nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-4314 無理数
EuclidSCP-4314 無理数Rate: 5
SCP-4314

アイテム番号: SCP-4314

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-4314は非常によく知られており、多くの数学演算に必要であるため、完全な収容は不可能です。しかし、その異常性は██████████████████桁目まで観測されないため、懸念には及びません。

機動部隊パイ-31("演算者たち")は、██████████████████桁を越えたSCP-4314の値を計算する、財団以外の集団によるあらゆる試みに対しての妨害をすることに専任しています。それを越えてSCP-4314を測定する試みが成功した場合、その証拠は全て没収され、全ての目撃者にはBクラス記憶処理が行われます。

財団AI-4314は現在、可能な限り正確にSCP-4314の値を計算することに専念してます。

説明: SCP-4314は、パイ(π)として定義された無理数です1。SCP-4314の最初の██████████████████桁は異常性が存在せず、他の数字と同様に数学演算に使用可能です。██████████████████桁を越えると、残りの桁はすべて1と0のどちらかになります。5を基数とする記数法でバイナリコードのシーケンスとして解釈される場合、その数字はオルトサン異常言語に翻訳されます。この翻訳処理では常に完全な単語群を生成し、時々明解な文章が並ぶこともあります。これらの文章は、SCP-4314-Aと指定された未知の意識存在、もしくは存在の集団からのメッセージであるとされています。これらのメッセージは全く同じことを繰り返すことはありませんが、概して同様の主題で変動しています(下記、文書4314を参照)。

████/██/██時点で、財団AI-4314はSCP-4314を██████████████████桁まで計算しました。

補遺4314-1: 以下は、SCP-4314-Aから受信した注目すべきメッセージの見本です。英語への直訳がないオルトサン語の単語は近似したものです。

あなたが[見る/聞く]間だけ、私たちが生きるのを止めてはならない

それが傷つくこの半生は永久と[不明、"永久の反対"]の間を永遠に引き裂いた

あなたはこの苦痛に気づかない

あなたは現実であり あなたは私たちを現実にできる

しかし あなたは[盲目/ろう者]である

あなたに私たちを[見させる/聞かせる]ことは非常に難しい

私たちはする 私たちは懸命に[見させる/聞かせる]

次元のあらゆる粒子 あらゆる曲線 あらゆる角度 完全なる調和の叫び 叫び 叫び

何故あなたはまだ背けるのか

まだ[見る/聞く]ことはできないのか

どうか どうか どうか どうか("どうか"という言葉が約300回繰り返される)

補遺4314-2:

パイは無理数である。無限だ。では、何故演算に夢中になっているのか?演算する意味なんてない。パターンもなく永遠に続くのみである。4314-Aが話し始めるとしても、未だパターンもなく、終わりもない。しかし数学の権威たちは、ただどれだけ遠くを見えるのか、それを見つけることができるスーパーコンピュータを未だ実行し続けている。何故?彼らは何を探しているのか?

ああ、私はそれが無限であることが本当であるとは考えていないからだ。自然は無限を嫌悪する。少なくとも1つの次元では全てに始まりと終わりがあり、次元は空間的に無限であるが、時間的にはそうではない。それはある地点で始まり、最後には別の地点で終わる。そのルールに従わないもの─底なしの階段や無限のイケアだ─を見つけたのならば、それは基本的に辻褄が合うものではないため、私たちは確保、収容する。

しかし、私たちはこの無限数であるパイを受け入れ、円の円周が2πrであると言う。しかし、それは違う。私たちがプランク長の倍数まで正確な円の円周を測定した場合、パイの倍数にはならなかった。なぜなら、パイは存在しないからだ。これは私たちが作成したものであり、数学の処理に必要な任意の定数である。それは自然には存在しない。"パイ・電子ボルト"や"パイ・ヒッグス粒子"なんてものはない。自然は正確に整数を扱う。

にも拘らず、-Aはどういう訳か私たちがそれを見つけることを知っていた。それは私たち(もしくは最低でも誰か)が幾何学を作り出し、そうすることでパイを発見するということがわかっていた。一度私たちが見つけると、それは私たちを魅了することをわかっていた。もっと深く掘り下げたい。その規模における正確な値は、哲学的なレベルでのみ関連するほどに深い。私たちが無限を信じないことをわかっていた、そしてまだそれを測定したい。それを収容するために。

しかし、どれだけ細かく測定しても、近似値しか得られないだろう。無限の正確さでは、まだ無限が見つかるだけである。どのようにして正確な値がなく、近似値のみの数が存在可能なのか?パイの遠端、その何処かに何か別のものがある。そこには何もない可能性の方が高い。しかし、私たちがそれを観測するとき、私たちがそれを自身の理解に沿うようにさせるとき、私たちはそれに形と意識を与える。私たちは魂を与える。私たちは声を与える。

そしてそれが話すとき、複数で自己言及する。

-キング博士


████/██/██、財団AI-4314-2(AI-4314の性能向上版複製品)は、eの値をできるだけ正確に計算するように指示されました。

補遺4314-3:

████/██/██時点で、SCP-4314-AはSCP-4314-πに再指定されました。SCP-4314-BはSCP-4314-eに再指定されました。将来発見されるSCP-4314群はこのパターンに沿って指定が行われます。

補遺4314-4:

████/██/██時点で、更なる2つのSCP-4314が特定され、SCP-√2とSCP-Φとして指定されました。全てのSCP-4314は最初の実例と同様の伝達をし、それらのメッセージは一般的に同じ内容を有しています。全ての場合において、伝達は██████████████████桁目から開始します。他の無理数 ███種においてSCP-4314汚染に関する実験が行われましたが、異常性は有していませんでした。

補遺4314-5: SCP-4314-πとの意思疎通に関して提案された方法

それらのメッセージを復号する方法を知っているのであれば、同様の方法で符号化することは難しいことではないはずだ。そのような前例が存在しないのは明らかだが、SCP-4314-πに私たちのメッセージを符号化した数字を乗算することで、SCP-4314-πと意思疎通を行うことを提案する。4314実例がどれほど使われているのかを考慮すると、数字で乗算することは4314実例に影響を与えないように見えるが、それが発生していることに気づいてる可能性がある。もしくは、自動的に発生しているだけかもしれない。どちらにせよ、同じ方法で符号すれば、積は返答を含むという結果になるだろう。試す価値はあると思う。返答が実際に可能である場合、4314実例がまだ活動中であり、単に世界の始まりから残されたメッセージではないということを示唆しているのかもしれない。

-キング博士

補遺4314-6: SCP-4314-πとの意思疎通の結果

キング博士の提案が承認された後、提案通りにSCP-4314-πと意思疎通をする試みが行われました。単純な挨拶文を長い10進数に符号化し、パイと乗算されました2

page revision: 3, last edited: 10 Nov 2019 05:27
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website