nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-432-JP 自殺ビル
EuclidSCP-432-JP 自殺ビルRate: 13
SCP-432-JP
評価: +11+x
DSC_1485.jpg
現在のSCP-432-JPの様子

アイテム番号: SCP-432-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:SCP-432-JPは物理的に収容する方法は無いため、周辺地域及び情報を遮断する封じ込め処置が行われます。対象となる建造物郡の周囲200メートルを完全に封鎖、警備員を配置し許可を受けた人間以外誰も進入しないようにしてください。警備員は二人組みで行動することを義務とします。
万が一進入があった場合には即座に侵入者を拘束しBクラス記憶処置を行ってください。週に一度、3名以上のDクラス職員に命綱をつけた上で対象建造物周囲を歩かせ、影響を確認してください。もし影響を確認できなかった場合、即座にセキュリティプロトコルA-432-P34が実施されます。

説明: SCP-432-JPは高層建造物に対して発現する異常現象です。現象の発現に関して兆候や目視での異常性は見当たらず、発見を困難なものとしています。SCP-432-JPが活性化している建物の100メートル以内に近づいた特定の人物は自発的に建造物の屋上へと移動します。対象者はその際、鬱状態に陥るか激しく混乱するなど情緒が不安定な状態に陥ります。通常であれば扉等は施錠されているのが一般的ですが、SCP-432-JPが活性化している場合は対象者は障害なく屋上までたどり着くことができます。屋上へ到達した対象者はその後、ビルの周辺から飛び降り死体として発見されます。財団による実地調査では屋上への到達から飛び降りに至るまでのプロセスは不明のままであり、墜落死を止める手段は現在の所わかっておりません。

同一の建造物で5人の被害者が出るとSCP-432-JPは移動を行います。移動は条件に見合った最も近くの建物を選ぶ傾向にあり、現段階では同じ建物には戻らない物と思われます。SCPの影響を受けた人物は屋上へ到達する前に取り押さえ、建物から充分引き離す事によって影響から逃れられる事がわかっており、Dクラス職員を用いた収容状況の確認に利用されています。
SCP-432-JPは現在位置においてすでに4名の死者を出しており、これ以上の犠牲者は対象の移動を促す可能性があり、移動が行われた際の発見の難しさなどから実験は禁止されています。実験や検証が困難であるため、SCP-432-JPの研究は進んでおらず、不明瞭な部分が多く残されています。

 
実験記録432 - 日付19██/██/██

対象: SCP-432-JP
実施方法: 抗鬱剤を投与したDクラス職員一名にGPS装置、ビデオカメラを装着しSCP-432-JPの効果範囲内に配置。建造物には防護ネットを付け、周辺建造物から望遠鏡を用いて観測。
<記録開始>
HQ:[聞こえますか、D-263? 状態を教えてください。]
D-263:[……聞こえてるよ。頭が痛い…どうせ俺は死ぬんだろ?こんな事、一体何になるんだ…。ああ、わかってるよ、登るよ…、登るさ。]
(D-263は鬱状態を強め、ゆっくりとした足取りで階段を上がる。)
HQ:何か変わったことはありませんか?
D-263:[頭が痛いってさっきから言ってるだろ・・・ 何段あるんだよこの階段は・・・ そろそろ屋上に着くぞ、扉が・・・ 開いてる]
HQ:[そのまま扉を開けて、西側に向かって手を振ってください。]
(ここで映像が途切れ、音声にノイズが走る。)
HQ:[D-263、映像が切れている。何かあったのか?応答してください、263。]
D-263:[…ここはどこだ?俺は屋上へ出たはずだぞ・・・ 目がおかしくなった!全部白黒に見える、ここはどこだ!]
HQ:[D-263?どこにいるんです?こちらからは視認できない・・・クソッGPSもアウトした。D-263!下に戻れ!]
D-263:[戻れない。もうだめだ・・・ ここは屋上なんかじゃない・・・ ]
HQ:[エージェントα1!大至急D-263を確保しろ!おい、しっかりしろ263、何がどうなってる?お前は一体どこに居るんだ!]
D-263:[・・・・・・あの世さ。]

この通信の後、鈍い落下音が確認され、D-263の墜落死体が発見されました。防護用に敷設したネットに異常は無く、カメラにも落下する姿は捉えることができませんでした。直後に突入したエージェントには異常な現象は見られず、なんらかの選択によって被害者が選ばれていると思われます。現在の所、SCP-432-JPによるものと思われる死亡者には共通点は見つかっておりません。


SCP-432-JPは██県の集合団地において発見されました。5棟からなる団地の3棟において連続で自殺事件が発生した事から呪われた団地との噂が立ち、財団による調査対象となりました。その後の調査と追跡により現在の封じ込め方法を確立。SCPはEuclidと判定され、団地を運営していた企業は財団フロント企業により買収。団地地下に巨大な断層が発見されたとのカバーストーリーを用いて全住民の退去が行われました。
ページリビジョン: 8, 最終更新日時: 15 Sep 2014 04:02
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website