nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-2970 聖なる誤配置
EuclidSCP-2970 聖なる誤配置Rate: 52
SCP-2970

アイテム番号: SCP-2970

オブジェクトクラス: Euclid Keter

特別収容プロトコル: SCP-2970は標準人型収容室に収容され、標準人型手順により給餌されます。

更新 (02/15/2016): SCP-2970は可能な限り早期に再収容されます。スペインのアルメリアに向かっていると考えられています。現在、機動部隊タウ-5 "サムサラ"が収容と緩和の努力を主導しています。

説明: SCP-2970はサイバネティックに強化されたアフリカ系のヒト男性です。SCP-2970は西暦10世紀の生まれであると主張しています。

SCP-2970の肉体的強化は以下を含みます:

  • 左手を含む左上腕部の約半分が取り除かれ、一様に鉄でできた円筒に置き換えられています。SCP-2970は自分の制御で接合可能な、一様に透明なガラス様の義手を配置するために円筒を活性化させることができます。
  • SCP-2970の右目は一様な金の球体に置き換えられています。SCP-2970はこれを機能する目として使うことが可能です。
  • SCP-2970の首の後ろには半透明な膜に覆われた、小さい(直径~0.5cm)穴が1つ開いた鉄の板が存在し、首の動脈へのアクセスを提供しているとみられます。
  • SCP-2970の血液サンプルは血流中に大量のシリコン粒子が存在することを示しています。
  • SCP-2970の脳のいくつかの部分は、未確認の絵文字が多数刻まれた一様な銅に置き換えられています。
  • 内臓へのさまざまな金属の追加および置き換え。一様な金属で構築されているようにみられるものの、器官は生物学的なものであるかのように動き、動作します。

過去の記憶の多くと同様にこの能力は"ロックされている"と主張するものの、SCP-2970は映像記憶と、その義眼からイメージを投影して過去の記憶を"リプレイ"する能力を有します。SCP-2970は鎮静剤を投与された際でさえも意識を失うことができず、生存のために食糧を必要としません。

SCP-2970は10世紀と11世紀のスペインにおいて、自身に異常な改造を与えた仮定的な神格を代理する伝道師であったと主張しています。SCP-2970はスペイン北部の洞窟内にあるクレバスから回収され、そこで西暦11世紀以来囚われていたと主張しました。財団のリソースは、この洞窟からの無線遭難信号の放射に続いてそこに向けられました。

SCP-2970は合理的な流暢さで現代のバリアントのスペイン語と英語を話すことができ、内耳内にある受信機を通じて無線電波を聞き、解釈することができると主張しています。

インタビュー2970-1:

前文: インタビューはスペイン語で行われた。SCP-2970はアコスタ博士からアクリルガラスの仕切りで隔てられていた。

<記録開始>

アコスタ博士: こんにちは。私はアコスタ博士です。いくつか質問をしたいと思います、あなたの過去について。

SCP-2970が咳払いをする。

SCP-2970: ええ。大丈夫です。

アコスタ博士: まずお名前を教えていただけますか?

SCP-2970: 思い出せません。申し訳ない。

アコスタ博士: それは……大丈夫。何と呼びましょうか?

SCP-2970: あなたがたは今何と呼んでいますか?

アコスタ博士: SCP-2970。

SCP-2970: それで構いません。

アコスタ博士: 分かりました。では、どうやってそんなにうまく現代スペイン語を喋ることを学んだのか教えてもらえますか?

SCP-2970: 私は……無線を聞きました。私の創造者はとても先進的だった……ように見えますね。

アコスタ博士: 無線?なぜあなたはこのように作られたのですか?

SCP-2970: 囚われる以前、私は属していました……ある神に。この神は私が彼の能力の歩く見本となることができるように、私を変容させるのがよいと考えたのです。他の者たちに信心の利益を見せるために。

アコスタ博士: ということは……あなたのような人が他にもいたんですか?

SCP-2970: 私の知る限りにはいません。

アコスタ博士: 何故あなただけ?

SCP-2970: 私には分かりかねます。

アコスタ博士: 分かりました……どのようにして閉じこめられたのですか?

SCP-2970: 私は意図的にそこに置かれました。保管のために。

アコスタ博士: この神の他のアーティファクトがどこかよそに存在することはありえますか、その……保管のために?

アーティファクトへの言及にSCP-2970が目を細める。

SCP-2970: おそらく。しかし私は知りません。私の精神は……完全には機能していないのです。特定の部品がそうすべき通りに機能していない。私はこれが意図的なものではないかと恐れています。

アコスタ博士: 何が機能していないのですか?

SCP-2970: 特定の記憶が……捉えにくいようです。そうであるべきほどはっきりしていない。他人のために記憶をリプレイすることができません。自分を適切に動かせません。視界はダメージを受けています。背中が痛みます。

アコスタ博士: ここには大勢医師がいます。我々はあなたを……直すことを試みることができるかもしれません。お返しとして、思い出した事を私達に話してもらえれば結構です。他に何があるのかについて。

SCP-2970: いい考えですね。しかし……あなたがたは見つけた"アーティファクト"をどうするつもりですか?

アコスタ博士: 理想的には何も。我々の施設の1つに貯蓄するでしょう。誰も使って害を引き起こせないように、誰も傷つけることがないように。

SCP-2970はしばらく考え込んでいるように見える。

SCP-2970: 承知しました。取引に応じましょう。

アコスタ博士: 終わりに1つ訊ねたいことがあります。どうしてあの間中ずっと待っていたのですか?何故決して……終わらせなかったのでしょう?

SCP-2970: 一筋の水流がありました。出口をふさいでしまうことができたでしょう。そして溺れ死ぬことが。でも私はあらゆる形の死に抗うように設計されています。もし私の体が溺れ死んだら、私の生きた心には何が起きたでしょう?

アコスタ博士: 分かりませんね。

SCP-2970: つまりそういうことです。

アコスタ博士: ……分かりました。それでは今日はここまでにしましょう。ありがとうございました。

SCP-2970: どういたしまして。

<記録終了>

インタビュー2970-2:

<記録開始>

アコスタ博士: また会いましたね、SCP-2970。

SCP-2970: やあ、博士。

アコスタ博士: もう少し質問があります。あなたが関わっていた組織についてです。

SCP-2970: 結構です。どうぞ。

アコスタ博士: あなたはこの組織をいつ見つけましたか?あるいは、いつ組織があなたを見つけましたか?

SCP-2970: 私は若者でした。正確にどのように起きたことなのかは分かりません。ぼんやりとしています。頭痛がしてきます。

アコスタ博士: それなら次の質問にしましょう。それが何と呼ばれていたのか覚えていますか?

SCP-2970: いいえ。

アコスタ博士: 分かりました……覚えていますか、その……教義を?

SCP-2970: 哲学は……ありませんでした。我々はただ我らの神に従いました。彼の敵を滅ぼし、彼の名前を広め。

アコスタ博士: "神"について詳しく教えてもらえますか?

SCP-2970: 肉として顕現します。贈与と恩恵の主、人間性の牧羊者、大いなる獣によって遠ざけられ―ああ。申し訳ない。私はもう彼を信仰していません、しかし刷り込みの一部は……'こすり落とす'のが難しい。

アコスタ博士: 贈与?あなたの身体改造のことですか。

SCP-2970: 私は彼のお気に入りだったといえるでしょうね。

SCP-2970が義肢の左手を上げ、曲げる

SCP-2970: 私はもう彼を愛していない。

アコスタ博士: 神に何が起きたのですか?

SCP-2970: 最もありうるのは……彼は死んだ。

アコスタ博士: よく分かりませんね。どうやって神が死ねるのですか?

SCP-2970: あなたは理解せねば、神は……人間に似てはいません。神は純粋な意志であり、我々の領域と必要な時のみ交わります。しかし彼は……彼はそれ以上のことをしました。彼は自分の意思をこの世界へ強引に押し込み、自ら受肉しました。肉は力を与えます。しかし死すべき運命も与えられました。私は正確な原因を知りません、しかし彼は死につつありました。

アコスタ博士: それであなたの組織には何が起こりましたか?

SCP-2970: 私はほとんどの者は彼により滅ぼされたのではないかと疑っています、その時彼は最も絶望していました。私が言えるかぎりでは、私の……私のなした事は何一つ残りませんでした。地上から消し去られました。私のあらゆる……全てが失われました。

SCP-2970: そして彼は私の能力の多くを無効にしました、私を……不具にするために。私がその間確実におとなしくしているように、彼がただ……眠っていた場合のために。彼は私を不具にし、あの洞窟に閉じこめました。

SCP-2970: 私は長年囚われていました、しかし……しかし少なくとも、私のことを記憶する者たちの中では私は生きていただろうと考えました。しかし彼は彼らをも連れ去りました。そして今私の全てはただ……失われました。

アコスタ博士: お気の毒です。しかし……そんなにひどいのなら、なぜもっと早く助けを呼ばなかったのですか?

SCP-2970: 助けを呼ぶ?

アコスタ博士: あなたが放っていた救難信号のことです、あれが私達を洞窟に導きました。

SCP-2970はこれに困惑したように見えた。

SCP-2970: 私はあれをしなかった。

アコスタ博士: とすると何がしたんです?

SCP-2970: 私は知らない、しかし……もし私があなたなら、あなたの組織……私は警戒したでしょう。何かがおかしいです。私が思うにそこには……何かを思い出しました。彼がどこにいたかを。

アコスタ博士: 詳しく話してもらえますか?

SCP-2970: 川の側、アフリカの。ウーリカ。そして町、マラケシュ。谷間に。

アコスタ博士: 彼はまだそこにいるのでしょうか?

SCP-2970: いや、彼、彼は去った……しかし何かがそこにあるに違いありません。頼みます、そこへ行ってください。私が嘘をついていないと証明してください。

アコスタ博士: この場所について何でも他に情報は?

SCP-2970: 私には出来ない、私の頭が、ただ……脈打つとともに痛みます。

アコスタ博士: すみませんでした。

SCP-2970: 痛みはすぐになくなるでしょう。あなたは言った、あなたの人々、彼らが私を直せる、本当ですか?もし彼がどこにいるかを思い出せるなら私も行きます、物事を正します。彼に償わせます。直してください、私達皆のために。

アコスタ博士: 私が理解できているかどうか自信が持てません。

SCP-2970: ただ私を信じてください。私達は友人ではないのですか?

アコスタ博士: 残念ですが、ここでインタビューを終わらないといけません。

SCP-2970: 待って―

アコスタ博士: 私の上司に話しましょう。我々はあなたの問題を調査します。さらなる情報は何でも歓迎しますよ。

SCP-2970がため息をつく。

SCP-2970: 分かりました。

<記録終了>

このインタビューに続き、情報を提供された場所で異常な現象の証拠が認められました。現地の異常活動を無力化するため、機動部隊タウ-5 "サムサラ"がモロッコ、マラケシュ近辺へ特派されました。作戦の概要についてはオペレーション・アズール・ペレグリン関連文書を参照してください。

事件2970-1:
オペレーション・アズール・ペレグリンの事件ののち、SCP-2970のカルトの存在による残存する異常のリスクはあまりにも高く、SCP-2790の情報への完全なアクセスの潜在的な利益はSCP-2970に手術を実施する本質的なリスクを上回ると判断されました。続いてSCP-2970の記憶に存在する空白を復元するための研究活動が承認されました。

撮像はSCP-2970の脳、義眼およびその他、機能不全の可能性が示唆されているいくつかの置きかえられた器官の内部に、不規則な電荷の高まりを示しました。顕著な研究の後、脳と眼の機能していないインプラントを"再起動"するために、電気インパルスの使用を考慮した侵襲的手術を試みる決定がなされました。

SCP-2970が意識を失うことができないために硬膜外麻酔が用いられ、SCP-2970は手術台へ確実に固定されました。

<00:00:00より記録開始>

00:50:45 - 初期準備が完了し、ジョンソン博士が手術を開始する。

01:20:11 - 電気インパルスがSCP-2970の眼の機能を完全に復旧させるのに効果的であると撮像が示す。SCP-2970は従順である。

02:00:36 - 撮像はSCP-2970の眼が完全に機能を取り戻したことを示す。即時に眼の前面部が光り出し、天井に像を投影できるようになるまで徐々に明るさを増す。処置を中止するよう命令が下る。SCP-2970は抗議し始めるが、見た所投影を止めることができないようである。

投影はSCP-2970の視点から、岩がちな砂漠の斜面を示す。真昼であり、SCP-2970の視点からは他の人間は見当たらない。SCP-2970は砂漠の地面で跪いているか、あるいは前傾姿勢であるように見える。

以前は見られなかった4つの人影がSCP-2970に近づく。想定された時代には一般的ではない、青銅または金のプレートアーマーを身に付けた男性であるように見える。記録には音声はないが、彼らはSCP-2970と言葉を交わしたように見える。

SCP-2970は彼らに背を向け、直線的に歩き出す。約30分後、おそらく小さな村落と思われる粘土ないし粗雑な煉瓦の建物が複数地平線上に見える。SCP-2970は少なくとも建物群から3キロメートル離れた地点で足を止め、地面に座る。

SCP-2970はゆっくりと義手を持ち上げて視界内に入れる。SCP-2970が手を曲げると、白く輝き始める。SCP-2970は透明の手で村を視界から見えづらくし、手を通した村の像は徐々に歪む。

SCP-2970が手を除くと、建物群は消滅している。手術室内では、SCP-2970は苦悩しているように見える。撮像は脳のインプラントの活動に変化を示さず、この記録は以前からSCP-2970により想起可能であったことを示している。

投影は他の場所へ切り替わる。似たような砂漠の状況で、SCP-2970は跪く男女の列を通過している。視点は1人の男に近づき、SCP-2970は彼の腕を義手で掴み、目の高さまで持ち上げる。

SCP-2970は視線を逸らす。視線を戻した時、男は見えず、SCP-2970の義手に握られているのは切断された手であり、明らかな損傷も出血もない。切断面は皮膚で閉じられている。

SCP-2970は人々の列を見下ろす。SCP-2970の行動に対し、動いたりたじろいだりする者はいない。視点が他の男に近づく中、録画は終わる。

03:25:01 - 手術の再開が命じられ、脳への作業が始まる。手術に参加していたアコスタ博士が精神医学的再評価に続き、残りの作業を延期するよう求める。ジョンソン博士が手術の継続を選択する。

06:49:01 - 手術は脳の機能を修復することに成功したとみなされる。目へのインパルスが投影を再開させる。SCP-2970は笑い、小声で"我々はやった"と囁く。

記録の中で、SCP-2970は山の頂上に立っているように見える。SCP-2970はその場でゆっくり回転する。周囲の地形には、数百メートルの長さの巨大な手形が点在している。それぞれ5、6人のまばらな人の集団が複数SCP-2970の位置から逃れようとしているのが見える。

数分後、SCP-2970は山を下り始める。手術室では財団スタッフがこの砂漠地域をスペイン、アルメリア県のタベルナス砂漠であると特定することに成功する。

SCP-2970は山腹にある洞窟の入口に到達する。洞窟に入り、見えない白い光源に照らされた通路を進む。

洞窟内部の長い物体は巨大な人体であることが判明する。その皮膚は黒く、光を反射する。サイズは15メートル長であると推測され、片脚の直径はおおよそSCP-2970の身長程度である。明らかに洞窟は身体そのものよりわずかに大きいのみである。SCP-2970は頭部に近づく。

生物の頭部は異常な形状をしており、典型的な人間の比率より目の間が明らかに離れている。口の位置にあるのは第三の鼻孔のように見えるものであり、洞窟の床に黒胆汁を漏らしている。SCP-2970がそれに話しかけているように見える間、顔は動かない。SCP-2970は跪き、記録は終わる。

07:20:59 - ジョンソン博士が入手した情報が分析されるまで手術を中止することを選ぶ。

<07:20:59に記録終了>

事件2970-2:
手術に続いて、SCP-2970のスタッフに対する明らかな不誠実さを考慮して収容プロトコルは見直されました。午前0時ごろ、再割り当てを前に、SCP-2970が回復スケジュールから逸脱して部屋の中で起き上がり、輪を描いて歩き回っているのが見られました。

<記録開始>

SCP-2970が部屋中を歩き回っているのが見える。数回、オブジェクトは立ち止って壁に触れる。この行動を数分続けた後、オブジェクトは天井の隅に隠された監視カメラを直視する。

SCP-2970の義手が白い光を放ち始める。オブジェクトは収容扉に近づき、カメラフィードは間欠的に空電雑音により乱れる。保安部隊が扉の外に集まり、突入の準備をする。

扉が開くと、保安部隊は部屋が無人であることに気付く。セキュリティフィードによってSCP-2970が収容房の外におり、Euclid収容棟のゲートに向かって全力疾走する様子がとらえられる。SCP-2970はサイト-30の間取りを熟知しているように見える。

SCP-2970は出口へ走る途中で保安チームに遭遇する。オブジェクトはチームを無視し、1人を脇に突き飛ばして通り過ぎ、不明なメカニズムで重度の熱傷を負わせる。SCP-2970に向けて発射された弾丸は全て衝突の少し前に逸れ、周辺の物体と衝突する。

サイト-30が主要、バックアップ双方の発電能力を失う。SCP-2970は気付かれずに動くことができ、明らかに保安ゲートを突破する。殺害された人員はいないが、4人が重度の熱傷を負う。

SCP-2970はサイトを出て、スペイン、アルメリアの2度目の記録で見られた場所に向けて南に走り始めるのを目撃される。サイト-30の全ての光源が動作不能にされたため、探索チームによるSCP-2970を捕獲する試みは全て照明の欠如のために失敗する。

<記録終了>

この事件に続き、SCP-2970は再収容をレベル1の優先度とするKaterに格上げされました。SCP-2970の効果に抵抗性をもつ可能性のあるパラテクノロジー装備を使う技術により、またSCP-2970と関連した異常集団に対処する実証された適性(オペレーション・アズール・ペレグリンを参照)により、機動部隊タウ-5 "サムサラ"が再収容の努力を主導するために選定されました。

ページリビジョン: 1, 最終更新日時: 09 Feb 2017 22:33
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website