nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-047-JP "最高の音楽のために"
SafeSCP-047-JP "最高の音楽のために"Rate: 31
SCP-047-JP
評価: +26+x

アイテム番号: SCP-047-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-047-JPは特別に作られた強化CD-Rケースの中に入れられ、サイト-8181の低危険物収容ロッカーにて保管されます。SCP-047-JPを持ち出すにはレベル2/047-JPクリアランスが必要です。実験を行う際は必ず再生を停止するかヘッドフォンを外させるかなどをさせて、被験者に長時間にわたってSCP-047-JPの音声を聴かせ続けないでください。もし被験者に長時間の聴取をさせたい場合は、担当主任と人事部の許可を得てから行ってください。

説明: SCP-047-JPは24分58秒の無題のMP3データが記録されている、ラベルに黒いペンで "最高の音楽のために" と書かれたCD-Rです。調査の結果、CD-Rそのものに不審な点は見つかりませんでした。また、SCP-047-JPに記録されているMP3データをコピーしたり、編集することは不可能であるということが判明しています。なお、SCP-047-JP内のMP3データの再生時は、音声の早送りと巻き戻しができないことに注意してください。

SCP-047-JPに記録されているMP3データには、1人の男性が複数の観客に向かって音楽に関するスピーチを行っている様子が録音されています。スピーチの内容は再生毎に変化しますが、大筋では一貫したものとなっています。全ての聴取実験で、再生時、いずれかの時点で "スピーチを行っている男が段々と近づいてくる足音" が聴こえてくると被験者達より報告されています。その時点でヘッドフォンを外すか、再生を停止しなかった場合、被験者は衣服ごとその場から消失します。再生機器の音量を最低にしても、この消失は必ず発生します。研究員たちはハイスピードカメラなどで消失の瞬間を捉えようと試みましたが、その全ては失敗に終わりました。音声通信装置とGPSロケーターを持たせたDクラスの被験者が消失した際は、そのどちらとも消失し機能を失いました。

研究員がMP3のバイナリデータを解析し読み取ったところ、そのトラックには何も記録されていないはずだという矛盾した結果が出ました。また、SCP-047-JPを音声の出力をせずに再生し、Dクラスの被験者に24分30秒よりヘッドフォンにて聴取させたところ、消失は起こりませんでした。被験者は再生が終わるまでの28秒の間、"耳障りなノイズ音" だけが聞こえたとの主観評価を述べました。過去の怪我により発声障害をもつD-101が被験者として選ばれた時も、同様に被験者の消失は起こりませんでした。

第1回の聴取実験: 再生記録の転写(重要部分のみ)
被験者であるD-091が、CDプレイヤーで再生されたSCP-047-JPの音声をヘッドフォンにて聴取します。なお、再生したSCP-047-JPの音声はキャプチャーし保存されています。

00:03:43 — 人が生存を求める声、声帯を限界まで震わせて絞り出す音こそが最高の音楽であると、私は確信しています。そこにこそ魂が宿り、人間という生物の作り出した音楽そのものを超える神秘があると考えます。ここにお集りの皆様も、偽りの旋律や音色にはうんざりしているのでしょう?

(中略)

00:11:22 — ここに様々な器具が用意されています。全ては私がこの場で特別に作り出したもので、この世ならざる苦痛を与えるものです。特に今回、初めてお見せするこれ、これなどは……[規則正しい未知の駆動音、観客のどよめきが聴こえる]私の最高傑作のひとつだと自負しております。

(中略)

00:15:01 — では、ひとつ実践してみましょう。準備があるので、皆様、少々の間ではありますがご辛抱ください。

(この時点で、D-091から男の足音が近づいてくる様に聴こえるとの報告がありました。この後、D-091は消失し、ヘッドフォンからは彼の悲鳴が聴こえてきました。この悲鳴はおよそ6分間にわたり続きました。これよりD-091に代わり、研究助手がヘッドフォンで聴取を行いました。)

00:22:32 — [観客の拍手]ああ、なんと素晴らしいのでしょう。美しく傾いた音色。私の鼓膜が悦びに震えるのが聞こえました。そこにはあらゆる欺瞞も誇張も無かったのが皆様にもお分かり頂けたことと思います……。[観客の拍手]

00:24:03 — 他にも楽器がある様ですが、残念ながら時間がありません。素晴らしいひとときを、ありがとう。

[再生終了]

第4回の聴取実験: 再生記録の転写(重要部分のみ)
3名の被験者であるD-103、D-122、D-201と、1名の研究員がスピーカーの前でCDプレイヤーに入れたSCP-047-JPを再生しました。

00:04:28 — どんなに好きな曲でさえ、繰り返し聴けばいつの日か飽きてしまうものです。ですが、人の極限の声は聴くたびに新たな発見があります。私は、いや、私たちはそこに惹かれているのでしょう。

(中略)

00:07:41 — 時計の針が止まっていることに気づいてからどれほどの時間が経ったのでしょうか……。いま思えば私たちは最初、何てくだらない、低俗な音楽について話していたことでしょうか。[男が歩く音、ピアノをひく音が4秒間だけ聴こえる] おっと、私としたことがつい感傷的になってしまいました。

(中略)

00:10:03 — 私たちは壁に刻まれた傷が増えるごとに、結論へと近づいてきました。私たちは音楽の高みを見たのです。そして今や、そこにいるのです。[観客の拍手]

(中略)

00:11:47 — さて、なんと今日は幾つもの楽器が用意されている様です! では、そことそこにいる紳士の方と、他にも数名の観客の皆様に、演奏の準備のお手伝いをして頂きましょう……。今宵の演奏は素晴らしいものになるはずです。

この時点で研究員はSCP-047-JPの再生を停止しました。研究員や被験者達は、複数の人物が近づいてくるような音がスピーカーより聞こえたと報告しました。

ページリビジョン: 1, 最終更新日時: 03 Sep 2014 07:26
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website