nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-518 アサ・ラトリッジの墓標
EuclidSCP-518 アサ・ラトリッジの墓標Rate: 79
SCP-518
sawmill.jpeg

SCP-518の一部

アイテム番号: SCP-518

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-518は最低でも3人の職員、1人の企画主任、2人の補欠職員からなる実地研究班によって監視されます。この班はSCP-518から3kmの地点にある遠隔観察サイト-18を拠点とします。SCP-518の周囲に自動保安境界線を確立、維持することになっています。

研究が目的であるならば、SCP-518-1の物理的な複製1つをいつでも存在させる許可が与えられます。この複製は常に不透明の保護スリーブケースに収容され、施錠されたコンテナに密封して、サイト-93のアクセス制限袖室の保管ロッカー742に置かれます。電子コピー1つはサイト-93と遠隔観察サイト-18の認可によりアクセスが許可されます。財団職員は無許可のSCP-518-1を発見したら即座に破壊してください。

説明: SCP-518はSCP-518-1の普及と露顕によって触媒作用を及ぼす、局所的異常現象です。

SCP-518は現在、小さな盆地にある19世紀中頃のアメリカ西部開拓時代の建築スタイルで建てられた様々な修繕、設計、建築がされている集合建築です。これら建築物は開拓時代と矛盾した方法で配置されています;建物は大雑把に循環パターンで配置されており、交通システムや地形などは考慮されていません(建築物の1つは小川上流にあります)。SCP-518はアメリカ、オレゴン州デシューツ郡の田舎、メトリウス川近辺にあります。

SCP-518-1は短い話で、最初のSCP-518での探査で文書化されました(探査機録518-1参照)。SCP-518-1が賢い、それぞれを理解できる対象に読まれると、SCP-518は自発的な物理変化が起こります。大抵、これらの変化はそれぞれ関係する建築物の動きを伴い、建築物の内部の再編成とSCP-518の地理的近辺に僅かな沈下を引き起こします。いくつかの場合では、SCP-518-1を読むことで新たな建築物が現れたり、既存の建築物が単に存在しなくなったります。研究員はこの物理的変化が即座にもしくは現在の観測能力を超す速度で発生することを測定しました。

interior.jpeg

SCP-518建築の内部

SCP-518が造る建築物は外見上は共通して1850年代と1860年代で見られる構造に似ています。更に数件では現在、納屋、3階建ての宿、のこぎり工場があります。しかし、これら建築物の内部は伝統的な住居と設置ではありません。壁、床、天井の特徴は恣意的に建築された傾向にあります;家の部屋ではドアが無い、床が水平で無い(1の住居では角度37°の"床"が建築されていました)、天井の高さは1mかそれ以下等が観察されました。時代の典型的な家具や家庭用品も存在するが、無秩序に配置されています(ある場合では、椅子とベッドが天井に釘付けされていました)。"納屋"には単に深さ120mの開けたシャフトが覆われているだけで、他の建築物の内部に特徴はありませんでした。

SCP-518からなる土地はSCP-518-1イベント発生につき約2~3m沈下して徐々に穴になっていきます。現在の推定ではSCP-518が後25~30回SCP-518-1イベントが発生すると地下水面に完全に浸かります。

以下はSCP-518-1の一部複写です:

これは私の最後の遺志と遺言だ、ケンタッキー、Grett's Hollowのアサ・ラトレッジ1、1859年2月11日に作成。私には遺すような財産は無い。

[データ編集済]

たとえこの魂が地獄に堕ちようとも、私の最後の願いが完全に実行されるよう指揮する。

この場所、ここで起きた全ての出来事は最後の審判の日まで人類から忘れ去られ、大地に埋もれるだろう。神には何も隠し事は出来ない、しかしこれが今私ができる唯一の償いであり、私の決意である。

私に残された力でこの務め、この遺言が私の恥を隠してくれるよう、この形見が忘却へと向かうように祈る。神の御意志がこの場所をこの大地から消し去るよう促してくれますよう。

収容を確立して以来、財団はSCP-518-1を読むことを由来とする15回のSCP-518の自立変化を記録しました。これらの事案のうち、13回は制御された研究状況下で発生しました。

探査機録518-1: 1992年2月の最初の収容と遠隔観察サイト-18の確立の際に職員はSCP-518の最初の探査をしました2。D-クラス職員からなる班が派遣され、ツーウェイ・ラジオ、懐中電灯、水、非常食、バール、ビデオカメラが装備されました。ループ・カルモナ博士、SCP-518の研究監督官は遠隔観察サイト-18から探査を監督しました。複写の抜粋が以下に記録されます:

カルモナ博士: 供給品の検査、報告が済、全職員を確認。D-32995、聞こえますか?

D-32995: 聞こえる。

カルモナ博士: 時刻は1405。視界に見える最初の建築物まで進んでください。D-94237、こちらの映像を維持するためにカメラを正面に向けてください。

D-94237: 了解。

映像は家屋に似たSCP-518-A建築物に向かう探査班を映します。班は玄関に到着し、入ろうとします。扉は施錠されています。

D-32995: 動かねえ。

カルモナ博士: 力づくで入ることを許可します。

D-22343とD-94237はバールで扉を抉じ開けます。

D-32995: 中はかなり暗いな。

カルモナ博士: 明かりを照らし、内部を映してください。

カメラから離れたところを照らす灯りは建築物の内部が、天井に箪笥があり床が明らかに南方の壁に向かって傾いていること以外は時代の典型的な構造だということを示しました。

D-94237: 見えるかい?

カルモナ博士: 確認できました。慎重に家の中を進み、周囲を記録してください。

6分58秒後、建築物北西の角に小さな扉が床にあるのが見えます。

カルモナ博士: D-48983、視界に見える扉を開き、調査結果を記録してください。

D-48983: わかった。

D-48983は床のハッチを開きます。他の探査員が開放部を照らした後、ハッチを通じて通り抜け可能な床下が示されます。

カルモナ博士: D-48983とD-22343は目の前の空間を進んでください。

D-22343: .…無茶言うなよ、アンタ、オレが思うに-

カルモナ博士: 目の前の空間を進んでください。

D-22343: わ…わかった。

D-22343とD-48983はカメラを手に取り、床下に明かりを照らします。D-22343が止まるまで通常の床下を示します。

カルモナ博士: 止まりましたね。何か見つけたのですか?

D-22343: そこら中に穴があって、足首が痛え。

カルモナ博士: 詳細にお願いします。

D-22343: ああ…たくさんの小さな…長方形の穴がこの汚えとこにある。だいたい…50cmかちょい上か?まあ少し大きいぐらいか。狭い。

カルモナ博士: 穴の中に何か別のものはありますか?

D-22343: まあ待て、見てみる…んー、こりゃー…何だあれ?

D-48983はカメラをD-22343の肩越しに動かします。穴の上に身を乗り出す間、D-48983は未確認の物体を弄っているように見えます。

カルモナ博士: 何を弄っているのですか?不要な接触は辞めてください。

D-22343: あー…何でもない。何もなかった。

カルモナ博士: 同意内容を忘れ-

D-48983: 何もない。ここには何もなかった。

カルモナ博士: …もう数分この場所を記録してから、次の地点へと進んでください。

映像は床下がD-22343の説明通りに無数の穴だらけなのをを示します。D-48983とD22343は他の探査員と合流し、何事も無く建築物を去ります。

映像はSCP-518にある"教会"に到着するまで切られます。カルモナ博士は班に中に進むよう指示し、建築物の中が全くの空なのを発見します。探査班はD-32995が南西の壁で止まるまで内部を記録します。

カルモナ博士: D-32995、何か見つけましたか?

D-32995: この壁に何か書かれている。おい、カメラをこっちに向けろ。

カルモナ博士: 何が書いてあるか読めますか?

D-32995: ほとんどは、一部は汚れてるな、おそらく煤に書かれてる。ここだ、ここを映してくれ。

カメラは文章を映し、後にSCP-518-1だと確認されます。

D-32995: "これは私の最後の遺志と遺言だ、"…はっきりしないな。

カルモナ博士: 出来るだけ写してください。

D-32995: 了解。

D-23995はSCP-518-1を小さなメモ帳に写そうとします。原文の汚れた箇所の言葉選びについてD-32995、D-22343、D-94237の間で議論が発生します。約25分後、D-32995は書き終え、メモを読みます。即座に低い地響きが鳴り始め、映像は揺れ始めます。

D-94237: 何だ?何だこれ?何が起きてる?

D-22343: ちくしょう!

カルモナ博士: そこで何が起きているのですか?

D-22343: ここから出るぞ!さあ!早く!

カルモナ博士: 中断しないでください。任務を-

D-48983が背後で軽く笑っているのが聴こえます。探査班の誰かが叫び始めます。映像と音声が切れる前に大きな破壊音が聴こえます。

カルモナ博士: D-32995!聞こえますか?そこで何が起きているんですか?応答願いますか?

END TRANSCRIPT

ページリビジョン: 2, 最終更新日時: 10 Nov 2015 11:44
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website