nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-5037 未解決
EuclidSCP-5037 未解決Rate: 96
SCP-5037
rFZdHg3.jpg
SCP-5037-7から回収されたメモ

アイテム番号: SCP-5037

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 警察と救急サービスに潜入している財団職員は、潜在的なSCP-5037事例の監視を維持し、調査します。

SCP-5037事例であると正式に特定された場合、財団はその事件の完全な状況統制を行います。必要に応じて記憶処理が施され、メディアの取材は先取または抑制され、SCP-5037事例の発生状況を偽装する適切なカバーストーリーが作成されます。

SCP-5037の被害者との社会的関係を有する人物や近親者は、尋問のために連行し、その後は監視します。SCP-5037事例が発生した建造物は、財団が買収またはその他の手段で取得し、監視下に置きます。

財団ウェブクローラ“ERIKA”は、最初の3件のSCP-5037事例を巡るオンライン上の議論に特有のキーワードをスキャンし、必要に応じて、それ以降のSCP-5037事例群と財団についての情報セキュリティを確保するために調査、介入を実行します。

説明: SCP-5037は異常な手段で実行される一連の“密室”殺人です。SCP-5037はテキサス州ラボックの市域内にある住宅でのみ、毎月約1回の頻度で発生します。全てのSCP-5037事例は施錠されているか、その他の理由で外部から入室できない部屋の中で発生し、従来的な手段で検出できる入退室の手段や形跡は発見されません。

SCP-5037事例は必ず、被害者以外の人物が住居内にいない時に発生します。SCP-5037事例は典型的に、被害者との社会的な繋がりを持つ人物が住居に入り、“密室”にいる人物が反応しないことに気付き、法執行機関に通報した時点で初めて発覚します。SCP-5037の被害者間にパターンや接点は確認されていません。被害者の年齢、性別、民族、職業は様々であり、お互いに会った/連絡を取り合っていたことがあるかは判明していません。

SCP-5037の状況は全ての事例で同一だと証明されています。被害者は“密室”の概ね中心で仰向けに横たわり、胸の上で両手を握りしめ、足を真っ直ぐに延ばし、目を閉じた姿で発見されます。顔には涙を流した跡があります。被害者は常に微笑んでいます。

全ての被害者の死因は、ベンゾジアゼピン1の過剰摂取によって中枢神経系が極度に抑制され、昏睡状態から死に至ったという同一のものです。しかしながら、法医学的検査では一貫して体内から薬物の痕跡が検出されておらず、追加の調査によって、生理学的な変化とそれに続く死は通常の手段ではあり得ないほどほぼ瞬時に発生したと断定されました。

全ての被害者は青いPost-Itブランドの付箋を握りしめています。付箋の文章はBIC Atlantis Comfortペンで記されたものと断定されています。転写は以下の通りです。

これは自殺遺書です
探偵を呼んでください
ごめんなさい
私たちは死にたくない

歴史:
既知の最初のSCP-5037事例の発生は20██/1/9、チャールズ・マーティンという男性が、施錠された窓の無い“趣味の部屋”で死亡しているのが発見された時です。死亡時の状況と死因が十分に検討されなかった結果、この一件は殺人とは疑われず、自殺として報告されました。

第2の事例は20██/2/7、デブラ・ベッカーという女性の遺体が、アパートの施錠された寝室で隣人に発見された時に発生しました。これも自殺と報告されましたが、2人の死の同一の状況は多数の報道と潜在的な“自殺カルト”の憶測を呼び、一部では殺人事件の可能性が想定され始めました。

20██/3/3、ウェイン・ロバーツという幼い子供が専用の遊戯室で死亡しているのが発見された第3の事例は殺人事件と断定され、全国的に報道されました。3人の死は“謎の三重密室殺人事件”と見做されるようになり、警察の大規模な捜査を促しました。

ラボック市の財団資産が介入し、状況統制を引き継ぎました。死の異常性が発見され、それらは遡及的にSCP-5037事例に分類されました。最初の3件の殺人とその類似性に関する公共知識は最早抑制不可能でしたが、情報セキュリティを維持するために、対象を絞った報道及び議論の抑制と監視が行われました。

その後10ヶ月間に発生した追加11件のSCP-5037事例は、成功裏に公共知識から隠蔽されたものの、得られた新しい情報は最小限でした。調査の停滞に加えて、SCP-5037のメモの2行目における“探偵”の派遣要求を満たす試みとして、SCP-5037の捜査に割り当てられる職員は定期的に交代されるようになりました。

20██/1/3、アイザック・アチャリヤ捜査官と解析部門エージェント オーディ・パラスが、SCP-5037の捜査に割り当てられました。

予備会議転写
日付: 20██/1/3

[記録開始]

アチャリヤ捜査官: まず俺の存在を説明する必要があるだろうから、この音声ログを自己紹介から始めようと思う。俺の名前はアイザック・アチャリヤ。元・私立探偵であり、今は… 何年も前から財団の従業員をやっている。俺の財団内での地位はやや特殊で… レベル0クリアランスの捜査官だ。これは勿論ジョークじゃないが、まぁ今回は非公式な会議だし、少しぐらいジョークは言うかもしれないと認めよう。

エージェント パラス: 私は彼と知り合って10分ぐらいですが、既にジョークを飛ばすつもりだろうというのが分かります。

アチャリヤ捜査官: 信用表明どうも、エージェント パラス。で、俺がレベル0クリアランスなのは、財団での主な役割が異常な物事と全く関係無いからだ。俺の仕事は財団職員に対して、もしくは財団職員によって、ごく普通の手段で行われた犯罪の調査だ。窃盗や脅迫から果ては殺人まで何でも扱う。まぁ実際のところ、殆どの時間は… 紛失物やペットの捜索に費やしている。

アチャリヤ捜査官は、恐らく喜劇的な効果を狙って、10秒ほど沈黙する。

アチャリヤ捜査官: この気まずい沈黙を別とすれば、純粋に今の仕事を楽しんでいる。俺は人の笑顔を見られれば満足するタイプだ。しかし、それとはまた違う立場で招聘されることもままある。

再び、若干長い沈黙。

アチャリヤ捜査官: 時々、捜査に慣れてはいるがアノマリーについては全く知らない、だからこそ先入観を持っていない奴の新鮮な視点を必要とするアノマリーが現れる。本質的にはとても平凡だから、その角度から攻めるのが最善だというアノマリーもいる。そして多分、攻撃するためにはアノマリーの知識が全く無い奴が必要だという事例もあるだろう — 例えば、何だろうな、今までに見た最悪の存在に変身できる奴とか。しかし、俺は又聞きでしかそれを知らない。

静かな笑い。

アチャリヤ捜査官: この素敵で便利なレベル0クリアランスを維持するために、俺はアノマリー関係の仕事に取り組んだ後は毎回記憶処理される。しかしそれまでは、俺はここでSCP-5037に配属される。こいつは異常存在としての要件を辛うじて満たしている程度の現象であり、捜査が俺みたいなのを呼び付けてでも何とかしたいほど固い壁にぶち当たっているからだ。

エージェント パラス: [咳払いする] そして私は解析部門所属のエージェント オーディ・パラス。アチャリヤ捜査官の特殊なクリアランス状況のために、私は彼と財団の間を結ぶ連絡員となり、彼に開示可能な機密情報を提供します。そしてまた、些か不本意ではありますが、今回の調査の期間中は彼の助手 兼 ボディガードを務めます。

アチャリヤ捜査官: 感謝するよ、エージェント パラス。今回の捜査が危険になるとは想定してないが、俺の戦闘能力は大体ウェットティッシュと同レベルだから、事が荒っぽくなったら是非ともみっともなく泣きじゃくってる俺を守ってほしいね。

エージェント パラスは沈黙し、溜息を吐く。

エージェント パラス: 捜査が危険になると想定して頂きたい。その方が私も気が楽です。さて、通学初日の楽しい自己紹介の時間は終わりです。捜査官、あなたはSCP-5037をまずどう評価しますか?

アチャリヤ捜査官: そいつは難問だな、え? 自殺を仄めかすような行動歴が無く、お互いに全く接点の無い人々の、自殺をテーマにした連続殺人をどう扱うかって? 既知の儀式的な要素は含まれず、閉鎖されたドアの裏側で恐らくは苦痛を伴わずに発生し、わざわざ潜在的な容疑者にはアリバイを残し、適切に報道されないせいで悪名を馳せることもできないのに続いている殺人事件?

エージェント パラス: これまでの捜査における理論は、特定の状況下で壁をすり抜けるかテレポートできる異常実体が関与しており、単純に栄養摂取か娯楽のために飾り気のない殺人を犯しているというものです。このシナリオ通りの場合、残されたメモは我々を嘲るための全くのナンセンスか、或いは暗号めいた謎かけの一種です。

アチャリヤ捜査官: …君自身はどう考えている、エージェント パラス?

エージェント パラス: あるモバイルゲーム絡みの事件がトラウマになっているせいで、不確かな説を共有したくはないのですが… メモはかなり重要だと思います。

アチャリヤ捜査官: 俺たちの考えは一緒だな。今までの捜査理論は確かに全ての辻褄を合わせている… だが答えには辿り着いてない。アノマリーへの対処には不適切な態度かもしれないが、俺はこの連続殺人にもっと高尚な目的とロジックがあり、メモがそれを示していると確信してるんだ。密室と死因はもちろん重要だが、まだそこから解読できそうな要素は特に無い。メモがこれを解く鍵だ。

エージェント パラス: では、華麗な探偵さん、このメモから何が読み取れましたか?

アチャリヤ捜査官: まず、恐らくメモを書いたのは犯人であり、犯人は自分のために話しているという仮定から始めさせてくれ。犯人はこれが自殺遺書だと言う — 自分自身の行動で死ぬと宣言している。ひとまず2行目はスキップするとして、3行目は謝罪だ。犯人はそのすぐ後で死にたくないと言う… 死にたくないのを謝罪しているとも読めるな。犯人が死なないためには殺人が必要であり、それを申し訳ないと感じているのかもしれない。勿論、一人称が複数形で書かれているのも注目すべきだ。複数の犯人、複数の精神、或いは集団を示す意図があるかもしれない。

エージェント パラス: 凄まじい矛盾ですね? 自殺はするが死にたくないと言う… 自らの意思で自殺するのではないという意味かもしれませんが。

アチャリヤ捜査官: それは確かに1つの解釈であり、多分正しいが、単純に死にたいというだけで自殺する奴は滅多にいないのも事実だ。自殺者は苦しみを終わらせたがっている。悔悟の念を示すこの実体とも明確に繋がる。こいつは死にたくはないが、苦しみに苛まれ、後悔している。

エージェント パラス: 10人以上の人々を殺した存在に共感しすぎではありませんか? 非人間に共感するなとまでは言いませんが、相手はそれでも殺人者ですよ。

アチャリヤ捜査官: そうかもな、しかしその視点が必要なのはこの謎を解くためだけかもしれないぞ。俺の決意を心配してるのなら、その必要は無い。犯人を気の毒に思っても、人殺しを続けるのを許す気はない。

エージェント パラス: あなたが全体像を把握できる限りは。

アチャリヤ捜査官: 把握するさ。さて、2行目だが、これが一番興味深い。犯人は探偵を要求している。もし自分を危険に晒すような奴らを誘き寄せて殺したかったなら、とっくに財団から被害者が出ているはずだ。違う、こいつは謎を解いてほしいから探偵を呼んでいる。発見されたがっている。犯行現場に探偵を招くように頼む理由は他に無い。なかなか大きな手掛かりじゃないか? 解決されることを望むアノマリー… 心当たりは?

エージェント パラス: 両手の指で数えられる程度でしょうね。一般的に、アノマリーは解決され、単一の答えやフレームワークに従わせられるのを忌避します。だからこそ異常なのです。アノマリーは1つ1つが解決を拒む謎です。

アチャリヤ捜査官: ところがこいつは、何らかの理由で、解決を望む。それぞれの行に相互の繋がりがあると仮定した場合、探偵は多分不可欠の要素であり、犯人が死にたくないというために必要だ。恐らく、探偵は自殺の一部を担っている。

エージェント パラス: 我々はこの事件に10人以上の異なる捜査官を割り当てましたが、メモの内容は一度も変化していません。要求が満たされなかったか、或いは満たすことがそもそも不可能なのでしょう。アノマリーは論理では動きません。常に答えを導き出せる存在ではないのです。

アチャリヤ捜査官: 俺はまさにそういう態度が受け入れられない。俺たちがまだ奴らを理解していないというのは、今後も決して理解できないことを意味しない。そりゃ人間の知識には理論上の上限があるだろうさ、それがどうした。俺が知っているのは、気掛かりなのは、俺の前に謎があること、探偵としての俺が求められたこと、そして無実の人々の命が危機に瀕していることだけだ。俺は真実を見つけ出すぞ。無理だと考えたその瞬間に俺は探偵失格だ。この謎を解くまで俺は止まらない。

エージェント パラス: …では、その姿勢が我々を何処かへ導いてくれるのを願いましょう。

アチャリヤ捜査官: 繰り返しになるが、信じてくれて感謝するよ。信じると言えば、メモの話に戻るが、もう1つだけ確信を持って言える点に気付いた。

エージェント パラス: 聞かせてください。

アチャリヤ捜査官: 店の学用品セクションにありそうな青い付箋とペンの種類、筆跡の質、そして文章そのもの… このメモは中学生か、どんなに年上でも高校生が書いたように思える。10代のガキだ。

[記録終了]

補遺.5037.1:
20██/1/9、SCP-5037-15が発生し、ドロシー・ウォーカーという名の女性が施錠されたウォークインクローゼットから発見されました。大部分の状況は過去のSCP-5037事例と同一でしたが、SCP-5037-15と共に発見されたメモの内容は変化していました。転写は以下の通りです。

これは自殺遺書です
私たちを解決してください
私たちを解決しないでください
ごめんなさい
私たちは死にたくない

SCP-5037-15関連会議
日付: 20██/1/9

[記録開始]

アチャリヤ捜査官: 手遅れだった。早々と解決できなかったせいで、彼女を救えなかった。

エージェント パラス: 捜-… アイザック、あなたの手落ちではありません。遥かに能力のある人々でさえ、SCP-5037を解決できませんでした。この職務には付き物です。時として、できる事は何も無い。しかし今、あなたのおかげで変化がありました。彼女の犠牲によって、我々はこれを解決できます。

アチャリヤ捜査官: 犠牲だなんて呼ぶな。この女は犠牲になることに同意しちゃいない。彼女は死にたくなかった。

エージェント パラス: …その通りです。申し訳ありません。

アチャリヤ捜査官は長い溜息を吐く。

アチャリヤ捜査官: いや、謝るのはこっちだ。俺には少しキツ過ぎた。君は正しいよ、彼女の死は無駄にはならない。彼女を救うことはできなかったかもしれないが、これ以上誰も死なせない。俺は探偵として認められた。俺はこの謎を解き明かす。

エージェント パラス: 私もここでサポートします。ミスター・レベル0が頑張っている時に、諦めるつもりはありません。

アチャリヤ捜査官: ハッ。全く、君は本当に刺激的な連絡員で、助手で、ボディーガードだな。俺たち2人ならきっと何とかなる。奴を捕まえよう。

エージェント パラス: 変化した言葉は… やはり矛盾しています。解決してほしいのに、解決してほしくない。依然として自殺遺書であり、依然として死にたくはない。

アチャリヤ捜査官: 俺が思うに、重要なのは順序だ。解いてほしい、しかし解いてほしくない。これは限度か閾値を仄めかしている。解決してほしいと思い続けているが、ある一点を超えるとそうではないんだ。犯人は俺たちがこの謎を少しずつ削るのを望むが、完全に解くのは望んでいない。

エージェント パラス: 例の複数形も強調されています。私たちを解決… 妙な言い回しですね。犯人が逮捕または発見を求めているのでしょうか。普段なら私はアノマリーの奇妙な言葉遣いを深く考えませんが、今回はあなた流の捜査が合っているようです。

アチャリヤ捜査官: 模倣とは最も誠実なお世辞である、と俗に言う。ありがとうよ。しかし確かに、俺も不思議だ。言い回しが重要だとすれば、“私たちを解決してください、犯人より”なんて頼みはおかしい…

1分間の沈黙に続き、アチャリヤ捜査官が突然椅子から立ち上がる音が聞こえる。

アチャリヤ捜査官: そうかッ! 畜生、これで全て筋が通るぞ! エージェント、君は天才だ!

エージェント パラス: お褒めにあずかり恐縮ですが、どういう意味ですか?

アチャリヤ捜査官: 俺たちは今まで、“私たち”が指すのは犯人しか考えられないという仮定の下に捜査してきた。だが、密室殺人で重要なのは、常に犯人が存在するとは限らないということなんだ。誰かがうっかり手の込んだ罠を仕掛けてしまったり、正真正銘の自殺が殺人だと誤解される場合もある。俺たちは必ずしも存在しない犯人を解決するように依頼されてはいない。謎を解き明かすように頼まれている。その謎を構成するのは…

エージェント パラス: …殺人事件。だからこそ全ての殺人にメモが残されていた。馬鹿馬鹿しいほどに言葉通りですね。複数の殺人事件で構成された謎が、複数形の一人称で自らを解決するための探偵を要求する。謎は自らを追加することによって死ぬのを防ぎ、それによって明白に同じ謎の一部である死が発生する。知性を持つ抽象概念、現実に具現化した生きている謎。

アチャリヤ捜査官: 君の言葉を完全に理解できたとは言えないが、メモが謎の視点から書かれたこと、調査され推測されることこそが謎に謎としての存在価値を与えるのには俺も気付いた。そのために謎は解決されるのを望むが、完全に解かれてしまうともうそれは謎ではなくなる。だから解決を望みながらも同時にそれを望まない。こいつは生き続けるために少しずつ自分を殺している。

エージェント パラス: 嫌になるほど辛い後知恵ですよ。それどころか、データベースのページには“SCP-5037は一連の殺人です”と書いてある、まさにその通りだったんですから。しかし… 正体を知ってもSCP-5037は止まらないでしょう。謎が自らを追加し続けるのは止められない。

アチャリヤ捜査官: 俺たちはまだ謎を完全に解いてないんだ。メモの複数形は、そいつが複数の殺人で構成されてるからだと言ったよな?

エージェント パラス: 一見そのように思えますね。

アチャリヤ捜査官: だったら、何故最初の現場で発見されたメモが複数形なんだ?

エージェント パラス: …ああもう、こっちの後知恵の方がずっと酷い。こんな事に気付いていなかったなんて信じられない。いえ、分かります。間違いなく財団はこれを見落としていた。

アチャリヤ捜査官: じゃあ、今度は君が俺に手掛かりを教えてくれるね?

エージェント パラス: 最初のSCP-5037事例が発生する1ヶ月前、ラボックでは1件の密室殺人事件が話題になりました。財団は当時それを調査し、SCP-5037のオブジェクト指定後に再検討しましたが、無関係と判断したのです。インターネットで“謎の三重密室殺人事件”に夢中になっている少年たちや評論家はその事件も関連性があると見做し、我々はそれを煽りました — 真相だと思ったものから彼らを遠ざけるために。

アチャリヤ捜査官: 何故、それは無関係だと判断された?

エージェント パラス: 異常でも何でもなかったからですよ… あれは報道されたように密室で発生してすらいなかった。

エージェント パラスは沈黙し、溜息を吐く。

エージェント パラス: あれはただの自殺です。

[記録終了]

補遺.5037.2
20██/1/10、ラボック市警察署長カーソン・グライムスは財団の求めに応じて、15歳の息子ネルソン・グライムスが睡眠薬を過剰摂取して自殺した際、その警察記録を改竄して“密室”殺人に偽装したことを自白しました。彼はさらに、最初の3件のSCP-5037事例もまた自殺であり、偽造証拠と目撃者の脅迫によって“密室”殺人だと虚偽の報告を行っていたと認めました。

グライムスの自首から3ヶ月間、追加のSCP-5037事例は発生していません。SCP-5037のNeutralizedへの再分類が保留されています。

補遺.5037.3
20██/4/9、元・ラボック市警察署長カーソン・グライムスは、息子の悪夢を繰り返し見るという訴えに応じて処方された睡眠薬を過剰摂取し、刑務所の独房で自殺しました。

page revision: 2, last edited: 10 May 2020 15:43
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website