nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-3333 塔
SafeSCP-3333 Rate: 731
SCP-3333
Mount_Fremont_Lookout.jpg

フリーモント山監視所。SCP-3333の入口は見えない。

アイテム番号: SCP-3333

オブジェクトクラス: Safe Keter

特別収容プロトコル: SCP-3333に繋がる跳ね上げ扉はいかなるときも閉じられ施錠されなくてはなりません。出入りを防ぐために、いかなる時でも最低1人の人員がSCP-3333の下に駐在しなくてはなりません。SCP-3333への扉はダメージの兆候を毎日チェックされます。

MTFラムダ-1("持つもの/持たざるもの"1)がSCP-3333の収容を補助するために創設され、配備されました。

2039/04/02改定の収容プロトコル

説明: SCP-3333はアメリカ合衆国ワシントン州レーニア山国立公園にある、フリーモント山の監視所内の空間異常です。

SCP-3333はフリーモント山監視所の梯子と天井にある跳ね上げ扉を介してアクセスできます。梯子を登ることにより、フリーモント山監視所の同一のコピーに行くことができます。このコピーは同様の梯子と跳ね上げ扉を備えており、さらなるフリーモント山監視所のコピーにたどり着きます。

SCP-3333周囲の環境はフリーモント山監視所の周辺環境と相似していますが、植物、動物、そして人間といった生物は観察されません。

連続したSCP-3333の反復は最初の監視所からより高い高度に位置します。これらのSCP-3333反復へ繋がる階段は、地面に降りるために相応の長さへと拡張されます。

SCP-3333はレーニア山近辺の火山活動の後に行われたフリーモント山監視所の修復の後に発見されました。SCP-3333の起源は不明です。監視所の修復を行った公園職員で、SCP-3333の入口の工事に関与したものはいませんでした。

発見当初、SCP-3333への跳ね上げ扉は南京錠によって施錠されていました。SCP-3333へ進入するためには跳ね上げ扉を強制的に開ける必要がありました。鍵は発見されていません。

ミッション内容: SCP-3333の初期偵察。

職員: D-4f68a

追加情報: D-4f68aは標準仕様の探索用録画、録音装置を装備していました。探索はフリーモント山監視所内に暫定的に設置された監視基地に駐在するウィリアムズ博士と補佐チームにより監督されていました。

[ログ開始]

ウィリアムズ博士: テスト、テスト、異常はない?

D-4f68a: はい?ハロー?? [少しの間] 博士?

ウィリアムズ: 問題ないわ。SCP-3333へ進行してちょうだい。

ウィリアムズ博士とD-4f68aの近さにより若干の音声フィードバックがある。D-4f68aは梯子を登りSCP-3333へ入る。

ウィリアムズ: 見えるものを報告して。

D-4f68a: えー—そうですね、— 今進入しました — でもここは空です。こんな感じですか?—

ウィリアムズ: いいわ、ありがとう。 [若干の間] 少し喋るのをやめて。

ウィリアムズ: ありがとう、登り続けてちょうだい。

D-4f68aはSCP-3333をおよそ1時間登り続ける。

ウィリアムズ: オーライ、ちょっとテストをしましょう。D-4f68a、もしよかったら、ドアを開けて外へ出てくれるかしら?

D-4f68a: OK、博士。

D-4f68aはドアを開ける。強い風が即座に部屋に吹き付け、D-4f68aを反対側の壁に叩きつけ、家具が動く。D-4f68aは何とか部屋を横切り、ドアを閉める。

D-4f68a: [息も絶え絶えに] 何だったんだ今のは?

ウィリアムズ: [咳] 今は外に出ないほうがよさそうね。

D-4f68a: り — 了解

D-4f68aはSCP-3333を登るのを再開する。風の音が聞こえる。SCP-3333の内装に変化はない。D-4f68aはおよそ3時間登り続ける。10コピーを経るごとに、D-4f68aは簡単な掛け算を用いた認識テストを行う。ベースラインからの変化は見られない。

数時間後、D-4f68aは休息し、レーションを摂る。この時点で、ビデオ録画の分析によると184コピーのSCP-3333を登ったことになる。

ウィリアムズ: 今が一番いいタイミングね。D-4f68a、もう一度テストしてちょうだい。

D-4f68a: オーライ、博士。

D-4f68aは認知テストを行う。ベースラインからの変化はない。D-4f68aはSCP-3333を184コピー登っているが、これは高さ673メートルに相当する。若干の上昇距離の差は観測されるが、予想より遥かに小さい。

D-4f68a: 博士?

ウィリアムズ: 何?

D-4f68a: …これは何のためですか?

ウィリアムズ: テストの目的? [間] ええと、無害だとは思うけど、このテストは — このテストは空気の薄さを測るためよ。

D-4f68a: 空気の薄さ?

ウィリアムズ: 空気が薄くなると、脳が — [ため息] — そうね、脳の働きが鈍くなるわ、基本的には。

D-4f68a: [パニックして] 私は死ぬのですか?

ウィリアムズ: 違う、違う、テスト結果は地表と変わってないわ。できるだけ登ってちょうだい。

D-4f68a: わかりました、博士。

ウィリアムズ: 問題ないわ [間、咳] 登るのを再開して、D-4f68a。

D-4f68aは更に4時間登り続ける。日が沈み、D-4f68aはキャンプを立てて眠る。

翌朝、D-4f68aはSCP-3333を登るのを再開する。

D-4f68a: 博士!あれが見えますか?

ウィリアムズ: 何?

D-4f68a: あそこ — あの頂上に — 人がいませんか?

SCP-333から南西の尾根に、2つの小さな人影が見える。彼らは動かずに立っているようにみえる。これらの人影はD-4f68aの視点からしか見えず、ベースキャンプからは見えない。

D-4f68a: 双眼鏡のようなものはありませんか?見なくては —

ウィリアムズ: カメラもズームさせて — 私たちにも見えるように —

D-4f68a: あった!

D-4f68aは双眼鏡を用いて人影を見る。ベースキャンプはD-4f68aのカメラを通してズームインしようと試みたが、解像度が低すぎて何も明らかにならない。.

D-4f68a: 見えません — ピントが合ってません — ああくそ!

人影は振り向いて尾根の向こう側に行ってしまう。

D-4f68a: 双眼鏡の反射を見られました。

ウィリアムズ: 確かなの?

D-4f68a: 彼ら — まっすぐ私を見ていました。[間] 1人はこっちを指差していたように見えました。

ウィリアムズ: わかったわ。

D-4f68aはSCP-3333を登り続けるように指示される。人影に関してベースキャンプで議論がなされるが、合意には至らない。

D-4f68aはSCP-3333の345番目の繰り返しまで登り続ける。他の人影は発見されない。D-4f68aは朝までキャンプする。

翌日、D-468aはカメラとマイクを起動するのをしばらく忘れていた。その後少しして、D-4f68aは不安と落ち着かなさを感じると証言した。

D-4f68a: ドク、引き返させてくれませんか?ここは何かがおかしいです。

ウィリアムズ: それは確かなの?

D-4f68a: わかりません、でも — でも何かがおかしい。この壁に書かれているもの、それと —

ウィリアムズ: 壁には何も書かれてないわ。

D-4f68a: ええと、何かが見えるんです、ドク。なんて書いてあるかはわかりませんが、確かにあります。

ウィリアムズ: 了解。ここまで来たんだから、進んでちょうだい。

D-4f68aはSCP-3333を登り続けるが、時折基地へ引き返す許可を求める。申請はすべて却下される。ビデオ映像が壁の文字やミーム効果に関して分析されるが、何も見つからない。

527コピーめで、SCP-3333の周辺環境は劇的に変化する。フリーモント山監視所の複数のコピーが格子状に接続され、ドアを通じて行き来可能である。自然光や、空、地面といったものは見えない。完全な暗闇であり、梯子や跳ね上げ扉を備えた監視所のコピーは存在しない。

D-4f68a: これは — これは変です、ドク!降りさせてください!何も見えません!

ウィリアムズ: 落ち着いて、頼むから。非常用のヘッドランプと懐中電灯がバックパックにあるわ。それを使って。

D-4f68aはライトの電源を入れようとする。点灯しない。D-4f68aはバッテリー挿入箇所を確認するよう指示される。それは空である。バックパック内の予備バッテリーを使うように指示されるが、D-4f68aはそれを見つけられない。

D-4f68a: 何もない!何もかもおかしい!引き換えさせてくれ、頼む!

ウィリアムズ: だめ!前進して!

D-4f68a: 待て — 何かが — 何かが見える!何かが見えます、ドク!

ウィリアムズ: 何?何が?

D-4f68aのカメラには何も見えない。

D-4f68a: わ — わからない!おかしい!

D-4f68aはパニックしはじめる。

D-4f68a: 降ろさせてくれ、ドク!ここから出なくては!

ウィリアムズ: 帰ってきたら撃たれます!何が見えるのか報告して。

D-4f68aのカメラとマイクが同時に切断される。

ウィリアムズ: 何?D-4f68a?D-4f68a!何が起きたの?録画を切ったの?何が起きたの?

D-4f68aのビデオ録画の分析からは通信切断の原因はわからない。装備の故障は考えづらいと結論された。D-4f68a消失の状況と、SCP-3333丈夫に未知の異常なオブジェクトが存在する可能性を鑑み、さらなる探索が申請され承認された。


Space.

ミッション内容: D-4f68aの消失の原因の探索、D-4f68aにより発見された異常現象の再発見、SCP-3333に存在する異常な実体の同定。

職員: MTF Mod-0 ("特徴的固有空間")

追加情報: MTF Mod-0のメンバーは全員、標準仕様のサバイバル装備と記録装置を装備していた。特殊な装備は必要ないと考えられた。全てのバッテリーとバックアップは3回チェックされた。ウィリアムズ博士はベースキャンプから監督に当たった。

[ログ開始]

Mod-1: Mod-1、チェック。

Mod-2: Mod-2、チェック。

Mod-3: Mod-3、チェック。

Mod-4: Mod-4、チェック。

Mod-5: Mod-5、チェック。

Mod-1: オーケー、全員、搭型構造物への通常アプローチだ。二名が前へ、一名が中間、二名が後衛だ。行くぞ。

チームは全員SCP-3333を登り始める。付近の稜線に人影は見えない。天候は曇りで、風の音が聞こえる。機動部隊が登るに従い、風は少しずつ止む。

数時間の上行の後、Mod-4とMod-2はD-4f68aがSCP-3333を出ようと試みた部屋に到達する。家具類は乱れたままであり、動かされたようには見えない。

Mod-1: ここが例の場所ってわけだ。

Mod-0のメンバーは集結し、SCP-3333外部の探索を行おうと試みる。Mod-2がロープを結びつけられ、SCP-3333を出る。強風はなく、Mod-2は難なく外に出る。

Mod-2: 何もないぞ。博士?

ウィリアムズ: おかしいわね。止んだのかも。探索を続けて。

Mod-1: 了解。

機動部隊のメンバーはSCP-3333を出て探索を開始する。SCP-3333の周辺環境はフリーモント山監視所のそれと同一である。植物、動物とも生物は見られない。人型存在も見られない。機動部隊は数時間探索し、SCP-3333で再会する。

Mod-3: ここには何もないな。

Mod-4: 植物もない。おかいしな。

ウィリアムズ: その世界全体がそうなら、それが強い風の原因だったのかもしれないわね。だとしたら酸素がどこから生じるかわからないけど。いずれにせよ進行してちょうだい。これに関してはあとで調べましょう。

Mod-1: 了解。

機動部隊はさらに数時間上昇を続け、夜になるとキャンプする。速度はD-4f98aよりも遅い。彼らはSCP-3333をさらに数日進行したが特筆すべき事象には出会わない。視覚的、音声的な幻覚も発生しない。4日目に、SCP-3333の頂上に到着する。

Mod-1: みんな、ライトを取り出せ。

機動部隊のメンバーはランタンや懐中電灯を装備する。全てバッテリーが完備されており、予備バッテリーは2回チェックされた。機動部隊がこれらを行う以外の音や光は観測されない。

Mod-1: よし、もう一度2-1-2の隊列を組むんだ。方向は任意に…よし、こっちの方向にしよう。

Mod-1はランダムに方向を指し示し、機動部隊はそこへ進む。反射マーカーが目印として残される。

SCP-3333のコピーが、通路を介して水平に接続されている。これらのコピーにはこれまでと異なり、下へ向かう階段はなく、通路に接続される部分の手すりは除去されている。通路に継ぎ目はなく、人が行うような工事の跡も見当たらない。

Mod-2はランダムに通路の板を持ち上げたが、その下には漆黒しか見えない。Mod-2はサイリウムを穴へ落とすが、底は見えない。Mod-3は信号弾を打ち上げるが、天井は見えない。音も光もない。

ウィリアムズ: 何かおかしなものは見えない?

Mod-4: 例えばどんなですか?

ウィリアムズ: D-4f68aが報告したような幻覚とか、探索の最後に彼が言っていたことと関連しそうなことは何でも。

Mod-1: ないですね。死体も装備もない。それを優先すべきですか?

ウィリアムズ: それを見つけられたら何か助けになるかもしれないわ。いずれにせよ、これらの部屋にパターンや目的があるようには見えない。

Mod-1: 了解。

機動部隊は分散し、起点から放射状に探索を開始する。これはおよそ1時間続く。

Mod-3: 何か見つけたぞ!

Mod-4: 何だ?

Mod-2: 何だった?

Mod-1: そっちへ向かう。

機動部隊のメンバーは集合する。その途上で、Mod-5の電灯が消える。

ウィリアムズ: 何を見つけたの?

Mod-3: 彼のバックパックです。完全に空です。裂けたりはしていませんが。

Mod-4: 争った形跡はないな。

Mod-2: 見つけた時はこのテーブルに立てかけてあったのか?

Mod-3: ああ、触ってはいない。

Mod-1: よし、動かさないようにしよう。[間] グラハムはどこだ?[止まる] グラハム?全員、点呼しろ!

Mod-2: Mod-2。

Mod-3: Mod-3。

Mod-4: Mod-4。

Mod-1: グラハムがいない。博士、彼のカメラフィードは来ていますか?

ウィリアムズ: な - 無いわね。ライトが消えてる。何も見えないわ。

Mod-1: 了解。2-2に別れよう。俺はホレスと一緒に行く。ここから放射パターンだ。

Mod-2: 了解。

Mod-3: オーケー。

Mod-4: 了解。

Mod-1とMod-3、 Mod-2とMod-4がペアになる。彼らは放射状に探索する。未だ音はない。ウィリアムズ博士はMod-5の応答途絶前のカメラ映像を再生する。異常のあとはみられない。カメラは通信し続けているが、完全に暗闇しか写っていない。

Mod-2とMod-4は転倒する。2つの大きな音、おそらくは彼らの体が床に当たった音がする。微かな滴るような音がする。両者のカメラとマイクがほぼ同時に切断される。Mod-5のカメラとマイクも切られる。

ウィリアムズ: ハロー?ハロー!Mod-2とMod-4からの中継が途絶したわ!

もう1つのドシンという音がする。Mod-3のマイクとカメラが切断される。

ウィリアムズ: ハロー?Mod-1?

Mod-1: 何が - 何が起きた -

ウィリアムズ:わからない - Mod-3はどこ?

Mod-1: ほんの少し向こうを見てる間に、今は - あいつは -

Mod-1のヘッドランプが周辺を素早く見回す。他のMod-0のメンバーの兆候は見えない。

Mod-1: [闇に向かって] ハロー?[間][囁き] な - 何かが俺の - 側に -

ウィリアムズ: 何?何が見えるの?言葉?

Mod-1: いや、何も見えません -

他の4人のカメラとマイクが再起動する。同時ではないことが、手動で装備を起動していることを伺わせる。

Mod-5: ハロー?ハロー?

ウィリアムズ: 装備が起動した - 何が起きたの?

Mod-3: わかりません、ドク。何かが床にあって、躓きました、それで -

Mod-1: 全員どこにいる?点呼!

Mod-2: Mod-3。

Mod-3: Mod-5。

Mod-4: Mod-2。

Mod-5: Mod-4。

Mod-1: お -

Mod-1のマイクとカメラが突然切れる。

Mod-2: Mod-1?ハロー?

Mod-1のカメラとマイクが再起動する。

Mod-1: お、俺にも見えた -

Mod-3: ああ -

ウィリアムズ: 何?何を見たの?

Mod-4: わかりません - お化けみたいな、浮かんでて -

Mod-5: ここは何か変です。

Mod-2: いや、我々は -

Mod-4: ここは危険です -

ウィリアムズ: 何の話をしてるの?

フリーモント山監視所以外にはカメラには何も写っていない。

ウィリアムズ: 何かがあなた達の近くにいるの?

Mod-1: いや - これはそうじゃなくて、ドク -

Mod-4: あそこだ!見えますかドク?

何も見えない。

ウィリアムズ: 見えないわ!何なの?

Mod-3: こ、ここは危険です -

Mod-2: 何かがおかしいです。

Mod-1: [荒い息] あ - あそこだ!

ウィリアムズ:なの

Mod-1: これは - これはなんと言えばいいか -

[間]

機動部隊からのフィードからは何も見えない。

Mod-1: これはその - ええ -

Mod-3: 城みたいに見えます - いや違う!山だ!

Mod-4: 山だ!幽霊みたいな山!でも - これは違う -

Mod-5: これは - 燃えている山だ、煙を吹いて。煙と灰の塔 -

Mod-3: 見えた!

Mod-1: 俺にも見えたぞ!

Mod-5: 行かなくては!全員撤退!

All: 了解。

機動部隊Mod-0はSCP-3333の頂上から撤退し、素早くSCP-3333を下る。数日後、ベースキャンプに到着しデブリーフィングを行なう。彼らはSCP-3333の頂上での出来事について混乱を示し、再進入に強い抵抗を示す。状況とミーム媒体の存在の可能性を鑑み、機動部隊Mod-0の反対を押し切り、特殊抗ミーム工作員がさらなる探索のために投入される。


Space.

ミッション内容: SCP-3333の頂上を探索し、内部のミーム的異常存在または媒体を発見、無力化する。

職員: ミーム対抗スペシャリスト0 ("無を歩くもの")

追加情報: スペシャリスト0は盲目、聾唖であり、手に埋め込まれたシグナルシステムを用いてコミュニケートする。通常使仕様のレーションが支給された。他の装備は不要であった。ウィリアムズ博士と機動部隊Mod-0が作戦を監督する。

[ログ開始]

0: キチ ヲ ハナレル

ウィリアムズ: 何か必要があったら言ってね。

0: リョウカイ

スペシャリスト0はSCP-3333を上昇し始める。

Mod-5: [ウィリアムズへ] 私はこれは好ましくないと -

ウィリアムズ: もしあなた方だめチームを尻尾巻いて逃げ帰らせるほど怖いものがあるのだとしたら、まさにアネットを呼び出した価値があるわ。

Mod-5は返答しない。スペシャリスト0は登り続ける。

0: ヘヤ オカシイ、ミダレ、セントウ?

ウィリアムズ: 違うわ。私達よ。

0: オーケー。

数時間が経過する。

0: ソト ダレカ。ミテイル。

ウィリアムズ: 以前に出会った連中よ。もしあなたがまだ登り続ければ -

0: ススンデル。マダ ツイテクル。オカシイ。ミテイル チガウ。ホカノ ナニカ。

ウィリアムズ: どういう意味?

0: ワカラナイ。

スペシャリスト0はさらに数時間登り続ける。この時点で、 スペシャリスト0は12時間以上登り続けている。

ウィリアムズ: 休息は必要ない?

0: ダレカ マダ イル。キケン。アンフ シヨウ。

スペシャリスト0は数グラムのアンフェタミンを摂取し、登り続ける。

0: ソト。ミエル?

ウィリアムズ: いや、見えないわ -

カメラの端に動くものがチラリと写る。何かが窓越しに見ており、カメラがそちらの方向を向くと隠れる。風は強く、外に出れそうにない。

ウィリアムズ: 何かが -

0: ヤツラ キヅイテル。

スペシャリスト0は登る速度を上げる。チラリと写る何かが時折SCP-3333の外に見える。小さなサラサラという音が風にまじり時折聞こえる。

Mod-5: スペシャリスト、撤退して!

0: ダメダ

スペシャリスト0は速いペースで登り続ける。およそ1時間後、スペシャリスト0と"彼ら"はSCP-3333の頂上に着く。

0: ケツエキ。ヒカリ ナイ。

スペシャリスト0は歩き始める。"彼ら"もライトは点けない。カメラには何も写らず、スペシャリスト0の足音だけがマイクに聞こえる。大きなバタリという音が遠くに聞こえる。

0: ココ。

[間]

0: ムガイ?

スペシャリスト0は歩く速度を上げ、突然止まる。いつくかの小さなサラサラという音が聞こえるが、それらは素早く消える。

0: カラダ。

スペシャリスト0がしゃがみ込み、服が擦れる音が聞こえる。サラサラと言う音が、より大きく、近くで再び聞こえる。

Mod-5: 逃げろ、 スペシャリスト!

ウィリアムズ: アネット!

何かを潰すような音がいくつか聞こえる。

0: カラダ。ケツエキ。 [間] ナイゾウ。キンニク。ナメラカ。ヤワラカ スギル。[間] カタイ キンゾク。

サラサラという音はより大きくなり、どんどん近くなる。それらはスペシャリスト0を取り囲み、重なり合い、鳴り続く虫の羽音のようになる。

Mod-5: 逃げろスペシャリスト!それは放っておけ!行け!

0: キンゾク コトバ。

ドシンという音。

0: TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTッテッテT エT エッテT エ ウンWホア JFSLFパFJ 13R9 アJ SLFジョWイウR;KZ

ウィリアムズ: アネット?アネット?

0: ライト ライト キエタ ライト ドコ

ウィリアムズ: アネット!

0: ヤマ アル。テッタイ シナクテハ。ライト ドコ?

ウィリアムズ: アネット…

スペシャリスト0のライトが点灯する。スペシャリスト0は地面に横たわっている。ライトは積み上げられ、腐敗の進んだ筋肉、臓器、骨を映し出す。金属のドッグタグがスペシャリスト0の手に掴まれているのが見える。それには"機動部隊Mod-5: グラハム・パーセル"と書かれている。

[データ削除]


Space.
Space.

補遺I:
探索IIIのイベント群に続き、SCP-3333内の実体群(以下、SCP-3333-1と呼称)は暫定観測ポスト3333の全人員を殺害、もしくは彼らに擬態しました。救難シグナルは発信されず、探索IIIに関するデータも事後レポートが完成するまでは転送されませんでした。SCP-3333-1実体群はSCP-3333の観察と探索を見かけ上実施し、1ヶ月の間マンパワーと装備を要求し続けました。1人の補給補助員が殺害もしくは擬態される前に非常メッセージを送信することに成功し、初めて異変が明らかとなりました。再収容チームがSCP-3333に到着した時には、施設は完全に放棄されていました。50人を超える職員が失われました。

財団職員に擬態していないものも含め、多数のSCP-3333-1実体が開放されたと想定されるため、これらを調査、捜索、無力化するため、単目的部隊ラムダ-1("持つもの/持たざるもの")が創設されました。

補遺II:

2039/04/02、ウィリアムズ博士の携帯電話より、暗号化されたメッセージが受信された。それはSCP-3333内部から送信されたのではないと思われるが、正確な場所は特定されていない。

メッセージには以下に記す、ウィリアムズ博士のログが含まれており、彼女が機動部隊Mod-0から逃走していたことはほぼ確実と思われる。補足として、このメッセージを添付する。読者は思慮されたし。

アードマン博士


Space.
ページリビジョン: 4, 最終更新日時: 31 May 2017 01:09
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website