nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2597 マイナス2キログラム
EuclidSCP-2597 マイナス2キログラムRate: 15
SCP-2597
2kg_Gewicht.jpg

SCP-2597

アイテム番号: SCP-2597

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 暴走加速イベントを阻止するため、SCP-2597は真空収容チャンバーに収容しなければいけません。収容違反時の損害を最小化するため、SCP-2597はサイト-55の最上階に保管されなければいけません。SCP-2597は中性浮力を維持するのに十分な深さの液体水銀が入った容器に沈めておきます。これは重力を中和し、当該オブジェクトが天井を突き抜けていくのを防止するための措置です。

SCP-2597は如何なる場合も、収容チャンバーの壁・天井・床と接触させるべきではありません。SCP-2597が関与する全ての実験には書面によるレベル3の承認が必要です。

説明: SCP-2597は、あたかも負の慣性質量を有するかのように動作する、外見上は天秤に使用するため設計されたと思しき分銅です。当該オブジェクトの組成は不明ですが、実験によって、SCP-2597の慣性質量は約-2kgであり、密度はSTP(標準温度・圧力)における水銀のそれとほぼ同等だと断定されています。

そのため、SCP-2597に加えられる全ての力は、当初の力ベクトルと反対方向への加速を引き起こします。

この結果、SCP-2597は重力の影響を受けるとまず“落上”します。加えて、上昇中のSCP-2597が何らかの物体と接触した場合、この衝突による力 — SCP-2597の動きと対抗する力 — は加速をさらに後押しします。このようにして、一旦加速を開始したSCP-2597は進行方向に配置されているあらゆる障壁を突破していきます。

高速で空気粒子と衝突した場合、SCP-2597の加速は制御不可能な状態になると理論上想定されています。この事象が発生した場合、当該オブジェクトは極めて迅速に危険な速度へと達し、職員やサイトのインフラストラクチャに被害を及ぼす結果になると考えられます。


補遺: SCP-2597回収ログ

SCP-2597は既知の異常芸術家アナーティストである███ ██████のアパートで、彼がSCP-███の製作に関与した一件での調査中に発見されました。回収当時、オブジェクトは液体水銀に満たされた大きなガラス瓶に収められていました。異常性質が特定された後、オブジェクトにはSCP指定名称が与えられ、近隣にあるサイト-55の回収部門に所属するメンバー1名がSCP-2597回収に派遣されました。

回答者: エージェント ジェラルド・███、サイト-55回収チームβの一員

序: SCP-2597回収直後のエージェント███による報告からの抜粋。このログは簡潔にするために編集されている。

<記録開始>

質問者: 貴方がSCP-2597の回収を担当したという認識で良いのですね。

エージェント: いや、そうでもない。うん、少なくとも私が最初に着いたわけではなかったね。だが知っての通り、財団があのアナーティストの家をガサ入れした時、そこの連中は一番近いサイトの司令部に連絡を取って、それがたまたま55だった。上層部は確認のために私を送ったわけだ。

質問者: オブジェクトの回収経緯について聞かせてください。どのような流れでしたか?

エージェント: そうだな、私はこれまでKeterその他諸々の回収に取り組んできた。だがこいつは? このアホらしいブツはな、私が今まで回収してきた中でも一番頭にくる代物のひとつだったよ。

質問者: 具体的には、何故です?

エージェント: このブツは… うん、普通に拾い上げて運ぶわけにはいかないんだ、そんなにシンプルじゃない。かなり早々とそれには気付いた — ほら、私のやること全てにこいつがどう抵抗したかを基に考えたんだ — もし私がサイトに帰る時に車を使えば、このスキップはきっと後ろの窓から飛んでいってしまうだろう。これは空気抵抗の危険性云々を私たちが探り当てる前の話だ。だから無線でサイト司令部に連絡を取って、このブツは自分一人で持って帰ると伝えた — あの時は他に選択肢が無かった、と思う。サイト-55は護衛を送ってくれた — 私が家に帰る途中で迷子になったり人死にを出したりしないことを保証するための警備をほんの数名な。だが連中は大して役立つようなことは出来なかったよ。私もこのスキップに関しては他の誰かを信用する気にはなれなかった。

質問者: つまり徒歩で持ち帰ったという事ですか。

エージェント: ああ。あの忌々しい物を馬鹿げたレベルまで微調整することを強いられたよ。あれを前に進めようとすれば、あれを後ろに押しながら私自身は前に進み、合わせてあれが空へ登っていかないように、しかし私の手の邪魔にならない程度に抑えつつ押し上げるというのを同時に行わないといけない… 全く馬鹿馬鹿しい。これを延々5マイルもやらされたんだぞ。回収地点に到着済みだったエージェントたちがスキップにあまり触れていなかったのは本当に幸いだった — 彼らが注意深くなければあれは失われたかもしれないし、或いはもっと悪い事態も起こり得ただろう。そう、私がもしほんの少しでもミスを犯していたら…

質問者: “もっと悪い事態”というのは、具体的にはどういう意味ですか?

エージェント: 私たちはあのスキップをただ解放したら何が起こるかわざわざ実験するほど馬鹿じゃない — もしあれが加速すれば、牽引力によって更にスピードは増す。まず第一に、あれは命中したものを破壊するだろう。私個人の理論では — 私は科学者でも何でもないから、ここは割り引いて聞いてほしいんだが — 空気中の分子を融合させ始めて、核爆発を引き起こしかねないと思うんだ。実際、あれにSafe指定が相応しいとは思えない。SCP-2597を少なくともEuclidクラス指定まで格上げすべきだと正式に勧告させてもらうので、検討してほしい。

<記録終了>

回収地点でSCP-2597の収容に使われていたテクニックは後日、対象の現在の収容手順に実装されました。エージェント███のSCP-2597分類格上げ要請は却下されました。

ページリビジョン: 2, 最終更新日時: 25 Apr 2017 14:46
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website