nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-360-JP 借金変換装置
EuclidSCP-360-JP 借金変換装置Rate: 13
SCP-360-JP

アイテム番号: SCP-360-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-360-JPはサイト-8173内の電子ロック付き保管庫に収容してください。持ち出し及び実験には2名以上のセキュリティクリアランスレベル3以上の職員の許可が必要です。実験中に発生したSCP-360-JP-1は実験後ただちに終了し、死体は焼却処分してください。新たなSCP-360-JPが発見された場合は現地フィールドエージェントによって直ちに収容し、SCP-360-JP-1が発生した場合は終了措置を行ってください。また、現在血圧測定器に似た外見の爆弾を用いた爆弾テロが多発しているという情報を財団フロント企業、各種マスコミから流しSCP-360-JP-1の発生を抑制しています。

説明: SCP-360-JPは████社製20██年モデルの機種に酷似したアームイン式血圧測定器です。製造元を表す製造番号、刻印等は存在しません。通常の血圧計は液晶パネルの横に「最高血圧」「最低血圧」といった表記がなされ単位はmmHgが用いられますが、SCP-360-JPの場合は「借金」と書かれており単位は「円」が用いられています。被験者がSCP-360-JPに腕を入れると、アームイン部分が収縮し測定を開始します。数分後に測定が完了し、液晶パネルには被験者の現時点での合計借金額が表示されます。この額は銀行、消費者金融等から借り入れた借金の他に借用書を伴わない個人間での借金も加算されています。被験者が記憶していない借金の算出も行われており、SCP-360-JPがどのような形で被験者の借金額を把握しているかは不明です。現金以外の物品の貸し借りはSCP-360-JPに影響を与えません。

SCP-360-JPの液晶パネルに借金額が表示されると同時に、被験者の半径1メートル以内にSCP-360-JP-1が出現します。SCP-360-JP-1は既知の動物に似た外見の生物実体で、被験者の借金額が多いほど巨大かつ既知の動物から逸脱した外見を持つ傾向があります。SCP-360-JP-1が出現すると、被験者の借金は無くなります。貸し手は被験者に金を貸したという事実自体を忘れてしまうか、既に返済されたと思い込みます。借用書等のデータは消失するか、返済が為されたという形に書き換えられます。これらの現象は貸し手側に起こり、被験者の記憶は改変されない事に注意してください。

SCP-360-JPは現在まで14個が収容されており、その多くは弁護士事務所や司法書士事務所が入居する雑居ビル、もしくは銀行や消費者金融の店舗内のトイレ等一般的に多くの借金を持つ人間が訪れると考えられる場所で発見されました。SCP-360-JPを製造、配布している人物または団体に関して調査が行われていますが、現在まで成果は得られていません。

[実験記録001 - 20██/██/██]

実施者: エージェント・吉井
備考: エージェント・吉井は実験の1日前、エージェント・岡田にジュース代として100円を借りた。
結果: 「100円」が表示され、眼が3つあるショウジョウバエに似た外見のSCP-360-JP-1が出現。解剖後、焼却処分された。後日、エージェント・岡田に事実確認を行った所エージェント・吉井にジュース代を貸した事実は無いと主張した。

[実験記録002 - 20██/██/██]

実施者: エージェント・████
備考: エージェント・████は一切借金が無いと主張。
結果: 「79,000円」が表示され、トノサマバッタの後肢を持つドブネズミに似たSCP-360-JP-1が出現。エージェント・████に飛び掛かるも、銃撃によって死亡した。負傷者は無し。後日行われた調査によると、エージェント・██は給料日前たびたび同僚から借金をしていた事が判明。その全ては既に返却されたと貸し手・借り手双方が主張したが、いくつかのケースではSCP-360-JPによる記憶改変が行われた可能性が高い。
コメント: あいつに借金が無いなんておかしいと思ったんだ。ずぼらな人間はこの実験から外すべきだ。 ―██博士

[実験記録003 - 20██/██/██]

実施者: D-5099
備考: D-5099は闇金業者等から多額の借金をしている。額は借りた時点では数百万、法外な利息により今は数千万円にのぼると言う。
結果: 「21,355,000円」が表示される。首周りに8本の人間の腕、臀部にワニの頭部を持ち背中に無数に生えた管から絶えず汚水を排出するシマウマに似たSCP-360-JP-1が出現。拳銃による銃撃では死亡せず、重火器で鎮圧。エージェント2名が負傷し、D-5099は死亡。後日██市の公団住宅に居住していたD-5099の妻子に聞き取り調査を行った所、毎日のように訪れていた借金取りが██月██日を境に全く来なくなったと言う。
コメント: D-5099は生前、シャバに残した家族の事をずいぶん気にしていた。やつも少しは浮かばれるかな。 ―██博士

[実験記録004 - 20██/██/██]

実施者: エージェント・████
結果: 実験は██博士により却下。
コメント: あいつが██研究員に20万円の借金をした事はとっくに調査済みだ!今度実験を申し出てきたら懲戒処分にしてやる! ―██博士

[事故記録001 - 20██/██/██]

内容: 20██年██月██日、東京都███区の██氏自宅より体長約50メートルで8本の首を持つキリンに似た生物実体が出現。8本の首のうち7本はタランチュラの頭部を有しており、民間人に対し無差別に噛みついたため██人の死者と██の重軽傷者が発生。関係者にはAクラス記憶処理を行いカバーストーリー「爆弾テロ」及び「ペット用有毒動物の脱走」を流布した。██氏自宅跡より破壊されたSCP-360-JPと思われる破片が見つかった事、██氏が経営していた会社の財務状況が同日より不自然に好転していた事からSCP-360-JPが使用されたと思われる。██氏がSCP-360-JPの性質を知っていたのか、偶然発見した装置を興味本位で使用したのかは不明。

補遺1: 事故記録001以降、SCP-360-JPが発見される場所の性質が明らかに変わっています。弁護士事務所等ではなく、富裕層の集まるレストランや貴金属店の近辺が多くなりました。SCP-360-JPの製造元調査に充てられる予算は増額されました。早急に結果を出すことが求められます。

補遺2: 20██年██月██日、首相官邸に多数のSCP-360-JPが設置されていた事が潜入中のエージェント・██により報告されました。首相や側近に多額の個人的借金を持つ者は確認されておらず、またSCP-360-JPが判断する「借金」の範囲がどこまでなのかは不明ですが、現地エージェントは現職首相がSCP-360-JPに触れる事が無いよう細心の注意を払ってください。一部地方自治体の首長に関しても同様です。

ページリビジョン: 2, 最終更新日時: 07 Aug 2015 09:37
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website