nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-870 恐らくはそこに存在するはずの怪物
KeterSCP-870 恐らくはそこに存在するはずの怪物Rate: 203
SCP-870 - 恐らくはそこに存在するはずの怪物
評価: 0+x
scpinvisible.jpg

██████ ████氏の日記に描かれたSCP-870

アイテム番号: SCP-870

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-870は8m×8mの密封された部屋に収容されます。モーション・センサーが収容地域に置かれ、SCP-870の変化はいつでもモニターされることになっています。

SCP-870の逃亡を防ぐために運動センサー式回転銃座が収容地域の外に直接置かれます。精神分裂症を患っているDクラス職員1名が常時カメラでSCP-870を監視することになっています。

SCP-870には48時間に一度牛の死体が提供されます。

説明: SCP-870は定かではない大きさと外見の動物種で、そしてそれは未知の理由により、精神分裂症を患う人間のみが知覚することが出来ます。この事から、しばしばSCP-870の標本は幻覚として退けられる結果に終わります。SCP-870の標本は雑食で、殆どの種類の植物と肉を食べるようですが、一般的には人里離れた場所で食事をします。

とりわけ、SCP-870を知覚する能力を持つ2人の人物が同じSCP-870の標本を見たとしても、2人は完全に異なる方法でその外観を詳述します。彼らはSCP-870を以下のように評しました:

  • 蜘蛛の脚と三つの眼を持つ鰐。
  • 煙男。
  • 巨大人面蟻。
  • 鸚鵡頭の猫背の子供。
  • ''余りにも多すぎる脚''を持つ蜘蛛。
  • 脚の代わりに人間の腕が生えている巨大百足。

SCP-870の標本は非常に捕食的で、一般的に数年数か月間食べずに餌の後を付けます。この時、SCP-870がいかにして栄養失調に陥ることなくいられるのかは知られていません。最終的に、餌が一人でいるか人里離れた場所に居る一見すればランダムな時間に、SCP-870は餌を殺して丸呑みします。(インタビュー870-1を参照)

SCP-870の繁殖方法は現在の所不明ですが、神経分裂症を患っていた研究者の██████ ████の日記からは、SCP-870達は自身が生き延びるための栄養を求めず、代りにかなりの長期間SCP-870達の幼生体に餌を再利用していると推測できます。この理論は確定的ではなく、それについての実験が進行中です。

現在財団が有するSCP-870の標本はしばしば封じ込めを突破しようとし、全職員に敵対的であることが分かりました。SCP-870の収容地域で毎日毎時間大きな音を立てているのを聞くことが出来ます。精神分裂症なしにSCP-870を視認する方法を見つける研究が進行中ですが、これにはかなりの時間がかかるやもしれません。

現在の所、何百とまではいかないまでも、世界中で多数のSCP-870が存在しているものと考えられています。これらは大衆に対する明白で目の前に迫っている危機です。全ての種を殲滅するか収容する処置が取られなければなりません。

回答者: █████氏

質問者: ███████博士

序文:20██/██/██、█████氏は███ ████にある彼の自宅で''怪物''を殺したと警察に報告した。█████氏は神経分裂症を患っている事が後に判明し、財団はSCP-870との関係を疑い、彼を貰い受け尋問しました。

<ログ開始>

███████博士: こんにちは、█████さん。お加減はいかがですか?

█████氏: だい…大丈夫、大丈夫。あんた、誰だ?

███████博士: ███████博士と申します。今日ここに来たのは、貴方が警察で話された事について詳細を伺うためです。

█████氏: ああ、そうか。撃ってくれ。

███████博士: この''怪物''というのはどのように見えましたか、詳細に解説してもらえますか?

█████氏: あんたも俺を嘘つき呼ばわりするのか?あれは本物だ、誓っていう、確かにあそこに居たんだ!

███████博士: █████さん、質問に答えていただけませんか?

█████氏: すまねえ…すまねえ。ちょっと緊張してたんだ。そうだな、あれはまるで蜘蛛のようだった、だがその…その脚が一杯だった。あいつは俺のほうに駆け寄って来て、悲鳴を上げて俺は撃ったんだ。

███████博士: █████さん、その時初めてあなたは怪物を見たんですか?

█████氏: うう、ああ…

███████博士: 良く聞こえません。質問に答えてください。

█████氏: 俺は…俺はあいつらを色んなところで見てた。あいつらを追いかけて、何やってるのか見た。あいつらが現実なのか知りたかったんだ、分かるか?

███████博士: 理解できると思います。何か重要なものを見たんですか?

█████氏: 奴らの1匹はこいつを探してた。俺はそれを見たんだ、こいつの家の外で、こいつを見つめてた。こいつを見ているあれを見ている俺。何かを…何かを床に落として、それがどっかへ行った、そんな経験ないか?

███████博士: そうですね。それで?

█████氏: 実際はどこにも行ってないんだ。こいつは、俺はこいつが定規を落として、その、それは机の下にあったんだが、それがそれを奪い取って、それを丸ごと食っちまった。それから数日たって、こいつを食っちまった。丸のみにしたんだ。

███████博士: そうですか…ありがとうございます、█████さん。████女史に外まで送らせましょう。

<ログ終了>

最終報告: █████氏はAクラス記憶処理をと投薬を施された後解放された。厄介なことに、█████氏の証言はSCP-870が人口密集地に今も居ることを意味していた。更なる調査が進行中である。

補遺 870-1: 個人的には、精神分裂症の人らが本当に完全にSCP-870を見ているとは私は信じておらず、我々よりは彼らのほうがよく見ることが出来るだけだ。我々は我々の脳がそれを見せようとしないので、我々は見ることが出来ない。精神分裂症の人らは、彼らの脳はほんのちょっとだけ違った配線をしていて、それで彼らはほんの少しだけその姿を見ることが出来る。これらは完全な迷彩を身にまとっており、我々は単にそれを見る能力を持たないのだ。 - ███████博士

ページリビジョン: 2, 最終更新日時: 25 May 2014 07:21
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website