nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-044-JP 繁栄の果実
KeterSCP-044-JP 繁栄の果実Rate: 18
SCP-044-JP
評価: +15+x
APPLE_Self_fertilization.jpg

収容前のSCP-044-JPと熟成したSCP-044-JP-2

アイテム番号: SCP-044-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 現在、SCP-044-JPが収容されている土地はサイト-8147に指定されています。サイト-8147内のSCP-044-JPの収容所の天井にはLED植物育成用照明が設置され、日時に連動して外部と同じ明るさに自動で調整されます。SCP-044-JPの収容所の通気口には、SCP-044-JP-1を拡散しない為に7層のフィルターが設置されています。SCP-044-JPには毎日、収容所の地下に張りめぐらされたパイプを通じて、適量の水分・肥料が与えられます。また、SCP-044-JPの収容所内はエアコンによって気温が適切に調整されています。SCP-044-JPの収容担当の職員は毎日、装置のメンテナンスを行う必要が有ります。SCP-044-JPの収容所と職員の職務室は隔離されており、通常時は如何なるセキュリティクリアランスを与えられている職員も収容所の出入りを許可されません。また、2体以上のSCP-044-JPを同時に対象とする実験の実施も許可されません。

SCP-044-JPの卵細胞がSCP-044-JP-1を受精する事を防ぐ為、毎年の4月初旬から6月中旬までの間、収容担当の職員により、全てのSCP-044-JPに咲いている花にビニール袋を被せて密封する必要が有ります。この対策方法は手順044-Eに指定されています。予定の実施時期より前にSCP-044-JPに花が咲いている様子が観測された場合、即座に手順044-Eが実行されます。

SCP-044-JP-2が生成されてしまった場合、SCP-044-JP-2は男性職員らによって回収されます。回収されたSCP-044-JP-2は隔離ボックス内の-28℃の環境で半永久的に冷凍保存されます。

SCP-044-JP-3はその性質上、何体存在するかすらも判明しておらず、完全な収容は不可能です。SCP-044-JP-3を発見次第、確保していく案も存在しますが、SCP-044-JP-3に関する情報の不足の為、SCP-044-JP-3を発見する事自体が非常に困難な状況です。研究対象として唯一収容されているSCP-044-JP-3は適度の食料と生活に必要な物品が与えられています。このSCP-044-JP-3から物品の要求が有った場合、サイト管理者と収容担当職員らの審議の上で許可、或いは却下されます。

説明: SCP-044-JPはセイヨウリンゴに酷似したバラ科リンゴ属の樹木です。SCP-044-JPの本体に遺伝子的な異常は視られません。SCP-044-JPは███県███市に群生しています。

SCP-044-JPの雄ずいから生成される花粉の内部の精細胞はSCP-044-JP-1に指定されます。SCP-044-JP-1の遺伝子に異常は視られませんが、SCP-044-JP-1はSCP-044-JP以外の他種の植物の卵細胞にも受精させる事が可能です。現在、14種の植物の卵細胞へのSCP-044-JP-1の受精が確認されていますが、実際には更に多くの種の植物の卵細胞への受精も可能と推測されています。SCP-044-JP-2の発生を避ける為、これを実証する為の実験は行いません。

SCP-044-JPから生成された果実、SCP-044-JP-1を受精した他種の植物から生成された果実はどちらもSCP-044-JP-2に指定されます。SCP-044-JPの卵細胞がSCP-044-JP-1を受精した場合、花たくは2ヶ月程で果実に成長し、子房の内部に種子が生成されます。この種子を土に植え、適切な環境で育成した場合、7ヶ月程でSCP-044-JPの芽が発芽します。他種の植物(以下、"対象物"と記載)の卵細胞がSCP-044-JP-1を受精した場合、対象物はSCP-044-JP-2を生成します。この様にして生成されたSCP-044-JP-2は対象物から通常生成される果実と特徴が酷似しており、このSCP-044-JP-2と同時に生成される種子を育成しても対象物と同じ種の異常性を持たない植物が育ち、SCP-044-JPの特性は引き継がれません。

SCP-044-JP-2は強い芳香を放ちます。ヒトがこの芳香を感じた場合、SCP-044-JP-2を食べたいという強い欲求を感じます。ヒトがSCP-044-JP-2を食べた場合、免疫能力が飛躍的に向上します。妊娠状態の女性がSCP-044-JP-2を食べた場合、後に誕生する子供はSCP-044-JP-3に指定されます。SCP-044-JP-2を食べる事によって免疫能力が上昇する特性が存在する理由も、親にSCP-044-JP-3を安全に育成させる為だろうと、研究員の間で考えられています。

SCP-044-JP-3の外観、遺伝子に異常は視られません。SCP-044-JP-3は普段、一般的なヒトと同じ様に振舞います。SCP-044-JP-3は、多数のSCP-044-JPが何かしらの"被害"を受けた際に活性化します。活性状態のSCP-044-JP-3はSCP-044-JPの群生地へ向かい、SCP-044-JPの群生地を守る為に何かしらの手段を講じます。例えば、大きな物理的被害が加われば、SCP-044-JP-3は危害を加えた物体や生物を破壊しますし、SCP-044-JP内の水分や栄養分が不足すればSCP-044-JPにそれらを供給しようとします。幸い、SCP-044-JPからSCP-044-JP-2がもがれる事や、我々の収容によるSCP-044-JP-1の拡散の妨害に反応してSCP-044-JP-3が活性化する事例は報告されていません。

補遺044-JP-01: 以下の文書はSCP-044-JPに関する事案記録です。

20██/██/██: 第1事案は、SCP-044-JPの収容前、現サイト-8147内のSCP-044-JPを民間の建築企業が大量に伐採した事によって発生しました。これに反応した不特定多数の活性状態のSCP-044-JP-3が現サイト-8147内で作業を行っていた作業員14名全員を殺害しました。

2007/08/07: 第2事案は、サイト-8147内の電源装置が故障し、修理が難航した為、サイト-8147内が14日間、温室状態となり、SCP-044-JPが強い乾燥状態にさらされた事によって発生しました。その為、活性状態となった70体以上のSCP-044-JP-3がサイト-8147を襲撃し、エージェント4名、研究員3名を殺害しました。その後、SCP-044-JP-3は他のエージェントらにより処分、或いは確保されました。

インタビュー記録044-JP-01 - 日付2007/08/14

対象: SCP-044-JP-3

インタビュアー: 竹内研究員

付記: 対象であるこのSCP-044-JP-3は第2事案の発生時、エージェント・███によって確保されました。このSCP-044-JP-3は本名███ ███であり、サイト-8147が存在する███県███市内に在住する7歳の少年です。現在、このSCP-044-JP-3は研究対象として収容されています。

<録音開始>

竹内研究員: それでは、インタビューを始めます。質問に答えて下さい。

SCP-044-JP-3: …うん。

竹内研究員: 君はどうしてこのサイトまで来たのですか?

SCP-044-JP-3: …サイト?

竹内研究員: どうしてこの施設にやって来たんだい?

SCP-044-JP-3: …どうしてって…?

竹内研究員: 無意識にここまで来たのですか?

SCP-044-JP-3: …ううん。

竹内研究員: それとも、誰かに指示でもされたのですか?

SCP-044-JP-3: …ううん。

竹内研究員: じゃあ、どうしてここへ?

SCP-044-JP-3: 喉渇いたからさ、おじさん達が何か変な事やってたから、止めないとって思って。

竹内研究員: はい?

SCP-044-JP-3: だからここに来て、おじさん達に噛みついたの。それだけだよ。

竹内研究員: つまり、君は誰かに操られていたというのですか?

SCP-044-JP-3: …え?

竹内研究員: …そうですね、質問を変えます。あなたは誰ですか?

SCP-044-JP-3: ███だよ。

竹内研究員: …ちょっと待って下さい。[補助研究員に対して]…おい、あの写真は有るか?…そう、それだ。それと、他のSCP-044-JP-3の写真を貸してくれ…うん、うん、いいから…良し。[対象にSCP-044-JPの写真を見せる]この写真に心当たりが有りますか。

SCP-044-JP-3: 心当たりって…これ僕じゃん。

竹内研究員: そうですか…ではこちらを…[対象に他の個体のSCP-044-JP-3の写真を見せる]この写真に心当たりが有りますか。

SCP-044-JP-3: 同じじゃん。これも僕じゃないの?

竹内研究員: …そうですね。インタビューを終了します。

<録音終了>

終了報告書: インタビュー対象のSCP-044-JP-3は自身とSCP-044-JPや他のSCP-044-JP-3との区別が出来ていない様に窺えます。これが意味するのは、恐らくSCP-044-JP-3はSCP-044-JPの一部として生まれてくるという事でしょう。SCP-044-JPとSCP-044-JP-3達がどの様に情報を共有しているのか、更なる研究が必要と思われます。

補遺044-JP-02: サイト-8147の建設中、作業員により、以下の内容が印字されたタグが1本のSCP-044-JPの枝から発見されました。

日本生類創研 A-007-F01

ページリビジョン: 201, 最終更新日時: 01 Jun 2015 12:07
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website