nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-477-JP 鳴門海底都市
UnknownSCP-477-JP 鳴門海底都市Rate: 0
SCP-477-JP
naruto-strait-169077_1920.jpg

SCP-477-JP周辺海域

アイテム番号: SCP-477-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 兵庫県淡路島南あわじ市にサイト-8155が構築され、SCP-477-JP-1の観測が行われています。現在SCP-477-JP内の探査計画は打ち切られています。詳細については探査記録い-18を参照してください。

遊覧観光船に偽装された SCPS たづかね によりSCP-477-JP海上の巡視が行われ、民間人によるSCP-477-JP及びSCP-477-JP-1への接触を防ぎます。財団所属の海洋物理学者は月毎にSCP-477-JP-1発生時期の予測を行い、サイト-8155へ通知します。この期間中及び突発的にSCP-477-JP-1が確認された場合、海上保安庁との連携の下当該海域を封鎖します。また、SCP-477-JP-1を抑制するため、SCP-477-JP海上で鎮神派1 の神職による祝詞奏上プロトコルが実行されます。

説明: SCP-477-JPは兵庫県-徳島県間鳴門海峡の瀬戸内海側海釜地帯最深部に位置する都市状の構造群です。構造群は海底から地中へと形成されており、全体の規模は不明です。構造群の上部は推定██隻と見積もられる船舶の残骸で覆われており、SCP-477-JPの外殻として機能しています。これら残骸のうち数隻はSCP-477-JP-1によって沈没した船舶である事が確認されています。これまでの財団工作員の作業により外殻部の一部が取り除かれ、露出した海底洞窟を通してSCP-477-JP内部へのアクセスが確立されています。SCP-477-JP内部空間は大気及び地上と同程度の気圧を有している他、少なくとも██体以上のSCP-477-JP-2が棲息しています。

SCP-477-JP-1はSCP-477-JP周辺の海上において定期的に発生する異常な潮流を指します。SCP-477-JP-1は一般に"鳴門の渦潮"として知られる渦を引き起こす潮流よりも強力かつ不規則であり、潮汐・天候等の影響に及ぼされない事により判別が可能です。この異常潮流は船舶の航行に重大な妨害をもたらし、19██年の財団前身組織による収容開始までに当該海域で確認された██件の海難事故との関連が疑われています。SCP-477-JP-1による被害を受け沈没した船舶はSCP-477-JPの近辺に集積され、その周囲を覆う外殻が形成されます。鎮神派の神職による祝詞奏上プロトコルはSCP-477-JP-1の活動を抑制する効果がある事が確認されています。録音音声及び神職以外の人間によるプロトコル実施では効果を確認する事はで出来ませんでした。かつては鎮神派及び蒐集院が自発的にプロトコルを実施していましたが、蒐集院の解散以降財団は鎮神派構成員の招請を行い、現在の特別収容プロトコルが確立されました。

SCP-477-JP-2はSCP-477-JP内の探査により確認された異常な人間型実体群です。SCP-477-JP-2は遺伝性・先天性の[編集済]などの特徴を示します。これら実体から採取されたサンプルを精査した結果DNA構造において[編集済]と類似していることが判明していますが、探査記録から得られた情報ではSCP-477-JP-2は人間に対し暴力的に振る舞う事が確認されています。

探査記録い-18 - 日付1968/██/██
補記: かねてより内部構造の詳細が不明であったSCP-477-JPにつき、探査のため機動部隊い-18“櫟”が招集された。事前に要注意団体より押収した資料に基づき、隊員及び装備の選定が行われた。隊員の選定基準として、財団に対する高い忠誠心(ミルグラム服従度検査において70点以上を得点)及び[編集済]との血縁関係が10世代以上無い事を必須条件とし、この他に勤務実績・身体能力・無信仰等が挙げられる。探査中は財団指定のほ-12対呪術装備を搭載したハザードスーツの着用を義務付けられた。部隊は財団所有の潜水艇 SCPS おおとり に乗艇しSCP-477-JP外殻まで移動、その後以前の潜水作業によって発見された進入口より内部へと進入、展開する。人員は以下の通り。

部隊長: 18-甲
部隊員: 18-乙、18-丙、18-丁、 18-戊、18-己

18-甲: こちらい-18-甲、司令部応答願う。

HQ: こちら司令部。無線受信を確認。感度良好。状況を説明せよ。

18-甲: 了解。我々は現在外殻部を抜け洞窟を通過し、停泊可能な水域を発見した。水上には空気が確認できる。簡易検査の結果成分はやや窒素が多いが人体に無害。これより潜水艇から脱しSCP-477-JPへ進入を開始する。

HQ: 確認。探査に着手されたし。

(約30分間の作業後、隊員全員が洞窟内に進入した)

18-甲: 全隊員酸素供給を一時停止し装備ほに換装。外気とのフィルターを作動させろ。

(換装作業のため数分間沈黙)

18-甲: 全員換装は済んだな?先住民がいるかもしれん。念のため携行武装はいつでも使用可能な状態にしておけ。

(部隊は約5分洞窟を進んだ時点で、突如光が差し込む。部隊は巨大な空洞へと出た。空洞内にはスロープ状の構造が内周に沿って構築されており、地下へと続いている。中心は吹き抜けとなっており最下部は確認できない。壁には不明な光源が約10m間隔で設置されている)

18-甲: 司令部聞こえるか、空洞に下り坂だ。地下深くまで続いている。空洞の向こう側までは約80mといったところか。我々が通った所以外の洞窟とも繋がっているらしい。これより地下へ進入する。

HQ: 確認。注意して進め。

18-己: 驚きましたな。この空洞は砂岩を掘って作られたようです。

18-戊: ああ。どうやらここの住民は多少知恵があるようだ。ご丁寧に段差までついてるぞ。

18-丙: 一度転んだらそのまま一番下までまっしぐら、という心配はないですね。

18-乙: 一応注意しておくが転ぶなよ。もし装備を損失したら生きて地上に戻れるとは限らんぞ。

18-甲: その通りだ。くれぐれも足元に注意してくれ。

(部隊はスロープを下り、地下へと進行する。途中、瓦礫の堆積群を発見)

18-丁: これを見て下さい。

(丁が堆積群の中から何かを拾い上げる。この時丁が拾い上げた物品は後にSCP-477-2の前腕より先の骨格と判明した)

18-甲: 骨だな。人間のものか?

18-丁: 大きさからすれば成人の手の骨だと思われますが、末端部が異常です。資料として採取しておきましょう。

18-戊: 今夜は悪い夢を見れそうだ。

18-丙: 果たしてここの住民は我々を快く歓迎してくれますかね?

18-甲: それを知るために我々が探査を行っているんだ。そろそろ行くぞ。

(部隊は更に地下へと進行。海底から██mの地点に到達。司令部の音声受信装置に金属音が受信される)

18-甲: 全員止まれ。司令部、今の音を確認したか?

HQ: 確認した。警戒を怠るな。

18-甲: 全隊員装備を確認、安全装置は外しておけ。戊、この先を偵察してきてくれ。

(戊が先行し地下へと進行。他の隊員はその場で待機。数分後、司令部の映像機器に戊のカメラから送信された金属製の建造群の映像が映し出される)

HQ: 18-戊の送信から建造物を確認。直ちに合流されたし。

18-甲: 了解。戊はその場で待機しろ。今すぐそちらへ向かう。

(数分後、部隊は戊と合流。映像に空洞が突如開け広大な空間となっている様子が映し出された。空間内には多数の建造群及び光源が確認され、都市状に形成されていることが分かる。スロープは壁伝いに都市へと続いている。音声記録からは時折金属音が確認された)

18-乙: 何と……。

18-戊: さながら工業都市と言ったところだな。建物はトタンやコンクリートで作られているようだ。

18-甲: 第一目標は達成だ。丁はここで司令部及び全隊員との通信を維持してくれ。他の隊員は各自探査を行う。10分おきの定時連絡の他、注目すべき物品を発見した場合は直ちに連絡を取る事。30分後に再びここに集合する。

(各隊員により建造群の探査が開始される。探査開始から8分後、突如18-乙との通信が途絶する)

HQ: 18応答願う。乙との通信が途絶。確認されたし。

18-甲: こちら18-甲、特に異常は見られない。丁、乙との通信状況はどうなっている?

18-丁: こちら18-丁、現在乙との通信回復を試みていますが原因が……

(丙のカメラに人型の実体が2体映り込む。これらは後にSCP-477-JP-2に指定される。実体は丙に向け何かを投擲する)

18-丙: ぐわあっ!

18-戊: どうした!?

18-甲: 丙!何があった!

18-丙: 来るな![呻き声]この野郎!

(丙が発砲。映像によれば銃弾は実体に命中したものの損傷は見られない。実体は射撃を続ける丙へと近づき、映像が飽和した時点で丙との通信が途絶する)

HQ: 18-甲、直ちに部隊を引き上げよ。丙との通信が途絶した。

18-甲: 全隊員集合地点へ戻れ!これより帰還作業を行う!

18-戊: 待てよ!丙はどうするんだ!?

18-己: 何がありました!?こちらは―

(己が転倒。映像にはSCP-477-JP-2実体が建造物上部から己に飛び掛り赤褐色の粘液を浴びせかける様子が映る。その後、己との通信は途絶)

18-甲: 己!応答しろ!無事か!?

18-戊: [編集済]!

18-丁: 隊長!こちらです!現在通信が途絶しているのは乙・丙・己の三名です。

18-甲: 戊、直ちに集合地点に戻れ!これ以上は危険だ!

18-戊: 丙は……己と乙はどうするんだ!?

18-甲: 一度戻ってからだ!戊、司令部からの命令だ!戻れ!

(以降戊は甲の呼びかけに応答せず、甲・丁のみで地上へと帰還する事となる。帰還作業中に戊との通信が途絶した。その後約2時間の間、断片的に戊からの音声通信が回復。依然呼びかけには応じず)

18-戊: 畜生、スーツが[不明瞭]

18-戊: 骨だ。骨で出来ている。

18-戊: 司令部応答願う、誰か……クソッ。

18-戊: 水だ!

18-戊: [爆発音][銃声]

18-戊: 己の装備を回収した。己は……見当たらない。これを聞いてる奴誰でもいい、誰か。

18-戊: 血が止まらねえ。こんな所[不明瞭]

18-戊: クソ、誰でもいい、応答してくれ!こちら018-戊、現在進入部より[不明瞭]にいる。遊園地だ、海底に……俺はどうかしちまったのか?遊園地のような建造群が見える。異常な実体が[不明瞭]

18-戊: [笑い声]

18-戊: 忌まわしき[不明瞭]の子よ。幾度我らを苛むか。幾度我らの静寂を侵すか。呪われて有れかし。

(探査から2日後、突如18-乙からの映像通信が回復した。映像は約10分程続き、建設物内部へと進入する様子が映し出されている。視点は廊下を進み、やがて複数のSCP-477-JP-2実体が集合している一室へ辿り付いた。室内には異形の偶像が立っており、中央には台が見える。実体は台の上に仰向けとなった18-丙を囲み、丙の口に赤褐色の液体を流し込む。丙に反応はなし。その後丙の腹部を[編集済]した時点で通信が途絶した)

付記: 探査から3日後、SCP-477-JP海上にて突如SCP-477-JP-1が発生、これまで観測された中でも最大の規模に達し周辺海域を航行中の船舶に対し甚大な被害を及ぼす。この際、当該海域に不明な船舶(後に蒐集院が保有する物と判明)が3隻出現、財団による封鎖を突破し船上にて乗組員が祝詞奏上プロトコルを執り行う。プロトコル開始から5時間後にSCP-477-JP-1は沈静化する。船舶の追跡及び確保は蒐集院からの妨害を受け失敗した。この事件を受けSCP-477-JP内の探査計画は打ち切られる。探査により行方不明となった機動部隊隊員はKIAとして処理された。

対象: ██ ████

インタビュアー: 大伏博士

付記: インタビュー当時対象は鎮神派██神殿宮司であり、財団前身組織によるSCP-477-JP収容以前より代々SCP-477-JP-1の抑制ため祝詞奏上プロトコルを行っていた。現在も財団の対呪術部門顧問としての活動をする傍ら祝詞奏上プロトコルを継続している。

<録音開始>

大伏博士: 初めまして。[財団フロント企業名]の大伏と申します。この度は……

███: 何かしら身分をお隠しになられる理由がございますのでしょうが感心しませんな。あなた方がどのような組織で、何をなさっておられるかは大方予想がつきます。

大伏博士: ……失礼致しました。しかし我々は機密を保持しなければならない理由があるのです。どうかその事をご理解頂けないでしょうか?

███: [笑い]こちらこそ失礼しました。善をなそうとしながらも名乗れぬ身分もございましょう。重責を担う立場なら尚の事です。どうぞお気になさらず。それで、此度の御用件は?

大伏博士: はい、今日は███さんに幾つか質問をさせて頂きたいと思っております。まず始めにあなたが鳴門で行っている事についてです。あの儀式の効果や起源をお伺いしたく。

███: 祝詞はかつて海に沈んだ神をあの海域に留めおくための鎮魂にございます。荒魂となった神の御力は強大です。あなた方も鳴門の潮の流れをご覧になられたでしょう。あれは海に沈められた神がその事を恨み、御供を求めて起こすのです。もし鎮めずに捨ておいたならば、神は地上にて更なる禍を起こしかねません。かつて蒐集院と呼ばれた方々はそれを恐れ、私の18代前の先祖に神の御心を慰めるための祝詞を奏上するよう命じたと伺っております。

大伏博士: 神、ですか……にわかには信じられませんな。

███: 信じ難い事ではございますでしょうが、かつて人と神は密接に繋がっておりました。人々は神の怒りに触れて恐れを知り、神の恵みを受けて祀り崇める術を学びました。しかし現在では神を祀る人は少なくなりました。人々から祀られなくなった神はやがて荒魂へと転じます。そうならぬ様に我々が代々鎮めてきたのです。

大伏博士: 成程。では鳴門海底の構造群を作り上げたのはその神なのでしょうか?

███: いいえ、恐らく[編集済]が築いた集落でしょう。

大伏博士: [編集済]?

███: ええ。神というのは祀られなければ御力が弱まります。先程申した荒魂は、神が己が衰えていくのを恐れ祀られる事を求めた結果転化するのです。また神の中でも強い御力を持つものは己の体を分かち、祭祀を行う者を生みます。それを[編集済]と呼んでいます。鳴門の海に沈む神には[編集済]を生むだけの御力があるでしょう。しかし……[編集済]だけでは限りがあります。彼らは神の血肉を受け継いではいますが、神より遥かに劣る存在です。神はそれらからの崇拝に飽き足らず、更なる信仰を求め海底より我々を引き込もうとするのです。

大伏博士: 成程……その[編集済]は人類についてどう思っているとお考えですか?

███: そこまでは分かりかねます。しかし閉鎖的な環境故に我々が彼らの領域を侵した時には牙を剥くかもしれません。関わりを持とうとは考えない方が良いでしょう。

大伏博士: [編集済]は人類に対し牙を剥くと?

███: 先程申し上げた通り、[編集済]が我々をどう捉えるかは分かりません。しかし古くから触らぬ神に祟りなしと言います。私が出来るのは海の上から神を鎮め[編集済]が地上に目を向けぬ様にする事だけです。

<録音終了>

ページリビジョン: 7, 最終更新日時: 26 Jul 2016 08:54
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website