nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-3636 世界最高のジュークボックス
EuclidSCP-3636 世界最高のジュークボックスRate: 72
SCP-3636

アイテム番号: SCP-3636

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-3636はサイト-17の標準安全セルに保管されます。部屋へのアクセスにはレベル2以上のクリアランスが必要です。SCP-3636の実験に関与する全ての職員は最新の楽曲ブラックリスト文書を提供されなければなりません。いかなる状況下でもブラックリストに掲載されている楽曲を選択することは許可されません。

説明: SCP-3636はWurlitzer 1015とデザインが似ている85cm×155cmのジュークボックスで、最上部を横切る虹色の装飾照明と、「世界最高のジュークボックス」という題名を記載する金色のプレートを備えています。通常のジュークボックスに見られるような収録曲を詳述するカード群が取り付けられたガラス製の選択画面はなく、代わりに検索バーと「曲名、アーティスト、アルバムを検索」というテキストを表示する青色のタッチスクリーンが搭載されています。SCP-3636には硬貨の投入口がなく、また明らかな電源がありません。

検索機能を通じて楽曲を検索すると、その曲の存在を確認されている全てのバージョン(未発表の初期バージョンを含む)、そしてオリジナルアーティストによる全てのライブ公演の音源からなるリストが表示されます。財団がSCP-3636を獲得した後に行ったライブイベント群の分析によれば、これらのライブバージョンは記載された公演で演奏されたものと正確に一致するものであることが確認されています。バロック時代に行われたオペラ群の初演がこれまでに選択されているため、SCP-3636は幅広い時代の楽曲を収録しているようです。

楽曲が選択されると、SCP-3636の画面は「ライブミュージックビデオ」というテキストを上側に表示するとともに1つの映像を表示するように変化します。映像は楽曲の歌詞の内容に基づいており、しばしばその曲の中で言及されている事象群を直接的に描写します。それ以外の場合では映像は言葉遊びの結果生じた事象群を描写します。SCP-3636が表示する事象群はSCP-3636の映像の中で見ることができる現実世界の場所で実際に発生します。その現象 (以下SCP-3636-1) はその曲の再生時間の間続きます。SCP-3636-1の効果は映像の内容に依存する事実が起きた後も継続されることがあります。SCP-3636-1は選択された楽曲がオフィシャルミュージックビデオを有しているか否かにかかわらず作り出されます。インストゥルメンタルの楽曲群で行った現在までの全ての実験では認識されるいかなる異常な効果も持たないミュージックビデオが作り出されています(例を挙げると、ラッシュの「YYZ」ではトロント・ピアソン国際空港からのライブ映像が表示される)。

SCP-3636はニューヨーク州████████のバーで発生し21人を死亡させた火事の最中に現地の消防士らによって発見されました。当ジュークボックスはビリー・ジョエルの楽曲「We Didn't Start the Fire」の再生中にそのバーの外からのその火事の映像を表示していた画面とともに無傷で見つかりました。全ての生存者とファーストレスポンダーにはクラスB記憶処理薬を投与しました。

実験1
選択した楽曲: パンテラの「Walk」
SCP-3636-1の事象: テキサス州アーリントンと確認された場所にいる数人が抗議行動のためにサインを作っている様子が映されます。サインのほとんどは「Respect (敬意を表せ)」という言葉を含んでいます。最初のコーラスの開始と同時に、集団は都市の中心街に集まり、そしてこれらのサインとともに行進をし始めます。彼らは曲のコーラスに合わせて集団で繰り返し歌い、そして現地のニュース局群がその「Respect, walk (敬意を表して、歩いていけ)」という即興の演説を報道する様子が映されます。
効果: 抗議行動の参加者らが彼らの関与をめぐる混乱を示しました。影響を受けた人物全員にクラスA記憶処理薬を投与しました。
メモ: テキサス州アーリントンはパンテラが結成された都市だ。SCP-3636はこの事実を知っているかもしれない。

実験2
選択した楽曲: ロックウェルの「Somebody's Watching Me」
SCP-3636-1の事象: 青白い肌と灰色の髪を持つ1人の背の高い初老男性がサイト-17に侵入し、曲を選択した人物である████ ███████研究助手を探しそして最終的に密かに監視する様子が映されます。
効果: 初老男性は曲の結びに姿を消し、そしてその後のサイト-17の徹底的な捜索でも見つかりませんでした。サイトへの損傷が映像内で起きた不法侵入の場所で見つかり、直ちに修復されました。███████は彼を幼児期に身体的に虐待した叔父であると直ちに特定されました。███████は1週間にわたって深刻なパラノイアを引き起こし、心理療法を受けました。
メモ: 曲をブラックリストに追加した。今後の全ての実験は認可を受けた財団研究員らの監督の下Dクラス職員によって実施されなければならない。

実験3
選択した楽曲: フォリナーの「Juke Box Hero」
SCP-3636-1の事象: SCP-3636が直ちに収容室から姿を消します。
効果: SCP-3636はニューヨーク市内のアパートの屋上で発見されました。SCP-3636には「Juke Box Hero (ジューク・ボックス・ヒーロー)」という言葉が書かれた1枚のケープが貼り付けられていました。1人の深刻な栄養失調の男性が同じ屋上でロープで縛り付けられた状態で、彼の隣にあった数件の殺人についてが書かれた1枚の告白書とともに発見されました。SCP-3636はサイト-17へと戻され、男性は地元当局へと連行されました。
メモ: 曲の歌詞の内容から極端に逸脱している。ケープを分析しても異常な特性は何も見られなかった。再び「Juke Box Hero」を検索すると曲は「お気に入り」というタイトルが付いた別のリストの中に表示された。

実験4
選択した楽曲: アル・ヤンコビックの「The Night Santa Went Crazy」
SCP-3636-1の事象: サンタクロースの現代的な描写に似た外見を持ちいくつかの武器を携帯している1人の男性が「クリスマスエルフ」の伝統的な描写に似た外見を持つヒューマノイド群で満たされた1軒の大建築物を襲撃します。1つの大規模な銃撃戦といくつかの爆発ののち、男性は人間レベルの知能を示す5頭のトナカイを殺します。その後数人のFBIエージェントが男性を包囲し、彼を逮捕します。
効果: 映像の男性は未特定のままです。FBIの異常事件課は財団に北極で発生した襲撃事件を詳述した連絡文書を送付しました。映像内で描写された工房と一致する破壊された建物は磁北極の6マイル東で発見されました。
メモ: 曲をブラックリストに追加した。

実験5
選択した楽曲: ディオの「Straight Through the Heart」
SCP-3636-1の事象: バンドのディオに似た外見を持つ男性の集団がSCP-3636の隣に出現し、曲を演奏します。若い頃のロニー・ジェイムス・ディオのように見える男性は数本の剣を携帯しています。曲のタイトルが歌われるたび、ディオは剣を出してD-75529の胸を突き刺します。D-75529は曲が再生されている間無傷であるように見えます。
効果: D-75529は傷がもとで即死しました。検死解剖により9本の剣の全てはD-75529の心臓を真直ぐに貫通したことが判明しています。
メモ: 実験はロニー・ジェイムス・ディオが死去した後に行われた。インタビューを行った時、ディオの生きているメンバーの誰も映像の事象群に参加したことを記憶していなかった。

実験6
選択した楽曲: セリーヌ・ディオンの「My Heart Will Go On」
SCP-3636-1の事象: 大西洋を航行中の1隻の大型貨物船が氷山に衝突する様子が映されます。2人の筋骨隆々としたスラヴ人男性が共に脱出しようとするのが見られますが、最終的に彼らは脱出方法を探ることを止めるとともに立って抱き合い、そして船が沈んでいくのと同時にキスをします。
効果: 船はタイタニック号沈没事故の現場の7マイル南で発見されました。43人の乗組員は全員死亡していました。映像内で描写された2人の男性は未だに抱き合っている状態で発見されました。
メモ: 曲をブラックリストに追加した。

実験7
選択した楽曲: ザ・ビートルズの「Mean Mr. Mustard」
SCP-3636-1の事象: D-992103がイングランドのリヴァプールにある公園のベンチの上で寝ている様子が映されます。D-992103の頭は1つの大きなマスタード瓶に置き換えられています。その後D-992103はベンチの隣にある硬貨の山から硬貨を数えます。D-992103は最終的に「Pam (パム)」という名札を付けた1人の女性に会い、そして二人は突如バッキンガム宮殿の外に出現します。
効果: 映像内のD-992103と女性はバッキンガム宮殿の近くで発見されました。女性はD-992103の実の妹であると特定されました。D-992103は頭が依然としてマスタード瓶のように見えるにもかかわらず何の悪影響も受けていないように見え、また全ての視覚、聴覚、認識力のテストに合格しました。研究員らはD-992103を「怒りっぽい」と評しました。D-992103の妹にはクラスB記憶処理薬を投与しました。
メモ: D-992103は現在財団の外科センターで最新の結果が出るまで検査を受けている。

実験8
選択した楽曲: オアシスの「Wonderwall」
SCP-3636-1の事象: 1人の女性の声が「申し訳ありません、私はその曲は好きではありません」と言うと同時に画面が5秒間にわたって空白のままとなり、その後検索画面へと戻ります。
効果: いかなる異常な効果も観察されませんでした。
メモ: 初めてSCP-3636が曲を再生することを拒否した。使用者と直接対話をした最初の例だ。

実験9
選択した楽曲: リヴィング・カラーの「Cult of Personality」
SCP-3636-1の事象: 映像は数人の世界的指導者が彼らの職務の最中にダンスを踊り、エアギターを演奏し、曲の歌詞をリップシンクする様子を描写します。映像は同じ世界的指導者らがすぐ近くにある1台のデスクから「ステージダイブ」をする合成映像で締めくくられます。
効果: いくつかの政府機関に配属されていた財団エージェントらは映像内で描写された事象群が実際に発生したことを認めました。何人かの世界的指導者は彼らが試みたステージダイブによって軽傷を負いました。
メモ: 研究員らはこの曲を再び選択すれば反財団の政治家らに対して使う脅迫のネタを作ることができると述べた、現在倫理委員会の承認待ちだ。SCP-3636は曲をお気に入りに追加した。

実験10
選択した楽曲: プロテスト・ザ・ヒーローの「Blindfolds Aside」
SCP-3636-1の事象: 様々な場所にいる数人の囚人の死刑執行が描写されます。全ての参加者は目隠しをしています。全ての事象には安物のブロンドのかつらを被り囚人らのために慈悲を乞うD-22091が割り込みます。全ての試みは失敗し囚人らは滞りなく死刑を執行されます。
効果: D-22091は映像の終わりにサイト-17へと戻りました。ブロンドのかつらは彼のジャンプスーツの下から発見されました。映像内で描写された全ての死刑は滞りなく執行されていたことが確認されました。
メモ: D-22091は映像内で描写されかつこの事象の全てを記憶している唯一の人物であると確認された。

実験11
選択した楽曲: エレクトリック・シックスの「Danger! High Voltage」
SCP-3636-1の事象: SCP-3636の収容室の外観が曲のオリジナルミュージックビデオにおいて描写されている部屋のものに改造されたように変化します。エレクトリック・シックスのボーカルのディック・ヴァレンタインと女優のティナ・カナレックであるように見える2人の人物(彼らのオリジナルの衣装を着ている)がオリジナルミュージックビデオのものと全く同じ振り付けで踊ります。D-91244がその背景に立ち「既に完璧であるものをなぜ変えるんだ?」という言葉を述べるプラカードを持っている様子が映されます。
効果: いかなる異常な効果も観察されませんでした。
メモ: SCP-3636は曲をお気に入りに追加した。

実験12
選択した楽曲: ウィーザーの「Buddy Holly」
SCP-3636-1の事象: サイト-17に駐在している数人の財団職員が1950年代に流行した衣服を着た姿に変化し、それからサイト-17の大食堂で開催されている「バディ・ホリー/メアリー・タイラー・ムーアのそっくりさんコンテスト」と横断幕に明記されているものに参加する様子が映されます。数人の財団研究員がコンテストに参加します。O5評議会員らが審査員席に座っている様子が映されます。█████博士と████████研究助手が優勝者に選ばれます。
効果: 映像内の事象群は描写された通りに実際に発生しました。その中にはO5評議会の全員がサイト-17へ移動されたことも含まれます。
メモ: 映像にはサイト-17の職員に広く共有されている多くの内輪のジョークが含まれていた。SCP-3636はコンテストが曲の再生時間である2分40秒の間に開催されるのと同時に時間操作の効果をもたらしていたかもしれない。さらなる実験はサイト管理官の命令により一時的に停止されている。 実験が再開された、補遺を参照。

以下に記載されているいかなる楽曲のカバーバージョンも同様にブラックリスト入りしています。

  • ビリー・ジョエルの「We Didn't Start the Fire」
  • パール・ジャムの「World Wide Suicide」
  • R.E.M.の「It's the End of the World as We Know It (And I Feel Fine)」
  • ジ・インク・スポッツの「I Don't Want to Set the World On Fire」
  • エレクトリック・シックスの「Nuclear War (On The Dance Floor)」
  • ピンク・フロイドの「Goodbye Blue Sky」
  • ラッシュの「Distant Early Warning」
  • ジ・アクアバッツの「Chemical Bomb」
  • メタリカの「The Call of Ktulu」
  • メガデスの「Countdown to Extinction」
  • ロッカペラの「Zombie Jamboree」
  • ザ・ホワイト・ストライプスの「Seven Nation Army」
  • ティアーズ・フォー・フィアーズの「Everybody Wants to Rule the World」
  • テイ・ゾンデイの「Chocolate Rain」
  • ザ・ウェザー・ガールズの「It's Raining Men」
  • ロックウェルの「Somebody's Watching Me」
  • アル・ヤンコビックの「The Night Santa Went Crazy」
  • セリーヌ・ディオンの「My Heart Will Go On」
  • ウォーレン・ジヴォンの「Werewolves of London」
  • ブルー・オイスター・カルトの「Godzilla」
  • サウンドガーデンの「Black Hole Sun」

補遺: ██/██/17、SCP-3636が何も入力されることなくウォーの「Why Can't We Be Friends」を再生し始めました。現場に職員がいなかったため曲に対応する映像の事象群の観察は行えませんでした。曲が気付かれた後セキュリティ部隊が部屋に入ると、元財団職員の████ ███████氏が収容室内で手錠を掛けられた状態で発見されました。███████氏は6つの異常アイテムを窃盗したかどで財団によって指名手配されていました。盗まれたアイテム群はのちにそれぞれの適切な場所へと戻されているのが見つかりました。███████氏のポケットの中から1枚のメモ書きが見つかりました。メモ書きには「お願いですから音楽を再生し続けてください、私は敵となるよりもむしろ友人となりたいのです。 ―WGJB1」という言葉が書かれていました。実験がO5の命令により再開されました。さらなる実験の結果は実験記録3636に文書化されています。

ページリビジョン: 5, 最終更新日時: 14 Oct 2018 16:05
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website