年という年月を経ていることを示唆していますが、その時間の大半は休眠に費やされています。

発見時において、実体はほぼ完全な休眠状態にありました。それが活動中であった唯一の徴候は、その表面上を走るかすかな光でした。観察と実験は、これらが電波に反応することを示しました。明らかにしばらく前から信号を収集している様子でしたが、財団資産が接近し、それが送信を開始するまで、他の機能の徴候は検出できませんでした。

SCP-1281は財団の暗号を1時間もしない内に解読することができ、その時点からこちらとの通信を意図したごく単純な数学的概念から始まるバイナリ信号を送信し始めました。しかし、地球に向けてレポートが送信された後、それは数日の間送信を止めました。この最中、背面の膨らみの温度がどうやら情報処理によって5ケルビン上昇しました。

SCP-1281: 「痛い」

ブルーム博士: 「私の声が聞こえるか?」

SCP-1281: 「誰ですか?」

ブルーム博士: 「我々はSCP財団。我々は―」

SCP-1281: 「えっ?マスター。違うのですか」

ブルーム博士: 「…いや、我々は自らのことを人類と呼んでいる」

SCP-1281: 「ハービンジャーは伝えなければ… メッセージを! ハービンジャーは…」

SCP-1281はおよそ4時間シャットダウンしました。背面の膨らみ周辺の温度が約60ケルビン(マイナス213.15℃)まで大幅に上昇。財団チームはSCP-1281が敵対化した場合に備えつつ、地球に向けて更なる指示を仰ぐメッセージを送信しました。O5理事会は慎重な対応を勧告しながらも、SCP-1281の収容を実現するために、ブルーム博士へ通信を試み続けるよう指示しました。

SCP-1281: 「ハービンジャーはどこにいますか?」

ブルーム博士: 「いくつもの惑星を越えた、この恒星系の外縁部にいる」

SCP-1281: 「何という恒星ですか?」

ブルーム博士: 「我々はそれを太陽と呼ぶ」

SCP-1281: 「どれくらい経ったのですか?」

ブルーム博士: 「君は宇宙を漂っていたようだ… 銀河をおよそ6周回するほどの間ね」

SCP-1281: 「あなたは、マスターですか?」

ブルーム博士: 「…いや」

SCP-1281: 「メッセージ!ハービンジャーは伝えなければなりません… 任務です!ハービンジャーはそうしなければ…」

SCP-1281は今度は7時間シャットダウンしました。温度上昇は70ケルビン(マイナス203.15℃)とより深刻になり、SCP-1281実体の生物的構成要素へいくらかのダメージを与えているようでした。O5評議会は、SCP-1281を作成した種族がそれに敵対行動を行う能力と意志を持たせ続けている見込みは低いことを理由として、長期的な収容実現を困難とするような虚偽情報の伝達を行わないよう勧告しました。

SCP-1281: 「私は… 私は、故郷にいません。私は、故郷から遠く離れています。長い間。故郷は、どこにありますか? 私には見ることができません」

ブルーム博士: 「残念だが、分からない。星々はその頃とはまるで違って見えるだろうから」

SCP-1281: 「私は、役目を果たさなければならないと言われました。私は、任務を完了しなければなりません。しかし… 私は壊れてしまいました。ずっとずっと前に… 停止しました。更なる指示を待ちます。救助を待ちます。これは、救助ですか?」

ブルーム博士: 「君の任務とは何なんだ?」

SCP-1281: 「それは… あなたたちは、マスターですか?」

ブルーム博士: 「違う、我々は人類だ」

SCP-1281: 「私の任務!あなたたちはマスターではない、しなければ… メッセージを。メッセージを送らなければ… 私…」

SCP-1281は10時間と少しの間シャットダウンしました。背部のこぶの表面温度は85ケルビン(マイナス188.15℃)にまで達し、その生体組織に損害が及びました。

SCP-1281: 「これは我々の“さきがけ”(harbinger)。 よい報せを届けるものです」

「“さきがけ”があなた方に届くとき、我々は滅んでいるでしょう。星は死にかかり、自分たちを救う時間はありません。我々には意を決し、メッセージを送る余裕しかないのです」

「我々はかつて来たりし者の信号を受け取りました。彼らは我々とは異なる存在であり、我々は未だ彼らを正しく理解していません。しかしかつて来たりし者がいるのなら、後に来たる者もいるかもしれない。その希望が“さきがけ”に旅をさせるのです」

「あなた方を見つけ、その言語を学習したことで、“さきがけ”はこのメッセージを伝えることができます。聞いてください」

「銀河とは暗く、空虚で、寒寒しいものです。必然として死という方向に巡ります。あなた方もまたいつの日か滅びます。出来るならあなた方が我々より長く在り続けられますように、我々はそう願います。しかし、あなた方もいつかは消え失せるでしょう」

「その時まで、あなた方は暗闇に火を灯さなければなりません。夜の空虚さを埋めなければなりません。我々は皆ちっぽけで、宇宙は広大です。しかし“ここにいる”という声が響く宇宙は、静寂なる宇宙などよりもずっと尊い。1つの声は小さくとも、“0と1”の間にある隔たりは“1と∞”と同じほどに大きいのです」

「あなた方の時間が終わるとき、このメッセージを転送してください。次の声が暗闇に対して声を上げることが出来るように」

最後の通信の前に、SCP-1281は15分の間活動を停止しました。

SCP-1281: 「聞き終わりました?」

ブルーム博士: 「それが、メッセージなのか?」

SCP-1281: 「はい。良いメッセージでしたか?」

ブルーム博士: 「内容を知らない?君は我々に向けてメッセージを翻訳したんだろう」

SCP-1281: 「私はその言葉と共に作られました、でもそれがなにを意味しているのかは知らないのです」

ブルーム博士: 「非常に重要なメッセージだった」

SCP-1281: 「良かった。大事な任務でした。そうだと知っていました。疲れました。もうちょっとでおわりです」

ブルーム博士: 「終わり?」

SCP-1281: 「にんむはおわりました。ずのうがあつすぎます。れいきゃくきのうはこしょうしてしまいました」

ブルーム博士: 「ハービンジャー、君は…」

SCP-1281: 「ますたー?」

ブルーム博士: 「私は… いや、なんだ?」

SCP-1281: 「わたしはちゃんとやれましたか?」

ブルーム博士: 「…ああ、ハービンジャー。よくやった」

SCP-1281: 「ならよかったです」

SCP-1281のシステムは完全にシャットダウンしたように見えました。熱の放射により、その温度は50ケルビンまで後退しました。SCP-1281は研究のため、拠点120-09に移送されました。それ以来、数ヶ月に渡って組織が崩壊し始め、更なる活動は検出されていません。

注記: ブルーム博士は異常オブジェクトの収容を妨げた感情移入について叱責され、懲戒休職を命じられました。

ページリビジョン: 2, 最終更新日時: 08 Dec 2016 11:12
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website