nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-3366 穴の中の男
EuclidSCP-3366 穴の中の男Rate: 47
SCP-3366
bunker.JPG

シリア砂漠施設の内部。SCP-3366実体の出現位置は赤丸で示される。

アイテム番号: SCP-3366

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 2010年以降、SCP-3366の新規実例は報告されていません。初期調査において実行された既存の偽情報プロトコルを除いて、自発的な収容措置は必要とされません。

シリア砂漠施設の地上に観察基地3366/01が建設されています。基地の座標はN 33°33′15.2″ E 38°83′37.56″です。基地には常に2名以上の訓練された医療職員が配置され、施設内で出現した対象者に対応し、サイト-52へ直ちに移送されるように取り計らいます。尋問の後、対象者は記憶処理を施され、標準的死別手順に従って親族の下へ戻されます。

説明: SCP-3366は、2008年から2010年にかけて、イラク・バグダッドで37名の人間が類似した状況で消失した現象です。SCP-3366の影響を受けた対象者は、最初に疲労感や立ち眩みの症状を経験し、続いて消失現象、口内の乾燥、飲食や発声が困難な程の喉の鋭い痛みを経験したことを報告しました。各対象者が消失した際、所持品や衣服はその場に残されていました。

2012年以降、消失した37名中9名が、シリア砂漠の放棄された地下施設内に再出現しました。施設の唯一の入口は砂中に埋まった鋼鉄製跳ね上げ扉です。入口から急な階段を通じて深さ47mのシャフトを降りた先に小部屋があります。部屋の南側には目立たない窪みがあり、メッカの方向を指しています。発見時、部屋には2つの切断死体のみがあり、各死体は消失していた人物と同定されました。

以後行われた施設の監視において、消失していた対象者の内7名が生存状態で回収されました。いずれの対象者も深刻な筋萎縮と脱水症状を示しましたが、それ以外の面で加齢は発生しなかったと考えられます。いずれの対象者も、消失前の症状に加えて、失語症と解離性障害の症状を示します。各対象者の聞き取りの結果、彼らが共通の外時空的あるいは外パラダイム的体験を経たことが示唆されています(添付されたミーム部門報告書を参照)。

警告の為、冒頭にこれを記します。 ― 結論を出す前に、全体を読み通す必要があると思われます。分析部門が廟の重要性を指摘した時点で、既に三名の対象が解放されていました。残りの対象も既に手遅れになっていることが危惧されます。

我々の皆が子供の頃にアルフ・ライラに触れているものかと思います。一つ得られる教訓があるとすれば、物語には力が宿るということです。この物語において、神の慈悲があらんことを。

— M.スフィアン博士(サイト-52医療部門)

補遺: 対象者の証言記録(抜粋)

対象: 3366/003
消失日時: 2008/09/11
回収日時: 2013/10/06

対象の略歴: シャプール・アルジュマンド医師、37歳。アル・マグリブ地区に位置するアル・ワジリア私立病院に勤務していた総合診療医。1992年に重大なバイク事故に巻き込まれ、左目を失っている。最後に映ったカメラ映像では、病院地下に駐車してあった自身の車に向かって歩いていた。同氏の車はエンジンが掛かったままかつドアが施錠された状態で、平常通りの場所で発見された。同氏の衣服は運転席に残されていた。

[06:53:02] 時間。失われた。喉の痛み。傷。跳ね上げ扉。落ちた。ここに閉じ込められた。助け。王子。

[06:53:56] 彼女は彼を鋭いヤギの痛みの底の井戸の底に叩き落とした。私の口は開くが、喋ることが出来ない。彼女は戻ってくるが、それは今ではない。柔らかい唇はしなる鞭の形をして、深い傷に入れられる。

[06:55:16] 腐敗した冷たさの上の床。肉は残っていない。私には玉座が見える、奥行のあるピラミッドの上に小さなピラミッド達が生えている。彼はあまりに切り刻まれて、そこは暗く、彼の血のせいで温かい。彼は閉じ込められている。どうか私を助けてくれ。

[06:57:26] 助けてくれ。床が冷たい。彼の足は石に変えられた。

[06:59:12] 私は見ることが出来ない。穴から出してくれ。

対象: 3366/007
消失日時: 2008/10/15
回収日時: 2014/09/17

対象の略歴: サデク・デーガン、37歳。バグダッド、サドルシティーの薬草販売人。若年性緑内障により左目を失明している。夜までに帰宅しなかったことに加え、手押し車が同市地下の浄化槽から発見されたことで、警察による記録が作成された。犯罪に巻き込まれたことが疑われたものの、容疑者の不在によって否定された。

[10:48:32] 彼の体の中の返し針は人間ではありません。脊椎は曲がり、彼女の鞭によって反動します。彼女は今も私を包み込んでいます。彼女はどこにでもいます。彼女は水銀と氷です。

[10:51:28] 彼女は私の魔法を圧迫して、萎びた肉の種水を飲みます。刺すように痛みます。痛みます。彼女は再び鞭を振るいます。裸の背に火と氷があたり、魚の鱗が擦れます。彼は何も出来ず、痛みは続きます。皮と骨は分解され誰にも触れられません。明日は同じく新しき地獄です。

[10:53:17] 彼女は愛の為に彼を燃やします。彼女は私を愛しています。彼女は昨日、彼の爪の裏の皮を取りました。彼はその前日から叫び続けています。彼女は明日戻ります。

[10:49:14] 喉の痛み。続けられません。明日話します。

対象: 3366/008
消失日時: 2009/08/22
回収日時: 2014/10/12

対象の略歴: ハシェム・ラスツカル、37歳。バグダッド、アル・ジャディーダに所在するイラク製薬産業(Iraqi Pharmaceutical Industry Co.)の工場監督者。2003年のイラク戦争に際してスンニ派民兵組織に所属していたものの、左目を破片によって負傷した後に脱退した。同氏が午前3時頃に集合住宅地下の洗濯室へ降りていくのを近隣住民が目撃したのを最後に消失した。

[02:33:27] 彼女が終わったなら、彼にそう伝えてくれ。昔の彼は、他から貰った贈り物を彼女に与えたものだ。彼の目は私の娘の目と似ている。再び嫁に会うことは出来るだろうか。私は山や夢も動かせるというのに、彼女は私を自由にしてくれない。私の手は黒く、拳は肉を掴むことが出来ない。跳ね上げ扉の底だ。助けてくれ。

[02:34:03] 私は半分死んでいるのに、彼女は私を犯そうとする。彼女は再び鞭を振るい、より多くを取り除く。彼は射精することも、話すことも、叫ぶ以外の何も出来ない。

[02:35:49] 私は病院に居るのか?彼女の爪で彼の首を壊せと、彼は彼女に囁く。しかし彼女は、彼の身体の骨の全てを壊さずにはそれを行えない。彼の足は燃えたマッチ棒のようだ。石でさえも血を流す、痛みが十分にあれば。

[02:38:33] 嫁を壊すべし、婿を壊すべし。

[02:39:10] 嫁を壊すべし、婿を壊すべし。

[02:39:45] 嫁を壊すべし、婿を壊すべし。

[02:41:00] (判別不能)

[02:41:55] 下の如く、上も然り。

補遺: サイト-52ミーム部門が行った対象3366/01~05の証言のメタ分析より抜粋。

分析手法

証言の転写は単語レベルの頻度分析にかけられ、SCP-3366から帰還した対象者の間に無意識的な共通傾向が存在するか否かが検討された。対象者が消失に際して外パラダイム的体験を経た可能性を踏まえ、SCP-3366の影響が意識的な表現として容易に現れないことへの対処として本手法が妥当であると考えられた。単語の関連性と意味内容の定量化により、隠された実体の性質が明らかにされることが[…]

場面の概念的性質を具体化することに成功した。それは玉座あるいは王宮広間に類するもので、おそらくはアケメネス朝に由来すると考えられる(シンボルクラスター:「彫り物」/「楔」/「大理石の階段」、全ての群に渡ってp=0.05)。いずれの証言でも共通しているのが、視覚的表現と地下の関連付け(シンボルクラスター:「穴」/「暗い」、p=0.16)と、不確実な時間認識と夢の感覚である。(シンボルクラスター:「分からない」/「順番」/「何故」、p=0.10)。

5名全員の証言を包括する広域概念構造(p<0.30)を整理することで、3つのシンボルクラスター構造を組み立てることが可能である。3つ中2つの構造は外パラダイム的実体を代表するものと考えられる:

第1のシンボルクラスター構造: 実体と推察される。男性/人間型/王子/自己と表現される。良性と考えられる。若さ、王族、無能力1と関連付けられる(p<0.10)。身体を部分的に固体物質(石、金属、木)に変化させられ、現在進行的に妻による拷問を受けている。

第2のシンボルクラスター構造: 実体と推察される。女性/非人間型/魔女/他者と表現される。悪性と考えられる。死、遍在、サディズム、魔術と関連付けられる(p<0.20)。前述の王子実体の妻/配偶者。

第3のシンボルクラスター構造: 性質不明。不動、男性性、腐敗(死を除く)、盲目、脱出と関連付けられる(p<0.10)。いずれかの実体に対応する互換可能な説明/アイデンティティ要素の全体を代表している可能性がある。あるいは、第三の未判明実体の全体に相当するものと考えられる。

補遺: 遺物サイト-76の記録

fakescript.jpg

OBINT175305のスキャン、1ページ、3-9行目。

アイテム番号: OBINT175305
アイテム説明: 4世紀頃に由来するベラム紙の写本。パフラヴィ―文字を用いた中期ペルシア語によって記されている。562枚中に23枚の彩色パネルを含む。断片的であるが、各片は良好な状態を保ち、大部分が可読である。
発見場所: バーミンガム大学、キャドバリー研究図書館
発見日時: 2015/12/22
取得理由: SCP-3366研究における要注意オブジェクト
実行措置: 秘密ルートを通して当該場所より移送。分析の為、2015/12/29にサイト-52へ引き渡される。

こんにちは、分析部門のリヴィングストンです。我々のbotの一つがあるテキストにフラグを立てた件について共有したいと思います。多忙のところと推察し、その要約を以下に記します。

一つ目は、真正であれば驚くべき事実です ― 写本は、10世紀のハザール・アフサーナ(訳:『千の物語』)と後の13世紀のアルフ・ライラ・ワ・ライラ(訳:『千一夜』)のカイロ版アラビア語写本、それぞれに類似した物語を含みます。言い換えれば、これは知られている限りで最も古いペルシア語の稿であり、主題の歴史上の変遷を示唆するものです。注目すべき点として、アルフ・ライラアフサーナが偶然性と運命の悪戯を肯定的に描いているのに対して、このペルシア語版はそれを嘲るかのように、その全体が不可避と永続に支配されています。

問題の変化は、知られている版の第十三夜から第十七夜において最も顕著であり、元の構成から大きく逸脱しています。漁師の物語は全て省かれた一方で、その挿話である魔法をかけられた王子の物語は上位の枠組みで重要な役回りを担います。従って、王子は異国の王に助けられることもなく、足が石化した状態で、暗い部屋の中で腐るがままに残され、魔法使いの妻による責め苦を受けます。彼女のエジプト人の愛人は奴隷である代わりに、禁術を用いたが故に投獄された宮廷医師に変化しています。写本はその罪を具体的に「骨術(bone-conjuring2)」と呼称しています ― 我々の分野に携わる者にとっては言うまでもなく、不吉な言及です。

物語の他の部分は、後の版よりも大胆に展開します:愛人が妻に色目を向け、弁舌を振るうのを見て、王子は愛人を罰します。王子は彼の目を抉り、喉を切り開き、墓に埋めます。ここで賢人ズバンの物語を仄めかす言及があり、盆に乗せられた奇妙な白い粉を用いて彼が生き永らえていたことが明かされます。粉薬は彼を不死身としましたが、傷が完全に癒えることは無く、「半死体」として、見ることも動くことも喋ることも出来ないまま、穴の中で横たわるように運命付けられます。

二つ目の、より差し迫った事項に移りましょう。(初期収容に当たったチームがこれを見過ごしたことに驚いています。)妻が不具の愛人とセックスを試みるという不愉快な一節の途中で、物語は終わります。対立は解消されず、話は途切れています。シャハラザードも結末を用意していませんでした。残りのページは全て白紙なのです。

これは、写本の豪奢な装丁と製本にかかったであろうコストを鑑みるに、写し手のミスとは考え難いものです。我々の知らぬ間に変化した事象が無いか確かめる為、記録保管室へ関連資料の収集を依頼しています。一先ずの所は、患者らから目を離さないで下さい。これが何かの悪い予兆に思えてならないのです。

—H.リヴィングストン博士(遺物サイト-76分析部門)

ページリビジョン: 5, 最終更新日時: 29 Dec 2017 03:35
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website