nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-445-JP スイート・シュガー・ホーム
UnknownSCP-445-JP スイート・シュガー・ホームRate: 0
SCP-445-JP

アイテム番号: SCP-445-JP

オブジェクトクラス: Safe

CiJZl9TUUAApKy0.jpg

SCP-445-JP内の様子。扉のガラス部分が全て砂糖の板に変化している。

特別収容プロトコル: SCP-445-JPの存在する敷地は、財団のフロント企業の所有するビルに偽装した外壁で完全に覆い、一般人の立ち入りを防いでください。実験を行う場合はセキュリティクリアランスレベル3以上の職員の許可を得た上で、SCP-445-JP影響範囲の境界付近で行ってください。変化後の糖は焼却処分します。

説明: SCP-445-JPは██県██市に存在する一戸建て住宅、およびそこで発生する異常現象です。SCP-445-JPは二階建ての一般的な住宅で、内部は箪笥やベッド、テレビなどの家具が存在しています。

SCP-445-JP内に存在する物体は、原理は不明ですが同体積の糖へと変化します。糖への変化は最大で14分以内の不定のタイミングで行われ、変化後の糖の種類や形は元になった物体に依存すると思われます。糖へ変化する物体の法則は不明で、家具などのある程度の大きさを持つ物品の糖への変化は確認されていません。実験記録445-JPを参照してください。
なお、変化後の糖に異常性は無く、通常通り摂食が可能です。

SCP-445-JPは201█/█/██、「近所の家からずっと甘い匂いが漂ってくる」という噂に着目した財団のエージェントが発見し、その異常性が明らかになりました。SCP-445-JPの所有者は██ ██氏となっており、妻の██氏と二人で暮らしていたという記録や近隣の住民の証言もありますが、現在は両名ともに行方不明です。

実施方法: SCP-445-JP内に物品を設置、糖に変化するまで観察します。それにより変化した物体と変化後の形状の比較を行い、SCP-445-JPの異常性の法則を突き止めます。

結果: 以下がその抜粋になります。
変化した物体 変化後の形状 分析
書籍。特に単行本サイズのもの 同じ形状の砂糖の塊に変化していた。 最初の探索時に発見され、既に変化済みでした。
15cmサイズのテディベアと推測されるもの 同じ形状の砂糖の塊に変化していた。 最初の探索時に空き部屋で発見され、既に変化済みでした。
枕や毛布に使われる羽毛や綿 綿あめへと変化していた。ただし枕カバーなどの外装に変化は無し。 最初の探索時に発見され、既に変化済みでした。
200mのケーブル 同じ長さ・形の飴に変化した。 探査時に偶発的に糖へと変化。
塩、小麦粉、[編集済]等の粉末 砂糖。粒子の大きさは元の物体と同じ。 粉末は特に変化が即座に行われるようです。
水、熱湯、氷 それぞれ水は砂糖水、熱湯は水飴、氷は氷砂糖へ変化。熱湯から立ち上る湯気は綿あめに変化。 空気中の水分が糖に変化する様子はありません。可視かどうかが基準のひとつと思われます。
木、ステンレス、銅、ガラス、プラスチック製の、それぞれA1~A7サイズ、合計35枚の板 A4~A7の板が砂糖を固めたものに変化。 糖への変化に材質は関係ないようです。また、A3以上のものには変化が見られず、大きさが基準のひとつと思われます。
昆虫、哺乳類、爬虫類、鳥類などの生物200種。詳細なリストは別紙を参照すること クロアリ、アマガエル、マムシなどの生物33種が同じ形の砂糖細工に変化。 目視が困難なノミ、シラミ、微生物の変化は確認されていません。また、同じ蛇でも小型のシロマダラが変化せず、より大きいマムシが変化したことは注目すべきです。

分析: 糖への変化は「大きさは持ち運べる程度」「肉眼で確認できること」が重要なポイントであると推測されます。しかし法則性は未だ不明瞭であり、さらなる追加実験・調査が必要です。

以下の文章はSCP-445-JPの二階の空き部屋で発見された手書きの文書を写したものになります。他の紙片が糖に変化しているにも関わらず、この文書は1箇所を除いて糖に変化する様子はありませんでした。なお、SCP-445-JPに関して重要でないと判断された箇所は省略されています。全文の閲覧を希望する場合は担当者に問い合わせてください。

これは遺書です。わたしは今日、この世界から消えます。
その理由をここに書き残します。きっと砂糖まみれの世界で、これだけがわたしの名前を残す、ただひとつの証になるでしょう。

(中略)

小さいころ、きれいな砂糖細工をもらったことがあった。てのひらに乗せれるくらいのツルで、ジマンしようと学校に持ってきたら、窓からすてられてこわされた。次の日、雨がふって、砂糖細工のツルは溶けてなくなっていた。

(中略)

たとえばしゃべるクマのぬいぐるみがいたらどうだろう。頭がおかしい人って思われるかもしれないけど、そのクマがわたしにマホウをくれたんだ。だからそのクマを砂糖に変えてやった。幻覚じゃない、ホンモノのマホウ。ユメとかキボウがどうとかやかましかったけれど、砂糖になったらおとなしくなった。

(中略)

だから決めたんだ。このサイテーの世界を変えてやる。何もかもを砂糖に変えてしまえば、甘くてステキなことになるだろう。あの時のツルみたいに雨に溶けて、ぜんぶ消えてなくなってしまえば、血みどろの死体なんてひとつも残らない。

パパもママも。この家も、学校も。友だちも。先生も。わたしも。この世界ぜんぶを砂糖細工に変えてしまえば。そうして雨がふって、何もかも溶けてしまえば、この世界はきれいになる。砂糖でたいらになった地球で、この遺書だけが残るんだろうな。

思い残すことなんかありません。さよなら。  █1

201█/██/█追記: SCP-445-JPの影響範囲が発見当時より僅かに縮小していることが確認されました。

201█/██/██追記: SCP-445-JPの影響範囲がさらに縮小していることが確認されました。このペースで縮小が継続された場合、202█/█/██にSCP-445-JPの影響範囲が完全に消失すると予測されています。

ページリビジョン: 6, 最終更新日時: 23 May 2016 09:15
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website