nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-1587 夢の世界
SafeSCP-1587 夢の世界Rate: 67
SCP-1587

アイテム番号: SCP-1587

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1587はその寸法に合わせたパッド付き木枠内に保管するものとします。SCP-1587への接触要望は必ず、サイト監督官に対する文書にて行って下さい。

SCP-1587の実験に参加する被験者は一度につき一人のみです。実験の進行中、SCP-1587またはその活性化時の位置から3 m以内には、誰も入らぬようにして下さい。試験前においてはSCP-1587に適したマットレス、枕、毛布が取り付けられ、これらの用具は試験完了後に焼却されるものとします。

SCP-1587への試験を経た後の全職員は、実験エリア退出前に汚染除去を必ず完全に受けて下さい。

説明: SCP-1587は鉄製のベッドフレーム(長さ1.93m、幅3.4m、高さ1m)であり、その底部には表面をはんだとグアッシュ絵の具及びアクリル絵の具で描かれた相当数の未知の象形文字が覆う金属製の箱が溶接されていますが、この箱は複数の回路基板、歯車群、コイン類、人形の部品群、人間の髪の毛で満たされた透明なPCマウス一基を組み合わせたものを擁しています。この箱ないしその構成物が、SCP-1587の異常性質の源であると推定されます。

生きた人間の被験者がSCP-1587の上に敷かれたマットレスの上でレム睡眠に入ると、SCP-1587は自身と被験者を、その際の被験者の夢が基底であると見られる異常空間(以降SCP-1587-1と指定)の内部へと転送します。
SCP-1587-1へ送り込まれたGPS機器は受信不能となりますが、しかしながら音声、映像、その他の記録機器は機能を保持します。

SCP-1587-1へ到着した際に、SCP-1587は被験者が目覚めるよう20秒間の音声(520Hz, 90dB)1を生じさせます。被験者はその後SCP-1587から離れ、SCP-1587-1の内部を6時間が経つまで旅します。被験者達は自分の動作が完全に制御でき、また周囲の物に物理的に触れる事が可能であるという状況が判然であると報告します。6時間の終わりの時点で、被験者は瞬間的に(t < 0.1s)SCP-1587へと転送され、SCP-1587-1から消失すると共に現実世界へ再出現しますが、この現象は被験者が致命傷になるであろう傷を負った時点でも発生します。これらの負傷は現実世界への推移に置いて完全に回復されますが、致命傷でない場合はその限りではありません。SCP-1587-1内の物品は、被験者が持っている物であるかSCP-1587から十分近くにあるならば、SCP-1587が現実世界へ戻る際に伴えますが、この十分な範囲については他の要素が影響しているかに疑問が持たれており、正確な範囲は未だ断定されていません。

入手記録: SCP-1587は、これを作ったと推定される[編集済]教授([編集済]大学所属)への殺人事件の後に発見されました。氏は後頭部を撃ち抜かれており、その間寝室に一人だったと見られます。凶器とされる銃(ワルサーP38)が現場で見つかっており、切り取られた人間の腕の手先に握られていました。またこの腕には茶色のワイシャツの袖と、鉤十字の腕章が身に付けられていました。地元の病院には直近14ヶ月以内に腕を切断した記録が無かった上に、この手の指紋とDNAが[編集済]教授のものと一致しました。この事案が定期的な特定単語検索の結果から財団の注意を引く事となりました。

[編集済]教授の家を調査したところ、彼のつけた日記(文書1587-M3)が明らかになり、このうち文書1587-M4(下記)の事項が関連性を持つと考えられます。

事項833: 成功だッ!!!!準備したキャンディな明晰夢について── タフィ トフィ タフィ2舗装の道で目覚めた、石は色変わりキャンディのゴブストッパー造り、大地は虹が散りばめられている!空はゼリービーンズの様なオレンジ。雨は薄めたレモネードだ。

初期地点から約3マイル歩くと、近くの町に辿り着いた。家々はマッシュポテト(?)で、その庭はナツメキャンディで一杯だ。概してピンク、オレンジ、茶、黄がかった白で配色されている。

地域住民はケーキ人だった。とても友好的だ。私を氷砂糖の公会堂へ導いた。興味深い会話を長(村長か?)と交わした。彼らは完璧な英語を(なんと都合の良い!)心地よい調子のアクセントで話した。賓客として饗された宴では──チョコレートフォンデュ、ホイップクリームを載せたエッグノッグ、デザートには綿あめ味のアイスクリームが出され、素敵な式典として、バースデイ(?)キャンドルを頭に突き立て灯したケーキ人達が、私のために歌ってくれた。

宴席の後、残り時間は未だ3時間程もあり、更なる探査を行うと決めた。彼らは巨大なカップケーキで出来た車(?)をくれた。その地域の中心部へと向かう巨大なドーナツ製トンネルを通り抜けた(概して淡い青色と鮮やかな黄色の配色だ)。建物はザラメ砂糖の結晶であり(村の公会堂の氷砂糖と比較して)、村のそれよりも判然として技術的に発展している。信号=色が変わる棒キャンディ!地域住民は他民族である。糖蜜と生姜入りのパンケーキ人と、あらゆる種類の甘草ゴーレム人達だ。この社会には学校、大学、図書館、博物館があるようだ。軍事基地(?)までもが見受けられた──が、入ろうとしたら、丁重に断られた。歩哨(武器はマシュマロ銃?)とこの世界の自然気候について会話したが、楽しかったが極めて無益であり(ハハハ!)、ちなみに彼らの銃は『カスターディ』(発音ママ─実際このように発言したのだ!)が弾に使用されていた。残り時間が切れたのは、このような聴取(?)が行われている過程(?)であった。素晴らしい話題になると感じ、机の一角(ガムドロップ付きのヌガー製!)を記念に失敬した。初期地点のベッドの上に再出現し、元の寝室へと帰還した。机の破片を持ったそのままで!!!付記:もし再度向かうなら、軍事基地は無視し──丸きり時間の無駄だ──図書館や博物館からより多くを学べるだろう。

とても疲れた。本物の睡眠を取らねば。毛布をリビングへ持って行こう。

事項838 一部成功?準備したふかふか可愛い動物達の明晰夢について──熱帯雨林らしき所で目覚めた。木々は通常のものの様だが、どれも熱帯雨林に相応しいものではなく──判別出来た分ではBrachychiton acerifolius(ゴウシュウアオギリ)、Cerbera manghas(ミフクラギ)、Acer saccharum(サトウカエデ)、Ginkgo biloba(イチョウ)、Citrus reticulata(マンダリンオレンジ)である。日光は遮られている──およそ自分の位置では。周囲の構成は緑と茶色。

動物達は知性を持ち、英語を話した──微妙な粗さと流暢さが混じっていたが。その大半は熱帯雨林特有のものではなく──以下に記す。複数の、イヌ、ネコ、ウサギ(アルビノだ!)、ブタ、アライグマ、また一頭だけのカンガルーとその仔。熱帯雨林特有のものは以下の通り。複数の、ナマケモノ、カエル、トカゲ、サル、オウム、オポッサム、また一羽のみではオオハシ(コンゴウインコか?)。

初期地点から約2マイルで動物達の集団に会った。彼らを何年間も脅かしている存在(相手?)である熊を退治する手助けをしてくれと頼まれた。

[重要性希薄の為中略。全記録は以て要請の事。]

グリズリー種の様に見えたが、より大きく、口腔部は蜘蛛(らしきもの)のそれであった。私は躊躇したが、奴は突進し、私の腹部を破壊(?)した。胴から下は(感覚が?)麻痺したが、腕はなお動かす事が出来、熊を即座に殺せる毒が塗られた短剣を、その胸部へと突き刺した。足は動かせないままだったので、動物の仲間達に元のベッドまで戻してくれるよう頼んだ。彼らはネックレスを私に掛け、ポケットを何本もの新鮮な人参で一杯にした後、籠(?)に乗せて運んでくれた。また私と熊との戦いについて凱歌を歌ってくれた。初期地点への途中で時間が切れ、ベッドの上に再出現し、寝室へと帰還した。胴体の負傷は完全に治っているようだった。人参とネックレスは持ったまま──このネックレスはルビーの様だが?[付記:鑑定されるネックレスを如何に得たか考えておく!鑑定人に向けた適当な由来を作っておこう!]それにしても疲れた。

事項840: 何という事だ、本物だった。ルビーでこそ無かったが、宝石としてはどれも本物だった。宝石商は市場価格の凡そ半額で買い取ると申し出た──年収の4分の3だ!!真剣に検討しよう。加えて検討:宝石の夢?否──市場に溢れかえれば注意を引いてしまう。金も、その他も同様だ。

事項851: 畜生め畜生め畜生めチクショウめ。どうして性行為に耽る夢を想定すると、全員が自分なんだ???

事項858: このガラクタにはもう十分に付き合った。最早まともな睡眠すら取れないのだ。ベッドフレームから箱を取り除いている。夢の世界なんぞクソ食らえ。明晰夢なんぞクソ食らえだ。

事項859: あの箱が再接続されている途中で目覚めた。厄介な事になりそうだ。

事項860: 箱を捨てた。また再接続中に目覚めた。寝ている間にごみ袋を破ったのか、芝生一面にゴミが散らかっている。明確に厄介事だ。

事項861: 箱を燃やした。箱よさらば。貴様は人の人生にそれだけの損害を与えたのだ。

事項865: どうも寝ている間に新たな箱が作り出されている様だ。本気で問題だ。「だからそう言っただろう」などとVernonがわざわざ言わなければ良いが。

事項866: クソ食らえVernon。新たな箱を燃やした。設計ノートも燃やした。工具類は売り払った。[付記 - 母は自分のクリスマスプレゼントが売却された事について嘆くだろう、念のために言い訳を考えておく!]

事項870: まともな睡眠が取れており、もう大分良くなったように感じる。再度何か社会生活に取り組もうと思う。今夜大学構内でドキュメンタリー映像祭があり──出席するつもりだ。今年中ずっと構内パスを使っていなかった。興味深いものになりそうだ。

大学構内の目撃者は、[編集済]教授はその死亡した晩、ナチスドイツとホロコーストについて3本のドキュメンタリーを視聴したと証言しました。

ページリビジョン: 1, 最終更新日時: 04 Sep 2016 10:01
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website