nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2782 「群がるものたち」
SafeSCP-2782 「群がるものたち」Rate: 63
SCP-2782
画像番号: 2782-H
kakapo_1.png
動物の後ろから撮影された写真の1枚。対象の顔が隠れていない写真は1枚もありません。これらの動物はSCP-2782と何らかの関係があると考えられています。
撮影時期 96/03/10
画像番号: 2782-I
kakapo_2b.png
この一連の写真には全て不鮮明な動物の顔の像が映っています。顔の不鮮明な場所は動物の位置に関係なくほとんど同じです。
撮影時期 96/03/18

アイテム番号: SCP-2782

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2782の入口ならびに周囲は常に監視されていなければなりません。SCP-2782は未だ敵対的な様子を見せているとは言えませんが、その部屋へ続く扉は少なくとも2名の武装した職員で常に警備されるべきです。

ニワレカはニュージーランドの████島に位置する研究所の跡地です。この地域は元々カカポの繁殖地として利用されていました。施設は未知の団体が取得し鳥の生殖実験が行われていましたが、実験の目的は現時点では不明です。

施設から回収されたものはSCP-2782、げっ歯類とオウムの孵化器の残骸、実験に関連すると思われる記述を内蔵するハードドライブです。

記録は、実験が当初げっ歯類に対して行われ、ついでカカポに、最後に人間に対して行われたことを示しています。人間の被験体は回収されていません。実験によって人間の被験体が1体だけ生産されたことが報告されています。

建物の土台より3メートル下に、施設の下にある広大な空間への入口が埋められているのが発見されました。鉄製のハッチは内側から溶接され、内部は水浸しでした。このチャンバーは施設の9メートル下に位置し、その中にSCP-2782が存在しています。チャンバーの扉の上には「jedna deväť osem d (1 9 8 d)1」と刻まれているのが読み取れます。

概要: ニワレカ研究施設の地下に存在する一部が水浸しのチャンバーから発見された、28体のカカポの雛鳥の白骨死体をSCP-2782に指定します。骸骨の破砕や焼け跡はオブジェクトが急激な鈍い力で押しつぶされ、焼却されたことを示しています。死骸はその損傷にも関わらず元の構造や身体構成を保っています。骸骨は時に歩き出すことがあり、発声することが可能です。

SCP-2782-1からSCP-2782-28はどれだけ損傷を受けても、またどこにいたとしてもPM10:55(ニュージーランド標準時)にチャンバー内の元の位置に「リセット」されます。SCP-2782は静止体勢を妨げられると移動します。

SCP-2782は知能を持ち、チャンバー内の物質を改変することができます。SCP-2782をチャンバー外に移動させたとしても、依然としてチャンバー内の物質を操ることが可能です。オブジェクトがチャンバー壁外のものを改変できたケースは確認されていません。また、この効果を伝播する物質、安全装置、および外力は観測できていません。

SCP-2782はチャンバー内の無力な、あるいは死亡した対象の肉を完全に補食しつくします。消化器系が存在しないため、食べたものは直ちに排出されます。

チャンバー内部で補食された実体は3日後にチャンバー内部で再出現します。前回の「採餌」の際に排出されたものはそのまま残り、SCP-2782のリセットの影響を受けません。

1996年から現在までにSCP-2782の効果の対象となった8人の男性を仮にSCP-2782-Xに指定しました。男性たち自身も異常性を持ち、SCP-2782の異常性の指標となっています。この対象に関するさらなる情報は追加された補遺で見ることができます。

AD1989年8月11日 | ヒューマナイズド・ピギー研究室のネズミの1頭が被験体である。彼女をサラと呼ぶことにする。サラは8世代目だが、ついに目に見える結果をもたらす。サラは非常に賢く、自我の目覚めがあるように見える。期待していた特性が見られるかどうか確認するために、サラを6ヶ月間個人的なペットとして取っておくことにする。もし成功していれば私達は正しい方向に導かれているといえるだろう。おめでとう、サラ。葬式は挙げてやろう。

AD1991年9月23日 | バッチK160 [PK1279923]のピギーのゴールデンハムスターの1頭を被験体とした。の影響はさほど見られない。
部屋の隅が、ぼやけた牙のある口に変化したが、被験体が隠れると口は消えた。隠れた場所から被験体が覗くと再び現れたが、徐々に消えていった。これは監視カメラが捉えたものだ。私と助手は2人とも隠れていたからな。被験体は影に驚いたのではないかと思う。私達が見たものは侵略者のイメージなのかもしれない。ピギーたちから恐怖を取り除く必要がある。

AD1995年1月30日 | ゴールデンハムスター-AH-32の1頭を被験体とした。の影響ははっきりと目に見えるようになった。恐怖反応は完全に取り除かれた。大胆だ、それでいて愚かではない。予想通り食べ物にとても夢中だった。実験場をめちゃくちゃにしてくれたが、今ならこの魚の悪臭だって良い匂いだ。散らかった中に彼が紛れてないかすぐに確認せねば。

AD1996年4月15日 | 必要な特性はうまく伝わったようだ。私は赤ちゃんを1頭取っておいた。この哀れで小さな存在をワームウッドと名付けることにする。フェーズ1からピギーの余りは安楽死させられていたからな。慎ましい捧げものとして彼を自然に放してやろう。彼が食べ物に困らず、最期まで幸せでありますように。ハレルヤ!


施設に潜入した。オウムを使いたくはなかったが、ここの隔離措置と既に稼働中の給餌プログラムは完璧だ。クリスも計画の責任者に一目置かれているし、面倒なことにならないように私達が彼の後任になることにしよう。私達の実験で多くの鳥が作られるだろう。再生計画として関係当局に管理が委譲されることになっている。私達の「カッコウ」は焼却か何かの処置を受けるだろう。


1996年2月15日 | 鳥達が危険になってきている。鳥達は私達のことが嫌いらしい。の能力は明らかだ。期待通りだが、混沌としている。交尾よりも食べ物のほうに興味があるという点でハムスターとは違う。うまくいっている。

自然保護主義者には素晴らしいニュースだが、今の私達にとっては悪いニュースだ。特にダニエルにとっては。ダニエルはもう私達と一緒ではない。


天は自ら助くる者を助く。これが私たちの伝導団体のモットーだ。

私には科学だとかDNAだとかそんなことは分からない。クリスや彼の同僚たちがそういったことを扱ってくれている。私は彼の父と伝導団体に忠実なだけのただの人間であり、彼の伝導団体は神聖であると同時に主の祝福を受けていると信じている。

私はおよそ二千年前に地球を歩いていた1人の人間を信じているが、彼がただの人間ではなかったとも信じている。主は奇跡を行うために主自身の宇宙を律する法則を利用していらっしゃるのだと信じているし、その法則を理解することが私たちの務めであると信じている。

私はエゼキエルの息子だから偏った見方をしていると思われるかもしれないが、私は父の初期の実験結果を理解してきた。主は父を通して御業をなされ、施しを与えてくださった。父は水を変化させる機械をもっていたし、父が使う軟膏が目の見えない人を治すところも見た。私にはこれで十分だ。

だが父は不幸せそうに見える。唯一、父のみが「科学」を行使できるにも関わらずだ。父の同僚でさえ完全には父の仕事を理解していない。私たちは父がもうろくしつつあるのではないかと考えている…。

それとも父は自身が望んでいるものを手に入れていないということだろうか?父はそんなこと認めないだろう。時々父が自力でひとり子を授かることを望んでいるのが気がかりだ。彼自身の息子をだ。私にとっては、そんなことを考えるだけで罪深いというのに。

主が戻られたときに私の心配が鎮まるであろうということを慰めにしよう。

-ダニエル


1996年3月10日 |私達は…人間の被験体に歩を進めるための解決策を副次的に発見した。この卵の1つには胎芽が入っている…。ダニエルは、本当はまだ私達と一緒にいるらしい。本当に奇跡だ。ダニエルは間違いなく殉教者だ。あの日起こった全てのことが威厳を持った。主をたたえよ。

鳥の方々は実に神々しい。もうその御顔をほとんど存じ上げられない。かの方々は救世主なのか? あるいは単純に智天使の方々なのか?

1996年3月11日 | エリヤは眠っている。彼が死んでいることを願う。我々は孵化する前に残りの卵を破壊しているが、今度はもっと慎重になろう。

我々は悪魔に苦しめられている。汚れた誕生が忌み嫌われている。間違いない。これは我々の意図ではなかったが、こうなったのは当然だ。人間が孵化することなど神の思し召しではないと分かってしかるべきだった。こんなことは間違っている。エゼキエルは去勢し、主の許しを請うと言い切っている。

代わりにダニエルの卵の殻から産まれるものを抜き取る。

こいつらが誕生するのを待ってはいられない。主の御姿は奴らのためのものではない。主の恵み…奴らは主の恵みなど知らないだろう。動物に魂は無い。どうして動物の救世主など作ることができようか。ばかばかしい、だが…


監視カメラ映像の文書への書き起こし

10:30:01 オレンジのジャンプスーツを着た3人の男が部屋に入ります。それぞれが手車を押しています。部屋は大きな卵の孵化器で覆い尽くされています。

10:32:22 男たちは静かに手車の中に卵を置いていきます。男たちは静かに動いています。彼らは口では話さず、代わりに手話を使っています。

10:39:01 28個の卵が手車の中に置かれます。男たちは手車を部屋の外に押していきます。

10:42:42 3人の男が卵を満載した手車を押しながら、施設の地下階の部屋に入ります。部屋の中心にエレベーターの昇降路があります。

10:42:55 地味な服装をした5人の男が部屋に入ります。男のうち4人はスレッジハンマーを持っています。男のうち1人はガソリンが入っていると推測される容器を持っています。

10:44:02 8人の男全員が卵に引き続いてエレベーターに乗り込みます。

10:46:01 エレベーターが降ります。エレベーターが動く瞬間、1人の男が叫び声をあげます。

10:47:23 黄色のローブを身につけ、あごひげを生やし、がっしりとした体格の男が部屋に入り、エレベーター昇降路の近くの操作盤に鍵を差し込みます。

10:47:23 男は部屋を出ます。部屋の灯りが消えます。

このうつわにはダニエルが入っている。彼から恵みのエキスを抜き取り、エキスを純潔なる女性に捧げよう。ダニエルをに捧げよう。私の燔祭2だ。ダニエルの元となった鳥達も連れて来よう。酬恩祭3だ。緑の鳩。マリアのDNA。クリスチャンのブラッドストーン。私の息子はひとり子の贈り物を携え、私達には再臨がもたらされる。

天は自ら助くる者を助く。再臨に備えよ。

再臨に歌え!

エゼキエル バリリー イエプリーヌ
モルドバの独立正教会伝導団体 主座主教

1996/03/13-2013/03/28の回収された映像の書き起こしの抜粋。全ての書き起こしはニュージーランド標準時の10:55から始まります。

1996/03/13: エレベーター昇降路へ続く扉が開き、8人の男が廊下に入ります。4人の男がスレッジハンマーを運び、1人の男性がガソリンタンクを運んでいます。3人の男が先行し、鉄の扉に向かって手車を押しています。

男たちはセメント壁の大きな空のチャンバーに入ります。部屋の中心からロープランプが吊り下がっています。男性たちは卵を地面に下ろし、14個ずつ2列に並べます。1人の男が各列にガソリンをかけ、4人の男がそれぞれ異なる卵のうえにスレッジハンマーを準備して立っています。男たちはスレッジハンマーを振り上げ、卵を潰そうとします。ハンマーが殻に触れた直後、映像が途切れます。

1996/03/14: 28体の骸骨の雛鳥(SCP-2782)が14体ずつ2列におり、動かずに24時間立っています。

1996/03/15: 高さ2メートルと推定される水でチャンバーの一部が満たされます。SCP-2782が床の上に現れ、ゆっくりと浮き上がります。各々の雛鳥がいっせいに羽ばたいて水面を飛び出し、足が着水すると動かなくなります。この過程は毎日繰り返されます。

1996/03/16: 8人の男が水中に現れ、水面を飛び出します。男たちはパニックに陥って叫んでいます。SCP-2782は動かないままです。男たちが扉を開けようとしますが、開けることができません。1人の男は水面下でスレッジハンマーを振ろうとしています。効果はありません。この行動が3時間続きます。

男たちはエネルギーを節約するため、ロープランプにぶら下がりながら寄り集まって話し合います。彼らは状況について議論しており、SCP-2782の存在に困惑しています。5人の男は修理技術者であると、残りの3人は警備員であると主張しています。この時点に至っても、彼らはSCP-2782の性質にも施設内の異常事態にも気がついていないように見えます。

1人の男が部屋の北側から1列目の12番目の雛鳥であるSCP-2782-12と接触します。その間SCP-2782-12は何もしないままです。

その他に特筆すべき出来事はありません。

1996/03/18: 男たちは息苦しさを訴えます。サイクルが終わるまでには息が荒くなります。灯りがちらつき始めます。

1996/03/19: 男たちは窒息死します。1人の男が亡くなり、水中を漂います。

SCP-2782が無力な男に群がってついばみ始めます。放出された生物学的物質は消化されず、そのまま部屋中を漂います。この過程は対象が骨しか残らなくなるまで7時間続きます。

これが各個に繰り返されます。サイクルの終わりまでに男全員が死亡し、損壊を受けます。

1996/03/20-1996/03/21: 特筆すべき活動はありません。灯りが暗くなり始めます。

1996/03/21: 8人の男が水中に現れ、水面から飛び出します。彼らは叫んでおり、パニックに陥っています。男たちは10分で窒息し、亡くなります。

鳥たちが無力な男たちに群がり、補食します。

他に特筆すべき活動はありません。部屋内の灯りは既に点いていません。

…記録は18年間続きます…

…重複する項目は取り除きます…

2013/03/21: 部屋内は何も見えません。水しぶきが上がる音はしませんが、小さく「ばしゃばしゃ」する音がします。男たちの苦痛に満ちた音と叫び声が3秒程度聞こえ、彼らは力尽きます。食べる音が聞こえます。

他に特筆すべき活動はありません。

2014/05/01にSCP-2782へ続く扉が破られ、水が排出されました。部屋はぎっしりと密集した骨と衣類で埋め尽くされていました。8人の生きた人間が発見されました。SCP-2782は静止体勢でした。

機動部隊が男たちをチャンバーから連れ出し、近隣の中間型ケア施設に移動させました。以下はそのうちの1人であるSCP-2782-X2へのインタビューです。彼は人間らしい会話を満足に行なうことができず、話す内容は理解不可能であるとされています。彼は精神外傷的ストレスにより、持続性の麻痺状態であると考えられています。他の男たちも似たような症状が共通しています。

サンダース研究員: こんにちは。

SCP-2782-X2: エマンダラバ、カタイアー、ブーム、ヨ、シュポレモス
対象は体を曲げ、小さく呟いています。

サンダース研究員: すみません、ゆっくりお願いします。

SCP-2782-X2: マンドゥ、ラバイアー、エエー、オオーウ、エエー、アンダラバ、フーン、ンー、エン、リエアナーラブ、フン、エン
対象は口を閉じて答えます。

サンダース研究員: 私の言っていることが分かったら頷いてください。

SCP-2782-X2: ティラム、ベラントゥ、カタイョス、ラバイアー、ンー、ソーエメス、インー
対象は頷きます。

対象に紙と鉛筆が与えられます。対象は目を上げ、鉛筆を掴み、描き始めます。

描かれたものは意味をなさない乱雑な落書きに見え、紙のほとんどを埋め尽くしています。

サンダース研究員: これは何ですか?英語で書けますか?

対象は紙の裏に書きます

書かれたものはブロック体の英語のアルファベットで、「ADONAI(主)4」と読み取れます。

サンダース研究員: 私たちに何か話したいことはありますか?何か言い残しておきたいことは?

対象は速度を高めながら「ADONAI」の文字を書き続け、さらに両手で鉛筆を掴むと自身のこめかみに突き刺しました。

サンダース研究員は咳払いをします。

サンダース研究員は部屋の外へ護送されます。

対象は失血によって死亡するまで監視されます。

2014/05/04: SCP-2782-X2はチャンバー内で蘇生しませんでした。異常性を失い、SCP-2782の効果から解放されたと推測されています。

2014/05/08

動物を試験エリア内に入れました。SCP-2782は人間を除く全ての死んだ対象をあくまで無視します。SCP-2782はエリア内に入れられた被験体のうち、1人のDクラス被験者(D-0548)を除く全てを無視しました。被験者はヒスパニックの男性で、3人を殺害した罪に問われていました。

サンダース研究員: あなた自身について話してくれ。何があったんだ?

D-0548: うーん、お前も知ってると思うが。俺は3件の殺人を犯した目の見えない男だ。なんでそんなこと聞くんだ? ちゃんとした答えなんか求めちゃいないんだろうけどよ。

サンダース研究員: あなたは殺していないと主張していたが。

D-0548: 何か思い当たることがあるんだな。俺はやったかもしれない。あの夜は2回起きて、2回おしっこしたし、俺は廊下でふらふらして遊ぶのが好きなんだ。何が起きててもおかしくない。

サンダース研究員: ありがとう。この試験が終わったら釈放しよう。

D-0548が訝しげな様子を見せます。

警備員が被験者をチャンバー内に案内します。被験者は引き返すように言われます。警備員は差し錠越しにD-0548を終了し、部屋を立ち去ります。D-0548はSCP-2782に補食されます。

2014/05/11

D-0548が胎児のような格好で部屋の中に再出現します。被験者は6秒間動きません。

SCP-2782はD-0548の方を向き、彼の方に動きます。SCP-2782は跳び上がってD-0548の上に乗り、彼が動き出すと元の場所に戻ります。

D-0548は素早く立ち上がり、部屋を見渡します。

D-0548: 何だよ?何だってんだよ?

D-0548は後頭部をまさぐります。被験者は目を軽く擦ります。

D-0548: …おい、これは? おめえら一体何なんだよ? 俺は無実だっつってんだろ! 何だよこれは?

D-0548はゆっくり歩き出し、すすり泣き始めます。SCP-2782に気がつき、踏みつぶし始めます。

D-0548: クソどもが! 神の馬鹿野郎!

扉に走り寄って開けようとするが失敗します。D-0548が叫びます。D-0548は引き返し、SCP-2782を踏みつぶし続けます。SCP-2782が別の場所に現れます。1体は「羽づくろいをしている」ように見えます。

D-0548: これは夢だ。夢じゃなきゃ目が見えるわけがねえ!(笑う)俺は夢を見てるんだ!

D-0548は強い力で壁に頭を叩き付けます。D-0548が意識を失います。

SCP-2782はD-0548に興味を示しません。1体のSCP-2782が被験者を避けて通りました。

研究員の記録

今ではD-0548が無実であったことが分かっています。SCP-2782は何らかの形で「良くない」と考えている対象は無視しようとすると考えられています。彼がSCP-2782によって蘇生しなかった理由については、確信はありませんが彼が蘇生直後に行った行動が原因である可能性はあります。あなたも気がついているかもしれませんが、我々の試験記録の[極秘]46ページの被験者は完全に潔白な経歴の持ち主にも関わらず鳥に無視されています。

改訂版を更新しました: 2014/05/20

不活性期間が長くなり、その後SCP-2782を収容するチャンバーに52,561匹の魚が自然発生しました。SCP-2782は態度を決めかねているように見えます。この出現の理由は現時点では不明です。

 関連するSCPオブジェクト: SCP-1616 「Nibbles(カリカリくん)」・SCP-1782 「Tabula Rasa(白紙)」

ページリビジョン: 7, 最終更新日時: 30 Jan 2016 04:04
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website