nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2257 家神
SafeSCP-2257 家神Rate: 113
SCP-2257
villa-194671_640.jpg

SCP-2257

アイテム番号: SCP-2257

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2257は現在不動産登記に基づき財団の所有下にあります。周辺維持のために柵が地所の周囲に取り付けられ、また警備班が道路を挟み面した詰所に配置されます。居住している印象を与えるため、照明器具は適切な時間にオンオフの切り換えを行い、庭の芝生は週に一度刈る事とします。

説明: SCP-2257はウィスコンシン州██████郊外の宅地造成地にある寝室一室、トイレ及び洗面所二室の住宅です。
外観には何ら異常な性質は示されません。内装は郊外住宅向けの標準的な家具が備え付けられています。

何らかの手段によりSCP-2257へ進入すると、約48時間後に全ての物体及び実体がそれぞれSCP-2257-1に変化します。SCP-2257-1はSCP-2257内部で見当たる異常な品々(最も一般的な所では家具や家電製品)を指します。SCP-2257-1群は知性と英語での会話能力があります。SCP-2257-1となった個体に物理的な変化はありませんが、他の個体とは区別される性格、声、意識を得ており、また個体間でのテレパシー通信がインタビューから仄めかされています。

SCP-2257-1の全個体は自身を具現化した固有の神であると主張します。例としては、SCP-2257-1-23は日焼けした革張りの肘掛け椅子ですが、自身を『椅子の神』であると主張します。この異常性より他には、SCP-2257-1の各個体は異常な性質を何ら見せていません。しかしながら当文書執筆時点では、試験は無生物のみで成されています。SCP-2257-1によって生体がどのようにしてか新たなSCP-2257-1に変化する事が示唆されています。(補遺参照)

SCP-2257-1の各個体はSCP-2257の全体に渡る整頓状態一式を維持しており、位置が変わった際は家中の状態を保つためにしばしば変成します。一例として、ダイニングルームの食卓用金物一式の配置が変えられた際、アメリカ合衆国内の正しい食卓における規範による金物類の正式な配置(サラダフォークは必ず左端に、ディナーフォークはその隣に、等々)に戻る事が出来るまで、SCP-2257-1の各個体は興奮状態になりました。

SCP-2257-1の全個体は監視下にあると気付いていない時に変成させる能力があります。現在SCP-2257-1の個体でない物体及び実体がSCP-2257家宅内に進入した際には、各個体は48時間が経過するまでは被験体が家内に残る事を阻止しようとしますが、その時間を閾値として、既に同様の物体等が存在していたという事が無い限りは新たな個体を歓迎します。SCP-2257-1の各個体は、自身が役に立たないか相応しくないと思った他の物に対し、威嚇かそうでなければ妨害するといった無意味な試みをする場合にも変成します。

回答者: SCP-2257-1-23『椅子の神』

質問者: B█████博士

序: 当インタビューの間、この椅子に腰掛けていたB█████が記す。

<記録開始、13:04:12

B█████博士: 君は、君が言う様な『椅子の神』であると信じているんだね。それは一体何に基づいて述べているものなんだ?

SCP-2257-1-23: 我は椅子なるもの達の君にして安楽の王、怠惰の主なり!我は優れた腰掛けにして、彼の者が椅子神と名付けしもの!隣の部屋にある罰当たりな痰壷の様なものではない。

SCP-2257-1-35『厠の神』: 聞こえたぞ、欺きし者め!我は厠神、貴殿の出す物に祝福を!

B█████博士: 彼の者って?

SCP-2257-1-23: 我らの偉大なる守護者、家神!彼の者は我らの家にして唯一なる真の王。

SCP-2257-1-35: そして我は彼の者に最も誠実なる座席なり、貴様ではない、貪欲なデカブツめ!人よ、こちらへ来い、そして過去最大信じ難き程の排泄行為を経験するのだ!

B█████博士: それで何故家の神と呼ばれるんだ?

SCP-2257-1-23: 当地における家々の最上のものにして、素晴らしき神性が溢れ出ている!我らはただのしもべに過ぎぬ。

B█████博士: 成る程。[椅子から立ち上がろうとする。]

SCP-2257-1-23: 待て!離れてはならん。椅子神の栄誉ある安楽に浴するが良い。さあ!

SCP-2257-1-35: そうだ、此処へ来い!この厠神において聖別されしお通じを体験せよ!

<記録終了、13:10:17>

結: インタビュアーはSCP-2257-1-23から事故等無く立ち上がった。SCP-2257-1-23はインタビュアーを引き戻そうとすべく喚き立てたが、B█████博士を説得するには至らなかった。当椅子の快適性は報告されたが、並外れたものではなく、平均的な肘掛け椅子のそれであると現場から離れた後に説明がなされた。

回答者: SCP-2257-1-54『電子レンジの神』並びにSCP-2257-1-55『オーブンの神』

質問者: B█████博士

序: 要求により、冷凍ピザが双方に一枚ずつ置かれた。

<記録開始、14:07:11>

B█████博士: ここで定期的に沸き上がるこの議論の原因は何なんだ?

SCP-2257-1-54: 彼女は調理の腕が私のそれよりも彼女の方が遥かに優れていると思い込んでいる様子でな!競う事もなく時間がお前の負けとするだろうに。

SCP-2257-1-55: そやつはこれを競技だと考えている様なのじゃ。その手際ときたらべちゃべちゃの基準以下の栄養分だのに。

B█████博士: この議論が始まったのはいつなんだ?

SCP-2257-1-54: この騒々しき諍いはその原初の時より存在していたのだ。勝者は調理機器の全ての君に対し、彼らの運命を決定するのだ。

B█████博士: これまで互いにこの方法で相手を打ち負かした事はあったのか?

SCP-2257-1-55: そやつが主張したがるのは…[SCP-2257-1-55の発言がSCP-2257-1-54から発せられた甲高い大音声の叫び声により遮られる。]

SCP-2257-1-54: またもお前を打ち負かしてやったぞ、我がご馳走は調理成されり!

SCP-2257-1-55: げっ歯類向けのご馳走さね。

B█████博士: 今日はこれで終いとしよう。

SCP-2257-1-54: 駄目だ!貴殿は我のもたらせし栄光に与らねばならん!そしてこの終わり無き諍いの勝者は我であると貴殿が宣言しなくてはならんのだ!

<記録終了、14:10:53>

結: SCP-2257-1-54はB█████博士がキッチンから退室するまで大声で叫び続け、その後SCP-2257-1-55を非難し始めるも『古典的な手段』により制止された。

回答者: SCP-2257-1-136、財団のレベル3研究員バッジである。

質問者: B█████博士

序: SCP-2257-1-136は当初、SCP-2257の更なる情報を突き止める手段として、財団に忠実な知性体を作り出す望みをもって埋伏された。当IDバッジはSCP-2257-1-13『コーヒーテーブルの神』の上に置かれ、B█████がその傍に立っている。

<記録開始、17:23:11>

B█████博士: SCP-2257について何か話せる事はあるか?

SCP-2257-1-136: 貴殿は私が探している人ではない。

B█████博士: もしもし?

SCP-2257-1-136: 失礼ながら、O5のお耳にだけ入れたい。

B█████博士: 君をO5の所には持って行けないが、伝言は伝えられるぞ。

SCP-2257-1-136: だめだぞ、貴殿では出来ない。この情報は貴殿に死を招くぞ!

B█████博士: ほんとに?

SCP-2257-1-136: そうだとも!たちどころに脳が溶けるぞ。ぐむむむ。苛立たしい研究員はもう送り込むな。

B█████博士: 君は自身がクリアランスレベルを持っていると確信しているのだね?

SCP-2257-1-136: [インタビュアーの質問を無視]なあ、財団について面白い事を話してやるぞ。貴殿は知っていたか…[非協力的であるIDバッジが丁度インタビュアーのポケットの中に移される。]ちょ、ポケットに押し込むな!やめろ、おい!ふが!

B█████博士: そうだな、これを着けてはどこにも行かないな。

<記録終了、17:26:43>

結: SCP-2257-1-136はテーブルに戻されてその場に残され、静かになるまでの間の注目事項としては、時折『高レベルの機密』と『O5と接触出来ない場合に起こるAlpha-Kクラス海水脱塩シナリオ』について繰り返した。

付記: O5人員の出席は2014年3月11日却下。O5評議会の時間には誇大妄想のIDバッジとの会話よりも遥かに慎重な用途があり、そのバッジは重要な機密事項はおろかレベル3クリアランスに与えられた情報も知らない。 — O5-7

補遺:

SCP-2257下に入った生体の個体との会話はこれまで不可能と推定されていた。しかしながら、2014年2月25日、SCP-2257-2が生成された。SCP-2257-2は元はDクラスの者で、現在は他のSCP-2257-1個体から『守護者』とされており、結果としてSCP-2257-1の各個体に変換する記録装置を継続的に置き換える必要が生じた。会話は偶発的に、閾となる48時間の経過後に行われた。

回答者: SCP-2257-2

質問者: Doctor B█████

序: SCP-2257-2は元は指定ナンバー17350のDクラスであり、家宅内に留まり48時間後に変化した。SCP-2257-1-143は元はDクラスの靴の左足側、SCP-2257-1-144は同靴の右足側である。

<記録開始、11:24:35>

B█████博士: 君は誰だ?

SCP-2257-2: 守護者である。

B█████博士: 君のここでの役割は何だ?

SCP-2257-2: 彼らを守る。安全を保ち、私は教化される。

B█████博士: 『教化』とは何を意味するんだ?

SCP-2257-2: 今分かる。彼らの事項、目的。

B█████博士: それでそれは一体?

SCP-2257-2: それは―[被験者は彼の靴に遮られる。]

SCP-2257-1-143: おい、そいつには話せないだろ!そいつは奴らの一人だぞ!

SCP-2257-1-144: 黙れ左!

<記録終了、11:26:21>

結: インタビューはSCP-2257-2とその衣料品との事項に移った。

ページリビジョン: 2, 最終更新日時: 08 Feb 2016 12:38
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website