nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-5014 生きんとする意志
UnknownSCP-5014 生きんとする意志Rate: 35
SCP-5014
hee.jpg

終了前のSCP-5014。

アイテム番号: SCP-5014

オブジェクトクラス: Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-5014の遺体は標準的なヒト死体保管チャンバーに収容されます。レベル1以上のクリアランスを有する財団職員はSCP-5014の遺体を検査することができます。

説明: SCP-5014は29歳のイギリス系アメリカ人男性であり、身長1.63m、体重75kgでした。SCP-5014は以前、肉体的に不死だと考えられており、様々な形態の外傷や身体的危害への著しい耐性を示していました。

SCP-5014は過去、悪影響を全く受けることなく以下を耐え抜きました。

  • 銃器による攻撃。
  • 鈍器による攻撃。
  • 刺突の繰り返し。
  • 焼身。
  • 毒素の消費・吸入。
  • 爆発物。
  • 真空への長期曝露。
  • 自傷行為 (記録された実験中及び記録間)

SCP-5014はかつてこれらの耐性を持たなかったと主張しており、右手の甲にある火傷痕がその証拠となっています — SCP-5014はこの傷を、コンロの取り扱いを誤った際の事故によるものと述べました。SCP-5014が異常性を獲得するに至った要因は現在も不明です。

SCP-5014の遺体は異常な耐久性の兆候を示しません。従って、SCP-5014は2022年9月27日の事案5014-01を以てNeutralizedに分類されています。

事案5014-01資料: 2022年9月27日、SCP-5014の定期実験セッション中、以前の実験でも使用されていた銃器を所持したフェイス・デボルト研究員が、SCP-5014の額に1発の弾丸を打ち込んで無力化しました。検死解剖で、弾丸が頭蓋骨に入ってからSCP-5014が死亡するまでに約6秒のタイムラグがあったと結論付けられました。その後、SCP-5014が死亡した理由を断定するための調査が開始されました。注目すべき容疑者のリストが、財団の研究者による提出順で以下に掲載されています。

容疑者5014-01
研究者: フェイス・デボルト研究員
説明: 容疑者5014-01は、収容以前のSCP-5014が所持していたルガーLCP拳銃である。容疑者5014-01は過去にもSCP-5014に対して使用されたが、その際には如何なる影響も及ぼさなかった。
調査: 容疑者5014-01は財団施設に収容されている複数の不死性実体に対して幾度か実験に使用された。事案5014-01で達成されたものと同様の効果は認められなかった。
結論: 容疑者5014-01はSCP-5014を終了しなかった。

容疑者5014-02
研究者: フェイス・デボルト研究員
説明: 容疑者5014-02は、事案5014-01においてSCP-5014を終了した銃器の発砲を担当した研究者、フェイス・デボルト研究員である。
調査: 容疑者5014-02は銃器、鈍器、刃物、素手、遠隔操作兵器などの様々な手段を利用し、殺害意図をもって数体の不死性実体を攻撃するように指示された。事案5014-01で達成されたものと同様の効果は認められなかった。
結論: 容疑者5014-02はSCP-5014を終了しなかった。

容疑者5014-03
研究者: フェイス・デボルト研究員
説明: 容疑者5014-03は、SCP-5014が約3年間の収容を通して居住しており、また終了された場所でもある収容チャンバーである。
調査: SCP-5014の収容期間と正確に同じ時間が経過するまで、1体の不死性実体を容疑者5014-03に居住させた。実体は終了を意図した実験の対象となった。事案5014-01で達成されたものと同様の効果は認められなかった。
結論: 容疑者5014-03はSCP-5014を終了しなかった。

Wifey.jpg

容疑者5014-08。

容疑者5014-08
研究者: カーライル・フレミング研究員
説明: 容疑者5014-08は、SCP-5014の元妻である。SCP-5014はインタビューにおいて、彼女が“何よりも(SCP-5014に)死んでもらいたがっていた”と主張した。
調査: 容疑者5014-08は秘密裏に拉致され、異常活動の形跡をスキャンされた。容疑者5014-08はその後、容疑者5014-02と同じ一連の実験に利用された。事案5014-01で達成されたものと同様の効果は認められなかった。容疑者5014-08は記憶処理を受けて自宅へ返された。
結論: 容疑者5014-08はSCP-5014を終了しなかった。

容疑者5014-12
研究者: ジョンジー・カッツェンバーグ研究員
説明: 容疑者5014-12は、SCP-5014が狙撃された眉間の特定領域である。この領域はSCP-5014の死亡以前に一度も危害を加えられていなかったと仮定される。
調査: SCP-5014の各実験の音声・映像・文書記録が現在検査されている。調査結果は、とりわけSCP-5014が収容の数年前に異常性を得たと主張している事実のために、不明確かつ不完全である。過去の実験で、正確ではないにせよ類似するSCP-5014の額の部位に危害が加えられた証拠が確認されているが、カッツェンバーグ研究員は容疑者5014-12が1mmの数分の一ほどに狭い領域かもしれないと主張し、調査を続けている。
結論: 不明だが、ほぼ有り得ないと思われる。

容疑者5014-21
研究者: ジョンジー・カッツェンバーグ研究員
説明: 容疑者5014-21は、SCP-5014が死亡するまでに辿った正確な一連の出来事である。
調査: 過去にSCP-5014の実験に携わった財団研究者の1人がそれ以来恒久的に入院しているため、この調査は研究者に危害を及ぼさずに完了することが不可能である。
結論: 不明。

容疑者5014-29
研究者: グレッツェン・ロイター研究員
説明: 容疑者5014-29は、SCP-5014の死亡と同時刻に発生した出来事である。
調査: 容疑者5014-29はSCP-3885の調査中に偶然確認された、あるSCP-3885-01個体の身に起きた事件だった。SCP-5014が終了されたのと正確に同じ瞬間、1体のSCP-3885-01個体が爆発によって死亡した。これはSCP-3885-01個体が死亡した最初かつ現在唯一の記録である。SCP-5014が死亡した正確な瞬間における他の収容済み不死性実体の調査では、そもそも死亡し得る環境下に居た実体がごく僅かだったため、同様の結果を確認できていない。
結論: 不明。

容疑者5014-33
研究者: エミリア・ダーリング療法士1
説明: 容疑者5014-33は、SCP-5014の異常性に対する誤解である。
調査: 過去のインタビューで、SCP-5014は自らの異常性を自殺未遂中に発見したと主張していた。数回の心理評価において、ダーリング療法士は、SCP-5014の鬱病が外圧を要因とする“自分は死ななければならない”という感情によって悪化しており、積極的に自らの死を追求させていた点に着目している。心理状態との相関関係によって、SCP-5014の異常性の範囲は過大評価されていたとも考え得る。
結論: 不明。

page revision: 5, last edited: 22 Sep 2020 06:56
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website