nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-006-PL 伝承の木
SafeSCP-006-PL 伝承の木Rate: 5
SCP-PL-006

アイテム番号: SCP-PL-006

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 研究グループ13のリーダーと事前の協議を行い、彼の提示した指示書の内容を厳格に守った上で、全てのオブジェクトは21番施設に輸送されるべきです。確保、収容の過程では、研究グループ13のリーダーが監督を務めます。

scp-pl-006

オブジェクトタイプのSCP-PL-006

説明: SCP-PL-006は全国的に分布しているオブジェクト集団です。オブジェクトは、どのようなタイプであれ、異常性のない柳の木となんら違いのない形態をとり、識別は困難を極めます。それらの構造の相違を発見するためには、細胞単位での分析が必要です1。オブジェクトの目に見える異常効果は、周期的な時間で発生し、それぞれのオブジェクトが別個のサイクルを保持しています。SCP-PL-006実体の活動の結果として、通常は全ての生命活動に影響を与えないエーテル物質が形成されます。それらはしばしば、特定の地域で流布している御伽噺や伝説に登場する幽霊やモンスターと似通ったものです。それらの主張するそれらの危険性は、通常これらの物語に準拠しています。

SCP-PL-006自体が老衰で枯れたり、切断されたりして破壊された場合、異常性質は消え、それによって作成されたクリーチャーも消失します。しかし、植える場所に関わらず、対象の種子を植えたり接木をしたりすると、同様の効果が再発生します。異常性質が発現している限り、別のオブジェクトは周囲5~10kmには存在せず、破壊されると、いずれかの樹木に異常性が宿ることとなります。

現在、SCP-PL-006には5つのオブジェクトが分類されていますが、その総数は不明です。同様に、オブジェクトが発生した原因も不明のままです。オブジェクトの分析によって得られたもっとも古い樹齢は300~600年でした。

オブジェクトの収容は、機動部隊タウ-6 ("除草剤")によって行われます。この部隊は、このオブジェクトの新しい物品を見つけた際に呼び出される可能性があります。調査、譲渡、実験は責任者の安全性に異常がないか確認したあとのみに可能です。対象の更なる取り扱いについては、特に明記されない場合研究グループ13のリーダーの決定によります。

各オブジェクトの簡易的説明

採集場所 – ウヤスト - クシシュトプル宮殿の庭園

備考 – このオブジェクトは脅威になりえません。24:00-1:00と、3:00-5:00の間に、オブジェクト周辺に少なくとも1人以上の人物が存在するときに現れます。それは馬に乗って鎧をまとったフッサールの形をとります。彼は自分自身をクシシュトフ・ ボールドウィン・オッソリンスキと名乗り、彼の姿は実在のその人物の姿に酷似しています。

これまでに15回の会話実験が行われました2。以下の記録は、今までで最も多くの情報を得られた会話記録です:

[第二記録録音開始 15:00]

████博士 – オッソリンスキさん、どうやって今の姿を手に入れたのですか?

存在は半透明で輪図画に波打っていますが、顔が真っ赤になるのが見て取れます。

006-01 – 貴公には雷が御似合いだ!私の王、指導者としての尊厳を尊重すべきだと思わなかったのかね?私にはそれが必要なのだ!

████博士 – 申し訳ありません、殿下。殿下の現在の姿について教えてくださいませんか?

006-01のきげんはまだ悪いと思われるが、彼は回答する。

006-01 – この場所はズボルフ近くの要所で、ここで我々はBissianの悪魔、トルコ人、さらに、恐ろしい反逆者フメリニツキーとの間の記録に残る激しい戦闘を繰り広げた。 幽霊は何もないフロアで楽な姿勢をとろうと試みる。私たちは戦闘中に勇気あり偉大なるヤン2世の指揮の下、無力な敵対者どもを彼らの来た地獄の深遠へと叩き落した。残念なことに、私は戦いの混乱の中で死亡した。不名誉なことに、野生動物の群れが私を食いちぎり、私のそばで成長していった木々が、やつらの刃を溶かした。それはとても苦しいことだった。

はっきりと悲しみをあらわにしている。

006-01 – 創造主に私を裁いてもらうための準備をしていた時、私は残してきた愛しいアニャについて心配だった。私は、私自身と私の家族を、心の汚れた人々から守らなくてはならなかった。それから私は風を感じて、木々が風に打たれて鳴り響いた。戦闘の最中、天使のような意志が私の上にいてくださった。彼は黒い服を着ていた。見慣れない衣装で、その下には白い服とズボンを着用していた。彼はまた、奇妙なベルトをつけていた。彼はそのズボンを、ベルトで止めていたのだった。彼はなぜかは知らないが、胸に傷を負っていて、赤い血が滴り落ちていた。

彼はしばらく考え、続けます。

006-01- 彼は私のほうを向いて、非常に明瞭な言葉でこういった。「あなたが契約の全ての条件を受け入れることに同意するならば、少なくとも300年の間あなたの妻と財産を守る機会を提供しましょう。」と。私はこの奇妙な言葉を信じ、契約に同意した。彼らは私の頭に木の枝を巻きつけ、私の頭蓋骨をたたき始めた。私が恐ろしい暗闇に襲われるまで、長い間、私はずっと悪魔のような呪文を聞き続けた。

彼は言葉を止め黙っている。

████博士 – Ujazdowie殿下は、Podoluで死んだ後どうなりましたか?

006-01 – 私の心が暗闇の中に沈むと、私は、私の城の前の柳の木の下にいた。まず、私はあの奇妙なものが彼の約束を果たしたことに感謝した。しかし、私は彼が私をあざ笑っていたことをすぐに理解することになった。私の家族は夜泣き叫び、私の家族が滅び、敵が国に攻めてきているのを見ても、私は何もできなかった!私はあまりにも愚かだった!!

006-01は明らかに怒りをあらわにし、叫び声が遠吠えのようになる。

████博士 – 殿下、落ち着いてください。私たちは…あなたを手助けすることができるでしょう。殿下は、私たちが以前話した武器を見てみたいですか?

006-01はしばらく叫んでいましたが、それを停止します。

006-01 - よろしくたのむ。あの不思議なものをぜひ見せてくれ。

[記録終了- 27:00]

追加情報 – 財団によって製造された88タンタルカービン3が提示され、彼はそれに特別の注意を示した。武器を見せた後、彼は「これは興味深いものだ」と述べ、他に提示された同じモデルのカービンには特に興味を示しませんでした。実験では、006-01が武器を持つことによる異常特性は特に見られませんでした。

採集場所 – カトヴェツェ 公衆トイレ前

備考 – オブジェクトは脅威にはなりえません。収容室を公衆トイレ前の状況と同じ環境にして、一人の酔っ払いを近づけることで異常効果が出現します。実体は、ちらつきのある光の塊として出現します4被験者の非常に近くに出現するため、一時的に目が見えなくなる可能性があります。

追加情報 – ちらつきのパターンは、時々モールス信号でアルファベットのメッセージを伝えていることが判明しました。これまでのところ、"go"、"truth"、"caution"、"time"、"north"という単語が読み取られています。

採集場所 – ビトム

備考 – 非常に積極的かつ危険な存在です。人間と接触した場合、オブジェクトはそれを裂いて殺そうと試みます。収容のため、聖人の名前を呼んだり、聖人のイメージを持ってこのオブジェクトに接してください。オブジェクトの異常性質が発現するには、少なくとも薄闇程度まで照明を絞る必要があります。被験者は必要ありません5

006-03は鋭い爪の備わった長い骨ばった足を持つ、大きく黒くて軽やかなエーテルの獣です。観察者によって外観の詳細の供述は変化します。今までのところ、獣は1~4つの鋭い歯で一杯の犬のような口のついた頭を保持しているようです。

追加情報 - 付加的な情報を得るために、完全に暗闇にした収容室に被験者を入れ、私は無神論であると宣言させました(無心論者の被験者によって、オブジェクトとの接触中に聖人の名前を5回叫ばせた)。予想通り、被験者は引き裂かれましたが、照明を点灯させた後、006-03が保管室の東壁(番号19)に血を塗りつけたことが判明しました(倫理委員会の否定的見解のため、実験は再度行われることはありませんでした)。

採集場所 – ヴィエルバルク

備考 – オブジェクトは脅威になりえません。それを呼び出すには、収容室にベットを設置し、一人で寝る必要があります6 青白い肌のみずぼらしい姿の首に縄をつけた人物が天井から出現します。地面に降り立つとそれは眠っている人物に飛び乗り、被験者が目を覚まさなければ約55分そのまま過ごします。それから彼は部屋の北の壁を伝って天井に向かい、そこで姿を消します。もし被験者が目を覚まし、何らかの行動を起こした場合、すぐに消失します。

追加情報 - 特になし。

採集場所 – シュチェチン、ポメラニアン公爵城

備考 – オブジェクトは低度の脅威を引き起こします。出現は常に22:00-5:00の間に行われ、呼び出すために何らかのアクションは必要ありません。その効果は、収容室だけでなく、センター全体に黒猫の群れが出現することです(その数を見積もることは不可能でした)。どんな障壁もそれらを遮ることはできず、また捕縛も不可能です。それと同時に彼らは人間に遭遇した場合、それをひどく傷つけようとします。彼らは肉体的な損害を与えます。

[編集済]

この問題は、ポメラニアン公爵城の城の中庭に存在した猫のパドックを再現することで解決されました。それ以来、猫たちは収容室を出ることはありません。

追加情報 – これまでに19頭の猫が何らかの言葉を発しましたが、群れのほかの猫たちによって引き起こされる騒音によってそれらを聞き取ることは困難でした。これまでに確認された言葉は、「痛み」「予防」「水」「底」「発見」「偶然」です。

長年にわたる研究にもかかわらず、SCP-PL-006オブジェクトがその異常特性を創出することに何らかの共通パターンは発見されませんでした。さらに、このオブジェクトは、この5つのオブジェクトのみが分類されています。一方、現地の豊富な伝説によれば、全国には数十のオブジェクトが拡散しているはずです。これは現在の研究が停滞していることを示しています。したがって、この報告書を読んだ後、研究に役立つ規則性、または定数を導き出すことに成功した者はセンター21の研究グループ13に連絡するようお願いします。また、申請書を所定の施設のディレクターに提出することでも報告が可能です。

研究グループ13責任者
████博士

ページリビジョン: 3, 最終更新日時: 01 Dec 2018 11:39
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website