nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-374-JP 秘密結社キャッチ&リリース
UnknownSCP-374-JP 秘密結社キャッチ&リリースRate: 0
SCP-374-JP

アイテム番号: SCP-374-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-374-JP-Aがサイト-81██内に出現した場合、Dクラス職員が対象に選ばれた際は実験を行わない限り放置して下さい。Dクラス以外の職員が対象に選ばれた場合は休暇日を変更し、強奪日に業務を行う事で誘拐される事を防いで下さい。対象に選ばれたDクラス職員以外はSCP-374-JP-Bと遭遇しても接触しないで下さい。

説明: SCP-374-JPはサイト-81██内で一ヶ月毎に発生する財団職員誘拐事件です。最初にサイト-81██内の食堂、受付、会議室のいずれかの机の上に便箋の入った封筒が出現します。封筒には『秘密結社キャッチ&リリース』という文字が印刷してあります(以下、サイト-81██に出現する便箋をSCP-374-JP-Aとする)。

SCP-374-JP-Aには日付と時刻、サイト-81██内に居る人間の一名の名前と「3時間預からせて頂きます」という文章が印刷されています。SCP-374-JP-Aに表記される名前はサイト-81██内の職員名簿に存在しない場合であっても、サイト-81██の建物内に最低でも3日間以上滞在するとSCP-374-JP-Aに表記される対象になります(以下、SCP-374-JP-Aに名前を書かれた人間を「対象」とします)。SCP-374-JP-Aに書かれている日付はサイト-81██内にSCP-374-JP-Aが出現した1~2日後の日付です。SCP-374-JP-Aに書かれている時刻は9:00であり、これまでの事例においてはそれ以外の時刻が記載された事はありません。

SCP-374-JP-Aに記載されている日付の午前9時になると、対象の周囲の地面や壁が、材質にかかわらず水面のように波打ちはじめ、その中から人型の生物が出現します。人型の生物は黒い背広を着ており、人間の頭部はありません。人間の頭部の替わりにオオクチバス(Micropterus salmoides)1がついており、魚の腹部と首の断面が接合しています。常に全身が淡水で濡れていて、体型や服の構造や断面図を見た限りにおいては男女の性別があり、個体によって体型にも差異があります(以下、出現する人型の生物をSCP-374-JP-Bとします)。SCP-374-JP-Bは人間と比べるともろく、体を暴徒鎮圧用ゴム弾で撃たれた場合でも死亡してしまいます。死亡したSCP-374-JP-Bの体は衣服を含めて溶けて淡水に変化します。残った頭部はブラックバスの死体としてその場に残ります。

SCP-374-JP-Bに触れられた人間は意識を消失し、最低でも5分間は意識を取り戻しません。ライオットシールド等の障害物でSCP-374-JP-Bの行く手を阻んだ場合では、SCP-374-JP-Bは障害物に密着した後にすり抜けます。そのため厚い防護服でSCP-374-JP-Bを取り押さえた場合でも、SCP-374-JP-Bは防護服をすり抜けて直接触れる事で、取り押さえてきた人間の意識を消失させます。

対象の周囲に出現したSCP-374-JP-B群は、対象が居る方向へ動き出します。財団は銃火器や捕具を用いて強奪の妨害を行いましたが、SCP-374-JP-Bを死亡させても新たにSCP-374-JP-Bが地面や壁から出現するため、対象の誘拐を遅延させることしかできず、未然に防ぐ事には成功していません。対象に接触したSCP-374-JP-Bは、意識を消失させた対象を抱えて、出現した時と同様に地面の中へ潜り消失します。

日付: 20█1/06/05
対象: ██研究助手
対策方法: 対象を1m×1m×1mの金庫に入れる。
結果: 金庫内にSCP-374-JP-Bが1体出現。対象は誘拐された。

日付: 20█1/07/08
対象: ██職員
対策方法: クレーンを用いて対象を運動グラウンド中央に吊るし、周囲に武装した機動部隊を70名配備する。
結果: 地面から出現するSCP-374-JP-Bを機動部隊が鎮圧。時間が過ぎるごとにSCP-374-JP-Bは増え続け、20分後にはSCP-374-JP-Bの数が200体を突破。機動部隊は全員意識を奪われ、クレーンをのぼったSCP-374-JP-Bによって対象は誘拐された。

日付: 20█1/08/03
対象: ███博士
対策方法: 対象を壁と床が強化ガラスでできた部屋に入れる(対象になった███博士、自らの案)。
結果: 通常と同じように壁と床が水面のように揺れて、透明なガラスに色がつきSCP-374-JP-Bが出現。対象は誘拐された。SCP-374-JP-B出現時に下からスーパースローカメラを用いてSCP-374-JP-Bの断面図の撮影に成功。
首の接合部を確認したが、魚の腹に首の断面がくっついているだけじゃないか。 - ███博士

日付: 20█1/09/10
対象: ██職員(同姓同名の██博士にも同じ対策を取りましたが、SCP-374-JP-Bが誘拐したのは██職員のみでした)
対策方法: 対象を壁と床が金網でできた部屋に入れる。
結果: 金網から淡水が噴き出し、淡水からSCP-374-JP-Bが出現。対象は誘拐された。
てっきり、金網の外から出現して、中に擦りぬけると思ったが。中に直接出現するのか。 - ███博士

日付: 20█1/10/08
対象: D-8137401
対策方法: 対象をヘリコプターに乗車させて飛行する。
結果: ヘリコプター内にSCP-374-JP-Bが2体出現。対象は誘拐された。

日付: 20█1/11/01
対象: █職員
対策方法: 対象にハーネスを装着してヘリコプターから吊るし飛行する。
結果: ヘリコプター内にSCP-374-JP-Bが3体出現。対象をヘリから引っ張り上げて、対象は誘拐された。その時、操縦者が動揺し飛行が不安定になったため、SCP-374-JP-Bの1体が操縦者の意識を奪い、操縦者に替わってヘリコプターの操縦を行い、近場のヘリポートに着陸させた。
死傷者を出す気はないようだ。 - エージェント・██

日付: 20█1/12/03
対象: D-8137402
対策方法: 対象に運動グラウンドを小型スクーターで走行させる。
結果: 対象の背後にSCP-374-JP-Bが1体出現して2人乗りの状態になり、ハンドルを握る対象の手にSCP-374-JP-Bが手を重ねる。対象は意識を失いSCP-374-JP-Bは走行するスクーターの速度を落とし、徐行の状態からスクーターを転倒させつつ対象を抱えて小型スクーターから降ろす。その後、対象は誘拐された。

日付: 20█2/01/01
対象: ███研究員
対策方法: 防具を着せた対象に運動グラウンドを小型スクーターで走行させる。その周囲をゴム弾が装填されたライフルを装備したスナイパー15名配備。
結果: 対象の背後にSCP-374-JP-Bが1体出現して2人乗り状態になる。すかさずスナイパーはSCP-374-JP-Bを狙撃、SCP-374-JP-Bは死亡する。その10秒後、スナイパー15名の背後にSCP-374-JP-Bが1体ずつ出現。スナイパー全員の意識を失わせた後に対象の背後に再びSCP-374-JP-Bが出現。対象は誘拐された。

SCP-374-JP-Bに連れさられた30分後に対象は特定の部屋で目を覚まします。部屋は340cm×573cm×477cmの広さです。部屋の外に続いていると思われる扉は1つあり、窓はなく電波も通じません。3点ユニットバスが設備され、標準的なシングルベッドと本棚が置かれています(置かれてる本の大半が魚の図鑑であり、その他は魚に関係した物語の小説)。天井には点灯した蛍光灯と空調室内機が設置されており、壁には時計がかけてあります。部屋の角には2つのコンセントがそれぞれ対角線上にあります。扉は二重扉になっており、扉の前には1体のSCP-374-JP-Bが立っています。

扉の前のSCP-374-JP-Bは立っているのみで、基本的に対象に反応しません。しかし対象が破壊行為を行うと接触してきます。接触された対象は意識を消失し5分後に部屋にあるベッドの上で目を覚まします。扉の前のSCP-374-JP-Bに対して物品や行為を要望すると、要望に応える場合があります。しかし要望によって支給された物品を対象が部屋から持ち帰る行為は成功していません。対象が部屋に運ばれてから2時間が経過すると、対象が何らかの行動をとっていなくともSCP-374-JP-Bは対象に接触して意識を消失させます。

対象がSCP-374-JP-Bに連れ去られてから3時間後、対象が誘拐された場所に1体のSCP-374-JP-Bが意識を消失した対象を抱えて地面から出現し、対象を置いて地面に潜り消失します。戻ってきた対象は、帰還から5分後に意識を取り戻します。SCP-374-JP-Bが地面に潜り消失すると同時に、SCP-374-JP-Aは溶けて淡水に変化します。

SCP-374-JP調査記録-い

日付: 20█1/10/08

探索者: D-8137401

任意: 部屋の探索とSCP-374-JP-Bの目的の尋問。それらをビデオカメラに記録。

<記録開始>

D-8137401: えー、腕時計を確認したところ、現在時刻は午前9時30分。部屋の時計も同時刻。SCP-374-JPの調査記録を開始する。

(D-8137401は部屋の測定、探索を行う)

D-8137401: 恐らく異状な物はないと思う。それじゃあドアの前のSCP-374-JP-Bに尋問を試みる。

(扉の前に立つSCP-374-JP-Bにカメラを向ける)

D-8137401: あんた達は何者だ?財団の人間を誘拐する目的はなんだ?

(SCP-374-JP-Bは反応を示さない)

D-8137401: えー3分待ってみたが、反応はない。それでは、指示された通りに暴力的な方法をとる。

(カメラを移動する)

D-8137401: あ、しまった。リュックにくくりつけていた三脚が誘拐された時に外れたみたいだ。困ったな。おい、あんた。三脚とか用意できないのか?(カメラをSCP-374-JP-Bに向ける)

(D-8137401の言葉を受けてSCP-374-JP-Bはゆっくり後ろを向き部屋を出る)

D-8137401: え?

(2分後、三脚を持ったSCP-374-JP-Bが部屋の中に入ってくる。この時、D-8137401はカメラで扉の向こう側を撮影。扉の向こう側にはさらに扉がある事を確認する)

D-8137401: まさか本当に持ってくるとは思わなかった。ていうか、あんたらは壁をすり抜けられるんだろう?なんでわざわざ扉を通るんだ?

(SCP-374-JP-Bは反応を示さない。D-8137401はビデオカメラをSCP-374-JP-Bに向かせて三脚に固定し、リュックからバールを取り出す)

D-8137401: まぁいいや、えーそれじゃあバールで脅してみる。おい、あんた。今から殴るからな?やめて欲しかったら目的を答えろよ?

(SCP-374-JP-Bは反応を示さない。D-8137401は14秒待ってから殴りかかる。SCP-374-JP-Bはバールを避けてD-8137401に組み付きD-8137401の意識を奪う。その後、SCP-374-JP-BはD-8137401を抱えてベッドに寝かせる。D-8137401は5分後に目を覚ます)

D-8137401: はい、案の定鎮圧された。えーそれでは、次は壁を破壊するんだったか?それを開始する。

(D-8137401はリュックから電動ドリルを取り出し壁に穴を開ける。直後SCP-374-JP-BはD-8137401に接近し掴みかかって意識を奪う。その後、SCP-374-JP-BはD-8137401を抱えてベッドに寝かせる。D-8137401は5分後に目を覚ます)

D-8137401: はい、案の定鎮圧された。これで終わりか。しかしちょっと暑いなこの部屋。あんた、空調ついてんのかこれ?もう少し涼しくならないのか?

(SCP-374-JP-BはD-8137401の言葉を受けてスーツのジャケットの裏からリモコンを取り出しボタンを押す。直後、天井の空調室内機から冷風が流れる)

D-8137401: 用意いいなあんた。

<以下省略>

SCP-374-JP実験記録-ろ
日付: 20█1/12/03
対象者: D-8137402
内容: D-8137402の体内に時限式爆弾を埋め込み対爆性ビデオカメラを持たせ、誘拐先の部屋での爆破実験。
結果: 爆弾は爆発せず、D-8137402は生還した。SCP-374-JP-Bは対象を引き渡す際、爆発処理をした爆弾も一緒に置いていった。映像記録にも爆弾が爆発した様子はない。
とことん死傷者を出す気はないようだな。 - エージェント・██

SCP-374-JP調査記録-い の結果を受けて、今後の誘拐事件において対象にはSCP-374-JP-Bに対して様々な要求をする実験の許可が降りました。
SCP-374-B要求実験記録

日付: 20█1/11/01
要求者: █職員
要求内容: テレビ・テレビゲーム・ゲームソフト複数・無線LAN
支給された物. テレビ[支給されたが、アンテナが繋がっておらずテレビ番組は映らない]・テレビゲームゲームカセット[1本を除き支給された]
支給されなかった物. ゲームカセット[誘拐の2日前に発売された新作ソフトは支給されなかった]・無線LAN[繋がらなかった]
分析: SCP-374-JP-Bが用意できる物品においても、発売時期が最近の物は支給できないようだ。SCP-374-JP-Bはどこからか物品を入手するルートがあると思われる。
報告: 当然オンラインゲームもできませんでした。そもそも電波を繋がらなくしてるのにネットに接続させてくれるわけがないですね。どちらにしろ記録を取るのみなので、私がゲームで遊ぶ許可は出てないんですけどね。 - █職員

日付: 20█1/01/01
要求者: ███研究員
要求内容: マッサージチェア・お菓子・テレビ・DVDプレーヤー・DVD複数・マッサージ師
支給された物: マッサージチェアお菓子[誘拐の2週間前に発売されたお菓子も含めて支給された]・テレビDVDプレーヤーDVD複数[1枚を除き支給された]・マッサージ師[SCP-374-JP-Bが直接マッサージを行おうとしてきた]
支給されなかった物: DVD[廃盤になって出回らなくなったDVDは支給されなかった]
分析: 大きい物でも扉から通せるサイズまでは支給できるようだ。最近の物だけではなく、古くて出回らない物も用意できないとなるとSCP-374-JP-Bが物品を手に入れるルートがあるのは濃厚のようだ。必ずしも購入して手に入れてるとは限らないから難しいかもしれないが、SCP-374-JP-Bが用意した物から入手先を特定できるかもしれない。しかし、まさかSCP-374-JP-Bが直接マッサージを行うとは、物は用意できても人間は用意できないようだ。もしできたのなら、そのマッサージ師がどこから拉致されたのかで有力な情報が手に入ったかもしれないが。
報告: 結構でかい物も持ってきてくれるんですね。プレミアのついた映画が見れなかったのは残念です。記録を取るだけなので、最後までは見れないんですけれどね。流石にSCP-374-JP-Bに接触されるのはまずいと思ったので、直前で断ったらすぐ帰ってくれました。 - ███研究員

日付: 20█2/02/08
要求者: エージェント・███
要求内容: 様々な料理
支給された物: 様々な料理[しかし対象が摂食した料理は、対象の身体から検出されなかった]
支給されなかった物: 無し
分析: SCP-374-JP-Bは対象を返却する前に、支給した料理を対象の身体から摘出したわけだが、手術痕等は見当たらなかった。すり抜ける能力は人間に対しても有効なのかもしれない。しかし料理の味付けの癖から読み取れる情報は無い事もないかもしれないが、あまり有力な情報は期待はできないと思われる。今後は料理の要求は必要ないだろう。
報告: 肉や野菜料理、スイーツはまぁまぁでしたね。下手に高級料理を頼むよりも庶民的な家庭料理を頼んだ方が安定してます。しかし魚料理に関しては驚く程のクオリティでした。完璧に魚の味を知り尽くしてると言うのでしょうか、最低限の味付けで最大限に素材の魅力を活かしていたと思いますね。勝手に全品完食した事は反省しています。 - エージェント・███

日付: 20█2/03/03
: ██研究員
要求内容: トランプ・遊び相手
支給された物: トランプ遊び相手[扉の前のSCP-374-JP-Bとは別に、SCP-374-JP-Bが4体部屋に入ってきた]
支給されなかった物: 無し
分析: SCP-374-JP-Bは喋りはしないが、やはり知能はあるようだ。しかし喋らないゆえに宣言を必要とするトランプゲームはできないようだな。ハウスルールを主張してくれたなら、潜伏地域に近づけたかもしれないが。
報告: 私は記録を取るのみなので参加せずにSCP-374-JP-Bのみで遊ばせました。大貧民は弱いけど、神経衰弱は強かったです。 - ██研究員


補遺1: Dクラス以外の職員が対象に選ばれる傾向において、誘拐される当日は対象の休暇日でした。それを受け、実験的に対象に選ばれた職員の誘拐当日を勤務日にする処置をとりました。その結果、勤務の決定直後にSCP-374-JP-Aに書かれた対象の名前が別の職員に変更されていました。そのため、SCP-374-JP-Aが出現しDクラス職員以外の職員が対象に選ばれた場合は、Dクラス職員が対象に変更されるまで休暇日を変更する対応が取り決められました。

補遺2: 20█2年3月3日の誘拐において対象であった██研究員は、扉の前のSCP-374-JP-Bの手から20█1年11月1日に対象であった█職員の手と、同様の場所にほくろがある事を発見しました。そのため██研究員はSCP-374-JP-Bに手のひらを見せる事を要求し、指紋の撮影に成功しました。指紋を照合したところ、SCP-374-JP-Bの指紋と█職員の指紋は一致しました。その後、20体のSCP-374-JP-Bの指紋を記録し、Dクラス職員を含めた過去に誘拐された職員の指紋と照合させたところ、9体のSCP-374-JP-Bの指紋と、過去に誘拐された職員の指紋が一致しました。また、職員と指紋が一致したSCP-374-JP-Bは性別と体型も、職員と一致していました。

補遺3: 補遺2の結果を受けて、対象となったエージェント・██は休暇日の変更を行わず、SCP-374-JPの調査を行いました。エージェント・██は扉の前のSCP-374-JP-Bに対して、SCP-374-JP-Bの体が職員の物と同じであると把握している事を告げ、再度SCP-374-JP-Bの目的を問いかけました。その問いかけに対し、SCP-374-JP-Bは扉を開けて部屋から出ていき、70分後に封筒を所持して部屋に入ってきました。封筒はSCP-374-JP-Aと同じ物が使われており、その封筒をエージェント・██に渡しました。その後、エージェント・██が部屋から帰還しましたが、SCP-374-JP-Bが差し出した封筒は没収されず、またSCP-374-JP-Aのように溶ける事はありませんでした。封筒の中の便箋に書かれていた文章は「秘密結社キャッチ&リリース」という文字以外は手書きであり、内容は以下の通りです。


しゅみです


秘密結社キャッチ&リリース

ページリビジョン: 11, 最終更新日時: 16 Jun 2016 05:11
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website