nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2722 SCPS 団結号
EuclidSCP-2722 SCPS 団結号Rate: 203
SCP-2722
SCP-2722_Japanese.jpg

現在のSCP-2722の外観図。より詳細な地図作成作業が進行中です。

アイテム番号: SCP-2722

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2722が存在するL4ラグランジュポイント付近のリサージュ軌道上に、財団軌道研究施設(FORC)-04が設立されました。財団のスパイはSCP-2722が発見できるほどL4やFORC-04に近い場所を通過する全ての宇宙船がミッションのデータを適宜変更または削除することを確実にするため、全世界の宇宙計画と連絡を取ってください。前もって妨害した宇宙船が偶然SCP-2722を発見するリスクを最小化するため、職員の移動時を除いてオブジェクトのアルベドプレートが展開された状態を維持してください。地図作成の取り組みを支援するため、数基の軌道監視衛星を転用し、SCP-2722付近の軌道に再配置しました。

SCP-2722を探索および研究する目的で、軌道機動部隊(以下OTF)のOTF मा-7(”ラマの修理工”)およびOTF मा-12(”旅人”)がFORC-04に配属されました。OTF मा-12はSCP-2722の内部の地図作成と有用な銘文の分類の任務を負い、一方OTF मा-7は回収されたSCP-2722の技術の分析を請け負います。

SCP-2722-1の効果は伝染しないと考えられていますが、潜在的な拡散のリスクを最小化するためにSCP-2722やFORC-04のごく近辺を離れる全ての職員に対してクラス-C記憶処理と標準的な対抗ミームが施されることになっています。

承認されたレベル4/ヘイムダルクリアランス職員が常に最低二名FORC-04に配置されることが義務づけられています。ヘイムダル「ケーストゥルー」シナリオが脅威レベルブラック(50%を超える市民が死亡、隠蔽の望みが薄い)以上に達するであろうイベント時、SCP-2722はタイプ-5防衛物資として扱い、直ちに完全に活性化した状態にすべきです。このようなシナリオのイベント時、SCP-2722はThaumielに再分類されます。さらなる詳細はヘイムダル行動計画2722-再建を参照してください。

説明: SCP-2722は部分的に完成した宇宙船であり、現在はL4ラグランジュポイント付近の軌道上に位置しています。船は現時点で全長が25.3km、最大点における幅が6kmですが、一部が未建造の状態であるため最終的な寸法は不明です。SCP-2722の外装のほとんどは伸縮性が高くアルベド値0.03の一続きのグラフェンプレートに覆われており、発見防止手段として機能しているようです。このプレートが吸収する熱をSCP-2722がどのようにして調節しているかは現時点では分かっていません。外部のプレート上にある目立った印は、未知の象形文字が使われている647m大のブロック体の文字列のみです。SCP-2722-1(後述)は通常この文字列を「正常性維持機関によって建造された船: 団結号」と翻訳します。

オブジェクトの外装上における宇宙ゴミの蓄積から、この船が最低でも1億5000万年の間現在の場所にあることが示唆されています。この軌道の安定性を維持している方法は未だ不明です。オブジェクトはいかなる大型の隕石の衝突や激突も全く受けたようにはみえませんが、湾曲プレート上に僅かながら小隕石衝突による損傷の跡があります。

SCP-2722は広範な文化、社会的存在によって建造および再建造された結果、船体の形状が「パッチワーク」のような独特の外観になったとみられています。船に取り付けられた部品の多くはモジュール性が最大に、かつ変更が容易になるように設計されており、最低でも4回船体を完全に分解して全く別の形状に組み立て直した形跡があり、再建造前のある時点で内部の凄まじい爆発によって破壊された可能性もあります。

SCP-2722の内部空間の大部分は船のメイン部分から分離されたモジュール群に覆われており、分解または改造のために準備していたと見られています。このモジュールには生活空間、武器配置、多様な種類の発電施設、推進システムが含まれ、体積は2m3のものから11km3のものまで存在しています。現在ではSCP-2722の最初の船体は、単純な固体燃料ロケットから高度に発達したキセノン推進装置まで36種類の推進システムに適合することが知られています。単独の推進システムのうち最大のものは船尾付近に搭載されている連続した8枚の重強化皿型アーマープレートで、核パルス推進ドライブの「プッシャープレート」の部品を構成しているとみられています。SCP-2722は45種類に分類される発電システムによって動いており、そのほとんどは従来型の核分裂、核融合概念の派生物です。長い年月が経過しているにも関わらず船の発電システムが持続、機能している理由は現時点では不明です。SCP-2722の技術と回収された人工物に関するより詳細な情報は文書2722-मा-7A、回収されたものを参照してください。

SCP-2722-1は、SCP-2722もしくはSCP2722のあらゆるオリジナルの部品の半径27.8km以内に持ち込まれた文字に対する人間の知覚を変化させるミーム的媒介効果です。SCP-2722-1は書かれた言語に対する理解を変化させ、SCP-2722-1の全ての人間は見せられた文章のどの箇所の意図も理解できるようになります。この効果は意味の理解までしか及びません。自身が知らない言語で書かれた単純なメッセージを見せられた被験者はメッセージの意味を正確に理解することができ、正確性は平均して95%を超えましたが、書かれた文字に対応する音素については全く理解を示しませんでした。SCP-2722-1を媒介した理解は本質的に抽象的であるため、SCP2722-1を通した文章の翻訳は各個人の土台によって変化します。

SCP-2722-1により、SCP-2722内で発見された膨大な量の文字の翻訳が可能となっています。この文字は主に表面への落書きや銘文という形で書かれています。ほとんどのメッセージは未知の部隊による探索中に残されたと見受けられ、概してSCP-2722の機械の性質と機能についての技術的な解説や説明書、あるいは総括的な勧告という形をとります。現在までに銘文は351種類の全く異なる言語と筆跡で発見され、総数はそれより遥かに多いと考えられています。長い年月が経過していることを考慮すると、どのようにして銘文が損なわれずにいるのかは不明です。

文書: エージェントJ████ S███████によるOTF मा-12の簡易報告からの抜粋

あなたたちの多くが異常な空間トポロジーと余剰次元を追究した経験を理由にチームに参加したことは知っています。その知識技能は大切なものですが、あなたたちが団結号を探索する際は、本当はこの船自体は異常ではないということを心に留めておくと良いでしょう。ええ、そうです。この場所の異常性は船が存在しているということ自体なのです。私たちが把握できる範囲では、船内に組み込まれている技術の中に我々の理解を完全に超えるものはありません。もちろん未知の機械は多く存在していますが、そこにあなたたちを積極的に害したり、傷つけたりするようなものはありません。探索に関する主要な問題はこの船が、他に良い言葉が思いつかないのですが、迷宮であるということなのです。

この船は精巧に建設されたものではありません、いいですか。各モジュールは個別のシステム構成を有しています。各構成要素はこれを建造した全ての存在によって論理的に組み立てられています。問題が生じたのは、その存在が自身たちの設計したものを船全体に統合させようとしたときでした。この船はどうして私たちがたどり着けたのだろうと不思議に思うくらい幾度となく建造、再建造されました。飛行することが可能な存在によって作られた区画もあります。水生生物型のための区画も存在します。知性を持つ蟻の集団であると強く確信できる存在によって作られた区画もです。船のごく一部の地図を作るだけでも何年もの労力を必要としましたし、私たちがここまで進行できた理由は壁の書き込みのおかげに他なりません。

あなたたちは既に2722-1に関する概略を聞いているでしょうから、私はそれを利用するように命じることに留め、それ以上詳細について立ち入ることはしません。私たちは2722の地図を作ろうとした最初のグループではありませんし、最後でもないと確信しています。私たちより前に来た存在がどのような種や知的生命体であれ、少なくともある程度は専門的であったことは非常に幸運なことです。彼らは標識や表示を至るところに徹底的に残しました。しばしばこの標識は実態に合わなくなるでしょう。どんな存在が標識を書いたか、どのように船を設計したかに依存しているからです。あなたたちはグループの違いや何を書こうとしていたのかを理解するようになるでしょう。体長が最低でも12フィート(約3.6m)あったことから巨人と呼ばれている存在は、推進システムの扱いがとても上手であったとみられています。エンジンと発電施設の近くで彼らの書いたものが見つかるでしょう。傾向として、それはとても正確です。地図製作者は描くことを好みましたが、彼らの「視界」はラジオ波をベースとしているようで、彼らの制作した地図は理解困難です。他にも何十個も例を挙げることができますが結局のところ次のように言えます。落書きを知ることが、船の新しい区画の地図を作ることと放射線の害に耐性がある種が建設した核反応炉に偶然入ることの差なのです。

最初のブリッジまたはコントロールセンターであったと見られる場所に設置された50cm×50cmの真鍮の銘板に書かれたメッセージは特に重要なものです。このメッセージは後期シュメールの楔形文字に見た目が似た言語で書かれており、SCP-2722のかつての監督者からのものであると主張しています。メッセージはSCP-2722内で発見された彫刻画の一つです。

文書: SCP-2722 ブリッジの銘板

注釈: 以下の文章には多くの異なる解釈がありますが、この翻訳は概ねFORC職員から最も信頼できると考えられています。

ご挨拶申し上げます、どこかから来た仲間の方々。我々がこの人工物を発見し、その目的に対する洞察を得たときと同じくらい、あなた方も当惑しているに違いありません。おそらくあなた方は、我々と同じように、この船の起源に疑念を抱いているかもしれません。当然そうでしょう。宇宙は危険な場所です。それはあなた方もよく知っていることでしょう。

我々はこの巨大な船がどこから来たのか確信はありません。この船を我々に届けてくれた前任者も同様でした。あるいはその前の存在も。我々が分かっている数少ない事実は次のことだけです。すなわちこの団結号という船は、正常性を保ち母星のパワーバランスが崩壊しないようにする組織が存在する現実世界にしか現れないということです。我々の知る限り団結号は一つしか存在せず、途方も無く長い間乗組員とその形を変え続けてきたのです。

この船は遥か昔に我々の元へ現れましたが、我々は無視し続けていました。ですがそれも太陽系の外部から来た大きな脅威に直面するまでのことでした。その脅威がこの船に引きつけられてきたのかどうかは我々が知る由もありませんが、この船は我々人類の安定性を保ち、継続的な生存を確保するのに十分なものでした。我々は以前多くの者たちが行ってきたように、自分たちが必要とするものに合わせて改造する必要がありましたが、この船はあらゆる期待を上回る働きをしてくれました。このメッセージを書くと同時に、この船はもはや必要とされておらず、すぐにでもこの宇宙を出発しようとしていることが分かってきました。我々が理解していることは限られていますが、それでも多くのことが明らかになっています。

ですから今はあなた方が誰であろうと、我々地球人、そして我々異常隠匿財団の第六位階はあなた方の全ての未来の努力に対して幸運を祈ります。最後に、我々が受け取ったメッセージで気がついたことを、あなた方にも気づいてもらうことでこのメッセージを締めくくることにしましょう。どれだけ距離と時間を隔てていたとしても、自分たちの存在を守ろうとしている限り私たちは決して孤独ではないのです。

メッセージの最後に、全員同じ服を着た独特な矢状のトサカを持つ猿のような生物の13体の彫刻が添えられていました。彼らは北極に大陸がありジブラルタル海峡から西に伸びた島々があること以外は地球に似た外見の惑星の図の後ろ半分に立っています。

ページリビジョン: 7, 最終更新日時: 20 Jul 2016 12:27
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website