nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-257-JP スマイルください
SafeSCP-257-JP スマイルくださいRate: 18
SCP-257-JP
評価: +15+x
画像

SCP-257-JP-1

アイテム番号: SCP-257-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-257-JPはサイト-8181の完全気密収容倉庫あ-5に収容され、必要でない時は常にカバーがかけられます。倉庫内は常にカメラによって監視され、 SCP-257-JP-1の予期せぬ出現があった場合は即刻若桑博士に報告しなければなりません。SCP-257-JPの実験は全てサイト-8181の気密実験室で実施され、被験者にはDクラス職員を起用してください。現在、SCP-257-JPの結び目を解くことは如何なる職員であっても基本的に許可されません。

説明: SCP-257-JPの外観は黄色で着色されたラウンド型のゴム風船です。収容当時、既に直径12cm前後まで膨らんでいました。経年劣化は見られず、表面は収容当時のつやを維持しています。内部に充満する気体はどのような手段を用いても検知することができませんでしたが、非実体的な現象ではなく、また空気よりも僅かに重い気体であると考えられています。
SCP-257-JPを直接視認した被験者は、SCP-257-JPを対象に大きく笑い始めます。被験者は「SCP-257-JPの外観や形状がとても可笑しいと感じた」と述べています。この効果は被験者がSCP-257-JPに影響を及ぼされてから3時間に及んで続きます。そして、その3時間の間にSCP-257-JPは緩やかに膨張します。その後、SCP-257-JPの効果は急速に薄れていき、一度影響を受けた被験者がSCP-257-JPを再度視認してもSCP-257-JPの影響を受けることはありません。
SCP-257-JPの膨張と被験者に及ぼされた影響が消失した後、被験者は「楽しい」「嬉しい」などを一切感じることができなくなり笑うことがなくなります。現時点で14人の事例が報告されていますが、そのいずれにも回復の兆候は見られていません。

200█年██月██日、SCP-257-JPの結び目を解く実験が行われ、その際にSCP-257-JP-1の存在が確認されました。詳細については実験記録 257-JP-Bを参照してください。

実験記録257-JP-A-1

被験者D-301-JPをSCP-257-JPの格納エリアに入室させます。実験は常にカメラによる観察が行われ、D-301-JPは担当の若桑博士とヘッドセットで会話できるようにしています。以下はその音声記録です。

<記録開始。D-301-JPが格納エリアに入り、SCP-257-JPを視認する>

D-301-JP: [大きな笑い声]

若桑博士: なぜ笑っているんだ。301番。

D-301-JP: [大きな笑い声]

若桑博士: おい、301番。

D-301-JP: [笑い声]すまねぇ[笑い声]

若桑博士: 何が可笑しいのか教えてくれ。

D-301-JP: [腹部を抑えて咳き込む][笑い声]

若桑博士: おい。

D-301-JP: [声にならない程に笑っている][腹部を抑えて笑いこける]

若桑博士: 頼むから質問に答えてくれないか301番、何が可笑しいのか教えてくれ。

D-301-JP: [声にならない笑い]

若桑博士: [失笑]だめだこりゃ。

<約3時間の間、同じようなやりとりが行われ、3時間後にD-301-JPの笑いは止まりました。映像測定によりSCP-257-JPは実験前よりも1.3倍ほど膨張していることが認められました>

若桑博士: さて、何が可笑しかったのか教えてくれ。

D-301-JP: ああ、えーと。[少し間が空く]さっきまでこいつ[SCP-257-JPを示す]の形とか色合いが、滅茶苦茶面白かったんだけど、今はそうでもねぇな。なんか妙な気分だ。

若桑博士: 私には普通の黄色い風船のように見えるが。

D-301-JP: [少し間が空く]そう……だな。俺にもそう見える。

若桑博士: 何が面白くて笑っていたのか具体的に説明できるか?

D-301-JP: えーと……。[長い沈黙]

若桑博士: 質問の仕方を変えよう。抽象的でもいい、君なりに何が面白かったのか話してくれ。

D-301-JP: [少し間が空く]今思い返すとかなりの時間爆笑してたらしいけど、全然飽きなかったな。ずっと面白く感じた。常に新鮮な笑いって感じか?今思うとなんで飽きがこなかったんだろうな。すげえ変だよな。今はもう怖えよコレ。

若桑博士: そうか。つまり君はその黄色い風船の形状や色合いがなぜかとても可笑しく感じ、且つ不思議とそれに飽きることがなかった。加えて、そんな自身の状態を少しも奇妙だとは思わなかった、ということだな?

D-301-JP: ああ、そうだな。

若桑博士: 笑っている最中に私の声は聞き取れていたか?

D-301-JP: 聞こえてはいたけど、それどころじゃないぐらい笑ってたのを見てただろ?

若桑博士: そうだな。[少し間が空く]ところで、君はもうすぐ任期が終了して社会復帰するらしいじゃないか。おめでとう、晴れて自由の身だな。君は財団の活動に大きく貢献した、私からも礼を言おう。今の気分はどうだ?

D-301-JP: ありがとう博士。そりゃ今の気分は最高に決まってるさ。俺、バカだけど帰ったら改心するんだ。ほんで家族に……[沈黙]

若桑博士: どうした。

D-301-JP: [少し間が空く]あれ?

若桑博士: 大丈夫か。

D-301-JP: 家族の記憶に違和感……じゃないな。なんだこれ、何か変だ。博士、俺ちょっと笑いすぎて混乱してるみたいだ。

若桑博士: そうか。

<記録終了>

実験終了後の数日間、D-301-JPは「何事も憂鬱に感じる」「飯の味は解るのに、美味しい、嬉しいという感情が湧かない」「もうすぐ再会できる家族の顔を思い浮かべても、全く励みに感じなくなった」などと述べていました。
実験から3日後、D-301-JPにうつ病に似た症状が発生し、オンコール体制にあった現場のカウンセラーが対応に当たりました。しかし、D-301-JPはその翌日に、「トランプゲームで一方的に負け続けた」ことを理由にDクラス職員に暴行を加えるという事件を起こしました。
この事件をきっかけに特例として承認されていたD-301-JPの解雇後の一般社会への復帰は取り消され、任期終了後はBクラス記憶処理を施され再雇用となりました。

実験記録 257-JP-B

日付:200█/██/██/
概要:過去に一度SCP-257-JPの影響を受けたDクラス職員1名が用いられ、その他の職員は直接視認を避けるためにカメラからの観察を行っていました。Dクラス職員が若桑博士の指令に従ってSCP-257-JPの結び目を解くと、SCP-257-JPの内部から黄色のガス状物質の塊が噴出され、それは常に全体から複数の笑い声を放っていました。それらの笑い声には現在までにSCP-257-JPの影響を受けた14人と同一のものが含まれていることが判明しています。このガス状物質はSCP-257-JP-1と識別されました。SCP-257-JP-1は実験室を3秒ほど浮遊した後、飛行速度を急激に変化させ、280km/hにも及ぶ速度で実験室の扉の僅かな隙間から抜け出しました。その後SCP-257-JP-1は施設のエアダクト内を通って、出現から約3分後にはサイト-8181から脱走していました。サイト-8181所属の機動部隊が即応してSCP-257-JP-1の追跡を行いましたが、SCP-257-JP-1が北の方角に飛び去ったのを確認した後に見失いました。

結び目を解かれたSCP-257-JPは、SCP-257-JP-1を内部から排出した後にその異常性を一時的に失いましたが、Dクラス職員が若桑博士の指令に従ってSCP-257-JPの口を結ぶと、SCP-257-JPは元の異常性を取り戻しました。

この実験後、サイト-8181に所属する財団エージェントから選抜された人員で、SCP-257-JP-1の追跡班が組織されました。追跡班は脱走したSCP-257-JP-1の逃走ルートを直線的なものと推測し、現在も行方を追い続けています。SCP-257-JPの結び目を解く追加実験、それによって新たに出現すると思われるSCP-257-JP-1の確保は現在承認待ちです。

補遺1: SCP-257-JPは大阪府████市にて、「ほぼ同時期に、ある一家全員がうつ病を発症した」との噂を聞きつけた財団エージェントにより回収されました。最初にSCP-257-JPを発見した[編集済]は、SCP-257-JPは██████公園の木に引っかかっていたと述べています。また発見当時、SCP-257-JPの表面に一枚の紙がセロハンテープで貼り付けられており、次のような文書が記されていました。筆者は不明です。

喜びの黄色
受容の黄緑
恐れの緑
驚きの水色
悲しみの青
憎しみの紫
怒りの赤
警戒の橙
[編集済]の黒
[編集済]の白

補遺2:200█年██月██日、栃木県高原山にて、SCP-257-JP-1の追跡班がSCP-257-JP-1と類似した振る舞いを見せる青色のガス状物質を目撃したと報告しています。追跡班のほとんどの人員が、そのガス状物質は複数の人間の泣き声のようなものを放ちながら、推測されたSCP-257-JP-1の逃走ルートに沿うようにして、北の方角に高速で消え去ったと述べています。

付録:覚書

もし追跡班の証言が真実ならば、SCP-257-JPと似通った性質を有する物品がどこかに在るということはほぼ確定したようなものだ。その外観が青色の風船であることを想像するのは難くない。そしてそれが回収されれば、我々はあのメモの内容から示唆される10色の風船を捜索しなければなくなるだろう。感情を人から奪ってどこかに運ぶ風船を10個だ。運んだ先に何があるのかわからないが、[編集済]や[編集済]といった感情を必要としているのなら、おそらく我々にとって碌でもないものになるだろう。

-若桑博士

ページリビジョン: 18, 最終更新日時: 27 May 2015 02:27
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website