nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-276-JP 許さない
EuclidSCP-276-JP 許さないRate: 15
SCP-276-JP
評価: +12+x
mozaikueki.jpg

██駅のホーム

アイテム番号: SCP-276-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:財団が設置している駅ホーム内の監視カメラ内の映像を一日おきにSCP-276-JP担当の監視職員が確認し財団に報告します。この特別収容プロトコルは心霊の手事件I以降に大幅変更されたものです。以前の収容手順は添付資料を参照してください。

SCP-276-JPは日本の経済上重要地点に位置する上に、財団側の物理干渉を透過するためSCP-276-JPを収容することは困難です。SCP-276-JPの監視職員を除いた財団職員は「276-JPに関する警告文」を参照にしてSCP-276-JPになるべく近寄らないでください。SCP-276-JPの影響によって死亡した者は「突発的な飛び込み自殺」として世間で扱い処理します。現在、SCP-276-JPの効率的な収容またはSCP-276-JPの無効化を模索しており、方法が判明しだい特別収容プロトコルは更新される予定です。

説明: SCP-276-JPは東京都の██駅構内に発現する霊的人型存在です。SCP-276-JPは白衣を纏う痩せ細った壮年男性であり、その存在を財団職員1以外が知覚することは出来ません。SCP-276-JPをカメラ等を用いて映像化した場合も財団職員のみが姿を視認出来ます。SCP-276-JPからの干渉は一方通行であり、財団側からの物理的干渉はSCP-276-JPを透過します。

201█年█月14日、同月16日、合わせて財団職員2名が駅のホームから飛び込み自殺を図り死亡しました[心霊の手事件A-B]。死亡した財団職員2名の精神状態は安定状態だったことが過去に行った財団の定期メンタル診断や死亡した2名に近しい財団職員の聞き込みから明らかになりました。財団は██駅構内で何らかの特異が発生していると見てDクラス職員を用いた調査を行い、Dクラス4名の犠牲を払った調査の結果SCP-276-JPの異常性が判明しました。

SCP-276-JPは午後10時から午後12時にかけて東京都の██駅のホームに財団職員が存在している時、電車が到着する数分前に突然駅のホームに発現します。SCP-276-JPは駅ホーム内に立っている財団職員に近づき、掴む、押す、持ち上げる、引きずるなどの手段を用いて財団職員と電車との接触事故を引き起こそうとします。この時、SCP-276-JPによって線路へと押し込まれる財団職員を見ている一般人は財団職員が線路に自然体で自ら近づいているように知覚します。被害者を逆側の力で引っ張ることや障害物でSCP-276-JPの行動を妨害する試みは被害者の圧死という形で失敗に終わってます。

SCP-276-JPは財団に対して攻撃的ですが、一般人に対しての攻撃を行わないことから、財団は日本の経済上重要地点である██駅の封鎖や時刻表の変更は行わず、全財団職員に対して「276-JPに関する警告文」を配布するに留めました。これにより、SCP-276-JPの安全な収容、または無効化するまで財団職員は██駅で乗車することは禁止されています

[心霊の手事件A]から21日経過後の午後11時██分に██駅で一般人の30代の男性が飛び込み自殺により死亡する事件[心霊の手事件C]が発生しました。駅に設置してある監視カメラからSCP-276-JPの調査中に死亡したDクラスの職員が確認されると共に新たなSCP-276-JPの特異が明らかになりました。

財団の読唇解析によって交わされた会話もログに収めています。なお、この映像も財団職員以外が知覚することが出来ないことから、実際の現場においても財団職員と被害者の男性のみが心霊の手事件Cを正しく認識出来ていたと推測されます。

<記録開始>

[被害者の男性が██駅のホームで電車を待っている]

[30代ほどに見える女性が男性の背後に突然出現し男性の肩に手を置く]

被害者の男性:(後ろを振り向く)どなたです…!?(言葉を切り驚愕の表情に変わる)なぜお前がここに

女性:[編集済み](被害者男性の名前を呟き、そのまま男性の両肩を掴む)

被害者の男性: 俺に触るな!(肩を掴む手を払いのけようとした男性の手は女性を透過する)

[女性は男性の両肩を掴んだまま男性を後退させ続ける]

被害者の男性: 離せ![罵倒語]!どうなってやがる(体を激しく動かし抵抗しようとする)誰かこの[罵倒語]!女を引き剥がしてくれ!!

[志願によりSCP-276-JPの監視の任についているエージェント小野が男性の元にかけつける]

エージェント小野:誰か!この男性を止めることを手伝ってください(男性の体に抱きついて引き留めようとする)

[周囲の人間は訝しげにしているだけで、動こうとする様子は無い]

[男性はエージェント小野が止めに入る前と変わらず、じわりじわりと後退させられ続ける]

被害者の男性:(男性の体が線路まで50cmの距離を切ったところで男性はパニック状態に陥る)止め 離してください 裏切ったのは俺じゃ ごめんなさいごめんなさい ゆるして

女性:ゆるさない(真顔だった顔を歪ませる)

[エージェント小野は悔しそうに男性の体から離れ、男性の救出を断念する]

[被害者の男性が叫び声を上げながら線路に落下する 同時に画面内から女性の姿が消失する]

[電車が駅のホームに到着する]

<記録終了>

男性は電車に跳ねられ病院に搬送されましたが間もなく死亡が確認されました。遺体の肩部の骨は電車の接触事故にしては不自然な曲がり方をしているとの解剖結果がでました。

映像の女性の外見的特徴はSCP-276-JPの調査中に死亡したD-276-02と酷似しています。また、被害者男性はD-276-02が過去に犯した殺人事件においてD-276-02に対して殺人教唆をしたことを疑われていました。しかし、裁判ではD-276-02の単独犯と結論付けられています。

これらの情報からSCP-276-JPによって殺害された人間は(SCP-276-JP-A)となり、生前強く憎んでいた人物が██駅を訪れるとSCP-276-JPと似た性質を持ち、同様の手を用いてその人物を殺害することが推測出来ます。この時、財団職員ではない被害者もSCP-276-JP-Aを知覚します。財団はSCP-276-JP-Aが不特定多数の人間に危害を加えることを重く受け止め、SCP-276-JP及びSCP-276-JP-Aを無効化する手段を現在模索中です。現在までに実行された無効化作戦は全て失敗におわっています。

補遺1:SCP-276-JPの監視担当であるエージェント小野からSCP-276-JPを破壊する願文が幾度となく提出されましたが、██地区担当者に全て却下されました。

破壊するに値する理由があるのは理解できるが、君の提示する手段で無効化できるとは思えない。君はいちエージェントしての責務を果たすことだけを考えてくれ。君はこれ以上このオブジェクトに対して私情を挟むべきではない --██地区担当者

注釈:[心霊の手事件B]における被害者である松本██研究員はエージェント小野の婚約者でした。

補遺2:[心霊の手事件C]から54日が経過しましたが、依然SCP-276-JP-Aは活性状態にあり、一般人の犠牲者は6名に増えました。また、SCP-276-JP-Aにより殺害された人物もSCP-276-JP-Aに変貌することが明らかになりました。財団はSCP-276-JP-Aになったと思われる人物の過去から、恨みや因縁のある人物を特定しようとしていますが、その試みは上手くいっていません。以下は心霊の手事件AからGまでを詳細にまとめたものです。

事件名 加害者 被害者 過去における関係
心霊の手事件A SCP-276-JP 財団職員エージェント加藤██ 不明。SCP-276-JPは財団に対して攻撃的である
心霊の手事件B SCP-276-JP 財団職員松本██研究員 不明。SCP-276-JPは財団に対して攻撃的である
心霊の手事件C 元Dクラス職員D-276-02であるSCP-276-JP-A1 銀行員折本██ D-276-02は犯した殺人事件の顛末において共謀していた折本に裏切られたと主張していた
心霊の手事件D 元Dクラス職員D-276-03であるSCP-276-JP-A2 製造業社員中原██と飲食業社員川村██ D-276-03は高校時代に川村と中原などから暴行,恫喝を受けていた
心霊の手事件E 元飲食業社員川村であるSCP-276-JP-A3 無職田中██ 通信記録から川村は田中と多額の金銭トラブルがあったことが判明
心霊の手事件F 元財団職員エージェント加藤であるSCP-276-JP-A4 加藤の義父である藤井██ 両者の間で何らかの因縁があったかは不明
心霊の手事件G SCP-276-JP-A1 裁判官佐藤██ D-276-02が被告となった裁判において死刑判決を下した裁判官の一人

SCP-276-JP-A1-A2は複数名を殺害していることから、SCP-276-JP-Aが殺害できる上限数は不明です。

補遺3:[心霊の手事件C]から二ヶ月経過後に██駅から1km離れた████駅の地下鉄監視カメラにSCP-276-JPが映りました。以下は監視カメラに映った映像です。

<記録開始>

[普段████駅地下鉄の様子にノイズが発生。ノイズが終わると誰もいない薄暗い████駅地下鉄にSCP-276-JPが現れる。]

[SCP-276-JPはニタニタした表情で1分ほどカメラ目線でこちらを見続ける]

SCP-276-JP:ゆるさ(ニタニタした顔が歪む)ねぇよ

[再びノイズが発生、ノイズが終わると普段の████駅地下鉄の様子が映し出される]

<記録終了>

この映像は例のごとく財団職員以外は認識することが出来ません。カメラの内部記録では時刻は午後9時13分を指しています。

この映像を見たエージェント小野は翌日からSCP-276-JPの監視の任に出勤しなくなると共に行方知れずとなりました。エージェント小野の住居へ安否の確認に向かった職員は乱雑な字の書置きを発見しました。以下書置きの抜粋部分です。

彼女2を奪ったあいつが憎い。それ以上に彼女の姿をしたものが誰かを殺めてしまうことに私は堪えることが出来ない。ゆるさない(書き殴られた字)

失踪の同日に、財団に終了させられた財団正規職員のデータに不正アクセスの形跡が発見されたこととエージェント小野との関連性は不明です。

補遺4:補遺3の映像はSCP-276-JPが発達している証拠であり、SCP-276-JPの脅威はさらに増すものであると予想されます。以降SCP-276-JPの適用範囲が広がる場合、██駅に対して封鎖を含む強行措置を取る必要が考えられます。

補遺5:行方不明であったエージェント小野が██駅でSCP-276-JPによって殺害されました。駅に設置されたカメラによる監視映像にはSCP-276-JPに対して抵抗もせずに線路へ落下するエージェント小野の姿が確認されました。

補遺6:補遺5から二日後に██駅で発生した[心霊の手事件I]を最後にSCP-276-JPは消失しました。監視カメラの映像には元エージェント小野であったと思われるSCP-276-JP-A5が確認できます。

<記録開始>

[SCP-276-JPが駅のホームに出現する、SCP-276-JPは辺りを見回す素振りを見せる]

[SCP-276-JP-A5がSCP-276-JPの正面に出現する]

[SCP-276-JPはニタニタとした表情になり、SCP-276-JP-A5の胸を小突く]

SCP-276-JP-A5:[データ除去済み3](名前を呟いた後、胸に当てられたSCP-276-JPの手を掴んで外す)

[SCP-276-JPが焦りの表情に変わり、その場から離れようとする]

[SCP-276-JP-A5が間髪入れずにSCP-276-JPの腹部を蹴り上げる]

[衝撃によりSCP-276-JPが宙に数m浮かぶ]

[落下したSCP-276-JPは、すぐさま駅ホーム内の支柱にしがみつく]

[SCP-276-JP-A5は支柱にしがみつくSCP-276-JPの頭部を掴み支柱から引き剥がし、線路方向へSCP-276-JPを引きずる]

SCP-276-JP:[脅し,交渉,謝罪,懇願に関連する言葉](線路へ引きずられる間これらを意味する言葉を発し続ける)

SCP-276JP-A5:ゆるさない

[SCP-276-JP-A5がホーム上に立ちつつ、SCP-276-JPの頭部を掴み、SCP-276-JPが線路上の位置になるよう宙に浮かせる]

[電車が駅のホームに到着する]

<記録終了>

補遺7:██駅では現在(2015年█月█日)、午後10時から午後12時にかけて、SCP-276-JP-A5の姿を財団職員は知覚することができます。SCP-276-JP並びに他のSCP-276-JP-A群の姿は[心霊の手事件I]以降確認されていません。SCP-276-JP-A5はそこに在るだけで一切の反応を示しません。財団のDクラスを用いた調査においても無反応でした。財団は「276-JPに関する警告文」を取り下げ、それに伴い収容プロトコルを大幅に変更しました。

ページリビジョン: 16, 最終更新日時: 25 May 2015 11:45
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website