nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-291-JP 僕ら以外もみんな生きている
EuclidSCP-291-JP 僕ら以外もみんな生きているRate: 14
SCP-291-JP

アイテム番号:SCP-291-JP

オブジェクトクラス:Euclid

特別収容プロトコル:SCP-291-JPは非生物全般に影響をもたらす異常物品です。セクター-8188に付属する生物収容ユニットにて飼育されている豚の体内に外科手術によって収容されます。24時間毎に豚の健康状態を確認してください。問題のある場合は即座に代替の豚を用意し特別手順-CN51に従って再度収容を行ってください。実験にはセキュリティクリアランスレベル2以上の職員3名による許可が必要です。
SCP-291-JPの発見が報告された地域は封鎖され、監視対象とします。

説明:SCP-291-JPは直径約5 cmの無色透明の球体です。現在までに12個体が発見され、そのうち2個体は破壊。10個体が収容されています。一見ガラスのように見えますがオブジェクトは未知の物質によって構成されています。性質もガラスとよく似ており、高い硬度と電気抵抗を持っています。350 kg/cm2以上の圧力をかけることによって破壊可能であることが判っています。

SCP-291-JPは死体を含む、固形の非生物に触れさせる事により特異な現象を発生させます。オブジェクトに接触した物体は毎分12.5 kgずつ組成が生きた有機物へと変化します。この時、SCP-291-JPは自体も有機物の中に取り込まれる形で埋没していきます。オブジェクトを引き離した場合、それ以上の変化は止まりますが変異部分は元に戻りません。また、何らかの方法で接触させた物体と、物体が触れている部分を識別しており、接触させた物体以外を変化させないことが判明しています。侵食が進み、完全に変化した物体はSCP-291-JP-1と呼称されます。

SCP-291-JP-1は元々の物体の形状、または性質を大まかに残す場合と大きく変化させる場合があり、どのように選択が行われているかは判明していません。
通常の生物同様に筋肉や内臓、神経系、リン酸カルシウム、またはキチン質で構成された骨格、あるいは外骨格が生成されます。SCP-291-JPを内包している状態ではこれらの組織は非常に再生能力が高く、切断された場合でも即座に修復され元の形状に戻ります。これには栄養や水分の補給などは必要とせず、またSCP-291-JP-1には消化器官も存在しません。SCP-291-JPとの接触を失ったSCP-291-JP-1は動作を停止し、24時間以内に細胞が死に始めます。

SCP-291-JP-1は知覚を持ち、かつ非常に攻撃的で周囲にある動く物、音を発する物、全てに攻撃を行います。原始的ですがある程度の知性があり、簡単な鍵の仕掛けや迷路を解くなど、およそ5歳児程度の知能を有していると見られています。元となった物体によってSCP-291-JP-1は大きく特性が変化します。さらにはSCP-291-JP同士で、獲得した経験をなんらかの方法で共有、伝達している可能性が高い事が実験結果によって示唆されています。
SCP-291-JPは気体および液体には反応しません。

接触させた物品 結果 補足・考察
██製オートバイ一台 質量約85 kg 対象は有機体に変化。黒色の外骨格を伴い、生成された6本の昆虫に似た足によって歩行。 複雑な機構は再現できないものと思われる。質量は52kgに落ちていた。失われた質量の行き先は不明。
ケージ内部のオランウータンの死骸。 誤ってオランウータンではなくケージに接触。検証は続行。対象は有機体に変化し、形状を保ったまま跳ね回った。 死骸に変化は無し。
拘束したD-クラス職員の死体一つ。 被験体から皮膚が消失し、筋肉を露出させた状態に変容。拘束具を破壊したものの、金属製のケージは破壊できなかった。データ採取の後、保安部隊により処理。 行動パターンに変化なし、知性や記憶は再現しなかった。なお、重量に変化はなし。
合金属のインゴット。 重量25 kg 対象は有機体に変化。薄い皮膜を持った四対の羽を形成し飛行。外骨格を形成した。重量は16 kg 飛行力学的にこいつが飛べているのが信じられない。
装着状態にある手術用ゴム手袋。 対象は有機体に変化。装着者の手首に食い込み重傷を負わせた。 豚体内への収容術式中に誤って接触。装着していた医師が失神したため、手首を切断し処理。
プロペラ飛行する小型の無人機 重量2 kg 対象は有機体に変化。形状を保ち、プロペラを回転させて飛行。機動部隊により捕獲。 作戦中に偶然接触。本来の性能よりも劣っていた。

SCP-291-JPは20██年に群馬県の███山中の森にて発生した猟師の惨殺事件によりその存在が確認されました。機動部隊部隊ゑ-1("地走り") による█年間に渡る捜索活動により、現在までに12個体が確保、収容されています。20██年以降は発見されていませんが現在でも月に一度、衛星写真とヘリによる上空からの調査、三ヶ月に一度、機動部隊による地上の捜索が行われています。
現在まで他地域でのSCP-291-JP個体の発見はありません。

以下はSCP-291-JPの最初の収容の試みの記録です。エージェントによる未確認の脅威存在の情報から9名の機動部隊による初期接触及び確保作戦が展開されました。

群馬県███山中 20██年 10月7日
<記録開始>

JS-01:「現在時刻は██:██、目標地点に到達。これより未確認脅威事象の調査を行う。各計器異常なし。」

本部:「こちら本部、了解した。作戦を開始せよ。」

JS-01:「作戦開始。情報通り洞穴らしきものが見える。周囲は……あー、ひどい臭いだ。動物の腐臭のようだ。」

本部:「本当に動物か?死骸は確認できるか?」

JS-01:「03と06が確認中……。少なくとも人間ではない。標本は回収する。」

本部:「了解。支障が出るようならマスクの使用を許可する。」

JS-01:「了解。これより洞穴に接近す… っつ、出てきたぞ!熊かありゃぁ?02!カメラを向けろ!カメラだ!!見えるか?」

本部:「映像を確認した。確保、やれそうか?」

JS-01:「確保を開始する。」

部隊の携帯しているスピーカーによって各国の言葉で制止を促す音声が流される。同時に獣のような咆哮が聞こえる。

JS-01:「くそっ、音を止めろ!対象は敵対行動を取っていると思われる。麻酔弾による沈静化を試みる!05、09、構えろ!」

本部:「了解。少しでも危険を感じたら即座に撤退しろ。」

JS-01:「あー。本部へ、麻酔弾効果なし。対抗存在、動きは鈍い。足を狙撃する、実弾許可を。」

本部:「JS01、無理はするな。実弾の使用を許可する。」

銃声と咆哮。機動部隊はライフル銃を対抗存在の脚部に射撃。

JS-01:「対象は、くそっ(雑音)」

本部:「どうしたJS01。報告しろ。JS01!」

JS-01:「ライフル弾効果なし!02が追われてる、こいつ、」

散発的な射撃音と複数の怒声。JS-02のカメラには暗い森の中を走り回る様子が映されている。数分後、映像が乱れ、信号が消失する。

本部:「JS01、状況を!他の者はどうした!?」

JS-01:「もう一匹いた!!奴ら待ってやがったんだ!撤退する!02はダメだ!」

本部:「撤退を許可する。もう一匹だと?奴は二体居たのか?」

JS-01:「訂正。少なくとも三匹だ。」

激しいノイズ音。JS-01からの音声通信が途絶える。

本部:「どうなってる!?だれか応答しろ!」

JS-03:「こちら03、01は死んだ、俺が部隊の指揮をする。████方面へ逃走中、追っては来ていないようだ。」

本部:「了解。応援の部隊がすでにそちらへ向かっている。損害状況を報告できるか?」

JS-03:「01、02、そして05がやられた。もう一度俺をここへよこしてくれ、今度はミンチにしてやる。」

本部:「今は無事に戻る事を考えろ03。後の始末は俺がつける。以上だ。」

35分後、機動部隊は合流に成功。三名の未帰還者を出し、作戦は失敗に終わりました。


以下はSCP-291-JPと最初に接触した地元猟師とのインタビューを記録したものです。

群馬県███山中 20██年 10月█日

エージェント██:「それでは当時の様子についてお話ください。」

猟師:「あん時ぁ、4人で熊撃ちに行ってて……。俺ぁ、もう30年、この山に居るがあんなんは初めてだ……。」

エージェント██:「順を追って話してください。あなたは4人で、熊猟のために山へ入った。」

猟師:「ほんで、熊の足跡見つけて、追いかけてって。██が見つけたーって言ってよ。そんで撃ったんだよ。」

エージェント██:「それは間違いなく熊だったのですか?」

猟師:「ん、あらぁ間違いねぇ。血も出とったもの。熊はその場でしなねぇで山ん中に入ってって、あちこち引っ掻き回しながら逃げてった。」

エージェント██:「危険な状態ですね。」

猟師:「そうだよ、ここでしとめっちまわねぇとって皆で覚悟決めて、行ったんだ。██と██の二人が先に行って、俺は後から付いてった██もいっしょよ。」

エージェント██:「そしてあの洞窟に?そこは知っている場所だったんですか?」

猟師:「地元のもんしか知らないよ。あそこは神様が居るってんで、あんま近寄んね。」

エージェント██:「信仰のようなものあった?」

猟師:「そんな大したもんじゃねぇけど、白蛇が出るとかなんとか……。 今となっちゃぁ神様を信じるしかねぇな。」

エージェント██:「なるほど。それで、あなたは何を見たのですか?」

猟師:「熊の血はその洞窟に続いてた、そこで… 二人とも死んどった。██と██が、二人とも血流して死んでた。そんで洞窟からすげぇ声が聞こえた。」

エージェント██:「それは熊ではなかった?」

猟師:「ああ、ありゃぁ熊なんかじゃねぇ。熊に神様が乗りうつったんだ。皮はがしたみてぇになっててよ。」

エージェント██:「なるほど。ここはもう安全です。後は我々にお任せください。l」

猟師:「あれにぁ近寄らん方がいい、もっと大勢死ぬぞ。」

エージェント:██「ご安心ください。私たちは慣れていますから。」

<記録終了>

この後、4度に渡りSCP-291-JPの収容作戦が実行され、洞窟内部及び周辺で複数のSCP-291-JP-1を発見。機動部隊に大きな被害を出したものの、最終的に収容は成功しました。

SCP-291-JP収容法試験作戦

ページリビジョン: 6, 最終更新日時: 13 Jul 2016 15:14
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website