nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2138 隠し事はつまらない…
SafeSCP-2138 隠し事はつまらない…Rate: 58
SCP-2138

アイテム番号: SCP-2138

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2138は、気密ボックス内にある密閉された加圧缶に収容されています。ボックスはサイト-73の標準収容ロッカーに保管されています。加圧缶内の圧力センサーは、ガス漏れがあった場合、職員へ通知するようにプログラムされています。

ガス漏れ、または収容ロッカーを開く必要のあるいかなる指示への対応は、サイトにある工業用真空システムを操作するために訓練されたレベル1の担当職員が行います。SCP-2138による収容違反が発生した場合、レベル3以上のセキュリティクリアランスを持つすべての職員は直ちにサイト-73から避難してください。SCP-2138に曝露した人物は隔離され、サイト管理者の指示があるまでは処分は保留中されます。

SCP-2138の研究は、インシデントSCP-2138-1をもって終了しました。インシデントSCP-2138-2の結果、さらなる研究のために利用可能なSCP-2138-Aの実例はありません。

説明: SCP-2138は、組成不明な水色で無臭のガス状物質です。この物質は通常の大気ガスに対して科学的に不活性であり、非可燃性で急速な拡散速度を示します。初期のガスクロマトグラフィーの結果は結論が出ず、SCP-2138のさらなる物理的及び化学的特性は確立されていません。SCP-2138は、財団のフィールドワークで”自白剤”として使用される現在の精神活性物質に代わる、より有害性の低い代替物を合成しようとするアイザックス博士の試みの副産物として生成されました。1

SCP-2138への曝露または吸入により、試験した動物検体に有害な物理的影響はありませんが、この物質に曝露された人物はSCP-2138-Aと呼ばれる異常な影響を示します。SCP-2138がすべての知性ある実体に対して同じ異常影響を持っているかどうかは不明です。

SCP-2138-Aは、暗色の長方形(約45 × 30cm)の外観で被験者の頭上に構成されています。図形には、連続した短い文が明るい黄色のテキストで表示され、時間とともに繰り返されます。各声明は、被験者のみ、または被験者と他の限られた集団に知られている情報を開示しています。この影響は永続的なもののように見えますが、被験者の知識が変化すると、表示される声明の内容に影響します。SCP-2138-Aは被験者には見えておらず、SCP-2138-Aと物理的に対話しようとする試みは被験者に有害であるように思われます。

インシデント記録: SCP-2138-1
日付: 20██/05/21
場所: サイト-73、研究所218-B – アイザックス博士(サイト-73材料研究部長)監督。
注: SCP-2138の動物実験後に異常な影響が表れなかったため、アイザックス博士の権限で人間での実験が開始されました。

10:15 AM:

  • D-13962は試験室で座っている。低濃度のSCP-2138が人工呼吸器を介して吸引される。
  • D-13962は痛みや不快感を報告しない。D-13962のバイタルサインは基準値のままである。

10:21 AM:

  • 観測チームはD-13962の頭上でのSCP-2138-Aの出現を感知する。
  • 観測チームは次の声明を記録する。
  • ”俺のマットレスの下にたばこの山がある”
  • “[D-4435]は俺をうんざりさせる、俺はあいつが好きなふりをしているだけだ”
  • “親父を殺さなかったが、刑務所にいる子供の弟を救うためにうそをついた”
  • “ローブを着た男らが研究室を襲撃した時、俺は撃たれたが、あいつらはアイザックス博士を撃っていた”
  • “財団と呼ばれる場所があって、あいつらはテキサスのオフィス街に妙な機械を持っている”

10:26 AM:

  • D-13962はSCP-2138-Aのテキストを調べて読むように求められる。D-13962は上を向くが、SCP-2138-Aを見ることができない。
  • D-13962はSCP-2138-Aに触れようとする。
  • D-13962の心拍数と呼吸が突然低下し、心停止と一致する症状を示す。
  • アイザックス博士は試験室に入り、D-13962から人工呼吸器を取り外し、心肺蘇生を開始する。
  • 観測チームは、財団救命士(EMT)に支援を求める。
  • D-13962の循環と呼吸は、心肺蘇生の90秒後に戻る。

10:34 AM:

  • 財団救命士が到着し、D-13962を外に出して医療室へ移動させる。
  • SCP-2138-A実例がアイザックス博士の頭上に現れる。
  • 観測チームは次の声明を記録する。
  • “D-13962が私のために何をしたかを知っており、彼の割り当てを最も安全なプロジェクトに切り替えた”
  • SCP-1176の真の目的は[編集済]”
  • [データ削除済]2

10:50 AM:

  • サイト管理官はアイザックス博士からセキュリティ違反の通知を受ける。
  • サイト管理官はD-13962及び観測チームに対してBクラス記憶処理の使用を許可する。

インシデントSCP-2138-1後の事件後報告の転写

日付: 20██/05/21
時刻: 午後4:30
参加者: サイト-73ディレクター(以下SD-73と記載)、ヤン・アイザックス博士

SD-73: 録画中。私はサイト管理官のガルシアであり、インシデントSCP-2138-1後のヤン・アイザックス博士との私の議論の結果を記録に残しておきます。アイザックス博士、議論したように、あなたの事件への関与は、婉曲に言うと人事問題を引き起こしました。この明らかな理由によって、この面会に人事部の担当者を参加させることができませんでした。これが、ビデオではなくオーディオ録音を使用している理由でもあります。

アイザックス博士: 私はアイザックス博士です。記録のために、この提案が私の完全な同意を得ていることを認めます。

SD-73: それで、どこから始めましょうか?

アイザックス博士: そうですね、クリアランスを使用して実験割り当てを調整することと一般のDクラスの治療との間の倫理的な優劣についての議論は、まあ、活発でしたが、それについては後回しにしておきましょうか?

SD-73: わかりました。あなたの現在の状況は、その点での違反に対する十分以上な罰だと思います。それで、私たちはあなたが今このサイトと財団全体にとって重大なセキュリティリスクになっているという事実について議論しました。

アイザックス博士: あなたは私を退かせることは出来ませんし、現在の広範な許可がなければ、私は誰かと仕事や交流をすることもできません。つまり、あなたは私を封じ込めたいといったのだ。

SD-73: それは違います –

アイザックス博士: 失礼、アレックス、それは不公平だ。あなたはそうは言っていないが、私の見方では、それが何を意味するかは変わりません。あなたは私にサイト-73での永住を申し出ていました。考えうる心理的影響については詳しく説明しました。

SD-73: 私たちはそうした。そしてその事実を認識して、私はあなたに家族と過ごす機会を提供しました。

アイザックス博士: 彼らも永久にここに住んでいるという条件で!私が思うに、私たちが毎日負っているリスクを抱えながら、どうやってこの場所で子供たちを生活させることができるかと思ったのですが、それは-

SD-73: -このサイトが財団で最も堂々とした記録があることはご存じでしょう-

アイザックス博士: -そして、どうすれば彼らを見て、彼らに離れなければならないと伝えることができるのでしょうか、彼らの友人や人生は-

SD-73: -大きな決心を考慮します。ヤン。ヤン!これを再度考え直す必要はないと思います。

アイザックス博士: すみません、アレックス、それをあなたが言うのは簡単ですが、それはあなたの人生ではありません。

SD-73: こうなったのは私がそうしたわけではありません。いいですか、私たちは長年一緒に仕事をしてきました。これは確かですね?

アイザックス博士: そうですね。長々と議論をした結果、私は、隔離や解雇の代わりに、Fクラス記憶処理を受けることを要求しました。

SD-73: この依頼について正式な注意を記録したいと思います – ヤン、あなたはもうあなたではないことを知っていますよね?完全な人格の上書きです。

アイザックス博士: 分かっています。しかし、私の新しい人格は、私が今明らかにしている秘密を全く知らないでしょう – 私はセキュリティリスクにはなりません。そして、私は生きます。つまり、この研究のそもそもの目的は、不必要な害を避けることでした。

SD-73: まだあなたを去らせることは出来ません。

アイザックス博士: そうではありませんが、私から奪われた人生のことを考えても、気が狂うことはありませんし、何か役に立つかもしれません。事務員か清掃員にしてください。Dクラスでも。

SD-73: 分かりました。正式に承諾します。アイザックス博士はFクラス記憶処理を受け、代わった人格に基づいて再割り当てされます。すべての外部的及び内部的な目的のために、これは家族に十分な利益を与えて、財団への功労の過程での死として扱われるでしょう。この記録は、クリアランス4/一般記録-73として扱われます。

アイザックス博士: ありがとう、サイト管理官。アレックス。

SD-73: ヤン、終わる前に。何年にもわたってサイトのためにやってきたこと。私は言いたい – あなたがしようとしていたこと、私は – 私はそれを尊重する。私は – とにかく。ああ、記憶処理班を呼びましょう。録音を止めなければ。


インシデント記録: SCP-2138-2
日付: 20██/05/29
場所: サイト-73、Dクラス安全収容棟-廊下R-12

6:34 PM: 日課の検査終了後、Dクラス職員が宿舎へ戻った時に、軽微な暴動が発生。警備員は、D-4435によるD-13962への暴力的な攻撃が誘因であったことを証明しました。別のDクラス(識別番号未指定)は、暴動へ介入中に致命的な心臓発作を起こし、15人のDクラス職員が負傷しました。

page revision: 3, last edited: 04 Nov 2019 01:33
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website