nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-367-JP 太古の卵
EuclidSCP-367-JP 太古の卵Rate: 15
SCP-367-JP

アイテム番号: SCP-367-JP

オブジェクトクラス: Euclid(現状、実質的なNeutralizedに指定されています)

特別収容プロトコル: SCP-367-JPは現在サイト-81██の低脅威度物品保存ロッカーにて安置されています。SCP-367-JPが活性化イベント期間に入った際には再び標準人型収容セルに移され、オブジェクトに関する実験が再開されます。

説明: 現在SCP-367-JPは寸法54×54×182cmの、見た目上は通常の花崗岩で構成された卵形の物体です。これまでの検査ではSCP-367-JPが通常の花崗岩であることが示されています。

SCP-367-JPには不定期に活性化イベントが発生します。活性化イベントが発生した場合、SCP-367-JPは平均23秒間、5dB程のホワイトノイズに類似した雑音を起こした後、内部から発生する衝突音と共に崩れ始め、その内部からSCP-367-JP-Aが出現します。この際、SCP-367-JPが破壊されていた場合にもSCP-367-JPの破片がもっとも密集した地帯にSCP-367-JPが再出現し、イベントは実行されます。

SCP-367-JP-Aは原型不明の模倣能力を有している生物です。活性化イベントの開始時点では通常の生物と同様で幼生であり、SCP-367-JPから出た後、4~5分の間に成熟します。財団の収容初期の活性化イベントではイエイヌ(Canis lupus familiaris)の姿をしていました。

実験から、模倣できる対象は体長█cm以上の動物界の生物に限定されていることが判明しており、植物や菌類などの他門の生物への模倣は確認できていません。知性は今まで模倣した生物のうち比較的高いもので固定されるようです。現在まで変化できる最大の大きさは確認されていませんが、人間に模倣し、言語能力を獲得したSCP-367-JP-Aの「一度見た、あの首長竜にはなれなかった」という発言から最大約40m以下と推測されています。異常性を持つ生物オブジェクトへの接触はSCP-367-JP-Aの動作、知性を劇的に上昇させ、異常性の獲得にまで至る可能性から収容違反へとつながるとされ、禁止されています。

SCP-367-JP-Aが死亡もしくは活性化期間が終了した場合、その場でSCP-367-JP-Aは最大62秒の間にその時模倣していた生物のサイズに合わせたSCP-367-JPに置換され、非活性化期間に入ります。非活性化期間は多少の揺れ動きはあるものの、日を重ねるに従って増加しています。このことについてSCP-367-JP-Aに尋ねるとそれは平常のことで、期間は循環すると回答しました。

SCP-367-JPは19██年に[編集済]においてアマチュア考古学者であった█████氏が[編集済]の断層で発掘したもので、帰宅中に連れていた同氏の犬が2匹になっていたことから異常性が判明し、噂を頼りに近隣の財団職員が接触、記憶処理の後に回収しました。当初SCP-367-JPは10分未満の間にに活性化、非活性化を繰り返しましたが、██日の間にこの間隔は1~5日にまで落ち着きました。この間にSCP-367-JP-Aは人の模倣を始めました。198█年現在、通常時にSCP-367-JP-Aは██博士に近似したアジア系の30代男性であり、財団に対して一般的なメディア資料の請求を条件に協力的な態度を示しています。

対象: SCP-367-JP-A

インタビュアー: ██博士

付記: このインタビューは、SCP-367-JPの起源調査のために行われました。

<録音開始>

██博士: こんにちは、SCP-367-JP-a。

SCP-367-JP-A: こんにちは██博士。

██博士: 今日は特別に聞きたいことがあります。

SCP-367-JP-A: ええ、わかります。私がどこから来たか、ということですね?あなた方にとって私という存在はあまりにも不可解なことは理解できます。と言っても、私自身それは同じです。

██博士: 同じ?

SCP-367-JP-A: はい、最初の記憶は赤い海、溶岩と言うんでしたっけ、あれの中に浸かっていたことです。その時の自分の姿はわかりませんが、見えていたのですから、目はあったんでしょうね。まるで何かの大きな手で包まれているみたいで、とても暖かかったのを覚えています。それから記憶は、長い時を眠って1海の色が優しい青色になるまで飛びます。

██博士: あなたは、地球の原初の時代から存在し、どのようにして誕生したかはわからないということですか。

SCP-367-JP-A: はい、わかりません。私に分かるのはそれからの生物が溢れるようになったこの星だけです。

██博士: わかりました、それからのことをお話し下さい。

SCP-367-JP-A: わたしはその海の中で動く物たちに気づきました。それに気がついたときには真似て動けるようになりました。ほぼ全ての動く物になれると気がつくと何か異様な欲求にかられて、それからはただ、何かを真似ながら、泳いだり、跳ねたり、飛んだり、走ったり、食べたりして…その後に来る不定期な眠りと覚醒を繰り返していました。そうしてあのイヌというものを真似ていたらあなたたちが来て、ここに入れられたという次第です。

██博士: なるほど、ご協力ありがとうございました。

<録音終了>

追記:199█年█月█日、SCP-367-JP-Aは突如悲鳴をあげ、非活性化しました。その後、SCP-367-JPは1█年期間を空け200█年█月█日に再度活性化しました。SCP-367-JP-Aは最後の行動とそれまでの増加頻度と比べ極端な非活性化期間の増大から、その原因を探るためにインタビューが行われました。

対象: SCP-367-JP-A

インタビュアー: ██博士

<録音開始>

██博士: インタビューを開始します。お久しぶりですね、SCP-367-JP-A。

SCP-367-JP-A: [3秒の沈黙]ええ、お久しぶりです。██博士。年月がたったのにお若い。

██博士: ありがとうございます、とはいっても間違いなくあなたのほうが長生きするでしょうがね。ただ、今回はその類の話をしに来たわけでは無いのは分かっているでしょう。

SCP-367-JP-A: そうですね。その節は取り乱してしまい、すみませんでした。

██博士: かまいませんよ。しかし、1█年前、なぜあなたは非活性化の前に叫びだしたのですか?
 
SCP-367-JP-A: [5秒の沈黙]私は、眠気を感じました。
 
██博士: 眠気?[ファイルをめくる音]非活性状態への遷移の際に眠気を感じるとは、あなた自身報告していませんが…その眠気があなたの絶叫とどのように関係しているのですか?
 
SCP-367-JP-A: 長く感じていませんでしたので、忘れていました。あれは私が長期に眠るときに感じていたものです。この時代、人間がいる時代から離れてしまうと思うと叫ばずにいられませんでした。

██博士: なぜでしょうか?あなたはこの時代ではここに拘束され、多くの自由が制限されています。あなたがここに執着する理由が理解できませんが。
 
SCP-367-JP-A: ええ、理解できないでしょうね。あなたには。言わせていただきますが、私はこの時代が好きです。この体、人間になるまでの間、私には何も分かりませんでした。ここはどこなのか、自分は一体何をしているのか、そもそも何がどうなっているのか…。ですが、今は理解できます。それだけでもこの時代に来ることができたことが嬉しいです。
 
██博士: なるほど[8秒の沈黙]それを考えると今回の活性化は非常に幸運であったのですね。
 
SCP-367-JP-A: はい。ですが、それも束の間の事でしょう。あなた達には私の眠る時間が循環することは話しましたよね?当然ですが、ここが上限ではありません。次は良くても、100年は下らないと思います。
 
██博士: SCP-367-JP-A、あなたは[遮られる]
 
SCP-367-JP-A: もう、大丈夫です。覚悟はできています。ここに来れた事自体、幸福だったのです。それよりも、言いたいことがあります。
 
██博士: [6秒の沈黙]なんでしょうか?

SCP-367-JP-A: ありがとうございました。私を人間にしていただき、理解する機会を下さり、ありがとうございました。
 
<録音終了>

SCP-367-JP-Aはその後、█ヵ月活動を続け、非活性化しました。その後██博士によって現在までのSCP-367-JPの非活性期間の増大が██数列に近似することが判明しました。数列から読み取れる次の活性化は███年後となっています。加えてSCP-367-JPは非活性化から█年の間、異常な性質を示しませんでした。これらのことを受けて、現在SCP-367-JPは活性化期間まで実質的なNeutralizedに指定されています。

ページリビジョン: 10, 最終更新日時: 27 Oct 2016 13:40
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website