nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-469-JP 博士の逆転!ホラー館
EuclidSCP-469-JP 博士の逆転!ホラー館Rate: 20
SCP-469-JP
評価: +12+x
SCP-469-JP-00.JPG

AR「死蝋区」はSCP-469-JP-甲を写す端末の画面全体をぼかすような効果を及ぼし、本来のSCP-469-JP-甲によるARの表示を防ぎます。

アイテム番号: SCP-469-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-469-JP-甲は周辺区域と共に封鎖されます。SCP-469-JP-甲によるAR(拡張現実)の表示は、実験等での利用時を除き、多目的人工衛星「四黒し く ろ号」によるロケーションベースAR「死蝋区し ろ う く」が妨害し、一般人への漏えいを防ぎます。

実験の結果等でSCP-469-JP-1の住民が外部(こちら側)に出現した場合は、全て殺害し、SCP-469-JP-1内へ送還してください。

説明: SCP-469-JPは、SCP-469-JP-1に指定される異次元への行き来を可能にする建造物です。こちらからSCP-469-JP-1へ行く事のできる建造物はSCP-469-JP-甲に指定され、SCP-469-JP-甲と接続されているSCP-469-JP-1側の建造物はSCP-469-JP-乙に指定されています。

SCP-469-JP-甲は埼玉県内で発見された廃屋です。通常、SCP-469-JP-甲の正門は施錠されています。ARブラウザを持つ携帯端末でSCP-469-JP-甲を写すと、端末の画面上部に「博士の逆転!ホラー館 」というロゴと、端末の画面中央からやや下に「入場する(2000円) 」というタップ可能な文字列が表示されます。2000円以上の電子マネーが端末にチャージされていた場合に「入場する(2000円) 」の文字列をタップすると、2000円分の電子マネーが端末から消費され、画面上に「ヒュードロモード 」と「デロデロモード 」の2種類の文字列が現れます。そのどちらかの文字列をタップすると、端末の最大音量で金属の鍵を開ける音が再生され、SCP-469-JP-甲の正門が開錠されて、その向こう側がSCP-469-JP-1に変化します。

SCP-469-JP-1は現代日本の市街地のように見え、都市機能は正常に働いていて、住民は異常のない人間のように見えます。SCP-469-JP-甲の正門からSCP-469-JP-1に進入すると、SCP-469-JP-1の中心部と見られる位置にある、SCP-469-JP-甲と同様の廃屋: SCP-469-JP-乙の正門から外(SCP-469-JP-1内)へ出る事になります。

そのようにして生きた人間がSCP-469-JP-1へ進入すると、その人間はSCP-469-JP-2に指定される存在に変化し、それと共にSCP-469-JP-甲および乙の正門が閉め切られます。SCP-469-JP-2は、先述の端末の操作で「ヒュードロモード」と「デロデロモード」のどちらを選んだかによって異なる形態になりますが、いずれにせよ正常な判断力を失い、衝動的にSCP-469-JP-1の住人を襲おうとします。

SCP-469-JP-2-A: ヒュードロモード
SCP-469-JP-1に進入した人間は、進入した瞬間に全身が発火して生命活動が停止します。やがて進入者の肉体は消失し、その位置に宙に浮かぶ青い炎: SCP-469-JP-2-Aが現れます。SCP-469-JP-2-Aは人間の上半身のような炎の形を維持しながらSCP-469-JP-1内を彷徨い、住人を見つけると接触しようとします。SCP-469-JP-2-Aに少しでも触れた住人は全身が炎上し、同じくSCP-469-JP-2-Aとなり、更なる犠牲者を探します。

SCP-469-JP-2-B: デロデロモード
SCP-469-JP-1に進入した人間は、進入した瞬間に未知のウィルスに感染し、生命活動が停止します。進入者の肉体: SCP-469-JP-2-Bはウィルスによって動かされ、SCP-469-JP-1内を彷徨い、住人を見つけると噛み付きます。SCP-469-JP-2-Bに噛み付かれた住人は一瞬で未知のウィルスに感染し、同じくSCP-469-JP-2-Bとなり、更なる犠牲者を探します。

SCP-469-JP-2の活動開始から15分が経過すると、SCP-469-JP-1全体に響くサイレンが発信されます。サイレンが鳴ると、SCP-469-JP-2群は全員、SCP-469-JP-乙の正門に集合します。そしてSCP-469-JP-2群はその正門を開けて、SCP-469-JP-甲の外(こちら側)に出ると共に、異常のない人間に戻ります。

全てのSCP-469-JP-2群がSCP-469-JP-甲の正門を出て人間に戻ると、SCP-469-JP-甲の正門は閉め切られ、SCP-469-JP-甲は乙との接続を失います。これまで、前述の経緯でこちら側にやって来たSCP-469-JP-1の住人は全て身元不明で、SCP-469-JP-1を東京都に所属する「鮫島」という何の異常もない島の街であると主張する以外には、何ら有益な情報を持っていませんでした。

SCP-469-JP-1へロボットを進入させる試みは、必ずSCP-469-JP-甲の正門の先がSCP-469-JP-1にならなくなる(正門の先がSCP-469-JP-甲の内部になる)事で失敗しました。そのため、2013年までの間は、SCP-469-JP-2-Aになる前の進入者に取り付けておいた耐火性の隠しカメラによる定点観測と、ランダムに移動するSCP-469-JP-2-Bに取り付けた隠しカメラからの映像だけが調査の手がかりでした。

しかし、2013年3月、「SCP-469-JP-1と接続されたSCP-469-JP-甲の正門を開き、中へ入る代わりにこちら側で死亡した遺体をSCP-469-JP-1へ投げ込む」という試みが行われ、投げ込まれた遺体がSCP-469-JP-1内で異常のない人間として蘇生した事で、調査状況に大きな進展がありました。複数回のDクラス職員を用いた実験の後に、殉職したエージェント・先江の遺体がSCP-469-JP-1へ送り込まれ、長期の潜入調査が開始されました。
追記: 通信記録469-29以降、こちら側の人間の死体をSCP-469-JP-1へ送り込むことによる実験や調査は、停止されています。

対象: SCP-469-JP-1住人S(以下、住人S)

インタビュアー: エージェント・先江

<録音開始,2014/01/17>

エージェント・先江: お茶までもらって悪いね。

住人S: 気にしないでいいよ。

エージェント・先江: それで、この街について知っていることを教えてくれるかい?街の歴史とか、昔話とか、例えばお化けが出る話とかさ、

住人S: ごめん、僕も、何も知らないんだ。

エージェント・先江: そうか、君もか。(ため息)これで29回目だよ。

住人S: すまないね。本当に何も知らないんだよ。何せ僕は、君と同じ、外からここに来た人間だからね。

エージェント・先江: 何だって!

住人S: この部屋も、いつかの犠牲者の家をこっそり借りさせてもらってるだけなんだ。それで君はあれかい、もしかしてあの財団の人?

エージェント・先江: そこまで知っているのか、まさか君も!

住人S: いや、僕の所属は違う。まあ似たようなところだけどね。

エージェント・先江: そうか、(1~2秒程度、無言)君のほうの調査状況はどうだい?

住人S: さっきも言った通りさ、まだ何も分かっていない。ここの住人はここを何の変哲もない島と街だと思い込んでいるよ。歴史を全然知らないし、公共施設に何の資料もない、なのにそれを全然不思議に思わない。

エージェント・先江: (作り声で)そんなん知らなくても生きていけるしぃ~、ってな。

住人S: (笑い)そうそう!みんなそういうふうに言うんだよね。あの廃屋や怪物の事さえ、まるで知らないみたいに振る舞うんだ。

エージェント・先江: あのゾンビだか幽霊だかが出たら出たで、あんなキャーキャー言って逃げ惑うのにねえ。記憶をどうこうされてんのかね?

住人S: ぞん、(一瞬、怪訝な顔をする)うん、まあ、そうだろうね。それに、島や街に異常な執着があるとか、そういう良くある話もないようだ。かといって、島の外に出ようとは一切思わないらしい。海外旅行どころか、本土にすら一度も行ってみようとしない。無気力というわけでも無いようだけどね。

エージェント・先江: 本土ねえ。確かに貨物船の出入りはあって、そこで補給される物資で街が成り立っているようだが、しかし本土なんて本当にあるかどうかも分からんからな。いずれあの船も調べる必要があるとは思うが。君は調べてみたかい?

住人S: え、何、本土が、えっ?あの、あのさ、君はどうやってここに来たんだい?

(部屋の外、遠くで男性の高笑いのような声が小さく聞こえる)

エージェント・先江: えっ?君もあの廃屋からこの異次元を調べに来たんじゃないのか?

住人S: あ、あ、ああ、異次元、うん、そうだよね、確かに、本土はあるかどうかも分からない、ね。なるほどね、そうだね、うん、

(部屋の外、遠くでガラスの割れる音と、女性の叫び声のような声が小さく聞こえる)

エージェント・先江: どうかしたかい?

住人S: ああ、その、ええと、ごめん。嘘ついてたんだ。僕は本当はどこかのエージェントなんかじゃないんだ。

(部屋の外、遠くで男女の高笑いのような声が小さく聞こえる。エージェント・先江および住人Sは、外の様子に気付いていないと思われる)

エージェント・先江: えっ?

(部屋のある建物の近くで、群衆のざわめくような声が聞こえてくるようになる)

住人S: どうせ死ぬなら怪物にでも食い殺されようと思ってさ、オカ板見て、眉唾で船に潜り込んでみたら、まさか本当にこの島があって、そこに着くなんてね。

(部屋の半透明の窓に、女性のような影が逃げ、それをマントを被った人間のような影が追いかけて抱きつき、押し倒すような様子が映る)

住人S: でも、そんな事より、こんなところなんかよりもずっと、すごく、何ていうか、生きてみるもんだねっていうか、すごく嬉しくてさ。

(続いて、窓にマントを被ったような二つの人影が下から起き上がる様子が映る。エージェント・先江はそれらの様子には気づかなかったようで、住人Sは窓を背にして着席している)

エージェント・先江: 何を言っているんだ?

(屋外の喧騒に悲鳴や怒号が入り混じり始める。ここでエージェント・先江は外の異常に気付き、時折ヘッドセットカメラが窓をフォーカスするようになるが、住人Sの方は話に夢中で、まだ事態に気が付いていないように見える)

住人S: 驚いたよ、現実になったんだね、SCP財団。

(部屋の外で男女複数名による高笑いのような声。1~2名の声は、インタビューが行われている部屋のすぐそばで聞こえる)

住人S: ウィキのメンバーでいられて本当に、

(窓ガラスを突き破って、黒いマントを被り顔を白く塗った女が、住人Sに後ろから飛びかかろうとする)

[データ欠落]

(黒いマントを被り顔を白く塗った男性らしき人物が、画面の上方から、カメラの前のテーブルの上に大きな音を立てて「着地」する)

[データ欠落]

(赤い瞳の両眼のアップ)

[データ欠落]

(大きく開いた口のアップ。上下の歯は異常に長く発達している)

<以後通信不能>

追加報告: インタビュー中とその前後におけるSCP-469-JP-甲の状況は何度も再調査されましたが、進入の形跡は発見されませんでした。また、最後に現れた男女のうち女性の方は、エージェント・先江が24番目にインタビューを行ったSCP-469-JP-1の住人Yと人相が酷似していた事が、後の調査で確認されています。

補遺469-1: 2011~2013年頃と見られる期間に、埼玉県内でSCP-469-JP-甲について言及しているスパムメールが出回り、それが元でSCP-469-JP-甲は財団に発見されました。下記はそのスパムメールの内容です。(SCP-469-JP-甲の情報以外は原文ママ

From: (なし)
件名: 学校にゾンビが攻めて来たら…

そんな妄想した事ない?

でも、どうせ妄想するなら、想像の翼をもっと広げてみよう… - 発想を、逆転してみよう!

キミが、平凡に暮らす人々を襲う空想世界の怪物になったなら…
そんな事が現実にできたとしたら…キミがマジ100%リアルな人間達に、牙を突き立てることができたとしたら…?

逆転の発想がキミにお届けする、超次元超現実体験スーパー フィクション エクスペリエンス

死の世界の住人達よ、お化け屋敷から創造世界へと反逆せよ!

まさしく、現実と虚構逆転送り手と受け手逆転!! 破壊と再生逆転!!!
ヒミツ情報: いっぱい遊んでくれたら新モードが解禁されるかも…?(※)

逆転! 逆転!! ぃゃ!!!

オゥルルゥアアアアアアアア
アァアァアァ

(SCP-469-JP-甲の位置情報が記載)


※: メールマガジン等で予告しておりました「チューチューモード」の実装は、開発スケジュールの都合上、延期になりました。

楽しもうね!

ページリビジョン: 5, 最終更新日時: 03 May 2014 07:18
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website