nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-310-JP 骨。霧の生まれた場所。
KeterSCP-310-JP 骨。霧の生まれた場所。Rate: 12
SCP-310-JP
評価: +12+x
file00310_014.jpg

1度の分裂で得られたSCP-310-JP。

fixFT_E03_F07_0200711151659_09.jpg

補正指示が出された箇所の例。写真内の83%が正しくない組み合わせである。

アイテム番号: SCP-310-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-310-JPは、20mx50mの広さを持った収容室の床に並べて収容されます。収容室には窓を設置せず、壁と天井は厚さ1m以上のコンクリートで建造されます。SCP-310-JP自体の危険性は確認されていないため、適合試験を受けたDクラス職員と担当研究員が接合作業を行います。収容室の床は黒色に塗り、一切の塵や埃がないように清掃されます。天井に設置された24個のカメラでSCP-310-JPを常時スキャンし、コンピューターの図形ソフトを用いて、接合部分を予測します。その結果を元に、接合作業を行ってください。

SCP-310-JP-1の収容は現時時点で不可能と考えられるため、SCP-310-JP-1の発生が確認された場合は、全骨質を奪われた対象者に対応できる装備と車両を用いて、対象者を収容します。収容した対象者は、常に人為的な昏睡状態に置き、骨格の復元作業が完了し次第、クラスCの記憶処置を施し帰宅させます。

将来予想されるSCP-310-JP-2-A002の発生に対応するため、収容室の壁には5mの間隔で燃料注入ノズルを設置し、床には爆薬による硬鋼線の射出装置を3m毎に埋設します。SCP-310-JP-2-A002の発生の際には手順310-gammaを順次実行していきます。手順310-gammaの項目36まで実行した後も、SCP-310-JP-2-A002が無力化できなかった場合、手順310-gammaの項目37が実行されます。

説明: SCP-310-JPは、白無地のジグソーパズルの総称です。1片の大きさは縦1.5cm横1.0cm厚さ0.2cmで、財団では、現在15000片前後のSCP-310-JPを収容しています。

SCP-310-JPは、孤立した1片の状態であった場合、平均370秒に1度の頻度で2分裂し増殖します。正しくない組み合わせの状態にあるSCP-310-JPでも、分裂が起こります。各片は非常に形が似通っており、正しくない組み合わせでも接続できてしまうため、現在の収容下にあっても1度に100個程度の分裂を引き起こしています。

正しく組み合わさった状態にあるSCP-310-JPのうち、最も外側にある数片が不定期に消失します。分裂周期と近しい間隔ですが関連性は不明です。消失する理由や原因は不明ですが、この消失現象により整合する辺が減少するため、収拾不能な分裂反応を抑えることができています。分裂数が102を超えた場合(孤立したピースが204を超えた場合)、後述のSCP-310-JP-1が発生します。

SCP-310-JP-1は、異常性を持った霧です。

SCP-310-JP-1の内部では、異常なほどの視程の低下(15m以下)、電波障害(極超短波から極超長波まで)、音波の吸収(50mでD-80に相当)などの現象が発生します。詳細な調査により、SCP-310-JP-1を構成する粒子は水蒸気ではなく、非常に微細な骨質の粒子であることが判明しています。

SCP-310-JP-1の粒子が、内骨格を持った生物に触れた場合、皮膚細胞の隙間から体内へ入り込み、骨質の一部を奪っていきます。SCP-310-JP-1の粒子の衝突で剥離した骨質は、SCP-310-JP-1の粒子と同様に、細胞の隙間から体外へ出て行き、霧の一部となります。この過程で対象に痛みなどは発生しません。対象はSCP-310-JP-1との接触から3分以内に、骨質の30%を失います。直立状態や歩行中の生物は、急速に骨格が軟質化することにより、自重やわずかな運動で骨折し、移動不能となります。さらに10分前後の経過で、全ての骨質が奪われます。失われるのは骨格のみであり、安静にしている限り対象は生存が可能です。

SCP-310-JP-1の発生場所に、規則性は見つかっていません。収容施設から最大2000km離れた場所で発生した事例もあります。SCP-310-JP-1は、地中から発生することが確認されており、活性状態終了時も、地中へ吸収されていくのが確認されています。考慮すべき点として、発生箇所のひとつに、地表に露出したK-T境界層が確認されています。他の発生箇所も、地中に存在する同地層から発生している可能性があるため、財団では同地層を調査、発見するための活動を行う研究団体に、資金提供及び監視を行っています。SCP-310-JP-1の影響範囲は最大半径20kmほどと見られ、SCP-310-JPの孤立したピースが204以下になるまで発生し続けます。

SCP-310-JP-1の内部調査については、調査記録310-F001を参照してください。

file00310_F001_00258.jpg

固定カメラにより撮影されたSCP-310-JP-1Aの写真。

SCP-310-JP-1の内部では、異常な存在の影(SCP-310-JP-1A)、および由来不明の植物群(SCP-310-JP-1B)が観測されています。

SCP-310-JPの粒子は、装甲車やレベルAの化学防護服の構成素材を全て貫通し、人体の骨質を奪っていくため、SCP-310-JP-1内部に調査のための人員を送ることはできません。電波を通さないため、無線による機器の投入ができません。そのため、有線による遠隔操作可能な探査車によって内部の調査が行われています。また、生存者の証言による情報も集めています。

SCP-310-JP-1Aは、高さ5mほどから20mほどまで大きさに個体差があり、何らかの生物の影と考えられますが、形状は既存の生物群のどの特長とも一致しません。SCP-310-JP-1Aは出現後、ゆっくりと移動するか、または摂食行動をしているように見られます。出現したSCP-310-JP-1Aが、霧の内部に取り込まれた他生物に気づく様子はありません。ほとんどの場合で、SCP-310-JP-1Aは出現から5分以内に、霧に溶けるように消えていきます。成功例は少ないですが、SCP-310-JP-1Aがいる場所へ到達した場合でも、影以外の物理的な存在は確認できません。

SCP-310-JP-1Bは、SCP-310-JPの粒子によって構成される未知の植物群です。SCP-310-JPの深部において地面から急速に生長し、様々な植物種からなる植物群落を形成します。

SCP-310-JP-1Bは、その構成要素から一様に白色をしており、従来の植物と同様の形状をしていますが、光合成などの生体維持機能は持っていないと考えられます。形状のみに限って言えば、全て既知の植物種ではありますが、現存はしていません。SCP-310-JP-1Bは、種子を形成するものの、従来の種子としての機能はなく、SCP-310-JPの効果によってのみ増殖すると考えられます。SCP-310-JP-1Bは、通常の大気に接触すると瞬時に崩壊し、霧状になって消失します。

SCP-310-JP-1Bは、白亜紀後期(マーストリヒト期)までに存在していたと考えられる植物種それぞれの形状をしています。現在知られているそれらの性質とは違い、SCP-310-JP-1Bは既存の植物が持つ栄養分を吸収していると考えられ、SCP-310-JP-1Bが発生した一帯の植物は、SCP-310-JP-1Bの生長と比例して枯死していきます。

SCP-310-JPおよびSCP-310-JP-1の収容までの経緯は、調査記録310-A001を参照してください。

SCP-310-JPとSCP-310-JP-1は当初、それぞれAnomalousアイテム、Euclidオブジェクトとして財団のデータベースに登録されました。

収容までの経緯:

19██/07/11:
███の██大学にて、無限に増える異常なジグソーパズルを研究している、という情報を現地のエージェントが入手。

19██/07/13:
███の██大学の研究室から、SCP-310-JPが回収されました。当該大学へSCP-310-JPを持ち込んだのは民間人であり、その人物も確保されました。当該人物は、最寄の百貨店にて、SCP-310-JPが2片含まれた状態のガラス製のコップを購入したと証言しています。好奇心からコップを破壊し、SCP-310-JPを取り出したところ分裂を始めたため、知人の勤める当該の大学へ持ち込んだようです。関係者に対する記憶処置は問題なく完了しました。封じ込め手順の模索のため、SCP-310-JPの接合作業が開始されました。

19██/10/12:
SCP-310-JP-1が発生。現地の封鎖、生存者の収容と記憶処置など、事態の収拾が図られました。SCP-310-JP-1の範囲は半径20kmほどを維持していました。

19██/06/10:
発生から250日後、SCP-310-JP-1が消失。このときSCP-310-JPの、接合作業で孤立したピースが204以下になったことにより、SCP-310-JP-1は消失しましたが、この時点で両者の関係性は判明していません。

19██/06/13:
██の███にて、再びSCP-310-JP-1が発生。この事案により、SCP-310-JPとSCP-310-JP-1の関連性が指摘され、接合作業によりSCP-310-JP-1が消失したことで、関連性が確定しました。現在の封じ込め手順が確立されましたが、組立作業の困難さから以降数度に渡って、SCP-310-JP-1の発生を許しています。

追跡調査
当該の百貨店の在庫記録から、SCP-310-JPを含んだコップは、███というメーカーの製品であることが判明。追跡調査の結果、実際の製造に当たった工房を突き止めました。当該の工房、および製造道具、SCP-310-JPを含んだコップを製造した人間自体に異常性は認められず、SCP-310-JPの異常性も認識していませんでした。コップを製造した人間によれば、製造時は通常のコップだったが、翌日、徐冷炉から取り出したところ、SCP-310-JPが発生していたと証言しています。品質には問題ないとして出荷されたようです。こちらの関係者にも記憶処置を施し、当該の徐冷炉、および溶解炉、高温炉など製造に関わる道具を全て置き換え、収容しました。

20██/03/06:
さらなる長期間の調査の結果、当該の工房が仕入れている原料のうち、石灰(炭酸カルシウム(CaCO3)を含む鉱石)の採掘場所のごく近くに、K-T境界層が存在していることが発覚しました。財団では現地の危機管理室に働きかけ、可燃性ガスの発生という名目のもとで、当該地域の恒常的な封鎖を行っています。

SCP-310-JP-1の発生を抑制できる場合、孤立した状態のSCP-310-JPをガラスで固めることにより、より安定的な収容の確立ができるものと予想されます。

補遺01: SCP-310-JPの現在の形は、何かしらの生物の骨格を成していると見られ、脊柱の一部と思われる形状をしています。現存する脊椎動物と比較した場合、発生するSCP-310-JP-2-A002の全長は推定で300mを超えると見られ、絶滅種を含めた既知の生物ではないと予想されます。

違反事案A001: 19██/01/06 09:18:44 正しく組み合わされたSCP-310-JPの総数が██████を超えた時点で、SCP-310-JP-2-A001が発生。同時にSCP-310-JP-1も発生し、SCP-310-JP-2-A001の無力化まで発生し続けました。違反発生から収容までの経緯は、事案記録A001-Tを参照してください。

事案記録A001-T: [削除済]

[削除済]

担当研究員のメモ:
SCP-310-JP-2-A001の破壊行動により、いくつかのオブジェクトの収容違反が発生し事案記録A001は閲覧不能となりましたが、担当職員はSCP-310-JP-2-A001が、なにをもたらしたか忘れないでください。SCP-310-JPの焼却処分はできません。予期しない分裂反応を引き起こす可能性が高いためです。我々は、SCP-310-JPの接合作業を中止することはできません。骨を奪う霧が発生するためです。いつかこの霧の完全収容が成功したとき、無限のジグソーパズルから開放される日がくるかもしれません。しかし、その日まで、忘れないでください。SCP-310-JP-2-A001の全長は15m程度だったことを。

ページリビジョン: 3, 最終更新日時: 16 Feb 2015 02:01
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website