nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-379-JP サインポール
SafeSCP-379-JP サインポールRate: 22
SCP-379-JP

アイテム番号: SCP-379-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-379-JP、-a、-bはサイト-8102にてそれぞれ別のパスワード付きの高耐久ロッカーに保管し、常時監視カメラで監視してください。実験を行う場合はセキュリティレベル3以上の職員の許可を取ってください。運搬する際は2人以上で慎重に運んでください。現在SCP-379-JPの実験は停止されています。

サイン.jpg

回収時のSCP-379-JP

説明: SCP-379-JPは右に行くに従って模様が上がる、いわゆる「Z巻き」と呼ばれる型のキャスター付きサインポールです。SCP-379-JPは電源に接続されていないにも関わらず常に作動しています。また未知の工学的技術による高度な耐久性を示しており、分解、破壊する事はおそらく困難です。ただしガラスカバーには異常性は無く、問題無く取り外す事ができます。

SCP-379-JPの内部のモーター部分における上底と下底には存在しないはずの空間が開いており、SCP-379-JPの回転筒は回りつつ上底の空間に向かい延々と上昇し続けます。空間は現世界、別世界に関わらず別の同じ異常性を示すサインポールに通じていると考えられ、捜索の結果、現在3台のSCP-379-JPを収容しています。

補遺: 発見経緯について
SCP-379-JPは、小学生の「あのグルグルは上まで行ったらまた下から出てくる」といった趣旨の会話を、当時工事現場で潜入調査していたエージェント・小畑が偶然耳にし、該当オブジェクトを調査したところ異常性を発見し、収容されました。SCP-379-JPは当時、三重県██市にある美容室「██████」で使用されており、同機種の故障の多発による自主回収を名目に回収しました。会話をしていた小学生2人に事情聴取したところSCP-379-JPの異常性については認知しておらず、一方の小学生の推測にすぎなかった事が確認されました。

200█/03/10 SCP-379-JP探査記録1
上底、下底の空間口はともに僅かな隙間しかないため、回転筒に小型の映像通信記録装置を貼り付け、上昇した先の空間の探査が試みられました。装置が次の空間に移動するまでの時間は平均して4.5秒です。また、視点が回転している為多くは不明瞭な記録になります。

探査記録-1
子供が数人周りを走り回っている。ヤシの木と砂丘が遠くに視認出来、白い木製の建造物が側にある。砂丘は海の様に常に波打っている。子供の1人の背中に用途不明の突起物が2本確認できる。

備考:我々の宇宙とは別の宇宙、もしくは別世界に通じている可能性がある。-白波瀬博士

探査記録-2
ガラスカバーが緑色の粘液に覆われており、小さな手足を持つ球状の物体が空中に浮いているのが微かに確認できる。

探査記録-8
商店が立ち並んでおり、人が歩いてるのを見下ろすことが出来る。外見からは人類と差異は見られない。近くの店の看板に「██印鑑」という文字が確認出来る。

備考:映像中の場所の特定を試みた所、岡山県██市に存在する商店街だと特定されました。問題無く新たな壁掛け式のSCP-379-JPを収容しました。この他にも探査記録からアメリカ████州でのSCP-379-JPの存在も確認され、回収しました。(それぞれSCP-379-JP-a、-bと指定)

探査記録-9
暗く確認し辛いが深海だと思われる。丸い物体が分裂と発光を繰り返している。形はクンショウモに酷似しているが、肉眼で確認できる程度の大きさ。すぐ側には建造物の存在が確認できるが、暗い為詳細は不明。

探査記録-12
コンクリート製と見られる壁に囲まれた部屋に大量のサインポールが敷き詰められている。ガラスカバーは取り外されており、周りのサインポールも同様の状態で作動し続けている。[編集済]。ドアは視界上には確認出来ない。

備考:これ以降の探査で合計7回、それぞれ別のサインポールに通じる形で同一の空間を映像通信記録装置が通過した。SCP-379-JPは意図的に製造された人工物と見られる。-白波瀬博士

探査記録-34
カバーガラスに所々穴が空いている。肉壁に囲まれた空間を様々な物(木、石、象の死体、はさみ、テレビ、ペットボトル、人間の死体、等)が満たしている。肉壁は脈動しており、壁に空いた穴から次々と前述の物品類が排出されているのを確認できる。

探査記録-35
映像が横倒しになっている。茶色がかった肌の口の無い人型生物がガラスカバーにへばり付きこちらを凝視している。その生物の背後には古い納屋と青空が見える。生物に動きは確認できなかったが、次の空間に移動する直前に突然装置からの通信が途絶える。

備考:SCP-379-JPの空間口は電波を問題無く通すようだ。最後に通信が途絶えた原因は電波が距離的に届かなくなったからなのか、それともあの人型生物の影響なのか。設備を整えた上で再び実験を行うことにする。-白波瀬博士

200█/03/15 SCP-379-JP探査記録2
前回と比べて、より強い電波を発する映像通信記録装置を使用しました。

     探査記録-1~34
     前回の探査記録と同じ空間と状況

探査記録-35
前回の探査で確認した人型生物は視界には存在しない。木に囲まれた開けた場所に古い納屋と青い空が確認できる。前回の探査記録と同一の空間かは不明。問題無く次の空間に移動した。

探査記録-39
探査記録1-35で確認した人型生物を再び確認。前回と同様にガラスカバーにへばり付きこちらを凝視している。背後には高いビルが立ち並んでいる。白いスーツを身にまとった様々な犬種の犬が十匹以上見える。人型生物に向かい吠える、噛みつくなど敵意をむき出しにしている。次の空間に移動する直前に突然装置からの通信が途絶える。

備考:探査記録35の空間と探査記録39の空間は同一の宇宙、もしくは世界という事だろうか。嫌な予感がするが実験を続ける。今後あの人型生物をSCP-379-JP-1と呼称する。-白波瀬博士

200█/03/16 SCP-379-JP探査記録3
前回と同様の映像通信記録装置を使用しました。

     探査記録-1~38
     前回の探査記録と同じ空間と状況

探査記録-39
SCP-379-JP-1は確認できない。大きく損傷したビルの前に赤いスーツを着た犬が大量に倒れている。どれも死亡しているように見える。問題無く次の空間に移動した。

探査記録-47
SCP-379-JP-1を確認。ガラスカバーにへばり付きこちらを凝視している。空間は乳白色の半液状の物体に満たされており野菜(人参、じゃが芋、玉ねぎ、ブロッコリー)と肉の小片が大量に浮いている。次の空間に移動する直前に突然装置からの通信が途絶える。

備考:しばらくシチューは食べる気にはならないと思う。あくまで推測だがやはりSCP-379-JP-1はサインポールを通じて空間を移動している。理屈は分からないが、理屈を期待するのも無駄だろう。再び実験を行う。-白波瀬博士

200█/03/17、SCP-379-JPの下底の空間から出てきた回転筒に何らかの機器が張り付いており、回収されました。調査の結果それはSCP-379-JP探査記録1で使用された映像通信記録装置と判明しました。内部の部品が熱によって融解しており映像記録の復元は不可能でした。装置は茶色の汚れに覆われており、その汚れを解析したところ、人間の皮膚の死細胞1に酷似した物質だと判明しました。

SCP-379-JP探査記録2とSCP-379-JP探査記録3で使用された装置もそれぞれ200█/03/22、200█/03/23に、同様の状態でSCP-379-JPの下底の空間から現れ、回収されました。

SCP-379-JPの探査実験は停止する。-白波瀬博士

補遺379
201█/██/██現在、SCP-379-JPのオブジェクトクラスをEuclidへ引き上げるかの協議がなされています。

ページリビジョン: 23, 最終更新日時: 28 Feb 2017 15:55
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website