nn5n Foundation
Branch of SCP Foundation
nn5n: scp-746 偽物の鳥
EuclidSCP-746 偽物の鳥Rate: 14
SCP-746 - 偽物の鳥
評価: +2+x
Tengu2.jpg
SCP-746捕獲失敗時、撮影された映像から

アイテム番号: SCP-746

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-746は、バイオサイト66で標準的な人型用封じ込めユニットに保たれることになっています。個室は対象の要求に従って塗装されており、いくつかの飾りつけもされています。SCP-746の身体構造用に設計された特殊な寝台装置は対象の快適さのためです。娯楽の要求に応じて複数の楽器および関連する修理部品が提供されており、SCP-746が今度さらなる要求が何かは予測されていません。

SCP-746は日本人の方言で対話ができますが、英語で会話する方法を学ぶことに関心を示します。財団の翻訳チームは、対話を容易にするためこの機会を利用すべきです。英語の授業は月曜日、水曜日および金曜日にSCP-746が出席することになっています。1990年10月12日の時点では、SCP-746は、英語を習得し許容レベルに達しています。

実体は魚介類と野菜の特別食で生活します。付属の文書26-Aに食事の概略。

2人のレベル3職員によって監督され、屋外での休憩を週につき合計7時間許可されます。セクター19は█kmにわたり樹木が茂ったエリアであり、以後エリア746-Rと呼称します。輸送時間は休憩時間には加算されません。

SCP-746は月曜、水曜、金曜、土曜に毎月の検診の他、理学療法を予定しています。

:19██年4月3日、SCP-746によるリサーチアシスタントRenfieldへ攻撃の後、SCP-746はユニットに閉じ込めることになりました。屋外への休憩と理学療法はSCP-746が示した突然の攻撃性のために停止しました。移動する時対象は苦痛の兆候を示しますが、これは正常です。SCP-746の生理機能に関しては限られた知識しか無いため、鎮痛剤は避けられることになっています。SCP-746は杖で歩くのを好みますが、専用の車椅子が用意されその際移動速度は4分の1となります。

説明: SCP-746は明らかな鳥類の特徴を持ち、全長1.3メートル、およそ38kgの重さを持つ人型です。対象の顔は老人のように見え、長さ28cmの鼻を持ち濃い赤の色をしています。対象の身体のほとんどはザラザラとした毛で覆われ、長い羽が前腕にあり、肩、首、頭は樹木の上で動く事を前提としています。対象は自身を700歳であると申告しています。

対象の左下肢は捕獲作戦中にひどく負傷。補遺-01を参照

対象はその見かけの年齢や大きさと違い驚くべき機敏に動く事ができました。短い加速で時速55キロ(34マイル)まで全力疾走ができる一方で、対象はまた樹木の上でもアクロバティックな腕前を示しました。対象は捕獲作戦中、いくつかの格闘技に熟練しているために見えたが現在どんな関連した知識も否定しています。担当者はこの事実を認識しています。SCP-746は捕獲作戦中の戦闘力の腕前を少しも示さないが、ブリッジ博士は意図的にEuclidクラスのオブジェクトを怒らせない事を賢明と判断しています。説明を参照してください。

補遺-746-01: 捕獲: 対象は19██年、日本の首都東京における八王子で捕獲されました。対象は前述した俊敏性と地域に精通しているため、捕獲することは困難でした。数十年の逃亡により財団工作員と4人のエージェントが死亡、地元の神社にて重傷を負いながら行動するSCP-746と遭遇。対象は捕獲されセクター19に移されます。

補遺-746-02: さらなる事案: SCP-746の捕獲以来、日本の幾人かのエージェントは類似した実体の民間人の証言や遭遇を報告しています。大部分の遭遇はあからさまな敵対ではないが、ほとんどが白昼に行われています。遭遇は地元メディアで都市伝説として扱われますが、彼らは封じ込め違反として扱われるべきである。財団が行動を起こす前に、レベル5職員による更なる検証が必要。機動部隊α-16 "マイクおじさん"はSCP-746に類似した実体を捜索し、一般市民に知られるのを防ぐために設立されました。

ページリビジョン: 2, 最終更新日時: 19 May 2014 06:39
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License

Privacy Policy of website