nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2975 第二の太陽
UnknownSCP-2975 第二の太陽Rate: 103
SCP-2975

アイテム番号: SCP-2975

オブジェクトクラス: Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-2975の残骸は、機動部隊シグマ-3 ("書誌学者") の構成員が駐留する観測所SYN-アルファ-019から監視されます。何らかの異常活動が発生した場合、直ちにサイト-19司令部に報告してください。

説明: SCP-2975は[編集済]市の郊外に位置する取り壊された家です。この家の下には広大な洞窟系があり、地球マントル内の未知の深度にまで伸びる亀裂に続いていました。現在この亀裂に到達することはできませんが、亀裂が単に閉じてしまったのかもはや存在しなくなったのかは不明です。

SCP-2975は地域コミュニティから歴史的建造物と見なされていました。コミュニティはその異常特性に気付いており、一般的に「お化け屋敷」または「追憶の家」と呼んでいました。少数の例外を除き、コミュニティ構成員のほとんどはSCP-2975の発見と封じ込めを妨害しようと試みました。

████年3月6日、「白い太陽の秩序」と呼ばれる一団は、XK-クラス世界終焉シナリオを引き起こすための儀式の導線としてSCP-2975を用いることを試みました。このことは機動部隊シグマ-3により照合された情報パターンの分析により発見されました。

SCP-2975の無力化作戦中に一連の局所的CK-クラス現実シフトシナリオが発生し、発生したイベントの詳細は不明瞭となりました。しかし儀式イベントは中断され、SCP-2975は機動部隊プサイ-7 (“リフォーム屋”) によって破壊されました。

████年██月██日以降、SCP-2975から異常な活動は記録されていません。

補遺: SCP-2975インタビュー記録の一部 [SCP-2975の無力化後]

SCP-2975を含む地域コミュニティの構成員であるモーガン・ドナルドソンへのインタビュー。(抜粋)

モーガン・ドナルドソン: いいか、看守と話すのは全く気持ちのいいことじゃないんだが、[編集済]が話さなければならないって言うから話してやってるんだ。

質問者: ありがとうございます。よろしければ、思い出の家に関して幾つかお聞きしたいのですが。

モーガン・ドナルドソン: 追憶の家?お前らが吹っ飛ばした奴のことか?分かってるだろうが、俺達のほとんどはそのことが気に入らない。俺の考えも全く同じだよ。

質問者: 詳しく説明していただけますか?

モーガン・ドナルドソン: あれは俺達のコミュニティの中心だった。

質問者: ええと、それがやったこと……人間を食べたことに関しては。

モーガン・ドナルドソン: 餌として与えられた奴だけだ。ほとんどはな。確かにそれ以外の奴もいたが、暗くなってから町のあの辺に近づいちゃいけないなんてことは皆知ってたはずなんだ。

質問者: あの家の……危険な側面を知らなかった人々は?

モーガン・ドナルドソン: 誰がそんな奴らを気にするって言うんだ?このあたりの住人じゃない、お前みたいなよそ者を。そういう奴らは大体俺達の社会を破滅に向かわせるんだ。「手」は反旗を翻したし、コミュニティの奴らは伝統を投げ捨ててお前ら看守に靡いた。[首を横に振る] お前らを怒らせたいわけじゃないが、それが世の習いなんだ。

質問者: 私は、ええと、つまり看守の宗派は、地域社会の一部でありそのために働くと約束します。コミュニティを破壊するようなことはしません。約束します。

モーガン・ドナルドソン: お前らは追憶の家を破壊し、その世話人を収監した。これがコミュニティの破壊じゃないっていうんなら、俺にはそれがどういうことか分からないね。

質問者: ええと、その家……は人々を食べていました。そうでしょう?でなければ……人々を与えていた、ですよね?

モーガン・ドナルドソン: 言ったはずだが、よそ者や、それを受け入れた人々だけだ。自分自身の世話もできないような駄目な奴らを突っ込んでいたわけじゃない。そこらの通りで、全世界の町で人間はどんどん死んでるが、誰もそんなことを気にしたりはしない。

[沈黙]

モーガン・ドナルドソン: まあ、そんなことが許されるべきじゃないというのは分かってる。多分、俺達はすぐに何かをやったはずだ。俺に何を言わせたいんだ?

質問者: ですがそれは、白い太陽教――追憶の家の世話人――がやっていたことと違いませんか?彼らは世界を終わらせようとしていたのでは?

モーガン・ドナルドソン: いいか、お前らは肝心なことが分かってない。ああ、確かに家の世話人はやり過ぎた。だが俺達に手綱を預けておけば、きっと解決策が見つかったはずなんだ。より良い解決策が。この地上の生ける歴史的象徴を全壊させるようなことはしなかった。別の方法があったはずなんだ。

SCP-2975を含む地域コミュニティの構成員であるダニエル・ソーヤーへのインタビュー。(抜粋)

ダニエル・ソーヤー: 世界の終わりに関することなんて全く知らなかったことは認めます。そんなこと昔話だとばかり思っていました。ですがあの教団が引きこもる忌々しい家はどうにかしなければなりませんでした。

質問者: 彼らに対する抵抗勢力は存在したのですか?

ダニエル・ソーヤー: ああ、あなた方が思っているようなものではありません。「あれはただ、俺達の地域にある人間を食べるお化け屋敷というだけだ。あれが何なのかは分かっているし、いつ避けたらいいかも当然知っているはずだ。ああ、だめだ、取り壊すなんてことはできない。あれはコミュニティの伝統なんだ!あの教団は地域の魅力的な一部なんだ!彼らはここに数世代も居着いているし、その一人は市議会議員だ。彼は素晴らしく立派な人物じゃないか?彼らはまだ、せいぜい年に2-3人のホームレスの女の子を犠牲にするだけの段階だ。もう少し様子を見ようじゃないか!」

[沈黙]

ダニエル・ソーヤー: 時々、私はあの人々の何が間違っていたのか分からなくなります。

質問者: あの家の保全に関わっていた人数はどれくらいですか?

ダニエル・ソーヤー: ええと、正直に言うと私達全員に過失があるんです。もちろん私はあの家のことを知って育ってきました。年に数人を食べるだけだったんです。ほとんどは「秩序」によって家に与えられました。人々はいつも、町の間違った場所に行かないか、白い太陽教徒に守られた人物ならば大丈夫だと言っていました。

[沈黙]

ダニエル・ソーヤー: 実際に、多くの人々がそれを魅力的なものだと考えました。地元の観光名所のようなものでした。全世界の人々がそれを見に来ましたし、別の世界からも来ることがありました。彼らは家のことを「基準現実ではめったに見られない、建築物と群知性の共生体」と呼び、その下の洞窟のことは「真の夢へのポータル」「角の門」「永遠の縦穴」とか呼んでいました。高校時代のレポートで、私はそれに関して子供のように読書をしました。私が理解したふりをしていたほどのことすら理解できることはありませんでしたが、レポートの評価はAでした。それはつまり、そういうことなのでしょう。

[沈黙]

ダニエル・ソーヤー: そして、世界の終わりとかいう問題に関するものだと思いますが、信者は新鮮な生贄を探し始め、よそ者は家を見に来ることを止め、あまり評判の良くなかった地元民が数週間の夜の間に数人失踪し……それでも人々は言い訳を作り出し、細を穿ったアドバイスを配り歩いていました。まるで冗談のようなものでした。生贄には年頃の女性が適しているから、露出度の高い服を着るなとか。ですが真剣なものとしては、夜間に外に出るなとか、単に目立った行動を取るなとかいうものもありました。そういうことでした。誰も全く何かをしたいとは思わず、彼らを嫌う人々でさえ自分には何の関係もないと言うだけでした。誰も最初に行動したくはなかったんです。

質問者: 分かりました。あなたが我々に協力するようになったのは何がきっかけですか?

ダニエル・ソーヤー: ええと、私が判断していいなら、ということですが、彼らが魔術師を狙い始めたのが分かった時です。まずは別世界からの観光客が数名、次に特定の町民が失踪し始めました……私は、彼らが全て血中に魔力を持つ人々だということに気付き始めました。あの儀式の規模を知ってから振り返ってみると驚くようなことではありません。魔力豊富な燃料を必要とする儀式だったと聞いています。私自身は魔術師ではありませんが、ご存知の通り叔母に魔女が一人います……だから私は自分自身の安全を気にし始めたんだと思います。叔母の血に魔力があるなら、私の血にもほんの少しあるのかもしれません。そして次の狙いは私かもしれません。

[沈黙]

ダニエル・ソーヤー: だから、自慢するようなことではありませんが……この時に私はけじめをつける必要があると分かったんです。私が明確に家を破壊しようとする人々の側についたのはこの時からです。

[沈黙]

ダニエル・ソーヤー: ともかく、私はあなた方看守を呼び入れたくはありませんでした。私は警察もあなた方も信用していません。ですが私の友人が、正しい接点を知っていれば友好的な看守と連絡を取る方法があると聞いたことがあって、そして彼女は正しい接点を知っていると教えてくれたんです……選択肢は一つしかないように思えました。あなた方は確かに仕事を終えました。そして、世界が終わるかもしれなかったんでしょう?だから……そうならなかったことは嬉しいです。おめでとうございます。少なくとも。

[沈黙]

ダニエル・ソーヤー: 追憶の家が消滅したことは嬉しいです。それでもやはり……この町が以前とは変わってしまったということは認めざるを得ません。

== 要特別アクセス権限 シグマ-3/第二の太陽 ==

現地のシグマ-3隊長から聴取された次の作戦後報告には重大な矛盾が含まれています。████年3月6日のイベントには複数の局地的CK-クラス現実シフトが関与し不明確となっているため、報告書には全ての矛盾する側面が記録されることとなりました。

SCP-2975作戦後報告

私の太陽を遠ざけないでください。

ページリビジョン: 7, 最終更新日時: 13 May 2017 10:02
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website