nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2304 オートマトン
SafeSCP-2304 オートマトンRate: 24
SCP-2304
Jul.jpeg

SCP-2304の地上部分

アイテム番号: SCP-2304

オブジェクトクラス: Euclid Safe

特別収容プロトコル: SCP-2304は現在の場所から移動できないため、元の場所のまま収容されています。SCP-2304の探査には、原子相防護服1、GPSと無線追跡、フェロ磁性ブーツの使用が必要です2。 SCP-2304-1,2,3は、3人の警備員からなるチームによって12時間ごとに常時監視されます。SCP-2304-4は、SCP-2304の頭蓋部分にある中型の住居に収容され、抗うつ薬の使用が許可されています。

事前承認されたアルコールボトルは毎月、SCP-2304-4に匿名な手段で提供されます。いかなる場合でも、SCP-2304-4にこれらの起源を明らかにする必要はありません。

説明: SCP-2304は、ノルウェー,████████の地下にある、部分的に埋まっている人間を形どった構造物です。SCP-2304の入口は地上に残っている構造物のみです。入口は、荒れ果てたサイロに似ていて、落書きが全面に描かれており、顔の輪郭を表しています。内部へ続く扉は金属製で、覗き穴とノッカーが取り付けられています。覗き穴を覗くと、扉が開いているときでも、構造物の背後にある風景が見えます。 それは実際の内部と異なるものでした。内部は、異質かつ出鱈目な建築的特徴から成り、外装よりもはるかに広いものでした。SCP-2304内の時計は、実際の日付とは関係なく、一貫して7月の日付をランダムに表示します。

Landing.jpg

入口からのSCP-2304内部の眺め

階段が上方に続いているように見え、次に水平、斜め、垂直方向に分岐し、いくつかの廊下の合流点に達するまで約10メートルの長さがあります。SCP-2304内のいくつかの廊下は、蒸気通気孔を備えた金属パネルで構成されています。 廊下と連絡通路は、階段と同様の特性を示し、局所的に重力場を含んでいることが示されています。

SCP-2304全体でかすかに鼓動の音が96 bpmで聞こえます。この音の出所はまだ不明です。

Corridor.jpeg

SCP-2304-1につながる廊下

SCP-2304-1はSCP-2304の胸部にある小さな部屋です。外部からのマッピングで、部屋が人間の女性の乳腺と設計が類似していることが明らかになりました。 SCP-2304-1の天井には液体の水銀が常に浸透しています。SCP-2304-1からオルゴールの音が聞こえることがあります。SCP-2304-3の実体は、餌を与えるためにSCP-2304-1の周りに集まることがわかっています。

SCP-2304-2は、約90mの深さに位置する広い領域です。SCP-2304-2の近くの玄関は、著しく孤立した形状をしており、変化、回転することが記録されています。SCP-2304-2は成人女性の子宮に似ています。SCP-2304-2の天井には電気ケーブルと生物の肉が存在し、大きなガラスパイプがSCP-2304-3につながっています。SCP-2304-2全体では、常に理解不能な威嚇や嘆きが聞こえます。

SCP-2304-3は、SCP-2304-2によって製造される様々な異なる生き物であり、一般家庭に存在する物体の形をしています3。SCP-2304-3は様々な金属物質で構成されており、内臓が欠けています。これらは、「口」にある小さな吸引チューブを使用して栄養を与えます。SCP-2304-3には知性は見られず、小さな子供のような支離滅裂な泣き声を発します。また、これらはSCP-2304-2内で形成され、侵入者を見つけるためにSCP-2304の下部を巡回します。

Babby.jpg

不正な形式のSCP-2304実体

SCP-2304-4は、ケイ素と水銀の複合体で構成された人型の雄です。SCP-2304-4は話しかければ会話が可能です。さらに単独で勉強することを許可され、それを好みます。SCP-2304-4の技術知識は現在の人間の技術とは大きく異なり、現在実証されていない、いくつかの科学分野に関する高度な知識があります。

補遺-1: 無人探査車は、SCP-2304をマッピングし、SCP-2304-1、SCP-2304-2を認識し、SCP-2304-3の43つの例を文書化しました。カメラ監視の対象はSCP-2304全体に設定されました。そこには、SCP-2304-4が探査車を掴み、SCP-2304-4の住居に持ち帰る映像が撮影されました。これは、探査車が損傷する前に、SCP-2304-4にワインを提供することにより記録されました。

補遺-2: SCP-2304-4への公式インタビューが行われました。

対象: SCP-2304-4

インタビュアー: ジョルジュ・ルーイク博士

付記: SCP-2304-4の食事中にインタビューが要求されました。インタビューはSCP-2304-4の住居のリビングルームで行われました。

<録音開始>

ルーイク博士: こんばんは、SCP-2304-4。座ってもいいかな?

SCP-2304-4: ああ、もちろん! (革製のアームチェアを引き出す)私のことはヒューゴと呼んでくれ! (パントリー4を開け始める)コニャック5は好きかい? 早朝、母が私に持ってきてくれたんだ!

ルーイク博士: いや、遠慮しておくよ。君の母親が誰か聞いてもいいかな?(パントリーに向かってジェスチャーをして)シャルドネ6を注いでくれないかな?

SCP-2304-4: ああ、シャルドネだね…(注ぎながら)母のことが聞きたいのかい?彼女は下の階に住んでるよ…あと時々私のための食料を手に入れてくれて、通りの向こうの店からワインを持ってきてくれるんだ。(ルーイク博士に向かって歩く)そこに行こうか、ジョルジュ。通りの向こうの男がアルトワから素晴らしいワインを持ってきたんだ。 きっと君も気にいるよ。

ルーイク博士: ありがとう。では、メインコースは…?

SCP-2304-4: ローストラムチョップのスイートクランベリーソース和えと炒めキノコだよ。楽しんでくれ!(皿を引き出す)母は素晴らしい時間を過ごすように私のために材料を取ってきてくれるんだ。

ルーイク博士: おお、これはおいしそうだ。(食べ始める)さて、本題に入ろうか。君はどのような勉強をしているんだい?(ナプキンで口を拭く)

SCP-2304-4: そうだ!最近凄く躍進的な発見をしたんだよ!42番目の分子鎖の配列はアマコース7粒子が4個欠落していることがわかったんだ!これは素晴らしい発見だと思わないかい?だからナキシウム8構造の関連項目にメモして、一覧表に入れたんだ、それから…おや?私の言ってることがわからないかい?

ルーイク博士: ああ、いや…(空のグラスを見つめる)とても素晴らしいと思うよ。でもナキシウムの配列が何だったか忘れないようにもう一度言ってくれないかな?(ワインを注ぎに行く)

SCP-2304-4: 夕食後にメモのコピーを渡したほうがいいかな…少し簡単にしたものを。(ナプキンで口を拭く)

ルーイク博士: おお、ありがとう!デザートは何かな?(もう一度空のグラスを見つめる)

SCP-2304-4: (コニャックを置く)おや。申し訳ないけどないよ。母が食材を手に入れられなかったんだ。母は大変な時期なんだよ、君も知っていると思うけど…?

ルーイク博士: 申し訳ない。しかし(たどたどしく)君が食材を手に入れることは出来ないのかい?(咳き込む)

SCP-2304-4: ああ、(静かに)私が外に出られないことは君も知っているだろう…私の今の状態では家の外に出られない…

ルーイク博士: それから…?

SCP-2304-4: それに、母は私たちを取り囲んでいる。 母は私たちを作り出す。 母は私にとって世界のすべてなんだ。

<録音終了>

終了報告書: ルーイク博士はその後、住居から退出し、SCP-2304-4のメモを研究員に渡しました。 現在、利用可能な情報について分析しています。

補遺-3: SCP-2304-4への追加インタビュー。

対象: SCP-2304-4

インタビュアー: ジョルジュ・ルーイク博士

<録音開始>

ルーイク博士: ヒューゴ、おはよう!

SCP-2304-4: やあ、ジョルジュ。どこにいたんだい?(座っている)残念だけど食べるものは何もないよ。

ルーイク博士: 大丈夫、ここに来る前に食べたよ。申し訳ない、化学に関する会議があったんだよ。(SCP-2304の向かいの席に座る)休暇にパリに行ってきて昨日帰ってきたところなんだ。

SCP-2304-4: パリ?(混乱したような表情)

ルーイク博士: ああ、フランスの素敵な街さ!(力強く)いくつか川もあって、古く美しい建物がたくさんあるんだ!私と私の妻は…(突然落ち着きを取り戻す)

SCP-2304-4: 君の…妻?

ルーイク博士: 申し訳ない。本題から逸れてしまったね。(気まずそうに)きっと君は孤独だったろう…

SCP-2304-4: ふん!そうでもないよ。母は十分な仲間を作ってくれて、時々猫に会うために下の階へ行くこともある。(溜息)新しい仲間に会うのはいいことだと思う。(長い沈黙)写真を持ってきてくれないかな?パリと君の妻の…

ルーイク博士: (居心地が悪そうに)ああ…えっと…考えておくよ。(一気に息を吸い込んで)もっと重要なことが…

SCP-2304-4: ああ、そうだね!私の研究のことだね…(机の上を探す)どこにいったかな?(書類を漁る)ああ!これだ!

ルーイク博士: それは何だい?

SCP-2304-4: この家で使うために透明な障壁を作る方法を研究しているんだ…(図面を示す)これはその設計図だよ。まだ母には見せていないんだ。

ルーイク博士: 申し訳ない。しかし(たどたどしく)君が食材を手に入れることは出来ないのかい?(咳き込む)

SCP-2304-4: ああ、(静かに)私が外に出られないことは君も知っているだろう…私の今の状態では家の外に出られない…

ルーイク博士: (設計図は一般的なガラス窓に似ている)おお、えっと…面白いね。こんな革新的なものは今まで見たことないよ!(指をいじる)

SCP-2304-4: これを使って部屋の外にある玄関が見れたんだよ!まるで母と一緒にいるようだよ!(興奮して)これは素晴らしいことだよ!そう思わないかい?

ルーイク博士: 確かに、本当に素晴らしいね。他に新しい発見はあるかい?

SCP-2304-4: (熱狂して)他に?ああそうだ!空間周波数に関する私の理論も終えたんだ!(ノートを差し出して)

ルーイク博士: 君の研究がどれほど凄いものなのか私にはわからないよ!(ノートを手放して)ええと…残念だけどそろそろ戻らないといけないんだ…すぐにまた訪ねるよ!

SCP-2304-4: 写真のことを忘れないでくれよ、ジョルジュ!

<録音終了>

終了報告書: ルーイク博士はSCP-2304を後にし玄関から離れた後、ガラスの粉砕音が下の方から聞こえたと報告しました。SCP-2304のノートについては現在研究中です。

SCP-2304-4は、インタビュー終了直後にうつ病の徴候を示し、SCP-2304から出て、フランスのパリに訪れて愛を体験したいと報告しました。ジョルジュ・ルーイク博士のインタビュー中のプロらしからぬ行動やSCP-2304-4との関係のない情報の共有について検討を行なっています。

補遺-4: ルーイク博士がSCP-2304の研究チームから抜けた後、SCP-2304の入口に小さな紙片があり、これはドアの下から滑らせて置いたものだと思われます。

私も連れて行って

補遺-5: SCP-2304へのインタビューがアナイス・ザイア博士によって予定されていました。しかし、SCP-2304-4の住居へ行く途中で、ザイア博士はSCP-2304-3の集団によって攻撃を受けました。攻撃の間、SCP-2304-3は叫んでいるような音を発していました。ザイア博士は、前腕と顔に大きな傷を負いましたが、2人の武装警備員の助けを借りて体勢を持ち直しました。その後、ザイア博士は長期的水銀摂取の症状により死亡しました。

補遺-6: 突如、SCP-2304の入口が封鎖され、SCP-2304内の監視機器の通信が途絶えました。SCP-2304内へ再び立ち入る試みはこれまで成功していません。

ページリビジョン: 4, 最終更新日時: 04 Dec 2016 01:21
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website