nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-342-JP 学べよ、学べ。
EuclidSCP-342-JP 学べよ、学べ。Rate: -1
SCP-342-JP

アイテム番号: SCP-342-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-342-JPの近隣住民をカバーストーリー"恒久的工事中"に適応させ、可能な限りSCP-342-JPへの興味を回避させてください。入居の契約の全ては許可されず、SCP-342-JPの玄関の錠前は高セキュリティのデジタルロックによって財団が管理します。実験の必要のある職員はSCP-342-JP研究主任へ必要書類を提出し、主任からキーカードを受け取ってください。48時間以上のキーカードの持ち出しはO5の許可のもとで行ってください。
SCP-342-JP内部で出現した現金はナンバーを控え焼却し、当該の紙幣を発行する国の発券銀行へその旨を通達してください。実験の都合により一般市場での使用が必要な場合はO5の許可のもとで行い、使用した紙幣のナンバーを同様に発券銀行へ通達してください。

説明: SCP-342-JPは東京都██区にある████マンションの203号室です。

SCP-342-JP内部で就寝した1人以上の被験者は、起床時の枕元に封筒を発見します。 これは被験者の文化圏ごとに異なり、現在まで17種類の封筒1が確認されています。 封筒の内部には起床時間によって変動する紙幣が複数封入されています。 これも、被験者の文化圏ごとに異なり、現在までドル・ポンド・フラン・オーストラリアドル・ウォン・ルピー・円・ユーロ・バーツ・元などが確認され、おおよそ全ての国家紙幣があるものと推測されていますが、紙幣文化の無い被験者に対しては何の特異性も発現させません。

また、これらの紙幣は被験者の生活する時間に合わせて減少し続け、日本時間で0時を回り、翌日になった際には元の封筒に再び紙幣が発生するようです。 この時点でSCP-342-JP内部に被験者が滞在し、かつ就寝しておらず、最初に出現した封筒がSCP-342-JP外部に破棄されているか、あるいは処分されていた場合、封筒はSCP-342-JP内部のランダムな位置に再出現します。 0時を回った時点での最高金額は24万円で、1時間が経過すると封筒の内外問わず1万円分の紙幣・硬貨が消失します。 この消失は被験者の手元に無い紙幣にも発生し、一般市場にて代価として受け取った紙幣が消失するという現象が複数確認されています。
過去には被験者が紙幣を使用するタイミングと消失のタイミングが重なり、トラブルに発展するケースが確認されていますが、確認された全てのケースにおいて、被験者が消失していない紙幣を支払い直すか、精算時の店側の不手際として処理されていたため、SCP-342-JP発見が遅れたと推測されています。

また、0時を回った時点で被験者がSCP-342-JP内部に滞在していない場合、被験者の財布や衣服のポケット、それらが無い場合は被験者の目につく所に紙幣が出現2するようです。

発生した紙幣・硬貨は銀行預金することが出来ず3、1時間経過による消失の際、預金残高が優先して消失するようです。 このプロセスを観測する試みは全て失敗に終わっており、いかなるデジタルデータ・アナログデータも全て1万円分の預金が"無かったこと"として取り扱われるようになるようです。

発生した紙幣の発行ナンバーなどからの追跡は全て「紛失した紙幣」との理由で最終持ち主の手元を離れたものであることを示しています。

入居者: 大山 ██ - 入居開始日1997/3/12

入居者情報: 当時大学生活のために大阪から転居してきた18歳の学生。

記録: 大山 ██の友人らは当時の彼を「大学にも行かず、毎日食って寝るだけのヤツだった」と主張をしており、事実、発見当初のSCP-342-JPの流し台に付属された引き戸の縁には数種類のインスタント食品のパッケージの痕跡が発見されました。 大学は大山 ██自身が"一身上の都合により"との理由で中退届けを提出していました。

現状: 心不全により死亡。

分析: 当該の被験者は早くにこの特異性に気が付き、食欲のために発生した現金を使用していたと推測されます。 また、現在までの実験でSCP-342-JP自体にはなんの精神的影響特性も認められないことから、これら暴食が引き起こされたのは被験者自身の一存であり、被験者間の差は大きいものと思われます。 被験者の死因も極度の肥満から来る自然なものであり、オブジェクトの影響ではないと結論されています。

入居者: 高田 ██ - 入居開始日1997/10/6

入居者情報: 当時活動していたSF作家。 本宅は東京の郊外にあるものの執筆活動の際に使用。

記録: 高田 ██は当時外部に生活の殆どを頼っていたと思われ、出前の注文の数、日用雑貨の宅配の数、外部のハウスクリーニング業者の依頼回数や隣人などのインタビューにより「極度の引きこもり」と評されていたことが分かっており、財団の医療部門心理学担当者もこのことに同意しています。

現状: 自殺。

分析: 被験者の精神状態に関して、通院などの記録はありませんでしたが、家族に送った複数の書簡の文などから財団の医療部門は"異常な精神状態"を報告しました。 また、SCP-342-JPを仄めかす内容などが記されており、家族関係者にはインタビューと記憶処理を行いましたが有益な情報は得られませんでした。 SCP-342-JP回収後の複数回の実験ではいずれも同様の結果を得られないことから、当該の被験者独自の結果だったと結論されています。

入居者: 大田 ██ - 入居開始日1998/2/2

入居者情報: 都内の株式会社████営業部門に就職し新潟から転居。

記録: 大田 ██は早期にこのオブジェクトの特異性に気が付き、当初は身の回りの日用品や外食のために使用していましたが隣の202号室に住んでいた清水 █にSCP-342-JPの特異性が発見され、諍いになり、半ば強制的に退去させられ、以降は清水 █が居住しました。

現状: 後述。

分析: 隣人の清水 █は被験者との"近所付き合い"の中でSCP-342-JPの特異性に気がついたとされています。 何故特異性が発覚したのかについては現在調査が続いています。

入居者: 清水 █ - 入居開始日1998/4/2

入居者情報: 以前SCP-342-JPの隣の202号室に住んでいた人物であり、フリーのカメラマン。

記録: 1998年4月10日、清水 █は以前の住人である大田 ██に殺害されました。 大田 ██は当時包丁を持参し、以前入居していた際の鍵をそのまま使用し侵入、内部に居た被験者を刺殺しました。 動機は表向きには"隣人トラブル"とされています。 また、この殺害に際し、被験者の激しい抵抗により大田 ██も同時に重症を負い、失血死しています。

現状: 双方死亡。

分析: この件の調査に関してSCP-342-JPの精神影響がより強く主張されましたが、いかなる観点に於いても精神影響自体は認められず、これら一連の現象は"金銭トラブル"に位置づけられるものだとされています。また、動機に関してはおおよそ"部屋を奪われたこと"だと担当研究者間で意見が一致しています。

入居者: 新島 ████ - 入居開始日1999/3/6

入居者情報: 当時建設業を営む自営業者の棟梁を務めていました。 元の自宅が火災で全焼し転居。

記録: 新島 ████は発生する金銭で宝飾品を日中に買い集め、換金するという手法で消失しない金銭を得ていました。 その資金を元に都内の風俗店を多数利用し、莫大な金額を消費していました。 新島 ████はその職業と経歴、使用している金額に不信を持った現地の[編集済]に拘束され、現在は行方不明となっています。

現状: 消息不明。

分析: 当該の被験者も早期にSCP-342-JPの特異性に気がついたと思われます。 後の調査では銀行に対して預金残高に関する苦情も複数入れていることから宝飾品などの資本に変換し、換金する手法に気がつくまではそう時間はかからなかったものと思われます。 被験者を拘束した[編集済]に関して、財団のエージェントが調査を行ったところ、現在はアメリカ合衆国のハワイ島に旅行へ行っているとの情報がつかめましたが、現地で被験者と思しき人物は発見されていません。 現在、この情報の真偽が問われています。

入居者: 山口 ██ - 入居開始日1999/10/12

入居者情報: 25歳男性。 詳細不明。 出生届や在学履歴などに記載がないことから日本国外出身の可能性がありますが調査は未だ情報を掴めていません。

記録: 山口 ██は入居時"新事業"を理由にSCP-342-JPを簡易的なオフィスワークの場として利用するために契約をしました。 山口 ██は知人と同僚らに毎晩夕食を奢り、自らの財力を謳って人脈を形成しようとしていたようです。 一部の人間は山口 ██の事業に参加し、まともな黒字収益が無いにも関わらず山口 ██本人の献金という形で会社を維持していました。 この不可思議な経営状態を無視した形で参加者が集まり、簡易的なオフィスとして契約されていたSCP-342-JPは"本格的なビルに場所を移す"という理由のもと契約は解除され山口 ██は転居しました。

現状: 消息不明。 被験者の転居先の雑居ビルの一室は空き家になっており、2001年には既に当該の会社は倒産していました。

分析: 財団のエージェントが被験者の出生とその後の消息について調査していますが未だ判明しません。 この奇妙な消失は財団の注意を引いていますがその他の点で特筆すべき事項は無いとされています。

入居者: Nathan ██████ - 入居開始日1997/3/12

入居者情報: 米国籍の金融機関に務める男性。 経歴の一部が損失。 日本での仕事における仮住まいとして入居。

記録: Nathan ██████が仕事先へ出かける姿は一切確認されていないことが近隣に聞きこみ調査の際に発覚しています。 Nathan ██████が3人の外国人をSCP-342-JPへ招き入れる姿が何度も確認されていました。 20██年██月██日、Nathan ██████は招き入れていた3人と都内に存在する銀行へ強盗に押し入りました。 強盗に際して民間人への被害は出さなかったものの警官と機動隊、特殊部隊含めて██人を射殺し現金およそ████万円を奪い逃走。 海岸線に停泊していたボートに現金を移す途中に3人共に逮捕されました。
SCP-342-JP発覚後、強盗殺人などの罪で死刑判決となっていたNathan ██████含め4人の身柄は財団にに引き渡されました。 Nathan ██████はSCP-342-JPに出現する現金がSCP-342-JP内部にいる人間の数によって比例し増加することを発見し、3人分の現金を出現させていました。 この時出現したのは米国ドルで1人あたり240ドル出現したと主張しました。 これを資金とし、Nathan ██████は武器弾薬などの装備を米国から密輸し、強盗計画を企てたものと見られています。

現状: SCP-342-JP研究用Dクラス職員として雇用し、インタビュー調査などに使用中。

分析: SCP-342-JPに存在する寝台は1つだが、被験者らは寝袋を床に置く形で使用して同様の効果を得られる事を証言しました。 これは財団による実験でも裏付けができています。 後の実験では最大25人での現金出現が確認されており、これには上限がないものと推測されています。


補遺: SCP-342-JPは2000年1月、当時入居していた月吉 ██の"幾ら預金しても残高が増えない"との不可解な銀行への苦情が数百回に登ったことで財団の注意を惹き、銀行職員に扮した財団エージェントによって発見され、収容に至りました。 

当時、月吉 ██は"枕元にお金があるのは変だったけど取り敢えず預金しようとした"と供述しており、預金がうまくいかないことに苦情を申し立てていたようです。 これらが原因のストレスによる精神失調の徴候が見られましたが損失残高の補填を約束した"財団への入院"に同意し一時的に収容されました。 月吉 ██はSCP-342-JPに関して"金に困っており、昔から事故物件として有名で賃料も都内では格段に安いため入居した"と語っており、事実、SCP-342-JPは1996年以降事故物件として破格の値段での賃料設定がなされていたことが分かりました。 月吉 ██はその他にSCP-342-JPから発生する現金を使用していた痕跡もなく、異常な数の苦情の原因とも思われる精神失調も回復したことにより記憶処理の後、カバーストーリー"事故による昏睡"が適用され開放されました。

ページリビジョン: 1, 最終更新日時: 27 Feb 2016 12:36
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website