nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-5040 血の涙
UnknownSCP-5040 血の涙Rate: 78
SCP-5040

Item#: 5040
Level2
Containment Class:
euclid
Secondary Class:
{$secondary-class}
Disruption Class:
keneq
Risk Class:
notice

特別収容プロトコル: 財団ウェブクローラ カッパ-08 ("CINEGAMI") がオンラインの討論や芸能ニュースにおけるSCP-5040へのあらゆる言及を検出し、抑制します。SCP-5040の伝播に対抗する反ミーム接種が開発中です。

説明: SCP-5040は人間の記憶に自然発生的に出現する、“血の涙”1というタイトルの実在しない日本のホラー映画です。SCP-5040の影響者は、鑑賞したとされる時の記憶が経験的証拠と矛盾する場合でさえも、映画を観に行ったことを思い出します。SCP-5040感染は映画が上映されるあらゆる場所(通常SCP-5040と同種のコンテンツを禁止している文化を含む)で発生する可能性があります。適切な状況下においては字幕や吹替えが用いられます。

映画の説明は常に本質的に似通っており、鑑賞時の周辺状況や出来事も同様です。しかしながら、SCP-5040のストーリーや登場人物に関する報告は決して完全には一致せず、映画の設定、サブプロット、登場人物の名前、台詞の多くが鑑賞者ごとに異なります2。キャストも様々であり、非常に恣意的なようです — 数多くの日本の役者や芸能人が(存命か故人かを問わず)、現実にはホラージャンルとの接点を全く持たない場合でもSCP-5040に出演していると語られています。これらの相違点にも拘らず、映画のオープニング、クライマックス、エンディングは常に同一の大まかなプロットに従います(文書5040-プライムを参照)。

300回以上のインタビューを実施した後、研究者たちはSCP-5040の最も一貫性があるストーリー要素と、鑑賞者が上映に参加した際の記憶に関連する出来事の最も一般的な流れの詳細な概要を構築しました(文書5040-プライムを参照)。



補遺5040-プライム:

上映は常に日没時に開始します。その日/その時刻に事前の予定があった場合、対象者はその予定が不測の事態によって突然キャンセルされた/解決したことを知ります。対象者は空いた時間を使い、地元の映画館で映画を観賞しようと決めます。

到着した対象者は、チケット売場に詰め掛ける大勢の人だかりを目撃し、映画館全体が特別なイベント — 批評家に絶賛されているレア映画の一回限りの上映 — のために貸し切られていると知ります。入場料は無料です。対象者は興奮して引き込まれ、好奇心からチケットを買う列に並びます。

対象者が上映室に入った時点で、殆どの座席は既に埋まっていますが、後列に1ヶ所の空席が見つかります。対象者は、例えそれが現地文化では一般的でない場合でも、観客の多くが使い捨てのフェイスマスクを付けていることに気付きます。対象者の隣の席に座る女性も、彼女の隣に座る別の女性も、同じようなマスクを付けています。

残りの座席は速やかに埋まりますが、観客は入場し続けます。照明が暗くなる時点までに、観客は通路と階段を完全に埋め尽くし、出入口の周辺エリアだけが空いた状態になります。未知の液体の袋を下げた点滴スタンドが群衆の中から突き出しているのが見えることもありますが、点滴が誰に繋がっているかを明確に示すものはありません。対象者はまた、劇場の他の場所にいるマスクを付けた観客の1人が病衣を着ているのに気付く場合があります。

上映前の予告編や広告はありません。上映が始まると、館内は静かになります。

映画は女性主人公がありふれた日常生活を送っている様子から始まる。彼女は突然、正体不明の人物からの電話を受け、恋人が入院したと伝えられる。アパートを出て病院へ向かおうとした主人公は、1人の男性に襲われて意識を失う。

主人公は見慣れない建物の中で、手足を縛られた状態で目を覚ます。彼女の他にも数多くの女性が囚われており、うち数名はまだ無意識のままである。女性たちは脱出の可能性を短時間話し合うが、誘拐犯の男性が姿を現したために中断する。誘拐犯は女性の1人が泣いているのを見て、躊躇うことなく彼女を殺害する。誘拐犯は、捕虜の女性たちが泣かなかった場合に限り、24時間後には解放するつもりだと説明する。

映画を通して、誘拐犯は女性たちに様々な肉体的・精神的拷問を加え続ける。女性たちは必死に努力するものの、涙を抑えることができずに1人ずつ殺害され、遂に主人公だけが残る。主人公の決意に苛立った誘拐犯は徐々に拷問をエスカレートさせるが、主人公は誘拐犯をなじるばかりであり、彼をますます激高させる。

主人公が誘拐犯に対して所信を表明する際、対象者は台詞に若干のエコーがかかっているようだと気付きます。対象者はやがて、隣に座っている2人の女性が、台詞の一字一句全てを静かに繰り返しているのだと悟ります。さらに注目した場合、対象者は女性2人のマスクの下半分に大量の唾液が染み込んでおり、爪に血がにじむほどの強さで手を握り合わせているのを目の当たりにします。

映画のクライマックスで、誘拐犯は両刃カミソリを持って主人公に近付き、もし解放されても彼女はその後の人生を醜く歪んだ顔で生きることになると宣言する。ここから2人は、内面的/外面的な美しさの性質、社会における女性の価値、弱さを表明することに対しての社会的スティグマなどを巡って口論する。最終的に、誘拐犯はしびれを切らし、主人公を床に投げ倒して顔を掴む。

この時点から、対象者には不特定数の観客の呻き声が聞こえ始めます。

誘拐犯は主人公の下唇を親指と人差し指でつまみ、カミソリの刃で口角から顎までの深い裂傷を刻み込む。彼は雑に引き切るようにして刃を動かし、主人公の下唇を部分的に切除する。誘拐犯が主人公を嘲るために手を止めた時、彼女はその機会を利用して、自らの歯でカミソリを彼から奪い取る。誘拐犯が反応する前に、主人公は彼の左目を切り裂く。

絶叫する誘拐犯の顔から血液と硝子体液がこぼれ、主人公がカミソリを使って拘束を切断する余裕ができる。激怒し、半分盲目になった誘拐犯は、主人公の下唇の残りを掴んで勢いよく引っ張り、下唇と右頬の大きな断片を彼女の顔から引き剥がす。誘拐犯が満足を表明した時、主人公は完全に自由の身となり、カミソリで誘拐犯の喉を裂く。

映画の序盤における殺人の筋書きはしばしば影響者ごとに異なりますが、インタビューを受けた全ての人物は暴力的なクライマックスについての一貫した説明を行い、映画の他のどの場面よりも遥かに明確な回想記憶を示しました。また、対象者の~80%は、映画のクライマックスに激しい恐怖心が伴ったものの、その感情は映画自体に起因してはいなかったと報告しました。

主人公は出口へと急ぎ、誘拐犯は床に倒れたまま出血で死に至る。負傷のために言葉は不明瞭だが、主人公は最後にもう一度だけ誘拐犯を嘲笑するために立ち止まり、彼は“血の涙を流した”のだから自分のルールに従って死ぬべきだと冷静に告げる。

場面は唐突に不特定時点の未来へと転換する。フェイスマスクを着用して裂けた口を隠した主人公が、周りにいるパパラッチの集団を無視して通りを歩き、アパートへ向かっている。ようやく寝室に辿り着くと、主人公は静かにマスクを外し、鏡に映る自らの姿を見つめる。彼女は失われた顔の下半分を無言で凝視し、涙を流す。数分かけて、彼女のすすり泣きは激しい嗚咽と甲高い叫び声へと激化してゆく。画面が暗転してエンドロールが始まるが、主人公の泣き声は他の音響を一切伴わずにエンドロール終了時まで継続する。

上映終了後、他の観客たちは概ね無言のままで、上映室を出ながら囁きだけを交わします。対象者たちは上映室を出る途中で、床に小さな赤い液体溜まりや染みを目撃したと主張しています。この時点以降も上映室に居座る対象者は、自分が歓迎されていないという感覚の高まりを経験し、やがてその感情に突き動かされて立ち去ります。

page revision: 2, last edited: 16 Aug 2020 04:19
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website