nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-311-JP 廃墟が先か猫が先か
EuclidSCP-311-JP 廃墟が先か猫が先かRate: 14
SCP-311-JP
評価: +13+x
neko.jpg

廃墟内にて撮影されたSCP-311-JP。

アイテム番号: SCP-311-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:SCP-311-JPはその性質上、「家屋」に分類されると思われる建造物内に収容することが出来ません。そのため、発見された████地区周辺を、SCP-311-JPが出入り不可能な鼠返しの取り付けられた高さ5mの壁で覆い、壁面周辺の昇り降り可能な木々を伐採、「猫」に分類される生物の出入りを防いでいます。また、現在駆除作戦が計画されていますが、保護のため、最低でも20匹の確保が予定されています。これが完遂された場合、財団保有の█島において管理が予定されています。また、現在1匹のSCP-311-JPが逃走したままであるため、SCP-311-JP由来と見られる現象が発生した場合、即刻の追跡を行いSCP-311-JPの処分を行ってください。

説明: SCP-311-JPは、様々な種類、毛色を持つ一般的な猫に見える存在です。これらは一見通常の猫と変わりありませんが、一般的な猫に比べ肉球の数が極端に多い多指症であることが特徴です。加えて、これらの肉球には「児童の顔のよう」と表現される、笑顔にも似た皺や柄が現れることが観察されています。

SCP-311-JPは、どのような形であれ侵入した建造物を、材質に関わらず急激に老朽化させる性質を持っています。これに伴い、住民や調度品も含めてその全てが老朽化からの破損、あるいは消失を起こします。GPSでの追跡の結果、消失した人間の位置や場所はその時点では変わらないことが判明していますが、最終的には人間に可能な範囲での移動をするような動きを見せ、どれもおおよそランダムと思われる座標にて消失します。消失した人間に対し、こちらからの物理的な接触は一切成功していません。

SCP-311-JPは通常の猫と同様に、普段は民家の軒先や廃墟等を住処としています。SCP-311-JPは、本来その場を根城としていた野生生物等を追い出し、自身らの縄張りへと変えますが、この際、追い出した生物の中に猫が含まれていた場合、その性質を追い出した猫達にも伝播させ同じ性質を持つものに変えます。これは通常の猫との繁殖においても発生することが確認されていますが、SCP-311-JPと通常の猫を交配させた場合、通常の周期よりも遥かに速い10日前後1で出産にまで至ることが確認されています。

SCP-311-JPの持つ「家屋」の判断基準2は全く不明ですが、人工的に建造された、風雨を凌げる構造の建造物はほぼこれらの判断基準内に収まると考えられています3。このため、SCP-311-JPが都市中心部等にて通常の猫と接触、繁殖した場合、計り知れない被害が発生すると予想されています。

SCP-311-JPは、████地区の廃村から██kmの都市部で最初に発見されました。「村民が██名は居たはずの自身の故郷に猫しか居らず、全て廃墟化している」との情報が財団職員より伝えられ、当該区域の調査において多指症を患った猫(SCP-311-JP)が多く存在していたことが判明。サンプルとして一匹をサイト-81██へ移送した際、発生した大規模収容違反により特異性が発覚しました。SCP-311-JPがどのように発生したかは今もって不明なままです。

SCP-311-JPは████地区の廃村から人の住む地域へと徐々に流入したと見られ、当該地域周辺の人口の少なさから発見に遅れが出ました。少なくともこれらの廃村や人の居なくなった地域においてSCP-311-JP個体、及びその性質を持つ個体が███体から存在しているのではないかと考えられているため、当該地域の封鎖を敢行、SCP-311-JPの駆除作戦が計画されています。

SCP-311-JPの建造物への侵入実験(意図しないものも含め)が行われています。記録は以下の通りです。

SCP-311-JP侵入実験記録

日時:20██/██/██
実験対象:████地区の廃屋
結果:変化なし。SCP-311-JPは廃屋内を何度か出入りし、通常の猫と変わらない行動を見せていた。廃屋は、発見された当初となんら変わらない様子だった。この時点ではどのような特異性を持つか判明していない。

日時:20██/██/██
実験対象:サイト-81██(意図せず発生したもの)
結果:[編集済]。この際、サイト内全職員消失。消失発生から30分後、急行した機動部隊により廃墟化したサイト-81██の確保が行われた。同時に多数のオブジェクトも消失したと見られているが、一部のオブジェクトは特異性等の影響かその場に残されたままだった。これにより大規模の収容違反が発生したことに加え、捕獲していたSCP-311-JPの一個体が逃走したと見られている。運び入れた職員を含め施設内機材も全てが破損、消失したため、SCP-311-JPの行方は現在も不明。

日時:20██/██/██
実験対象:簡易的に作られた、一般的なアパート等の一室を模した部屋
結果:SCP-311-JPが侵入してから15分後、家屋は調度品も含め経年劣化に見られる崩壊を起こした。加えて、劣化した床面、壁面等から実験施設同区域内に存在している植物種の繁茂が発生。

日時:20██/██/██
実験対象:眠っているSCP-311-JPを囲う形で即席の小屋を建て、その後テントで覆う
結果:小屋に変化は起きなかった。これに加え、周囲を覆う形でキャンプ等に使用されるテントを張ったところ、最後のペグを差してから10分の間に、早回しにしたようにテントの生地が傷み始め全体が日に焼けた劣化を見せた。特異性の発揮には、曝露物に何らかの居住性と、人間が居住可能な物としての外的認識が必要と見られる。

日時:20██/██/██
実験対象:SCP-311-JPを囲う形でコンクリートでの簡易収容房の建設
結果:建造物としてほぼ完成したと見られる段階から5分後、房全体にヒビが入り、7分後に崩壊。内部に居たSCP-311-JPが█匹死亡。監視のために設置されていた機器は全てSCP-311-JPの効果を受け消失、及び破損した。

日時:20██/██/██
実験対象:GPS発信機の取り付けられたラット5匹が入ったケージを置いた、一般的なアパート等の一室を模した部屋
結果:家屋はSCP-311-JP侵入から15分後に完全な廃墟と化し、植物の繁茂が発生した。5匹のラットは全てが消失し、ケージそのものも経年に放置されたかのように汚れ破損していた。消失したラットは数分間座標を送り続けていたが、1匹ずつ数分おきに信号が消失している。

日時:20██/██/██
実験対象:通信機器、及びGPS発信機を持たせたDクラス職員
結果:SCP-311-JPと共にテント内にDクラス職員を配置してから5分後、Dクラス職員は徐々に風景へ溶けるように輪郭を失いながら消失。観察、会話の経過を見る限り、Dクラス職員に消失中の自覚はない様子だった。最中で消失が済み、会話は唐突に途切れる形となった。GPSによる信号は30分の間続いていたが、それを過ぎたところでGPSの反応は途切れがちになる。45分を過ぎた所でほぼ消失し、1時間後には完全に途絶えた。この1時間中、通信機器からは雑音が流れていたが、GPSの信号が途絶えるなり音声は途切れ、無音となった。

追記:SCP-311-JP由来と思われる消失、老朽化事象が████区域の学童保育所を皮切りに██件発生した。逃走したSCP-311-JPが周辺に多数潜伏していると思われる。現在捜索を進めており、現在までに██体のSCP-311-JPを確認、終了済。同地域に生息する猫、飼い猫の検査を徹底し拡散を防ぐこと。

ページリビジョン: 3, 最終更新日時: 11 Nov 2014 12:48
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website