nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-568-JP セブンティ・ワン・パーセンツ
EuclidSCP-568-JP セブンティ・ワン・パーセンツRate: 18
SCP-568-JP
評価: +15+x
antenna.jpg
サイト-8158上の偽装アンテナ塔

アイテム番号: SCP-568-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-568-JPの記録と分析のため、サイト-8158に本拠を置く情報部隊は-6"空聞き狸"が編成されました。部隊はサイト内のセンタ本局と七大陸52箇所の財団施設に併設されたセンサ支局で構成される改良型DEURAS-Hシステムを運用し、全世界の短波帯ラジオ放送を常時監視しています。

支局がSCP-568-JPの放送開始を検知し次第、放送は直通回線を通じてリアルタイムで本局に転送され、速記技能を持つ5名の当直職員が内容を筆記します。当直シフトは各員の国籍や経歴を考慮して作成され、常に異なる3ヶ国以上の言語でSCP-568-JPを聴取できる態勢が整えられていなければなりません。本局への転送は推定発信座標に最も近いセンサ支局が担当し、その間他の支局はSCP-568-JPの使用周波数帯にてプロトコル・ユプシロン・エータ1を実行、その公共への伝播を妨碍します。

SCP-568-JPが放送内で聴取者との接触や会合を予告した際、指定された座標を中心とした半径50km範囲は海洋用中規模カバーストーリー目録"パープル・ウェイブス"のうちいずれかを用いて封鎖されます。封鎖期間は通常予告日の前日18:00:00から翌日06:00:00までの36時間ですが、状況によっては短縮・延長される可能性があることに留意してください。

説明: SCP-568-JPは「セブンティ・ワン・パーセンツ(Seventy One Percents)」と自称する短波帯・振幅変調方式の海賊ラジオ放送です。発信は毎回異なる周波数を使用して不定期に行われ発信位置も不規則に変化しますが、放送間隔は一年以上空くことはなく、これまでに確認された放送はすべて公海上から発信されています。その構成は大日本帝国政府が第二次世界大戦中に行った連合国向けプロパガンダ放送に類似していますが、内容は全く異なります。

0: 登場人物
リンディ(Lindy): SCP-568-JPの司会を務める女性。その声質は聴取者により「高めだが聞き心地のよい声」「甘いハスキーボイス」など大きな認識の差異があるが、聴取者は一様にその声を好意的に評価する。この現象は後述するSCP-568-JPの精神影響特性の一つであると推察される。
ハロルド(Harold): ニュースのコーナーを担当する男性。聴取者はその声に"活発"かつ"爽やか"な印象を受けたと回答する。
オオタ(Ota): 小ニュースのコーナーを担当する男性。放送の度に「シールズ・オオタ」というフルネームを名乗るが、これはリンディやハロルド同様番組スタッフとしての偽名であると推測される。
ひどく平板な口調で話し、聴取者は皆"胡散臭い"、"不気味"であると供述する。

1: オープニング(約5分)
毎回異なるレトロ・ポップスが一曲選ばれる。前後どちらかにリンディの短いメッセージが付随。

2: メッセージ(約3分)
リンディが担当。厭戦放送らしい挑発的な内容であるが、対象はいずれも実在しない国、組織である。

3: リンディのディスク・ジョッキー(5~15分)
主にクラシックとセミ・クラシック。稀にダンス音楽も放送。曲間にナンバー紹介が数分挿入される。

4: ニュース・タイム(5~10分)
発信日時の過去一年以内に起こった事柄をニュース形式で報道。ハロルドが担当。

5: ハロルドのハイライト(5~10分)
ニュース・タイムで取り上げたニュースのうち一つを詳細に解説。

6: ジューク・ボックス(15~20分)
ジャズとダンス音楽。リンディが担当。

7: オオタ・ニュース(通称)(約5分)
1~6が割当時間よりも早く終了した際、当項で特異な内容(以下に記述)のニュースが報じられる。

  • 実在しない国、組織、地名への言及
  • 20世紀現在の一般的水準を凌駕する科学技術の発展(特に空路・海路に関連するもの)
  • にも関わらず存在する多数の未開地、未踏査海域の示唆

8: マーチ・タイム(通称)(5~10分)
軍歌または行進曲を一曲放送。これまでに米・中・独・伊・日・ソ・波・英の楽曲が放送されている。

9: サイン・オフ(約2~3分)
リンディが担当。

SCP-568-JPの異常特性は人間がそれを聴取した際に発現します。聴取者はSCP-568-JPの登場人物が聴取者の母国語ないしは最も慣熟している言語を用いていると認識し、その発言内容を完全に理解することが可能です。中途失聴者の職員が放送を聴取し内容を理解した事例(参照: 付随文書7番)の一方、実験動物(イエイヌ・ヨウム・チンパンジーほか)および自然言語処理による音声認識プログラムが放送中のSCP-568-JPを認識しなかった実験結果(参照: 付随文書8~15番)から、SCP-568-JPは通常の無線通信ではなく、人間にのみ超感覚的影響を及ぼす情報災害であると推測されています。

SCP-568-JPは一般的な短波受信機で問題なく受信が可能ですが、これを録音したものはその直接・間接や記録媒体の形式を問わず、放送終了後数分で一様に無音状態へ変化してしまうため、これまでSCP-568-JPを完全な状態で保存することには成功していません。このような特性を持つSCP-568-JPを記録するため、現在の特別収容プロトコルが制定されました。

放送時間: 1990年█月██日8時00分~9時00分
周波数: 6330kHz
推定発信位置: レユニオン島沖南南東380km
聴取言語: 英語・フランス語・日本語

1: "グッドモーニング!リンディよ。今日は海と空がくっつきそうなとびきりの快晴、いい感じよね。さあ、世界の71%を占める海の中から送る『セブンティ・ワン・パーセンツ』。今日もはりきっていくわよ!"
ナンバーはクルー・カッツ(The Crew Cuts)のシュブーン(Sh Boom Sh Boom)。

2: "それじゃ改めて……カプト・マゴニア1の皆さん、お元気かしら?第6軍団のことはご愁傷様ね、無事着いていれば活躍間違いなしだったでしょうに!私は詳しく知らないけれど、幻島連合2のお仲間は大丈夫なのかしら?……けど、これであなた達が考え直してくれると思うと嬉しくなっちゃう!この小競り合いが終わったら、のんびりクルーズにでも出かけましょうよ。私はいつまでも待ってるから……さあ、この辺で音楽でもかけましょうか"

3: 文量が膨大かつ重要性が低いため割愛。

4: トピックスはスペース・シャトル「コロンビア」の帰還、「スカンジナビア・スター」号の火災事故、リトアニアのネコ博物館開館、イラク軍のクウェート侵攻の4つ。

5: 1990年現在の中東情勢について概説し、米国の戦艦「ミズーリ」「ウィスコンシン」「ニュージャージー」が投入されればイラク側の敗北は確定するだろうとの結論で終わる。

6: グレン・ミラー(Glenn Miller)のムーンライト・カクテル(Moonlight Cocktail)、ジョニー・レイ(Johnnie Ray)のクライ(Cry)、ミルス・ブラザース(The Mills Brothers)のペーパー・ドール(Paper Doll)ほか詳細不明のジャズ音楽を含む計5曲を放送。

7: 通報艦3による客船「アヴ・カル」4の発見、グレグ・ブレンダン海山5の噴火によるジエット6海流の渋滞が報じられた。これは一時的なものであり、『海中交通に問題はない』と締めくくられる。

8: 敷島艦行進曲(オフボーカル版)を放送。

9: "一時間なんてすぐよね。『セブンティ・ワン・パーセンツ』、リンディがお送りしました。バーイ!"

補遺1: 事件記録568-JP-い-4
SCP-568-JPの発信源を捕捉するための数度の捜索活動のさなか、予想発信座標上空を哨戒中の財団航空機が浮上中の不審な小型潜水艦(以後SCP-568-JP-1と記述)を発見しました。SCP-568-JP-1は全長約20m、発見当時は高さ約30mの対数周期アンテナ1本を甲板上に展開していましたが、SCP-568-JPの放送終了と共にアンテナを素早く折畳み急速潜行を開始。深度250mまで潜行したのち南南東へ転針して逃走を図りました。周辺に展開していた財団船舶12隻および航空機8機による追跡は延べ5時間半に及びましたが、SCP-568-JP-1はその船体サイズからは想定しえない水中速力と潜行能力を継続的に発揮し続け、最終的に全船舶のソナー有効範囲外へ離脱しました。
以下の内容は当事件後に放送された最初のSCP-568-JPの内容です。

放送時間: 1994年█月██日17時30分~18時33分
周波数: 8250kHz
推定発信位置: ラウール島沖東600km
聴取言語: アラビア語・ドイツ語・英語・日本語

1: "グッド・イーブニング!71号艦からお送りする『セブンティ・ワン・パーセンツ』。さあ始まるわよ!"
 ナンバーはビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)のサーフィンU.S.A.(Surfin' U.S.A.)。

2: "海のタフガイ、陸のフェアレディ、ご機嫌いかが?今日は一般開放についてお知らせするわ。去年の夏の『フリート・フレンドシップ・フェスタ』、略して『トリプルF』はみんなのおかげで大盛況、ありがとね!そして、なーんと、参加できなかったみんなのために、もう一度イベントを開催しちゃうことにしたわ!……ちょっとだけ規模は小さいけどね。[忍び笑い]開催日は来月の16日、座標はグリニッジ子午線基準で[編集済]。念のためもう一度。イベントは来月16日、座標はグリニッジ基準[編集済]。遅れちゃダメよ!"

3: 文量が膨大かつ重要性が低いため割愛。

4: 重要性が低いため割愛。

5: 重要性が低いため割愛。

6: 星影のステラ(Stella by Starlight)、涙のチャペル(Crying In The Chapel)、夢見るシャンソン人形(Poupee de cire,Poupee de son)の3曲を放送。歌手はそれぞれドン・フリードマン(Don Friedman)、ダレル・グレン(Darrell Glenn)、フランス・ギャル(France Gall)。

7: 重要性が低いため割愛。

8: 重要性が低いため割愛。

9: 複数の人物が登場するため、インタビュー形式で記述する。
リンディ: "『セブンティ・ワン・パーセンツ』、みんな今日も楽しんでいただけたかしら?"
(2秒間沈黙)
リンディ: "さて、番組が終わったところで人を紹介するわね……私の可愛い後輩、ジェーンよ!"
ジェーン: "ハァーイ!みんなぁ、ご機嫌いかがぁ?あら、よく考えたら、もう番組終わっちゃうのよねぇ?"
[リンディと男性の笑い声]
リンディ: "相変わらずねジェーン[笑い]、でもこの仕事にはそのマイペースさが大切よ"
ジェーン: "ありがと!……ねぇリンディ、ところであなた、なんだか少し顔色が悪くないかしら?"
リンディ: "あら嫌だ![忍び笑い]ファウ……ファンデーションが悪いのよ?なんてね[忍び笑い]"
[ジェーンと男性の忍び笑い]
リンディ: "実はね……私、明日からしばらく休暇を貰うことになったの。ごめんなさいね"
ジェーン: "あら、いいじゃなあい。それで私が呼ばれたのね。旅行にでも行くの?"
リンディ: "大当たりよ、ジェーン!久しぶりの空の旅なの。世界一周してくるつもり"
ジェーン: "羨ましいわあ、妬けちゃうわあ。きっと素敵なヒトも一緒なんでしょう?"
リンディ: "それは秘密よ[忍び笑い]、でも、もしかしたらそんなヒトと出会っちゃうかもね"
ジェーン: "ボウヤたち、もし赤い飛行機を見かけたら手を振ってちょうだいな。たぶん、きっと彼女よ!"
[リンディと男性の笑い声]
ジェーン: "それじゃリンディの羽伸ばしを祝って、この一曲で今日はお別れしましょ!
ジェーン: "ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)の……アメリア(Amelia)!"
[6分28秒後曲が終了。その12秒後に放送が終了]

補遺2: 事件記録568-JP-は-11

ページリビジョン: 6, 最終更新日時: 15 Feb 2015 12:03
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website