nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-3600 黙字録
UnknownSCP-3600 黙字録Rate: 52
SCP-3600

黙字録

scp3600-sample.jpg

試験中R████博士によって作成されたTrilisect-Aの非異常性サンプル.AOCRS精度は76%.

アイテム番号: SCP-3600

オブジェクトクラス: Thaumiel

特別収容プロトコル: SCP-3600はイプシロン級の認識災害であり、いかなる状況下においても財団職員が直接見るべきではありません。 SCP-3600の疑いのある、または未確認の実体は、適切な実験によって同定されるまで閲覧されるべきではありません。適切な収容方法が確立されるまで、SCP-3600は不透明な材料で覆うことによって一時的に収容されます。

Dクラス職員のSCP-3600への限定的な曝露は、サイト管理者の承認を得た実験目的で許可されています。これらの実験の間、プロジェクトTheiaの一部として行う場合を除き、Dクラス職員は3文字を超えるSCP-3600に曝されるべきではありません。

SCP-3600-1は特製のスチールケースに保管され、アクセスできないよう溶接により密封されています。

分析中にSCP-3600-2の疑いのある、または同定された実体は回収され、その後適切に破壊または収容されます。

説明: SCP-3600はこれまでに記録されていなかった言語で、メソポタミア(紀元前約3000年前)に由来すると考えられています。静的な面に正確に描写されると認識災害効果を引き起こします。 Trilisect-Aと呼ばれるこの言語は、表面上は楔形文字に似ていますが、非常に多様で複雑です。 SCP-3600-1は3.7m×1.8m×0.25mの大きさの石板で、その「正面」の面にはSCP-3600の10,000を超える個々の文字が書かれています。意識のある知的実体から直接閲覧された場合、SCP-3600は潜在的Kクラスシナリオの詳細な知識を閲覧者に伝達します。閲覧者は約48時間かけてこの知識に気づきます。

SCP-3600の各文字は単一のシナリオについての知識を与えますが、この効果は相乗的であることが示されています。閲覧者が複数の文字に曝されている場合、閲覧者が知るシナリオの数は、閲覧した文字の数よりも多くなります。 ある文字がSCP-3600の実例として認識災害効果を有すると判断されるためには、その文字が高度光学文字認識システム(AOCRS)によって91%以上の精度でSCP-3600-1上にみられるオリジナルと一致する必要があります。精度91%未満の文字は異常な性質を持たないと推測されます。また、デジタル写真や映像を介したSCP-3600の閲覧は安全であるとされています。

SCP-3600によって伝えられるシナリオは、自然または人為的なもの(小惑星の衝突・核戦争・世界的流行病など)から異常存在によるものまで多岐にわたりますが、これらのシナリオは通常、収容の失敗(または不適切な取り扱い)が原因です。そのシナリオ自体の知識に加えて、SCP-3600の閲覧者はそのシナリオを現実にするために必要とされるであろうあらゆる知識も獲得します。

SCP-3600から得られた知識は通常、特定のシナリオの誘発に必要な機能を有する異常な装置を構築する能力として発現します。この能力により構築された装置はSCP-3600-2と指定されます。 SCPオブジェクトが関係している場合、閲覧者は代わりにそのオブジェクトの収容を破る方法、あるいは現在収容されていない異常存在の場合には、その異常存在が発見される可能性のある場所についての知識を得ます。異常な技術を使用せずにシナリオを実現することが可能な場合は、利用可能なリソースを使用して普遍的な技術を開発する方法に関する知識が付与されます1。回収されたSCP-3600-2実例のリストについては、添付文章3600-2回収ログを参照してください。

事案 3600-1: 201█/██/██、上級研究員R████博士がSCP-3600の機械的複製によって認識災害が発生するかどうかの研究を行なっている最中に、誤って27文字のSCP-3600に曝露しました。この6時間後、彼は昏睡状態となり、86時間の間沈静状態になりました。4週間の必須評価期間ののち、R████博士は異なる37個のKクラスシナリオに関する文書を提出し、業務に戻ることを許可されました。

SCP-3600に関する実験の要旨。テストで用いられた全てのSCP-3600文字は、特記されている場合を除き、認識災害を有することを予め確認済みである。完全な記録を希望する場合は上級研究員に連絡すること。

実験005
被験者: D-5674-3
実施方法: 3600-72-K2への曝露
結果: D-5674-3は、酸素を消費し二酸化炭素を排出する、急速に地球上で拡散する恐れのある異常植物種に関する知識を得ました。この異常植物種は急速にほとんどの植物を絶滅させ、結果として地球の大気上の酸素を除去することによってRK-クラス再構築シナリオを引き起こします。D-5674-3によると、この異常植物種は[データ削除済み]によって簡単に作成することができます。

実験006
被験者: D-5674-3
実施方法: 3600-102-B1への曝露
結果: D-5674-3は、核の冬シナリオを誘発する核戦争の長期的影響や経過に関する詳細な知識を得ました。さらに、彼は3つの異なる核装置の詳細な設計を提供できるようになりました。うち一つは爆発規模が███Mtになると推測される、全く新しい設計です。
注釈: D-5674-3はアメリカの高校卒業に相当する知識を有しています。提供された装置の設計は物理学、化学、機械工学に関する高度な学位に相当するものを示しています。

実験007
被験者: D-5674-3
実施方法: 3600-14-X1への曝露
結果: 48時間後、D-5674-3は追加で3つのシナリオに関する知識を得ました。

  • 小惑星 ███-█ の地球への衝突によって引き起こされるXK-クラス世界終焉シナリオ。彼が”重力槍”と呼ぶ装置の建設によって、その小惑星が地球の軌道に引き寄せられると述べています。
  • SCP-███の制御下にない流出によって引き起こされるNK-クラス自己複製シナリオ。さらに彼はサイト-██に収容されているSCP-███の収容を破る方法とSCP-███の効果を再現する方法を知っていると主張しました。
  • 1801年以前にアフリカ大陸外で存在した文明が歴史から消え去ることにつながるCK-クラス現実再構築シナリオ。D-5674-3によって提供された情報は[データ削除済み]という結果になり、現在SCP-████として収容されています。

注釈: 現在D-5674-3は、彼が提案した”重力槍”の改良版を、地球へ影響を及ぼしうる小惑星の軌道修正に利用するために財団研究員と共に研究しています。

実験015
被験者: D-7466-7
実施方法: ランダムに選択された50文字のSCP-3600文字への曝露
結果: D-7466-7は即座に発作を起こし、その後すぐに昏睡様状態になりました。MRIで検査したところ、重度の神経損傷を負っていることが判明しました。D-7466-7は回復せず、2ヶ月間の観察後に終了されました。

実験017
被験者: D-6752-1
実施方法: 50日間にわたり1日に1文字ずつランダムに選択されたSCP-3600文字への曝露
結果: 3日目の後、D-6752-1はシナリオの数が指数関数的に増加していることを報告しました。D-6752-1は11回目の曝露後に鬱病の兆候を示し始めました。22回目の曝露後、SCP-3600-2実例を構築したいという提案があったと研究員によって報告されました。続く35番目の文字への曝露の後、D-6752-1は著しい錯乱の兆候を示し、40文字目の曝露では完全に緊張状態となり、疲労により終了するまで彼女は様々なシナリオの詳細を単調な声で325時間止まることなく話し続けました。

実験027
被験者: D-3453-9
実施方法: 異常技術の部分的構築を許可した下での3600-81-C3への曝露
結果: 回収ログSCP-3600-2-Bを参照

実験037
被験者: D-5768-4
実施方法: 3日毎に3600-1-A1から3600-20-A1への曝露
結果: SCP-3600-15-A1への曝露後、D-5768-4は不安や鬱の兆候を示し始めました。彼は68個のKクラスシナリオの知識を得たと主張しました。テストの結果、D-5768-4は93個のKクラスシナリオの知識を得たと主張し、また感情的解離性障害の兆候を示しました。
補遺: 実験037の2週間後、D-5768-4は█████ ███████事務所から文鎮として利用されていた水晶を盗もうと試みたことにより拘束されました。彼の独房を調査したところ、彼が後にSCP-3600-2の部品であると自供した複数の盗品が発見されました。彼の説明によると、彼が手に入れることのできる資源のみではSCP-3600-2は構築することが不可能なようです。以降一個人への曝露される文字の個数制限が設けられました。

更新: 実験結果はプロジェクトTheiaへ提出されました。

発見記録
SCP-3600は████から██km離れた地点における考古学的発掘の最中に発見されました。財団は考古学チームと後続の民間調査団との連絡が断たれた後にSCP-3600の存在に気がつきました。調査団メンバー14名のうち、11名は死亡し2、2名は昏睡状態かつ重度の脱水状態で、残りの1名は失踪しました。さらに█名の財団職員がSCP-3600の性質が判明する前に死傷者として失われました。

失踪した発掘調査隊チームメンバーは追跡され、6週間後に部分的に構築されたSCP-3600-2とともに発見されました。3彼は拘束を試みた際に暴れたため財団職員によって終了されました。

████████文明に関連していると推測される地域の考古学的発掘は、SCP-3600-1実体が存在する可能性により財団の監視下で行われます。

補遺: 事案3600-1の6ヶ月後、上級研究員R████ がSCP-████を解放しようと試みたため拘束されました。調査の結果、R████博士が仮名で借りていた倉庫に巨大で複雑な装置が発見されました4。 R████博士の精神分析の結果、事案3600-1後の診断では見られなかった激しい鬱や周囲との断絶の兆候が示されました。インタビューや事案3600-02の詳細はインタビュー記録04353-Aを参照してください。

日時: 201█/11/██
対象: 元研究員 ████████ R████博士
インタビュアー: サイト管理者 ████ C█████████

[記録開始]

管理者 C█████████: あの装置について話してください████████。何故…何故あなたはあのようなものを作ろうと?

R████博士: 何を言って欲しいんだ████?私が財団のためにやったとでも?科学的好奇心が抑えられなかったとでも?

管理者 C█████████: いい加減にしてくださいR████!この後どうなるかご存知でしょう!10分後には独房に入れられて、もう2度と外の景色を見ることはできなくなるんですよ!私はただ…理由を知りたい。

R████博士: 理由?我々は毎日クソどもを扱ってるだろ。我々が見てきたもの、我々が収容したと思い込んでいるもの、それらは氷山の一角に過ぎない!あんたはどれだけのこの…この…このKクラスシナリオが私の頭の中にあるか知ってるか?数十、いや数百だ!

管理者 C█████████: 何故そのことを言わなかったのですか?あなたを助けることもできたでしょうに。

R████博士は甲高く笑う

R████博士: どうやって?記憶処理は効かなかった。それが基本的な唯一の手段だろう?閉じ込めておくか、そもそも最初からそうだったと全員の記憶を飛ばしておけ。財団、知の是非の大裁断者め。

管理者 C█████████: 我々は市民を守り抜く!知っているでしょう!かつて信じていたじゃないですか!

R████博士は静かに話す

R████博士: 知った口を…

R████博士: あんたは我々がただ待つとしたら、一年以内にどれだけのKクラスシナリオが引き起こされるか知ってるか?あの装置もなく、収容違反も起きることなく、ただここに座ってるだけで終わりはやってくる。その時が来たらあんたは私に装置を完成させてくれとせがむだろう!もう地下の部屋は封鎖して、今中にあったやつがなんなのか必死に調べてるんだろう?誰がやってるんだ?█████████, █████?やつらが何かを理解する前に世界は3回滅ぶ。

管理者 C█████████: ああ神よ、████████、あなたは正気か?!我々がやる理由、財団の存在理由はあなたが言っていることを止めるためだ!我々は座して待たない。世界は存続する!この装置の正体を教えなさい。我々が終焉を止める!

R████博士: あんたには止められない。何もかも。最後の時が来たその瞬間、あんたは何故私があの装置を作ったか理解するだろう。素早く、痛みもなく。もう後戻りはできない。

R████博士はわずかな間動きを止め、ため息をつく

R████博士: この手は使いたくなかった。私の好きな方法ほど明確でシンプルでもない。だがもう選択の余地はない。すまない、████。

管理者 C█████████: 何?何を言ってー

R████博士が立ち上がる

[警告、ミーム災害を検出。影響を受けたコンテンツを削除中]

管理者 C█████████が地面に倒れ込み発作を始める

R████博士: これは良くない。もちろん近くの奴らにとっても。しかしこれで終わる。それに他の選択肢よりまだ良い。

R████博士はC█████████のジャケットからペンを取り出し、C█████████の腕の皮膚に記号を強引に描き込み始める。数秒後、対応部隊がドアを蹴破る

エージェント██████: 動くな!地面に伏せー

[警告、ミーム災害を検出。影響を受けたコンテンツを削除中]

対応部隊のメンバーが倒れ発作を始める

R████博士は残りの記録中静かにしたまま、C█████████の体の様々な部位に記号を描き続けた。47秒後、ドアから焼夷弾が投げ込まれるのが確認され、記録装置が破壊される

[記録終了]

サイト管理者C█████████およびR████博士はこの事案により死亡したと発表されました。R████博士によって利用されたミームエージェントの起源の調査が進行中です。C█████████の皮膚に描き込まれた記号はSCP-███で見られるもので構成されていました。 これらの記号を存命の実体の皮膚に刻むことによる影響は不明です。調査が行われています。

この事案の後、プロジェクトTheiaの一部として行われたものを含むSCP-3600への曝露試験の全ての被験者は、獲得した知識がミーム的・情報災害的・認識災害的に危険でないと確認されるまでクラス3ミーム隔離されることになりました。

Project Theia

序文

元研究員████████ R████に関連した事案及びSCP-3600への曝露試験から得られたデータの分析の後、O5評議会はSCP-3600から得られる情報価値が、過程に関連するリスクを遥かに上回ると判断した。
そのため、以下の目標とともにプロジェクトTheiaが策定された。:

  • SCP-3600への曝露が知識を付与する各シナリオを個別に文章化すること
  • 各シナリオとSCP-3600文字間の対応付けをすること
  • 未発見のSCP-3600実例がさらに存在するかどうか判断するためにSCP-3600およびSCP-3600-1の起源を調査すること

これには間違いなく時間がかかる。SCP-3600の相乗的性質により、少なくとも数百万単位のシナリオが文章化されるだろう。必然的に進捗は遅々たるものとなるだろう。しかしこのプロジェクトにより得られる情報は、人類の活動の存続か、あるいは守るべき全ての絶滅かの分水嶺になるだろう。
- O5-4

試験概要

初期のテストケースや事案3600-1で記録されているように、SCP-3600文字への曝露には特定のリスクが存在します。これらのリスクを低減するため、SCP-3600文字への曝露試験に参加する被験者には以下の制限が課せられます。

  • いかなる状況下でも重度の神経損傷や心理的問題のリスクを完全に軽減または回避できるようになるまで、被験者は25を超えるSCP-3600の個々の文字に曝露されません。
  • 被験者は1週間につき1文字を超過するSCP-3600文字に曝露されることはなく、また現在知識を所有している全てのシナリオが文章化されるまで次のSCP-3600文字に曝露されることはありません。
  • 10回目の曝露(および続く文章化の完了)後、被験者はプロジェクトTheiaからの離脱を要求することができます。プロジェクトへの参加継続を希望する者は、潜在的な心理的問題の発生可能性を排除するために各曝露後に厳格な心理分析を受けなければなりません。加えて、各曝露の間隔は最低でも2週間に引き上げられます。
  • 被験者がSCP-3600への曝露の結果として何らかの心理的変化を起こした場合、または25文字制限に達した場合、彼らは関連の文章化の完了後にプロジェクトTheiaから脱退させられます。

これらのステップは被験者の神経損傷のリスクの軽減、および彼らが得た知識を実際に利用する原因となりうる被験者のあらゆる著しい人格の変化を防ぐことを意図しています。そのため、以下の制限が潜在的な被験者に追加で課せられます。

  • 過去に重大な心的外傷を負っていないこと。また鬱、自殺企図、社会病、精神病またはプロジェクトTheia心理学者によって失格と判定されうる心理的状態の兆候を示していないこと。
  • アメリカの典型的な高校卒業生相当以下の教育レベルであること。
  • レインマン-クラシコフ感情安定性試験5において最低でも8.5点を収めていること
  • 財団職員はこの時点で自動的に失格となる。

これらの制限により、Dクラス職員内で見つけられるプロジェクトに参加可能な候補者の数は明らかに制限されるため、被験者の募集元の代替の提案が現在検討されています。

進捗報告

201█/██/██現在、SCP-3600-1全体の2.7%の個々の曝露が完了しています。複合シナリオ6を考慮すると、5000を超える潜在的Kクラスシナリオの文章化がプロジェクトTheiaによって完了しました。加えて、プロジェクトTheiaによってもたらされた情報を基に█個のSCPオブジェクトの収容、および現在潜在的な防衛用途で試験されている█種の新技術の開発に繋がりました。

さらなる情報へのアクセスは制限されています。プロジェクトTheiaの全文を希望する場合はサイト管理者に連絡してください。

現在までに、3つのSCP-3600-2実機の構築が文章化されています。

SCP-3600-2-A: 200█/██/██ 回収
設計: 大量の材料を受け入れられるよう設計され、巨大な煙突構造に接続されている、類似した構築段階にある4つの同一の装置、及び排気口が上を向いているジェットエンジンに類似した1つの装置。
機能: 煙突と4つの装置は、現在の調査では不明なプロセスで原料を未知のガス状の物質に変化させます。この物質は大気へ放出されます。タービンに類似した装置は、継続的にプラズマ蒸気を大気に放出するよう設計されたプラズマ発生機のように見受けられます。タービンを起動すると、タービン自体と周辺領域に重大な損傷が発生し、運転時間が短くなると考えられています。
注釈: ガス状の物質を調査したところ、高エネルギーのプラズマ粒子に曝露した場合に爆発性が高くなることが明らかになりました。一方、炎を当てたり電荷を付与した場合は一切の反応を示しませんでした。十分量のガスが大気に放出された場合7、タービンから放出されたプラズマとの連鎖反応で地球上全体に大爆発を引き起こし、結果としてXKクラス世界終焉シナリオを引き起こすと考えられています。

SCP-3600-2-B: 財団の監視下で構築
設計: 各リングが各軸上で自由に回転できるように設計された機械システムに接続されている、直径8メートルの球形に組み上げられ連結された12個のリング。多数の類似した電子部品が各リングの周囲の様々な点に取り付けられている。
機能: 設計、説明及び意図した影響に基づくと、これは明らかにSCP-319を再現しようと試みています。
注釈: 意図した通りに機能した場合、装置の構築とその後の非活性化はZKクラス現実不全シナリオにつながった可能性があります。注目すべきは、D-3453-9が装置の構築中にSCP-319で発見された異常な鉱物サンプルについて一切言及しなかったことです。
状態: 分解され、部品は分析のためサイト-319へ送られました。

SCP-3600-2-C: 200█/██/██ 回収
設計: 様々な純科学的な、または明らかに未知の技術を組み合わせた非常に複雑な装置。操作方法や機能を外見から判断することは不可能です。
機能: 局所空間全体で原子ごとに引力を中和、反転、または干渉するように設計されており、推定影響範囲は1.6AU8です。
注釈: SCP-3600-2-Cのすべての機能の情報は現場から回収されたログ及び文章から得られました。装置を起動した場合の正確な結果を予測することはできませんが、地球と太陽が物理的に存在できなくなるCKクラス現実再構築シナリオを迎えると予測されています。特に懸念すべき点は、明白にSCP-████を収容するよう設計された空スロットを除き、回収された時点で明らかに装置が完成していたことです。
状態: 1つ1つに分解し、2年かけてそれらを文章化しました。各部品は個別に破壊されています。

page revision: 3, last edited: 25 Feb 2020 15:11
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website