nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-3712 おばあちゃんにおまかせ
SafeSCP-3712 おばあちゃんにおまかせRate: 1
SCP-3712

アイテム番号: SCP-3712

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-3712はサイト-179の標準収容ロッカーに収容されます。実験において、SCP-3712が研究者や他の職員と直接の視線を交わすことのないようにしてください。そのため、SCP-3712とのやりとりはすべてDクラス職員が行います。

レベル3以上の職員によって特別に許可された場合を除き、4回以上SCP-3712と対話する機会を与えることは禁止します。

説明: SCP-3712は12箇所の関節(顎、肘、首、肩、臀部、膝、足)を有したありふれた姿の白人の老人女性を模した非常に精巧な塗装済みの木製人形です。非活性時には、手に何も持っていないにも関わらず、編み物、裁縫、パン焼きを行っているかのような動作をします。客観的な報告からSCP-3712は全ての観察者において同一に見えますが、対象は父方または母方の祖母のどちらかにわずかに似ていると被験者は報告することがあります。

SCP-3712が対象1との直接視線を交わした状態を確立すると、その主な異常特性が発揮されます。対象(SCP-3712に接近している人物)は、風邪をひかないようにするために寒いときは外出しないように注意するなど、対象からの「一般的な通説」についての声を聞きます(テスト3712と同様)。この効果は、聞き取れなかった、英語以外の言語を話者、または読み書きできない被験者においても作用しますが、人間以外の生物、または意識不明、死亡した被験者には作用しません。視線が交わされる前にSCP-3712のあごを強制的に閉じたままにしてもこの効果の活性化を妨げることはできません。

SCP-3712の注意に従わなかった場合、「通説」を裏付ける科学的証拠がないにもかかわらず「一般的な通説」の結果は下されます。テスト3712-5の最中、D-3712-18は低温で外に出ると彼女は風邪をひくと警告されました。その後、D-3712-18は徹底的に滅菌された278K(5℃)の部屋に入るように指示され、病気や病気を引き起こす可能性を含む全ての微生物を殺し、取り除きました。D-3712-18は鼻漏2が観察され、後に医療関係者によって風邪を引いたと診断されました。

SCP-3712が以前に相互作用していた対象に与えた予防措置は、伝統的な「祖母のような」知識から、「歩道の継ぎ目を踏むとお母さんの背中を折ってしまうぞ」といった一般的な表現から小説の(そしてしばしば無意味な)警告、「蜂は鉛筆使用者のみ刺す」などに逸脱し始めます。

SCP-3712が同じ対象に与えた5番目の予防策は、致命的な結果と不可能な課題の組み合わせにより必ずその対象の死亡として終了します。たとえば、D-3712-06がオブジェクトと5回目に対話したとき、「気を付けて可愛い子。摂氏10000℃以下の温度は人々を腐らせることをよく知っています。あなたは本当に暖かい場所に行くべきです」と発話しました。数秒後、D-3712-06は自然に灰と粉状の骨の山として崩壊しました。この効果は、実験3712-7中にD-3712-03への落雷による死亡が周囲8人に重傷を負わせた事例などから、SCP-3712が視線を確立していない人に影響を与える可能性があります。

すべての実験によると、硬化した異常性のないバルサ材で作られていますが、SCP-3712は破壊することは永久に不可能です。焼却、粉砕、またはその他の方法でオブジェクトを処分することは可能ですが、過去10年間に存在した場所において完全に復元された状態で再生されます。これには、SCP-3712に損傷を与えない処分の試みが含まれます。例えば、単に埋め立て処分して捨てることです。

SCP-3712の発見経緯としておそらく、サイトの建設からおよそ6年後にサイト-179に現れました。SCP-3712の以前の所有者がオブジェクトを破壊しようとしたため、サイト-179が建設された場所のいずれかに出現したと推測されています。

ページリビジョン: 1, 最終更新日時: 09 Mar 2019 01:35
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website