nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-865-JP 死した顔でもう一度
EuclidSCP-865-JP 死した顔でもう一度Rate: 8
SCP-865-JP
SCP-865-JP

SCP-865-JP

アイテム番号: SCP-865-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-865-JPはサイト-8141の標準人型収容室に収容されています。SCP-865-JPの異常性の確認及び鬱状態改善のため月に1回専門医の処方を行った後、一時間程度サイト周辺の散歩が認められています1。その際、担当職員は散歩ルート付近に水場がないか確認するようにしてください。

発生したSCP-865-JP-1に関しては担当職員は該当人物の身元を特定してください。その後1名財団エージェントを派遣しその人物に対してインタビューを行った後記憶処理を施し解放してください。上記の手順終了後、SCP-865-JP-1は焼却してください。

説明: SCP-865-JPは現在7█歳の日本人男性です。収容以前SCP-865-JPは、釣りを行っていました。調査の結果下記の特異性以外に異常は発見されませんでした。SCP-865-JPは収容して以来、軽度の鬱状態であり現在健忘症の兆候を見せています。

SCP-865-JPが水場で釣り2を行った場合、不確定な割合でSCP-865-JPと面識があるが1年以上会っていない人物に類似した人型実体の遺体を釣り上げます(釣り上げられた人型実体をSCP-865-JP-1と呼称)。 SCP-865-JP-1を釣り上げる直前まで魚影等は確認されておらず、水から上がる直前にSCP-865-JP-1は出現します。SCP-865-JP-1には稀に生存している人物も確認されています。

SCP-865-JP-1として釣り上げられると同時に本物の実態は、約数分間気絶状態に陥ります。気絶した直後を目撃した人物に事情聴取を行った所、「何かに溺れたような感じだった」と証言しました。気絶状態から復帰した人物は「体内に大量の海水が突然入ってきた」と証言しましたが、X線検査等で確認した所特に異常な点は見られませんでした。以下は、SCP-865-JPが収容後実験等で釣り上げたSCP-865-JP-1の一部抜粋です。

SCP-865-JP-1の詳細 該当人物の詳細
35歳前後と推測される女性 19██/█/██に一人暮らしを開始したSCP-865-JPの孫3
80歳前後と推測される女性 発見日時の約3年前に乳癌で死亡したSCP-865-JPの妻
40歳後半と推測される男性 SCP-865-JPが█山にて遭難した際に助けてくれた男性4

SCP-865-JPは19██/█/█、大阪府に位置する████公園の河川敷にて「おじいちゃんが川で死体を釣り上げた」と現場付近の男性が大阪府警に通報し、騒動になった事で財団が興味を引き調査を行った結果、異常性が判明し、正式に収容されました。以下は、発見直後及び収容後1年後にSCP-865-JPに対して行われたインタビュー記録です。

対象: SCP-865-JP

インタビュアー: エージェント・倉知

<録音開始 19██/█/█>

エージェント・倉知: あの死体の身元はご存知ですか?

SCP-865-JP: あぁもちろん。あの子はワシの孫じゃった、今はどこにいるのかねぇ。

エージェント・倉知: そうですか……。あなたはこれまで、釣りをしていた時に死体に遭遇した事はありましたか?

SCP-865-JP: これが初めてだと思うがなぁ。ワシが釣りを始めたのも、仕事を引退した後やったからなぁ。

エージェント・倉知: そうですか。死体を釣った時、どう思いましたか?

SCP-865-JP: どう……と言われてもなぁ。唯一の趣味である釣りにこんな衝撃的な出来事が起きたら……困惑するしかないでしょうねぇ。

エージェント・倉知: [3秒間の沈黙] そうですか。

SCP-865-JP: すまんの、若いの。力になれなくてな。

エージェント・倉知: いえ、大丈夫ですよ。今回はここまでにしますか?

SCP-865-JP: あぁ、構わないさ。しかし、あの子の死顔は安らかだったねぇ。

<録音終了>

終了報告書: SCP-865-JPはインタビュー終了後、この時釣り上げたSCP-865-JP-1の顔を拝む事を要求しました。この要求はSCP-865-JPの精神面での健康状態を鑑み承認される事はありませんでした。SCP-865-JP-1に該当した人物は特定後記憶処理を施し解放されました。

事案865-JP: 20██/█/██、SCP-865-JPが収容室内の風呂場にて湯を汲もうとした際、男性型実体のSCP-865-JP-1が引き上げられた事が警備中のエージェントの報告により判明しました5。後にDNA鑑定を行った結果、エージェント・倉知の物である事が判明しました。以下は、事案865-JP発生後にSCP-865-JPに対して行われたインタビュー記録です。

対象: SCP-865-JP

インタビュアー: ███研究員

<録音開始>

███研究員: ……聞くまででもないですが、あの人物が誰だかご存知でしょうか?

SCP-865-JP: [5秒の沈黙] なんだろうなぁ。今のワシの心が言いたくないのかもしれんなぁ。

███研究員: [沈黙]

SCP-865-JP: 君がワシの担当になってから、どれくらい過ぎたかのぅ。

███研究員: 2年くらいですね。

SCP-865-JP: まぁ、長い時間経ったなぁ。

███研究員: そうですね。

SCP-865-JP: [3秒の沈黙] 入れ替わった時から不思議に思っていたんだ。

███研究員: 何を不思議に思ったんですか?

SCP-865-JP: 彼はワシが前回死体を釣り上げた時からいなくなった、ワシが死体を釣り上げる度に、ここの人らが出張していくのはわかっているんだ。

███研究員: [沈黙]

SCP-865-JP: でも、嬉しいよ。

███研究員: なぜ?

SCP-865-JP: これまで釣り上げた死体達はワシの大事な人物達じゃった、ワシは心の中で思ってたかもしれんなぁ、彼にもう一度会いたいって。

███研究員: [5秒間の沈黙] 彼はあの日以来行方不明になっています、我々は今も全力で捜索しています。

SCP-865-JP: そうか……、ワシには無事を祈る事しかできない。でも、顔を見れただけで今は十分じゃよ。もし見つからなかったら、彼の顔を見る事はなかったのだからなぁ。

<録音終了>

終了報告書: SCP-865-JPはインタビュー終了後、エージェント・倉知のSCP-865-JP-1を数分間見続けた後、自身の収容室へと移動しました。エージェント・倉知は前述した40歳後半と推測される男性の地点に向かって以降行方不明です。同時刻発生した雪崩に巻き込まれた可能性を視野に入れて調査を行われています。

ページリビジョン: 8, 最終更新日時: 27 Apr 2018 12:44
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website