nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-4931 知識は力なり
UnknownSCP-4931 知識は力なりRate: 9
SCP-4931
blank.png
4931.jpg

回収時に撮影されたSCP-4931の写真。

アイテム番号: SCP-4931

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-4931はサイト-81の特別収容棟に保管されます。クリアランスレベル3以上の職員による許可の下、オブジェクトの使用が認められます。

説明: SCP-4931は1930年代にろうそく製造用として使用されていた物と同様の外見を持つ、先細りしたろうそく製造機です。内部は数十の異なる時代の機構により構成されている為、実際の製造時期は不明です。いくつかは明らかに近代的なものですが、他の部品は数十年使われていないことによる重金属酸化を示している物もあります。この機構に見られる唯一の操作は[削除済み]。1

SCP-4931の異常性は嗅覚記憶を操作する能力を保持している点です。対象に特定の経験の記憶が[編集済み]を介して導入されると、SCP-4931は対象が記憶と結び付けている香りの注入されたろうそく(以下SCP-4931-A)を生成します。意識のある人間の周辺でSCP-4931-Aに点火すると、その人物の偏桃体と感覚皮質の活動が約172%増加します。この時、暴露者は呼びかけに対してほとんどの反応を示さなくなります。ですが、痛覚など他の刺激に対しては通常通りの反応を示します。SCP-4931-Aから火が消えると、暴露者は2~3分後に通常通りの反応を示すようになります。

SCP-4931-A暴露者は暴露中、SCP-4931-Aを生み出した記憶を体験する事ができます。この主張は当初懐疑的に受け止められていましたが、脳波の測定値と暴露後の分析は、被験者が実際にその記憶と同様の記憶痕跡と意識的記憶を示す新しいシナプス結合を形成している事を示していました。

以下の実験記録にSCP-4931の潜在的な使用用途を示します。

1024px-Red_candle_object.jpg

SCP-4931-Aの例。


実験記録4931-A

目的: SCP-4931が潜在的な/抑制された/記憶喪失の記憶の記憶に役立つという理論をテストする。

監修: ████博士

実験日: 2017-██-██

実験NO.4931-A1

被検体: SCP-███

実験手順: SCP-4931-Aは██████警備員のインシデント███-█時の記憶から生成された。このインシデントの記憶はSCP-███にとってトラウマとなっており、SCP-███がこの記憶を自己抑制した事が確認されている。SCP-███をSCP-4931-Aに暴露させ様子を観察した。

結果: SCP-███は外部からの呼びかけに反応を示さなくなり、通常の意識下に戻ると不安発作を引き起こした。後のインタビューでSCP-███は記憶が再浮上した事を証言、記憶処理を要求した。この要求は承認され記憶処理は問題なく実行された。

実験No.4931-A2

被検体: D-139301

実験手順: D-139301にジャニングス研究員の写真を見せ、ジャニングス研究員の情報を記憶させた。その後この記憶からSCP-4931-Aを生成し、D-139301にクラスA記憶処理を行った。D-139301がジャニングス研究員を記憶できていない事を確認してからD-139301をSCP-4931-Aに暴露させた。

結果: D-139301は2分57秒の間反応を見せなかった。SCP-4931-Aから火が消えた後、D-139301は再度ジャニングス研究員の写真を見せられた。D-139301は数秒後、ジャニングス研究員を正確に特定した。

実験No.4931-A3

被検体: D-139301

実験手順: 実験4931-A2と同じ。クラスA記憶処理の代わりにクラスB、クラスC記憶処理を行った。

結果: クラスB記憶処理を行った場合は、D-139301は写真を曖昧ながら記憶していたものの、ジャニングス研究員に関する情報を提示する事ができなかった。クラスC記憶処理を行った場合には、D-139301をSCP-4931-Aに長時間暴露させてもD-139301はジャニングス研究員を認識する事ができなかった。これらの結果に基づいて、記憶に対するSCP-4931-Aの効果は投与された記憶処理薬のY-909の濃度に反比例すると考えられている。


実験記録4931-B
監修: ███████博士

実験日: 2017-██-██

実験No.4931-B1

被検体: D-33712, D-08472, D-28451 (SCP-████に遭遇した生存者)

目的: 複数の主観的な回想を比較し、イベントの客観的な分析を作成する可能性をテストする。

実験手順: 3つのSCP-4931-Aが準備され、グエン研究員が各実例に順番に暴露し結果を記録する事を志願した。これはグエン研究員のCRV指数が高いために記憶に対する許容度が高いと考えられているからであり、███████博士により承認された。

結果: グエン研究員は各記憶を記録、比較しイベントについての新たな報告書を作成した。この報告書はセキュリティーカメラの映像により、98.2%の正確性を持っている事が裏付けされた。

注記: 過去の出来事、または人の識別/説明のためにSCP-4931を使用する有用性については監督評議会が検討中です。

実験No.4931-B2

被検体: D-31519

目的: SCP-4931が文章からSCP-4931-Aを生成できるかテストする。

実験手順: エリ・ヴィーゼルの自伝("")がSCP-4931-Aの生成に使用された。D-31519はSCP-4931-Aに点火し、香りを識別するように指示された。

結果: D-31519は操作の実行から10秒後、通常の記憶体験状態に移行した。この時、脈拍と発汗の増加などの、恐怖、または痛みを感じた際の反応が観測された。SCP-4931-Aが完全に消費された後、D-31519は突然"悪夢から目覚めたような"と形容されるように激しく覚醒した。その後、D-31519は自伝の中で言及されていた幾つかの出来事を鮮明に詳しく説明し、実験の成功が宣言された。

注記: 生成されたSCP-4931-Aには廃棄された紙/段ボールの痕跡が含まれていました。


実験記録4931-C

目的: SCP-4931が他者に架空の記憶を移植できるかテストする。

監修: ジャニングス研究員

実験日時: 2017-██-██

実験No.4931-C1

被検体: D-83972,D-122317

実験手順: 実験4931-B2と同様。自伝ではなくスティーヴン・キング作"刑務所のリタ・ヘイワース"が使用された。

結果: D-83972とD-122317は架空の刑務所への収監体験を含む、小説内の出来事のあらゆる記憶を体験していないと主張した。しかし、両者ともに薬物の中毒症状から回復した際の混乱に似た状態に陥っていた。これは、小説がスティーヴン・キングがコカイン等の薬物の中毒に陥っていた時期に出版された事と関係していると考えられており、文章から生成されたSCP-4931-Aの能力はあくまでも著者の記憶を他者に移植する事であると考えられる。従って、SCP-4931は自伝に対しては機能するが、フィクションに対しては機能しない事が明らかとなった。


実験記録4931-D

目的: 架空の回顧録等を使用して、SCP-4931が何を"真の"記憶であるとみなしているのかテストする。

監修: ███████博士

実験日時: 2018-██-██

実験No.4931-D1

被検体: D-10225,D-511345

実験手順: ラジオ・テレビドラマ"Dragnet"シーズン1第10話"A Mad Killer at Large"(名前だけが変更された実在の人々の物語)を使用してSCP-4931-Aを生成する。

結果: D-10225、D-511345は混乱状態に陥り、最新の記憶は"██████'s studioでの記憶"であると主張した。SCP-4931は個人情報の難読化を理解できないと考えられる。

実験No.4931-D2

被検体: D-10523,D-978374

実験手順: 実験4931-D1と同様。イシメール・ベア作"A Long Way Gone"(邦題"戦場から生きのびて ぼくは少年兵士だった")を使用(誇大化されているとして批判された回顧録)。

結果: D-10523、D-978374両名とも正確に作中の出来事を記憶しており、誇大化されているとされている部分に関する質問に対しても淀みなく答える事ができた。

注記: 2018-██-██現在、SCP-4931は文書及び紛争記録等の正確性を検証する手段としてRAISAによる使用が認められています。SCP-4931のサイト-██への移送が██月██日に予定されています。

補遺 - 回収経緯: SCP-4931はノースカロライナ州ワックスホーの廃工場から回収されました。工場は解体される予定でしたが、█████ ██████氏が建物を作業場として使用している事が判明した為中止されていました。この時潜入していた財団の調査員により作業場の異常なデバイスや現象が報告された為、機動部隊イオタ-10 ("ポリ公")により工場の制圧、アイテムの回収が行われました。██████氏は収容房内で自己終了した為、財団の管理下に置く事ができませんでした。

██████氏に関する氏の友人や地域住民への調査が犯罪プロファイルの作成に偽装され行われ、氏は友好的であるが落ち着いた人物であり、主な職業は一般家庭の機械修理等の他者の支援を積極的に行う"便利屋"であった事が明らかとなりました。また、██████氏は2部屋のアパートを母親と共有しており、母親は神経変性認知症の後期にいることが判明しました。母親は通常の手順に基づきモンローの介護付き生活施設に移されました。監視は不要とみなされています。

page revision: 2, last edited: 25 Aug 2019 05:14
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website