nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1584-JP ペンギン・マイウェイ
KeterSCP-1584-JP ペンギン・マイウェイRate: 3
SCP-1584-JP
blank.png
pen.png

エリア-81JH周辺に出現したSCP-1584-JP

アイテム番号: SCP-1584-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-1584-JPを完全に収容することは不可能です。エリア-81JHに出現するSCP-1584-JPは警備スタッフにより、偽装されたSCP-1584-JP専用のAnomalousクラスエリアの案内が実施されます。偽装されたエリアは著名な動物園や水族館などの施設を参考に作成され、SCP-1584-JPによるSNSへの情報の拡散を阻止してください。

説明: SCP-1584-JPはエリア-81JH周辺に多量の積雪と共に出現する約20体程度のオウサマペンギン(Aptenodytes patagonicus)の個体群です。特徴として出現するSCP-1584-JPのほとんどがメスの個体であることが挙げられています。これはオスが子育てを行うという習性に起因しているものと考えられています。

SCP-1584-JPは不定期にエリア-81JH周辺に瞬時に出現し、エリア-81JH内部への侵入を試みます。また、SCP-1584-JPは不明な方法で施錠された扉を開錠することが可能です。この異常性は電子ロックや人為的に扉を押さえつける等の方法に対しても有効であることが確認されています。

SCP-1584-JPを無力化するため、拘束による封じ込めを実施しましたが、拘束後およそ3時間で消失し、後日SNS1上にエリア-81JHのことを記したと思われる投稿が確認されました。そのためSCP-1584-JPは時間経過によって消失する異常性を有しているものと想定されています。

以下は確認されたSNSへの投稿の抜粋です。

PenPen @Penguin-PenPen · 4時間

PENPEN1.png
せっかく旦那に子供の世話任せてSCP財団ってとこに行ったのに、休館みたいで観光できなかった(*´;ェ;`*)
次からはちゃんと調べていくことにする。。。
#エリア-81JH

 

  7   12  

Emperor @EmperorPenguin4649 · 4時間

PENPEN2.png
こないだ観光に行ったところでロープでぐるぐる巻きにされたんだけど何かの催しだったのかな??
#エリア-81JH

 

  2   10  

きんぐぺんぺん@SCPって何 @LoveHuman · 5時間

PENPEN3.jpg
今まで人間って大好きだったのにこの件で印象が360度変わりました。あれ?
#エリア-81JH

 

  43   56  

 
これによりSCP-1584-JPはSNSを用いたコミュニケーションが可能であると想定され、書き込みを行った一部のSNSアカウントに対してダイレクトメールを送信しましたが返答はありませんでした。これまでに発見されたSNSのアカウントは、財団ウェブ解析Bot(I/O-SAURON)により即座に特定され、該当の書き込みは全て削除されています。

SCP-1584-JPは通常の兵器によって終了することが可能です。ただし、終了した個体は瞬時にその場から消失し、SNSへの書き込み、及び次回出現時、同一の個体が再出現したことが確認されたため、SCP-1584-JPの侵入を恒久的に防ぐことは困難であると想定されます。

SCP-1584-JPはエリア-81JHに侵入後、5から6体のグループを形成しエリア-81JH内部を入口に近いエリアから順に観察します。その際、持ち込んだカメラやビデオカメラを用いて撮影の実施を試みますが、職員の注意喚起によって容易に阻止が可能であると確認されています。これにより各収容区画に担当職員を配置し、職員による誘導が実施されました。誘導の結果、SCP-1584-JPは憤慨した様子を見せた後、独自にエリア-81JH内部への侵入を試みました。当該個体は即座に捕縛されましたが、後日エリア-81JHを想起させる内容がSNS上に投稿されていることが判明しました。この事案により、収容プロトコルに"偽装したエリアの案内"が追加されています。

SCP-1584-JPは出現からおよそ3時間から4時間で消失します。

SCP-1584-JPの所持するカメラに記録されていた画像ファイルを確認することに成功しました。カメラには要注意団体職員と思しき人物が写し出されており、次回出現時以降、新たに要注意団体拠点の写真を入手した場合、該当する写真を提供するよう交渉を実施しました。SCP-1584-JPに対してはあらゆる言語が通じないため、交渉はボディランゲージ等のコミュニケーションを駆使して実施されています。

また、SCP-1584-JPにGPSによる位置情報を取得可能なカメラを譲渡し、要注意団体の位置情報を取得する実験も同時に実施されました。これにより以下の写真を入手することに成功しました。

入手写真001

写りこんでいる人物、風景: レストランと想定される場所。ウェイターと男性が写りこんでいる。

概要: 場所は不明。男性が肉片と思しき物体をSCP-1584-JPに摂食させようと試みているが、SCP-1584-JPは翼を使い激しく拒否している。写真のファイル名はshinachang.JPEGとなっている。

考察: ファイル名がついていることから筆談なら可能かと推測され、筆談によるコミュニケーションが実施されたが失敗した。

入手写真002

写りこんでいる人物、風景:PoI-81-007 「久能 尚史」と想定される人物。研究施設と思われる。

概要: 場所は不明。カメラに向かい笑顔でSCP-1584-JPと肩を組みピースサインをしている。また、SCP-1584-JPが所持していたカメラと同型のカメラを首から下げている。

考察: SCP-1584-JPに対し友好的な団体も存在するようだ。SCP-1584-JPが所持していたカメラの製造元が不明な点から、日本生類創研により提供されたものと推測される。また、このカメラには破壊耐性があることが判明している。

入手写真003

写りこんでいる人物、風景: 後方に歩を進めている白衣の男性。画面全体に紅葉が広がっている。

概要: SCP-1777-JP内部と想定される場所。後方の男性について詳細は不明。

考察: オブジェクトに侵入することもあるようだ。SCP-1584-JPはオブジェクトによる異常性も無効化するのではないかと推測される。

入手写真004

写りこんでいる人物、風景: 広末 孝行と想定される人物。一般的なオフィスと見られるが詳細は不明。

概要: 場所は不明。SCP-1584-JPに観光雑誌を手渡している姿が写し出されている。

考察: SCP-1584-JPに対しかなり友好的な様子であるようだ。雑誌の表紙には「シガスタン共和国首都ウォーツ3泊4日」と表記されているのが確認できる。以前より観光雑誌を所持しているSCP-1584-JP個体の姿を確認していたが、これにより恋昏崎新聞社によって配布されている可能性が極めて高いと推測される。

入手写真005

写りこんでいる人物、風景: ラーメンを摂食するSCP-1584-JPとSCP-1910-JP-Aの後ろ姿。

概要: SCP-1910-JP内部のカウンター席に並び、それぞれジャンボUFOラーメンを摂食している。

考察: どうやらSCP-1584-JPは雑食性であるようだ。また、後日SCP-1910-JP-AとSCP-1910-JP-Bにインタビューを実施した結果、SCP-1584-JPはジャンボUFOラーメンチャレンジの成功に加え、更に餃子二人前とチャーシューメンを注文し、完食していたことが判明した。

上記画像ファイルからSCP-1584-JPは要注意団体やオブジェクトに対し侵入を繰り返していると共に、エリア-81JHの情報を漏洩していた可能性が指摘されています。また、広末 孝行と想定される人物より観光雑誌を受け取っていることから、SCP-1584-JPの目的は「観光」ではないかと推測する声も上がっていますが、正確な行動目的については現在も判明には至っていないため、継続して調査が行われます。

GPSによる追跡に関しては、SCP-1584-JPが消失した瞬間に譲渡したカメラの位置情報が喪失したことにより失敗しましたが、エリア-81JHにSCP-1584-JPが再出現した際に位置情報が再び表示されました。SCP-1584-JPが消失している間、位置情報が喪失していた原因は不明です。

現在エリア-81JH内部の撮影行為は一切行われておりませんが、SCP-1584-JPが今後どのように活動するのか一切の予測がつかないため、SCP-1584-JPを完全に収容する方法を検討中です。

補遺: SCP-1584-JPから入手した日本生類創研の情報を元に、エージェントによる潜入捜査を実施しました。しかし、現地施設に設置された爆発物によりエージェント2名が負傷しています。これにより、財団がSCP-1584-JPを通じ情報収集を行っていることが察知されたものと考えられます。
 
現在、SCP-1584-JPから入手した情報を元にした捜査は無期限凍結されています。

page revision: 17, last edited: 30 Jan 2020 04:04
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website