nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-341-JP さようなら、またいつか
SafeSCP-341-JP さようなら、またいつかRate: 38
SCP-341-JP
評価: +31+x
%E3%81%8A%E3%81%98%E3%81%84%E3%81%95%E3%82%9302.jpg

SCP-341-JPの一個体。

アイテム番号: SCP-341-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-341-JPはサイト-8141のコンテナに収容されます。各個体は鎖で繋ぎ、収容違反時の広域拡散を予防して下さい。関連して発生する腐敗液は消毒破棄されます。

説明: SCP-341-JPは、現在児童28名と老人11名からなるヒトの集団です。その起源は不明ですが、恐らく████で発生したと思われます。生理的欲求はなく、基本的に笑顔のまま外部へ出ようと彷徨います。

SCP-341-JPが人間を発見すると、その周囲に群がって多種多様な挨拶やコミュニケーションを取ろうと試みます。多くの場合それは別れの挨拶となります。この時、オブジェクトと接触してはいけません。接触した対象は、腐敗した体液を残し消失します。この体液は、消失した対象が24時間前に居た地点を中心に発生します。腐敗液に異常性は見られませんが、その悪臭の為に速やかな除去が必要です。

各個体は、見かけの年齢が近い者に対し好んで近づこうとします。例として、19██/██/██の報告では、サイト-8141に付随する託児施設がある方角の壁を叩き続けていました。

%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%90%E3%82%A4%E5%AD%90%E4%BE%9B.jpg

19██/██/██、収容違反時。

ページリビジョン: 5, 最終更新日時: 05 Mar 2015 05:10
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website