nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-3730 テイクオフを待ちわびて
SafeSCP-3730 テイクオフを待ちわびてRate: 56
SCP-3730
SCP-3730

SCP-3730

アイテム番号: SCP-3730

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-3730が機能していることを確認するため、毎月点検を実施してください。 SCP-3730を使用したすべての実験は、レベル3/3730以上の職員の承認を得なければなりません。標準の風洞安全ガイドラインには、異常が作動しているときに従業員が従います。

説明: SCP-3730は、建設から3ヶ月後に異常な特性を示すようになった、1995年にSite-201で設立された3.7mの長さの風洞です。 SCP-3730が稼働しているときに飛行機または他の航空機のモデルが存在すると、機械の使用時間中に変則的な異常現象が発生します。これらの現象は、モデルが表す機体に依存します。

補遺: 以下は、SCP-3730の実験の要約リストです。

日時 モデル機体 結果 その他
1995/3/6 観測機 Sam-14 積乱雲がモデルの前方で断続的に形成され、後方に移動したあと消えた。 これは、SCP-3730で起こる初の異常なイベントだった。
1996/6/8 SCPF-16G ジェット戦闘機 モデルと同じサイズの2機のF-16航空機が風洞に現れた。3分後、各F-16はモデルにミサイルを発射し、小さな火の玉を作り、破壊した。 なし
1997/9/12 SCPS ランスの緊急脱出用カプセル カプセルの大気再突入に対する空気力学的予測のように激しい炎がモデルを取り囲んだ。大量の塩水がファンから溢れ出し、風洞内の大部分を満たし、同時にパラシュートがカプセルの上に現れた。 なし
1998/4/29 SSTO1スペースプレーンTosh-0 モデルの翼が激しく振動し始めて1分後に剪断されるまで、不規則性は観察されなかった。 テストの後に行われた宇宙船の検査では、修理されなければ同じように翼が破損するという構造的欠陥が発見された。
1992/2/2 貨物航空機Lamedh-12 空洞の床に雪が積もった。雪は風洞で生み出される風に強いようである。 3時間後、雪はサヤ山脈の地域に似た山を形成していた。 小さな石がSCP-3730のファンから吹き出され、山の一つに着地した。 このイベントにより、財団はLamedh-12の位置を特定し、乗組員を救出した。 飛行機は、誤ってロシアの異常な大気ゾーン2に入り、未知の航空機に遭遇した後、山脈で墜落した。
1999/2/4 RAAZ-2未知の航空機 雪が吹き出し、オーロラの光に似たライトが現れたときに止まる。 このモデルは、Lamedh-12から撮影したぼやけた写真に基づいている。 航空機に関する決定的な情報は得られていない。
2001/8/1 1986 ドッジキャラバン 小さく無意味なヒューマノイドがモデルの上に現れ、足を軽くたたいてペーシングした。ヒューマノイドは防犯カメラに直面し、消える直前に肩をすくめた。 これは、非航空機のモデルで行われる最初のテストだった。
2002/7/26 SCP-3730 試験後にモデルが分析されるまで、異常な影響は観察されなかった。 モデル内に明らかに不定数のモデルが現れ、顕微鏡スケールに達した。 分析中、SCP-3730は急激に電力を失い、モデルの破壊に対応した。 なし
2004/1/22 探索用ジェット機 Samekh-92 Samekh-9の操縦席とその操縦士はSCP-3730に現れ、主要機体から外れた。 翌Samekh-9は機外の宇宙に入り、敵対的な生物によって修復不可能な損傷を受けた前日に乗組員を輸送する一時的な異常に遭遇した。
2005/3/63 なし SCP-3730は自発的に活性化し、大量の紙吹雪を放出した。 片面に笑顔の絵が描かれ、もう片面には「私は役に立ちたい!」と書かれていた。 研究チーム3730のメンバー間で観察された精神修養の後、無期限にSCP-3730の試験を継続するため、Site-201研究評議会の承認が得られた。
ページリビジョン: 5, 最終更新日時: 06 Jul 2018 10:47
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website