nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-468-JP たたりもっけ
EuclidSCP-468-JP たたりもっけRate: 7
SCP-468-JP

アイテム番号: SCP-468-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-468-JPはサイト-8102の収容ケージ内に収容しています。SCP-468-JPに接触する職員はセキュリティレベル3以上の職員の許可と、人選を行なった上でオブジェクトの接触が許可されます。SCP-468-JPの要求に対応する職員には、カフェインを含む興奮剤が支給されます。SCP-468-JPの要求期間を超過した元指名者には、定期的な監視を行なって下さい。元指名者を他オブジェクトの実験で使用する場合、セキュリティレベル4の職員の許可を得た上で参加させてください。

animal-84677_1280.jpg

SCP-468-JP

説明: SCP-468-JPは全長40cm、体重450g、メスのモリフクロウ(学名:Strixaluco)の屍骸です。SCP-468-JPは生物学的に死亡していますが、通常のモリフクロウと同様に行動する事が可能です。しかしSCP-468-JPの活動範囲は非常に狭く、首を傾げる・嘴で突く程度の動作しか行いません。飛行行為を一切見せないことから翼の損傷が指摘されていますが、SCP-468-JPに触れることはオブジェクトの「要求」の対象に含まれるため、詳しい調査は実行されません。SCP-468-JPの肉体は時間経過による腐敗や損傷が確認されておらず、恒久的に存在し続けるものだと推測されています。

SCP-468-JPは通常のフクロウに見られない発話能力と要求が確認されています。SCP-468-JPは物理接触した人間(以下、指名者)に自身を撫でるよう指名し、要求を開始します。SCP-468-JPに複数の人間(以下、複数指名者)が物理接触した場合、ランダムに指名し、要求します。SCP-468-JPは自身の身体に接触した人物の身体的特徴を述べ、接触者が自己紹介をすれば個人名を呼んで指名する事から、ある程度の知性を有していると判断されています。なお、手袋の装着・肉体の一部が接触した場合でも、SCP-468-JPの要求対象に含まれます。

SCP-468-JPに指名された指名者は、オブジェクトが満足するまで撫で続けなくてはいけません。SCP-468-JPは満足時、「もういいよ」(以下、終了宣言)と発言しますが、それは一時的な要求の中断でしかありません。SCP-468-JPの一度の要求所要時間は10秒~32時間と大きなばらつきがあります。極端な要求時間の実例として、1名のDクラス職員に対し、最低時間の要求を5時間に渡り連続指名した例や、一度の要求で20時間以上終了宣言がなされなかった例があります。SCP-468-JPの要求のタイミングや所要時間はランダムで予測がつけられず、相手の状況を考慮しない一方的なものですが、強制力はなく容易に拒絶する事が可能です。しかしSCP-468-JPの要求に指名された人物が、要求に応じない・勝手な中断を行なう等の行動を取った場合、オブジェクトは40秒以内に、指名者の首を不可視な物理能力で横向きに360°回転させ、頚椎骨折で殺害します。なお、SCP-468-JPに危害を加えようとした人物は、全身を[編集済]。

SCP-468-JPの要求は15日の要求期間があることが判明しています。この要求期間は上述した要求時間とは異なり、これまで指名した人間に「ありがとう」と発言(以下、完全終了宣言)し、二度と指名することはありません。完全終了宣言を受けた元指名者には、ある特異な能力が備わることが判明しています。SCP-468-JPから完全終了宣言を受けた元指名者は、物理的損傷・生命危機といった場面に直面したとき、非常に高い確率で回避することが可能です。SCP-468-JPには確立操作、あるいは現実改変能力に酷似した能力(以下、追加効果)を元指名者に付加していると推測されています。

SCP-468-JPの追加効果の発見経緯となったのは、オブジェクトから完全終了宣言を受けたDクラス職員(D-987)の周囲で起こる異常現象がきっかけでした。D-987はSCP-468-JP 以外にSCP-███-JPや、SCP-███-JPといった、危険性と死亡率が高い実験に参加していましたが、機材の不調等による実験の中止・オブジェクト不活性による実験の中断といった理由で、SCP-███-JP及びSCP-███-JPに接触していません。これまでSCP-468-JPに対応したDクラス職員は██名にのぼり、そのうち5名1が要求期間を超過し、生存しました。元指名者の内3名はサイト-81██内に拘留していますが、残り2名は追加効果の限界の確認のため、終了しています。SCP-468-JPの追加効果は、あらゆる外的要因や偶発性を排除した場合のみ殺害行為が可能だということが判明しました。このことから、SCP-468-JPの追加効果には限界があると証明されています。

SCP-468-JP-映像ログ
 

状況: 映像ログはサイト-8102で記録されたものです。SCP-468-JPが生存者に与える能力の実験のため、Dクラス職員が投入されました。なお、円滑にSCP-468-JPの対応をするため、全てのDクラス職員はオブジェクトに自己紹介を済ませています。

<映像ログ開始>

SCP-468-JP: ねえー、蘭さん、蘭さん、なでなでしてぇ!

[SCP-468-JPに指名された蘭(D-655)は、オブジェクトの要求に応じない。D-655はこれまで20秒の指名と要求を繰り返している。1分間隔内に指名され続けており、D-655は連続する要求に怒りをあらわにしていた。指名から10秒を経過した時点で、D-655に監視員が強い口調で要求に応じるように命令。実験室には監視カメラが設置されている。D-655は監視員の言葉を無視した7秒経過後、D-655の首が音を立てて回る。D-655は頚椎骨折により終了。死体は後に回収された。]

SCP-468-JP: 真崎さん、真崎さん、なでなでしてぇ!撫でて!

[D-655が終了してから12秒後、SCP-468-JPは真崎(D-23)を指名、要求を開始する。D-23は要求に応じるがSCP-468-JPに対して極度の恐怖を抱いていることが、監視員より確認された。]

SCP-468-JP: なでなでして!真崎さぁん!

[SCP-468-JPの終了宣言から約30秒後、再びD-23を指名。D-23はSCP-468-JPの要求に応じるも、極度に体力を消耗しており要求の中断が予想された。しかしD-23はおよそ20時間、SCP-468-JPが終了宣言を発言するまで対応した。D-23の過度の疲労はSCP-468-JPに対する恐怖によるものだと指摘されている。]

SCP-468-JP: ねえねえ、なでなでして! 真崎さん、なでて~、なでて~!

[二度目の終了宣言から3時間後、D-23に再要求。D-23は深い睡眠状態にあり、他のDクラス職員がD-23を覚醒させようするも覚醒しない。支給されていたアンフェタミンを他Dクラス職員が投与したが、効果はなかった。D-23の腕をDクラス職員が掴み、SCP-468-JPの頭を撫でさせるが、指名開始から37秒後、D-23の首が横向きに回り、頚椎骨折により終了した。]

SCP-468-JP: ねえねえ、なでなでして!なでて!なでて! 卯月さん、なでて~。

[SCP-468-JPは卯月(D-876)に要求と指名を開始する。D-876は恐怖の表情を浮かべながらも即座に応じる。その間、終了したDクラス職員を回収した。D-876は15日の要求期間を迎えており、SCP-468-JPから生存することが予想された。SCP-468-JPは32分後に終了宣言と、完全終了宣言を発言した。]

SCP-468-JP: もういいよ! ありがとうね。

<映像ログ終了>

事後報告: D-876がSCP-468-JPの要求に応じた総時間は、72時間23分。D-876を収容室から引き上げさせ、オブジェクトの持つ追加効果の確認のため、本実験を開始した。D-876を拘束し、精密射撃による銃撃を開始したところ、6発目にて頭部に命中。終了が確認された。SCP-468-JPの追加効果には限界があることが判明した。

ページリビジョン: 20, 最終更新日時: 13 Jul 2016 15:59
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website