nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1538-JP ど燗酒
UnknownSCP-1538-JP ど燗酒Rate: 0
SCP-1538-JP
dokan.jpg

SCP-1538-JP-4とSCP-1538-JP-1で加熱した日本酒(熱燗のため異常性無し)

アイテム番号: SCP-1538-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1538-JPはサイト-8181の低危険度物品用収容ロッカーに収容されています。SCP-1538-JPを用いた実験はセキュリティクリアランスレベル3以上を有する職員2名の立ち会いのもと、特殊耐熱実験室にて行ってください。なお、SCP-1538-JP-Aの摂取は一度に720mlまでとし、同一被験者に続けて実験を行う際は最低でも24時間空けてください。被験者に急性アルコール中毒の兆候が現れた際は直ちに実験を中止してください。

説明: SCP-1538-JPは電気式酒燗器(260x170x260mm。SCP-1538-JP-1と指定)、ちろり(容量360ml。SCP-1538-JP-2と指定)、徳利(容量180ml。SCP-1538-JP-3と指定)、平盃(SCP-1538-JP-4と指定)で構成されています。

SCP-1538-JP-1の側面下部には温度調整ダイヤルが設置されており、30~[編集済]℃の範囲で設定可能です。温度調整ダイヤルの横には、設定温度と対応する温度表現を記載したパネルが設置されています。その他の外観、内部構造、使用方法等は一般的な業務用酒燗器とほぼ変わりありません。底面のラベルには「TOHEI Co.,Ltd. MADE IN JAPAN」のロゴが印字されており、財団指定要注意団体、東弊重工との関連が指摘されていますが詳細は不明です。

設定温度 温度表現 備考
(常温) 冷や いわゆる冷酒(冷やした酒)とは異なる
33℃ 日向燗 -
37℃ 人肌燗 -
40℃ ぬる燗 -
45℃ 上燗 -
50℃ 熱燗 -
55℃ 飛び切り燗 ここまでが一般的な燗酒の温度表現
100℃ や燗 水(H2O)の沸点
180℃ 天ぷら燗 天ぷらを揚げる際の油温
700℃ アルミ燗 アルミニウム(Al)の融点は660℃
1600℃ スチール燗 鉄(Fe)の融点は1538℃
[編集済]℃ [編集済]燗 [編集済]

SCP-1538-JP-1、2を使用し、100℃より高温の設定で加熱した日本酒(SCP-1538-JP-Aと指定)は異常性を獲得します。SCP-1538-JP-2~4内にある限り、SCP-1538-JP-Aは水(H2O)の沸点100℃を超えても沸騰、蒸発しません。SCP-1538-JP-AはSCP-1538-JP以外の物体や生物が触れた場合(摂取した場合を除く)、即座に蒸発します。その際、熱変性や発火、火傷等の影響は発生しません。また、SCP-1538-JP-1内の水の温度は90℃付近までしか上昇しません。SCP-1538-JP-1は不明な方法で加熱を行っており、SCP-1538-JP-Aはその消費電力からは考えられない速さで設定温度に達します。

SCP-1538-JP-Aを摂取した人間には体温の異常な上昇が発生します。摂取者の血中アルコール濃度と体温の上昇には正の相関関係があり、血中アルコール濃度0.15%1でSCP-1538-JP-Aの温度とほぼ同じになることが確認されています。SCP-1538-JP-Aと異なり、摂取者に触れた物体や生物はその高温により熱変性や発火、火傷等の影響を受けます。にもかかわらず、摂取者本人の身体にはアルコール摂取による一般的な健康上の影響しか発生しません。

また、SCP-1538-JP-Aを一口でも摂取した者は「旨い、もっと呑みたい」という衝動に駆られます。この衝動はSCP-1538-JP-Aが高温なほど、また飲み進めるほど強いものになりますが、クラスA記憶処理によって取り除くことが可能です。

SCP-1538-JPは、20██/██/██に東京都██区JR██駅西口近くの飲食店街で発生した大規模火災2の焼け跡から発見されました。出火当時、情報収集のため飲食店街に立ち寄っていたエージェント・██が「人が燃えている」という叫び声を聞き、財団に通報しました。現地消防に潜入していた財団職員が火災現場で赤熱した全裸男性を発見し、直接放水しましたが、水は男性に掛かった瞬間蒸発し温度が下がる様子は見られませんでした。発見から██時間後、男性の体温が低下してきたところを特殊耐熱防護服を装備した機動部隊によって保護しました。目撃者には記憶処理が施され、カバーストーリー「分電盤のショートによる出火」が流布されました。

この男性は付近のIT企業に勤務する40代の会社員で、エージェント・██のインタビューに対し「████で酒を飲んでいた。5、6合くらいは飲んだ」と証言しています。居酒屋「████」(火災により全焼)の焼け跡を調べたところ、無傷で焼け残っていたSCP-1538-JPを発見し収容しました。男性は酔いが覚めて体温が正常に戻った後、記憶処理を施して解放しました。財団は現在、事情を知っているとみられる「████」店主の行方を追っています。

実験記録1538-JP-01 - 日付20██/██/██

被験者: D-82125(「酒はたしなむ程度には飲める」と実験前に申告。遺伝子検査によりALDH3の遺伝子多型はAGタイプ4と判明している)
実施方法: SCP-1538-JP-1~4を使用。温度を50℃(熱燗)に設定して日本酒0.5合(90ml)を加熱し、被験者に摂取させる。
結果: 日本酒、被験者とも異常なし。被験者は「まろやかな味わいで、普通に旨い」と感想。

実験記録1538-JP-02 - 日付20██/██/██

被験者: D-82125
実施方法: SCP-1538-JP-1~4を使用。温度を100℃(や燗)に設定して日本酒0.5合(90ml)を加熱し、被験者に摂取させる。
結果: 日本酒、被験者とも異常なし。被験者の手の甲に垂らしたところ熱いと訴え、皮膚が赤くなった。被験者は「熱すぎて味が落ちた」と感想。
分析: ここまでは想定内。問題はこの後だ。

実験記録1538-JP-05 - 日付20██/██/██

被験者: D-82125
実施方法: SCP-1538-JP-1~4を使用。温度を180℃(天ぷら燗)に設定して日本酒0.5合(90ml)を加熱し、被験者に摂取させる。
結果: 日本酒はSCP-1538-JP-Aに変化した。被験者は問題なく摂取完了し、体温が70℃前後まで上昇。その後緩やかに下降した。被験者は「熱燗と同じくらいの温度に感じるが、さらに旨味が増した。もっと呑みたい」と感想。

実験記録1538-JP-06 - 日付20██/██/██

被験者: D-82125
実施方法: SCP-1538-JP-1~4を使用。温度を180℃(天ぷら燗)に設定して日本酒計4合(720ml)を加熱し、被験者に摂取させる。
結果: 日本酒はSCP-1538-JP-Aに変化した。被験者は1時間弱で問題なく摂取完了し、体温が180℃前後まで上昇。その後緩やかに下降した。被験者が水を飲むと体内で沸騰し蒸発、手に持ったコップの水も沸騰した。血中アルコール濃度は最大0.16%を記録。また、被験者の尿、吐瀉物も異常高温を示した。
分析: アルコール摂取量が増えるほど体温も上昇するようだ。

実験記録1538-JP-07 - 日付20██/██/██

被験者: D-83101(「酒は全くダメ」と実験前に申告。遺伝子検査によりALDHの遺伝子多型はAAタイプ5と判明している)
実施方法: SCP-1538-JP-1~4を使用。温度を180℃(天ぷら燗)に設定して日本酒0.5合(90ml)を加熱し、被験者に摂取させる。
結果: 日本酒はSCP-1538-JP-Aに変化した。被験者が摂取を拒否したため説得プロトコル"一気"を実行し、問題なく摂取完了。被験者は体温が70℃前後まで上昇後、実験記録1538-JP-05より長い時間をかけて下降した。被験者には頭痛薬および胃腸薬の使用を許可した。なお、被験者は「日本酒がこんなに美味しいものだとは思わなかった。酒が飲めない自分の体が憎い」と感想。
分析: 体内でのアルコール分解によってSCP-1538-JP-Aが非活性化され、その速さには個人差があるようだ。

実験記録1538-JP-10 - 日付20██/██/██

被験者: D-83336(「酒はいくらでも飲める、実験なら任せろ」と実験前に申告。遺伝子検査によりALDHの遺伝子多型はGGタイプ6と判明している)
実施方法: SCP-1538-JP-1~4を使用。温度を1600℃(スチール燗)に設定して日本酒計1升(1800ml)を加熱し、被験者に摂取させる。
結果: 映像記録1538-JP-10参照。

実験記録1538-JP-██ - 日付20██/██/██

被験者: D-83879(遺伝子検査はD-82125と同結果)
実施方法: SCP-1538-JP-1~4を使用。温度を[編集済]℃([編集済]燗)に設定して日本酒計4合(720ml)を加熱し、被験者に1時間以内に摂取させる。
結果: N/A
付記: 実験申請は却下された。


<記録開始>

█研究主任(実験責任者、音声のみ): それでは実験を始めます。D-82125、日本酒を1600℃まで加熱してください。

D-82125(実験補助): はい。[日本酒を1升瓶からSCP-1538-JP-2に注ぎ、SCP-1538-JP-1にセット。スイッチをONにし、ダイヤルを1600℃までひねる]

D-83336(被験者): いやぁ、酒なんて何年振りだか……もう一生飲めないと思ってたなぁ。いいのか本当に?

█研究主任: 実験ですから。

D-83336: だが、1600℃ってのはいくらなんでもやばすぎるだろ。死にゃしないだろうな? 耐熱服もこいつだけ着て……

D-82125: 180℃で何とも無かったから1600℃でも大丈夫、じゃないすか。それより僕が怖いですよ。本当に大丈夫なんすかこの服?

█研究主任: 直接の接触がなければ大丈夫です。室内の温度が上がって危険な状態になる前に貴方には退室してもらいますから。

[会話省略]

█研究主任: 2人とも、お喋りはその辺にして。酒の様子はどう…… えっ!?

D-83336: どうした?

█研究主任: も、もう1600℃になっている! まだ3分も経ってないぞ……酒の様子を見てください。

D-83336: [SCP-1538-JP-2の中を覗き込む] うわっ、燃えてやがる!

D-82125: [同上]うわぁ……こりゃあれっすね、まるで溶鉱炉だ。

█研究主任: それを取り出して、カメラに見せてください。

[D-82125がSCP-1538-JP-2を持ち、カメラに近づける。中の酒は赤熱し、溶けた鉄の様相を呈している]

█研究主任: ……結構です。酒の温度は1600℃。室内の温度はほぼ変化なし、と。消費電力が気になりますが後で分析します。では所定の手順でD-83336に酒を……SCP-1538-JP-Aを飲ませてください。

[D-82125、赤熱したSCP-1538-JP-AをSCP-1538-JP-3に移し替え、D-83336にお酌する]

D-83336: おっとっと。[数秒間沈黙] これ、飲むのかよ……[顔を近づける] 確かに、そこまで熱くは感じないけどさぁ。

█研究主任: ええ、見かけだけです。さあ、どうぞ飲んでください。

D-83336: じゃあ、行くぞ。……えいっ![目を閉じ、一気に飲み干す]

D-82125: ……[D-83336をじっと見守る]

D-83336: っかぁ、な、なんだこりゃ! うんめぇ! ……おい、何ぼーっと見てんだよお前。ほら。注げよ![SCP-1538-JP-4を突き出す]

D-82125: あ、はい。[お酌する]

D-83336: [すぐに飲み干す] くぅ~、うめぇ! こ、こんな旨い酒、初めてだ! おう次!

[似たようなやりとりが続くため省略]

D-82125: [空のSCP-1538-JP-3にSCP-1538-JP-2からSCP-1538-JP-Aを移し替える] あ、こっち空になりましたね。次の用意します。

D-83336: [手酌しながら]おう、早くしろよ。酒を絶やすな!

[15分経過。D-83336の制服は既に焼け落ち、身体は赤い光を発し始めている。SCP-1538-JP-A摂取量は5合(900ml)を超えている。室内温度による影響を防ぐため、未摂取分は瓶から耐熱容器に移し替えられている]

D-82125: まずいっすよ! そんなペースで飲んだら……

D-83336: うるせぇ! お前は黙って酒を温めてりゃいいんだ![SCP-1538-JP-3を奪い取り、直接飲む] かーっ、うめぇー!

D-82125: [カメラの方を向く] やめさせてください、先生! このままじゃ急性アル中で……

█研究主任: 実験中止はこちらで判断します。続けてください。

D-82125: そ、そんな……

[さらに5分経過。D-83336の身体はSCP-1538-JP-Aと同様に赤熱している]

D-83336: [SCP-1538-JP-2に直接口をつけ、最後の2合(180ml)を一気に飲み干す] あぁ~、ひあわせら~。今日はひんせえさ、さえ、……あんだ、あー、そうら、最っ高の日れす。はい! あはははは。 [辺りを見回す] おい、あいつあい、あいつ、あいつどーこいった? あぁ……

[空のSCP-1538-JP-2を持ったまま、仰向けに倒れるD-83336]

D-83336: ……酒……さーけー……[そのまま気絶]

<記録終了>

終了報告書: D-83336の回収は不可能と判断、SCP-1538-JPのみ回収して当該実験室は破棄された。SCP-1538-JPに損傷無し。█研究主任はSCP-1538-JP担当から解任、レベル2降格処分となった。また、特別収容プロトコルの一部見直しが行われた。なお、3分足らずで1600℃にまで加熱しているにもかかわらず、消費電力が通常の酒燗器と同水準であった点は注目に値する7

ページリビジョン: 3, 最終更新日時: 03 Jan 2017 07:02
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website