nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-416-JP 近所迷惑なクラクション
UnknownSCP-416-JP 近所迷惑なクラクションRate: 0
SCP-416-JP

アイテム番号: SCP-416-JP

オブジェクトクラス: Euclid

a0002_005967.jpg

外から見たSCP-416-JP-A。

特別収容プロトコル: 現在、メゾン・████の不動産、土地等の権利は財団によって所有、管理され、SCP-416-JP-A以外の部屋全てに一般市民に変装した財団エージェントを配置することで収容状態を維持しています。SCP-416-JP-A内部の監視は3台の監視カメラによって行われ、監視室は家屋の一部屋に設立してください。異常が発生した場合は機動部隊け-120に報告してください。事案20██/█/█の発生により今後のSCP-416-JP-Aへの侵入、およびSCP-416-JPに関わったことのある失踪者の捜索は禁止されます。
現在、失踪した財団の職員は3 4名です。今後、SCP-416-JPの実験に参加していた職員はサイト-8122隔離室に収容され監視されます。

説明: SCP-416-JPは石川県 金沢市 ██町 ██-██-█に位置するアパート、メゾン・████の一室(以下SCP-416-JP-A)で発生する一連の現象です。メゾン・████は2013年3月10日現在から換算しておよそ55年前に建築された建物で、SCP-416-JPの異常性は先の期間から換算して約20年前から発生していると思われます。

SCP-416-JPの異常性は、SCP-416-JP-A内で1週間以上住人が生活し、かつその住人が睡眠状態へと移った際に発生します。住人が睡眠状態へと移行した場合、SCP-416-JP-A外部から車のクラクションに酷似した音が鳴り始めます。この音はおよそ2つのパターンを踏襲しつつ段階的に音量を上昇させていき、最高で130dB1という騒音レベルにまで達します。近隣住民の証言では全住民が異常性発生時は何も聞こえなかったと供述しており、SCP-416-JP-A外部ではこれらの音は観測されないことが判明しています。なお、これらの異常性は住人が一切睡眠行動を行わなかった場合や複数人いた場合は発生しません。

異常性発生時にSCP-416-JP-A内から外を観察した場合、一体の人型の実体(以下SCP-416-JP-B)が出現します。SCP-416-JP-Bは上記の異常性発生と同時に出現していると思われ、上昇していく音と連動してSCP-416-JP-Aへと接近します。SCP-416-JP-BはSCP-416-JP-Aからのみその実体を視認することが出来、現在その存在の証明には至っていません。また、SCP-416-JP-Bの正確な姿形は未だ判明していません。しかし、実験に参加したDクラス職員の証言から「人間の女性」に近い姿であると予想されます。現在までSCP-416-JP-Bを捕獲する試みは成功しておらず、機動部隊員を動員した作戦も実行されましたが、隊員の聴覚に関する身体的外傷が規定の範囲を超えたため中止されました。

これらの異常性は被験者を交代させる毎にリセットされ、音およびSCP-416-JP-Bの出現位置が初期の状態へと戻る事が確認されています。

SCP-416-JP-Aにて観察された異常性のまとめ

経過日数 SCP-416-JP-A外部からの音に関するまとめ SCP-416-JP-Bに関するまとめ
発生~5日経過 自動車のクラクションに酷似した音を観測することが出来る。パターンは8秒鳴り2秒休むといったもの。およそ5分間これらが継続される。騒音レベルは50dB前後を記録。 SCP-416-JP-Aの窓からおよそ900mの地点で観察することが出来る。常にSCP-416-JP-Aの方向を見ており、出現場所に法則性があるようには見られない。
5日~10日 10日目までは以前のパターンを繰り返しつつ、一日置きに5分づつ時間が伸びていく。また、それに伴い音量も上昇していく。騒音レベルは60~65dBへと上昇していく。 およそ800mの地点のコンビニエンスストアの駐車場に出現する。出現場所は固定。体勢は直立不動。
10日~20日 この期間からは継続的に音が鳴る状態へと変化する。この音はSCP-416-JP-A内の人間が気絶するか、日の出を迎える時間まで続くことが確認さている。測定された騒音レベルは70dB~90dBまで上昇していき、住人は聴覚に異常をきたし始める。 およそ700m~300m間に設置されている電柱側に出現。この時期から急速SCP-416-JP-Aとの距離が縮まってくる。ここで、SCP-416-JP-BがSCP-416-JP-Aの窓あたりを目視している事が確認される。
20日~25日 前回同様継続して音が鳴り、この時点から日の出の時刻を迎えるまで音が止むことがなくなる。騒音レベルは100dB~130dBへと急速に上昇する。被験者に身体的苦痛が伴い始めたため、実験は中止された。 SCP-416-JP-Aの窓の直ぐ側に出現する。窓を開けた場合、SCP-416-JP-BはSCP-416-JP-A内部に侵入する。事案416-JP-Bから、住人に対して攻撃的行動を取るようになると思われる。その後、SCP-416-JP-Bは消失する。

補遺: SCP-416-JPは、1999年に大手企業████・██████へと潜入していたエージェント・ポルによって発見されました。当時、潜伏していたエージェント・ポルは、SCP-416-JP-Aに入居していた同僚の█ ███氏と頻繁に接触する機会が多かったため、「夜中に鳴るクラクションの音」に関する相談を受けていました。当初、相談してきた███氏も「単なる近所のおかしな人の行い」程度にしか認識していませんでしたが、異常性の特性上、███氏の状況は悪化。心身ともに疲弊していき、その一ヶ月後、███氏は近隣の住民と暴力事件を起こしました。後に███氏は会社を辞職、その際、███氏は以前にSCP-416-JP-Aに住んでいた人間について調査をしていたことが判明しました。1年後、家賃滞納を指摘しようとした当時の大家によって█ ███氏の失踪が発覚。これら一連の出来事を不審に思ったエージェント・ポルは詳細を財団に報告しました。異常性が確認されたため財団は収容体制へと移行し、現在の収容プロトコルが確立されました。

財団の調査により、█ ███氏の前に1名の女性がSCP-416-JP-Aに居住していたことが明らかとなりました。現在、女性は行方不明となっており、女性の失踪した時期がSCP-416-JPの異常性の発生時期と重なっていることから、財団はこの女性がSCP-416-JPと何かしら関係があると予想し、行方を捜索しています。

補遺2: 現在、事案416-JP-Bの発生によりSCP-416-JP-A内部での実験は一部制限されています。事案416-JP-Bに関する詳細は以下の項目を参照してください。

事案416-JP-B

概要: 事案416-JP-Bは、SCP-416-JPの収容から17日が経過した時期に発生したSCP-416-JP-A内部での事故です。

当時、SCP-416-JP研究班はDクラス職員をSCP-416-JP-A内に20日以上潜伏させるという実験を行っていました。この事案は実験25日目に発生し、防音用の耳あてが支給されていたにも関わらず担当のDクラス職員は聴覚の苦痛を訴えました。その結果、Dクラス職員は窓からの脱出を決行。窓は脱出防止用の器具で固定されていましたが開放されました。この時、SCP-416-JP-A外部から観察された窓は閉じられたままの状態であり、それと同時にSCP-416-JP-Bが出現。SCP-416-JP-A内部に侵入し、それからおよそ5秒後、SCP-416-JP-A内部で異常な電磁波が発生しました。その結果、内部に設置されていた監視カメラ等の電子機器全てが機能を停止。観測が不可能な状態になりました。そのおよそ10分後、機動部隊がSCP-416-JP-Aへと突入、しかしすでにSCP-416-JP-Bは消失しており、Dクラス職員は左腕切断という重症を負いました。

現在も被害にあったDクラス職員は意識不明の状態です。その為、Dクラス職員に対するインタビューは凍結されています。
この結果を受け、SCP-416-JP担当班はSCP-416-JP-Bの攻撃性を危惧し、一部の実験に制限を設けました。


財団は今もなお女性の行方を捜索しています。しかし、これらの概要は未だ判明しておらず、財団はさらなる調査範囲の拡大のためSCP-416-JP特別調査班を設置しました。SCP-416-JP特別調査班には10名のエージェントが起用され、班長はエージェント・C███が担当しています。今後のSCP-416-JPに関する調査資料などの請求はエージェント・C███に申請してください。

追記1: Dクラス職員の意識が回復しました。その為、SCP-416-JP特別調査班は対象へのインタビューを開始しました。

対象: D-01122(以下、D-a)

インタビュアー: エージェント・C███

付記: インタビューはD-01122が治療を受けている病室内で行われました。

<録音開始, >

エージェント・C███: D-01122、気分はどうだ。

D-a: …悪くはない、と言ったら嘘になるかもな。なんせ、これだ。[自身の左腕を見せる]まさか、こんなことになるとは…

エージェント・C███: 率直に訊く。君は、あの時一体何を見た。

D-a: …あの時、俺はあの音に耐えかねた。事前にあの窓は固く閉じられているって警告もされてたし、あのクソうるせえいクラクションの存在にも、嫌な話だが慣れてきていたってこともあった。防音用の耳あても渡されて、あの日もなんとか乗り越えられるって思ってたんだが…無理だった。

エージェント・C███: それは何故だ。

D-a: あの日までは、あれはただの音だった。本当に、ただのクラクションの音。…けど、あの日、あの音は変わったんだ。なんていうか、音が耳あてを通り抜けて来たというか。頭のなかに直接響きだして。もう耳あても意味をなさなくて、本当に頭がぶっ壊れちまいそうな爆音が鳴り響きやがった。もう、気が気じゃなかった。耳あても放り投げたし、耳を両手で塞いでも意味がなかったし。本当に、頭が吹っ飛んじまうかと思った。だから、必死で逃れようとしたんだ。…あんたも、その時の様子くらいは知ってるだろう。

エージェント・C███: 事案416-JP-B当時の映像には一通り目を通してはいる。

D-a: なら、分かるだろ? 人間、あんな環境にいたらどうかなっちまうんだ。だから、俺はあんな真似をした。…もう闇雲だった。開かないって頭では分かってた。けど、それ以上に体が動いたんだ。そして、俺は実行した。最初は驚いた。だって、まさか、開くなんて思っていなかったからな。

エージェント・C███: [メモを取る]次に君が見たものの詳細な姿形について教えてくれ。

D-a: …カメラには映っていなかったのか?

エージェント・C███: 生憎だが、あの事件の時にカメラは全て壊れてしまった。

D-a: そうか…。[5秒程の沈黙]あれは、一応は人の形をしていたよ。どちらかと言うと、人間の女。服も着ていた。真っ赤な、ワンピースのドレスみたいなので、でも、ところ何処が破けてて。あと、良く見たら体中痣や傷まみれだった。あの爆音の中でのことだったが、印象的だったんでよく覚えてる。それから…肌は青白かったな。まるで、死体みたいに。これっぽっちも生気を感じられなかったよ。ていうか、多分あれは死体だ。多分。だって…[口ごもる]

エージェント・C███: 続けて。

D-a: …顔が、完全に潰れてたんだ。…顔面が、完全に形をなしていなかった。ぐちゃぐちゃで、頭中に釘やら、ガラスの破片やら、でっかい杭やらが刺さってて。それで、その杭にあの鎖が繋げられてて。…あれが一番酷かった。禍々しくて、見てるだけで吐き気がしてきた。それで、目のところにはでっかい電球が2つぶっ刺さってて、口には小さいスピーカーみたいなのがあって…。あれは、完全な悪意のあるやり方だ。今思い出しても鳥肌が立つ。…まるで…そう、玩具みたいな扱いだった。

エージェント・C███: なるほど。[メモを取る]…鎖とはどういうことだ?

D-a: …どういうことって、鎖は鎖だ。それくらいは写っていたはずだろう? だって、あんな長い鎖が三本もあったんだ。カメラの壊れる直前ぐらいには、絶対に見えていたはずだ。

エージェント・C███: …いや、そのような記録は一切無い。その鎖は一体どうなっていた?

D-a: そんな…。あの、汚え押入れの中に繋がってたよ。あの長え鎖は、まっすぐ押入れの奥の方に伸びていってた。

エージェント・C███: そうか。[メモを取る]

D-a: それで、俺は押入れの中を覗き込もうとしたんだ。自分でも、なんであの中を覗こうとなんてしたのかは分からねえ。なんか、引き寄せられるような感じがしたんだ。そんで、押入れに近づいた。けど、襖の取っ手に手を掛けた時に思わず鎖に触れちまって、それで…[失った左腕を手で切るようなジェスチャーをする]この有様だ。

エージェント・C███: つまり、君はあの実体から直接何かをされた訳ではない、そういうことか?

D-a: ああ。そうだ。

エージェント・C███: そうか…では、君の言うその人型の存在が部屋の中に侵入していた時、人型は一体どのようなことをしていたんだ?

D-a: それは…。

[5秒程の沈黙]

エージェント・C███: どうした、D-01122。私の質問に応えろ。

D-a: いや、まあ、なんていうか。 その…。

エージェント・C███: どうした。何か、答えられないことでもあるのか? 言いなさい。これは命令だ。

D-a: …あんちゃん。ちげえんだよ。そう。ぜんぜん違う。

エージェント・C███: ん? 何が違うと言うんだ?

D-a: あんたらの言っていることと、俺が見たものがだよ。全く違う。いや、むしろ逆だ。

エージェント・C███: 逆?

D-a: ああ。あいつは、こっちに向かってきてたんじゃねえ。あれは、あれは、引きずり込まれてたんだ。

エージェント・C███: …何?

D-a: あんたらには見ていなかったのかもしれねえが、俺ははっきりと見たんだ。あの化物が、いや、化物って言って良いのかも分からねえけど、あれが、なんか、もがき苦しんでるような感じで、あの顔面にぶっ刺さってる鎖で、あの押し入れの奥の方に引きずり込まれそうになっているのを。あれは、両手で必死に鎖を掴んでた。引っ張りこまれないように必死に踏みとどまってたんだ。

エージェント・C███: だが、そんな記録は

D-a: 俺はこの眼ではっきり見た。あれは、侵入なんかじゃねえ。…なあ、あんちゃん。

エージェント・C███: …なんだ。

D-a: 俺、思うんだよ。あれは、あの音は謂わばあれの叫び声なんじゃねえのかって。あの引きずり込まれるのを止めさせるために、わざとでっかい音を出して、俺達を追いだそうとしてんじゃないのかって。あれがたとえ何かの罰だったとしても、惨すぎる。…なあ、こんなこと言うのもおかしな話だけどよ、なんていうか、助けてやることはできねえのか?

エージェント・C███: 助ける?

D-a: ああ。だって、要はあれは住む人間が変わる度にあれを繰り返してるってことだろう? 中にいる人間が変わるごとに、何度も、何度も引きずられて…。想像しただけでも、ゾッとしてくる。…なあ、なんとか出来ねえか。

エージェント・C███: …それについては、こちらでは返答しかねる。…今日のところはもう終わりにしよう。後日、また来る。

<録音終了, >

終了報告書: このDクラス職員の証言を元に、SCP-416-JP特別調査班を筆頭に機動部隊と3名の研究員、2名のエージェントを起用した大規模な内部調査を決行しました。しかし、なんら異常な存在は発見できず、異常性も以前と変化は見られませんでした。

追記2:

2016/3/24 SCP-416-JP特別調査班によって█ ███氏の遺体が発見されました。発見場所は新潟県 ███市の山林内で、不法投棄された自動車内に遺棄されている状態でした。死因は脳挫傷だと思われ、特に頭部の損傷が激しく、遺体は極めて劣悪な状態でした。
また、遺体発見から3時間後、現地の職員の証言からもう一体のSCP-416-JP-Bの出現が報告されました。対象の姿形は以前のSCP-416-JP-Bと異なる「人間の男性」に近いものと思われ、また、服装が発見された時の███氏のものと一致していました。担当班はこの事態を財団へと報告。急遽、緊急対策室が設置され、現状調査が実施されました。現在、SCP-416-JP-A内での実験は禁止されており、新たに発生した実体はSCP-416-JP-Bと区別されるためSCP-416-JP-B-2と呼称されます。
また、この事案に伴いエージェント・ポルが失踪するという事態が発生しました。現在、調査班はエージェント・ポルの行方を捜索です。

追記:3

20██/█/█ SCP-416-JP特別調査班によって今まで行方不明となっていた女性の遺体が発見されました。遺体は██県 ██市の森林奥地で両手足を麻縄で括りつけられた状態で放置されており、頭部は不法投棄された車両の下敷きになっていました。身辺に身元を確認できるものが一切無かったため、女性の身元の特定には至りませんでした。遺体の状態は既に白骨化しており、衣服はSCP-416-JP-Bが着用しているものと同じものであると思われます。また、現場周辺を捜索した結果、█ ███氏の免許証が発見されました。このことから、過去に█ ███氏がこの現場を訪れていたことが判明しました。
また、この遺体の発見後エージェント・ポルの死亡が確認。死因は交通事故による頭蓋骨陥没、車両と遺体は海岸沿いの崖下で発見されました。何故エージェント・ポルが発見場所に車で訪問していたのかは分かっていません。また、SCP-416-JP-Aにて、新たな3体目の人型の実体の出現が確認されました。その2日後、D-01122が財団所有の地下病棟から失踪しました。

現在、「失踪者の遺体を見つけた場合、後に異常性に暴露した人間が消失する。そして、失踪し死亡した人間と同じ服装と背格好をした人型の実体が出現する。」という新たな異常性の発覚により、SCP-416-JP-Bおよび失踪した職員に関する調査の中止が決定されました。これにより収容プロトコルは更新され、今後SCP-416-JP-Aへの侵入および実験はすべて凍結されます。

ページリビジョン: 11, 最終更新日時: 12 Sep 2016 03:26
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website