nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-3799 降雪小史
SafeSCP-3799 降雪小史Rate: 104
SCP-3799

アイテム番号: SCP-3799

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: クロージャー島への接近はスタッフにも民間人にも認められません。財団は現在クロージャー島周辺に飛行禁止区域を設定しており、また数隻の財団船舶が不要な侵入者を発見するために境界のパトロールを行います。民間人であれ財団スタッフであれ、認可されていない人物が上陸を試みた際には、SCP-3799に関する異常な知識や興味を消去するのに適切な記憶処理を施すものとします。

説明: SCP-3799は正確に円周6mの、全体的に雪で構成された完全な球体です。SCP-3799はグリーンランド領クロージャー島の上空500mで視認可能な支持構造無しに静止しています。クロージャー島は実験的研究を専門とするサイト-799の所在地でもあります。

SCP-3799の内部には、未知のデザインの財団制服を着用した成人男性の死体、以下SCP-3799-1が収まっています。SCP-3799-1の右腕はSCP-3799外部に突出しており、回収当時は多数の書類を握りしめていました。SCP-3799-1の死因は両手首の自傷が原因と思しき失血だと考えられています。

SCP-3799のスキャン検査は、対象が異常に低いヒュームフィールドを有することを示します。SCP-3799やSCP-3799-1を穿刺・損傷する試みは全て失敗に終わりました。

SCP-3799は1987/12/24、プロジェクト[更なる情報はO5-█指令により削除]の一環だったサイト-799での実験中に出現しました。

以下の文書群はSCP-3799-1から回収されました。これらはSCP-3799のファイルに対応する5回分の反復であるように思われますが、そのような内容の編集記録は財団データベースから発見されていません。これらの文書に含まれる機密情報のため、内容公開はO5評議会と特別な許可を受けた職員のみに制限されています。文書に含まれていた情報は、プロジェクト・ミッドウィンターの即時中止と、現在の収容プロトコルの実装に繋がりました。

iteration1pic.jpg

SCP-3799中のサイト-799の静止映像

アイテム番号: SCP-3799

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: サイト-799の研究班を除き、クロージャー島への接近はスタッフにも民間人にも認められません。数隻の財団船舶が不要な侵入者を発見するために境界のパトロールを行います。民間人であれ財団スタッフであれ、認可されていない人物が上陸を試みた際には、SCP-3799に関する異常な知識や興味を消去するのに適切な記憶処理を施すものとします。

サイト-799研究班の全メンバーはサイト-799に留まります。食料その他の必需品は遠隔から配送されます。研究班メンバーが現地に留まるのを許可されるのは一度に2ヶ月までであり、その後は降水量の少ない地域で最低1ヶ月の休暇を取らなければ現役復帰が認められません。

SCP-3799-1への長期曝露に起因すると思われる認識災害の兆候を示す職員は隔離し、サイト-799から速やかに除去しなければいけません。

説明: SCP-3799はグリーンランド領クロージャー島に影響を及ぼしている気象現象です。問題の島および0.5km圏内の領域では、分子レベルで雪と同一の、しかし重大な異常特性を示す物質が降り積もり続けています。この物質をSCP-3799-1とします。

SCP-3799-1は、大量に存在する状況下で近傍にいる人物、または長期間にわたってSCP-3799-1を観察した人物に対する有意な認識災害効果を持ちます。認識災害の影響を受けた人物は物質への強迫観念を発達させ、当該物質を強烈な喜び・充足・悟りの感覚と結び付けるようになります。

現時点ではこの効果を相殺する手段は判明していません。効果は時間経過では薄れず、一部対象者においては逆に激化しているように思われます。治療法の研究が進行中です。

SCP-3799は1987/12/24、プロジェクト[更なる情報はO5-█指令により削除]の一環だったサイト-799での実験中に発生しました。実行可能な収容プロトコルが実装される前に14名がSCP-3799-1に影響されました。

現在、サイト-799はSCP-3799、並びにその効果に対抗するための実行可能な手段の研究のみに利用されています。現在のプロジェクト主任は認識災害異常の専門家であるサイモン・ケルズ博士です。

補遺3799-1: 1991/02/08、サイト-799の研究者たちは、1987/12/24の出来事以降に職員3名が失踪したと報告しました。この時以来、SCP-3799の影響領域が3m拡大している点には留意すべきです。

ページリビジョン: 3, 最終更新日時: 31 Dec 2017 15:16
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website